ホーム   本・雑誌   Web   洋書   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 お気に入り 1 - 16件目 / 16件 日付
フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)
速水健朗 / 朝日新聞出版 (2013-12-13) / 821円123 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2015年01月18日 16時43分37秒 2015/01/18
読了:  2015年01月17日
「ラーメンと愛国」に続いて、日本人にとっての「食」の価値についてまとめた好著
ファストフード、コンビニフードなどを好む「フード右翼」と
オーガニックに傾斜する「フード左翼」に二極化している現状をという分析は、言い得て妙だ。
食を政治と結びつけようとする
著者自身がこの本を書く過程で、右翼から左翼に「転向」していて、理由は美味しいからというのも興味深い
この世代の社会評論としては卓越していると著者の今後の論考を期待したい。


<メモ>
ベジタリアン、ビーガン、有機農法の生産者、マクロビアン、ローフーディストとそれぞれに主義主張の中身は違っている。健康目的のベジタリアン、動物愛護の観点で肉食しない(これが多数派)、自然環境保護に繋がるから肉食を断った人
ビーガンとマクロビアンはどちらも動物性タンパク質は口にしないが、体系や背景の思想が全く違う、ローフディストとマクロビアンは、自然と調和という近さはあるが、熱処理の有無、フルーツを食べる食べないなどの差異が、反目に近い関係を生んでいる(P45)

自然環境の保護を真剣に考えるのであれば、人は都市で生活するべきである。
狭い場所に集積して居住し、公共交通機関と使って生活を営む、都市生活者の1人当たりエネルギー消費量を考えれば、人が拡散して個々に自動車を利用しながら生きるよりはるかにエネルギー効率が良い。(P123)
とてつもない日本 (新潮新書)
麻生 太郎 / 新潮社 (2007-06-06) / 734円279 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2012年12月08日 10時06分24秒 2012/12/08
読了:  2012年12月08日
元首相の日本論。日本人が国際的な自分たちの価値を過少評価していて、もっとポジティブであるべきという主張は強く同意。ポップカルチャーへの認識含めた、その他の部分も概ね賛同できる。
高齢化についてもネガティブばかりとらえずに、年齢関係なく元気なら仕事をしてもらい、安全な日本に海外の富裕な老齢者には住んでもらえばよいという発想も斬新だが、賛成。
よく見たら2007年の著作で首相になる前に書いている。その割りには、自己宣伝が少ないところにも好感が持てる。その後の知見で続編を書いて欲しい。

・アジアにおける「ソート・リーダー」は日本だ。「成功のみあんらず、むしろ失敗例を進んでさらけ出す」「実践的先駆者」である。
「ナショナリズムの扱い方」についても失敗を経て、成熟したのは、まさに「ソート・リーダー」になり得るのでは無いか?
⇒アジアに対する日本の位置づけの論理として優れていると思った
・環境問題も日本は「ソート・リーダー」たり得る。GDP1単位を産み出すのに。アジア主要国は原油を1必要とするのに、北米はは0.5、日本は0.25。日本経済のエネルギー効率はアジアの4倍、北米の2倍である。
・日本は「ビルトイン・スタビライザー」=安定化装置の役割も担っている。アジアに対する経済援助、ODPは多額。2007年までの11年間で合計300億ドル。
・Peace and happiness through Economic Prosperity and Democracy.(よくつかう言葉)
・九州工業大学情報学部を創設させたのが1985年。九州のIC生産のシャアは4割りになった。九工大はつんベンチャー企業数が25社で全国で8位。
・江戸時代の日本は、世界的に見ても珍しく平和に、ガバナンスがうまくいっていたから、民主主義、平和、自由、人権といった「普遍的な価値」が定着しやすかった。
そうだったのか!中国 (集英社文庫)
池上 彰 / 集英社 (2010-03) / 788円295 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2012年04月21日 13時32分14秒 2012/04/21
読了:  2012年04月24日
プライムタイムのテレビは、ほとんど観ないので、いつの間にか有名になった池上彰という印象なのだけれど、素晴らしいね。
何故、この人は、何でも詳しくて、こんなにわかりやすく説明できるのだろう?すごく見習いたい。
中国(人民共和国)現代史と社会について書いたこの本も大変、わかりやすい。毛沢東の功罪もよくわかる。今の中国政府の7割功績というのは明らかに過ちだね。
著者には珍しく、中国に対する否定的なトーンがはっきりわかる部分もある。
これから中国との関係は深まる一方だろうから、今の日本人必読書と思う。
中国では人の命が軽いということは感じるし、日本人は分かっていた方が良いと思う。これを利己主義というのは簡単だけれど、長い歴史と莫大な人が居る国を統治するとには(悪い)権力が必要なのかもしれないと思わされる部分もある。

