ホーム   本・雑誌   Web   洋書   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
yamabugのバインダー > ケイアンドケイプレス
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 お気に入り 1 - 1件目 / 1件 日付
超訳 小説日米戦争
佐藤 優 /ケイアンドケイプレス (2013-09-26) / 1,728円27 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2013年12月28日 10時56分52秒 2013/12/28
読了:  2013年12月27日
1920(大正9)年に書かれた、日米戦争の小説を、現代の教訓とするべく現代語訳された本。
特に後半部分の「解題」は、洞察に富む貴重な内容だ。
日本は1904年の日露戦争から、1939年の太平洋戦争まで、本格的な戦闘がなかった、経験の無い人が大東亜戦争の指揮をとっていた、という指摘は目から鱗だった。

以下、読書メモ

アメリカは帝国主義曲として、中南米への影響力を拡大し同時にヨーロッパの影響力を排除する、これがいわゆる「モンロー主義」である。
しかし産業革命が進展した19世紀も終わりに近づく頃は、アメリカは更に帝国主義的に拡大に乗り出す。(P184)

第一次世界大戦は、本質的にヨーロッパを舞台とした戦争であり、疲弊したヨーロッパ諸国にとって代わるように、アメリカと日本が存在感を増してきた。共に潰瘍国家であり、共に中国市場獲得を狙う日本とアメリカの違いが対立、近い将来、軍事衝突になる可能性は高かった(P187)

サイバー戦争の時代に、サイバーテロに対してもっとも高い防御力を持っているのは北朝鮮。インターネット網が整備されて無く、軍事技術はローカルネットワークを用いている。技術が行動に発達すると、思いがけない逆説的な事態が生じることがあるという興味深い教訓だ。(P193)

地政学では、国家を大きく「大陸勢力」と「海洋戦力」に分けて考える。(P238)

戦後の国際貿易のルールは、GATT体制(後にWTO)で定められている。〜これに対し、TPPは別個に一部の国家がグループをつくりその中だけで通用するルールを作るという動きである、つまり、WTOといい普遍主義が限界を迎えたため、TPPというブロック経済圏がつくられつつあるのだ。(P257)

プロフィール

音楽プロデューサー、コンテンツオーガナイザー。『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)上梓。(株)バグコーポレーション代表取締役。(社)日本音楽制作者連盟理事
<<2017年5月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
読了数 (月別)
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
<< 2017年5月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読- 冊
読中37 冊
読了425 冊

©2007-2017 yamabugのバインダー