以下、読書メモ。
・「コミュニズム」を「共産主義」と訳したのは日本語。
・中国国民党と共産党が共同で日本と戦った第二次国共合作による「抗日」戦争で、毛沢東は、国民党軍と日本軍を戦わせて、共産党軍を温存するという作戦に出た。「力の70%は勢力拡大、20%は妥協、10%は日本と戦うこと」との指令を出していた。
・中国には「當案」という調査があり、出身階級が記され、優遇や差別に使われた。労働者、下層中農、革命幹部、革命軍人などは優遇、地主、富農、悪質分子、右派となれると進学や就職で差別された(P59)
・カンボジアのポルポト派は、毛沢東思想の影響で、知識人絶滅策をとった。(P70)
・毛沢東は「大躍進政策」で、空想的に社会主義を実践し、4000万人以上を餓死させたが、中国の歴史の教科書には載っていない。(P92)
・「文化大革命」は、鄧小平が否定したが、それでも「7分の功績と三分の過失」と総括している。(P132)
・チベット仏教は、紀元四世紀にチベットに入って、土着のポン教と混交してできた。(P138)
・日本の台湾支配は植民地支配で犠牲者も出したが、反面、台湾近代化の大きな役割を果たしたと台湾でも評価されている。(P172)
・中国から来た役人や軍人は、台湾のインフラ(水道や電球)に驚いた。国民党役人は腐敗していて、「犬が去って豚が来た」と表現。犬(日本)はうるさくても番犬には成ったが、豚(国民党)は、食べてしまって寝ているだけという皮肉。(P173)
・国民党政府に反対する住民運動「二・二八事件」では、国民党政府は28000人を無差別虐殺した。(P175)
・朝鮮半島の勃発で、米国が方針を変えて、台湾国民党政府が共産党にとられずに済んだ。(P176)
・南京市内の長江大橋は、ソ連殿関係悪化してソ連人技術者が引き上げた後に完成させた「自力更生」の象徴。(P206)
・保守派のニクソンだから、中国との国交正常化で議会が説得できた。(P217)
・キッシンジャーと周恩来の会談では、日本の悪口で意気投合していたらしい。(P222)
・中国人は「最初に井戸を掘った人の事を忘れない」ので田中角栄は特別扱い、(P233)
・1978年鄧小平が「思想の解放」を呼びかけ「北京の春」が訪れたが、1979年に壁新聞に自分の批判がでるようになると鄧小平が態度を変え、民主化運動を弾圧するようになった。(P256)
・一人っ子政策が、子供ができても届けない「黒ハイツ」が出現させ、今や一億人位の無戸籍が居るのでは無いかといわれている(P287)
・1989年胡燿邦の死の追悼をきっかけに「天安門事件」が起きる。ソ連はゴルバチョフ大統領のペレストロイカの頃。民主化に理解があった趙紫陽を、鄧小平は解任したが、保守派の李鵬ではなく、経済改革派の江沢民を総書記に起用した。政治の自由化は断固阻止、経済面の「改革・開放」路線は維持という方針。(P323)
・反日教育の理由は共産党の政治的正当性を主張するため。(P326)
・イギリス軍がアヘン戦争を開始する中国派兵を決めるイギリス議会の採決は271対262の僅差だった。(P330)
・第二次世界大戦終了後に、共産党政府は香港をイギリス統治下で発展させる道を選んだ。「長期打算・充分利用」と表現。また、周恩来は後に、アメリカの中国封じ込め政策にイギリスを荷担させないという計算も合ったと語っている。(P332)
・香港島と九竜半島はイギリスが割譲を受けていて、租借していたのは新界だったが、中国の巧みな交渉で、割譲部分も返還。(P335)
・江沢民が2002年に唱えた「三つの代表」という概念で、資本家も共産党に入党できるようになった。(P356)
・中国では警察、検察も共産党から「指導」される立場なので、共産党幹部の汚職を捜査摘発できるのは、共産党内部の規律委員会になる。(P363)
・都市の住民と農村の住民は戸籍も違って、結婚しても変えられない。現代の身分制度となっている。(P369)
インテリジェンス人間論 (新潮文庫)
佐藤 優 / 新潮社 (2010-10-28) / 594円118 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2012年03月10日 16時12分19秒 2012/03/10
読了:  2012年03月09日 星4つ
もう既に、著者のファンだけれど、この本も素晴らしかった。
インテリジェンス(諜報)的な視点からの政治家論や、過去の思想家の分析。クリスチャンである著者による神学的なキリスト論など、含蓄が有り、人生の智恵になりそうな本。
鈴木宗男は優秀で志も高い政治家だけれど、「騙すよりも騙される方が良い」と思ってしまう人柄の良さが、弱点になっているので、政治闘争を勝ち抜けなかった。そこに哀しみをみるという著者の情緒の深さに感動した。

以下、なるほどと思ったことメモ。

権力には魔物が潜んでいる。潜んでいるというよりも、自分の内部にこの魔物を飼っていかなくはならないのである。そこで生き残る二つの方法
一つは自分自身が阿修羅に成り、闘い自体に喜びを感じるようになること。
もしくは、ドストエフスキーが『カラマーゾフの兄弟』で描いた大審問官。
愛と平和を実現するために、自分の優しさを殺して、人々を騙し続けるのが政治家の業。

政治家と秘書の関係は恋愛に似ている。
橋本龍太郎と江田憲司秘書官、小泉純一郎と飯島勲秘書官、安倍晋三と井上義行秘書官、加藤紘一と佐藤三郎秘書官。

ロシアで政局を見るコツは男と男の愛と嫉妬である。

小泉氏が昔から靖国神社に強い想いを持っていた訳では無い。経世会の牙城である日本遺族会をとりこむため。すると、中国、韓国が過剰反応して、結果、日本のナショナリズムが刺激され、小泉氏の権力基盤を強化した。中国、韓国とは喧嘩するが、一番強いアメリカとは喧嘩をしないという「マフィアの技法」が小泉氏が長期権力を維持した秘訣。

トルクメニスタンの指導者があえて時代錯誤の中世王朝ような国家体制を構築するのは、ロシア、アメリカのような帝国主義国、トルコ、イランのような地域大国の恐ろしさを理解しているから。国境を開いて祖国が植民地になるよりも、閉ざして、資源を切り売りしながら、国民に最低限度の生活を保証し、数閏年賭けて、トルクメン人と国家の生き残りをゆっくり考えようとする方が、シルクロードの要衝で諸文明の衰亡発展を目の当たりにしてきたトルクメン民族エリートの英知。

何かのために自分の大切な命を捨てられるようになる覚悟を人間に持たせるのが「思想」。イスラム原理主義、マルクス主義、(北朝鮮の)主体思想、キリスト教思想も、基本的には「人殺し」を正当化する論理を含んでいる。だから、思想を扱うことと殺人は隣り合わせにあることを自覚していない思想家は無責任。戦争もその一つの形。
交渉術 (文春文庫)
佐藤 優 / 文藝春秋 (2011-06-10) / 767円134 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2012年01月28日 21時30分38秒 2012/01/28
読了:  2012年01月28日 星5つ お気に入り
この本は本当に素晴らしい。
僕は佐藤優の大ファンだけれど、この本は、著者の中でも抜群だ。東日本大震災後に文庫化されたのも縁を感じる。今、日本人が読むべき本だ。
ロシアや日本の政界の裏話や、政治家や外務官僚の素顔がわかるというドキュメンタリーとしても抜群に面白い。それ以上に、人間社会で何かを達成するために必要な秘訣が書いてある。普通にイメージする「交渉術」より、ずっと広い人間の真理の本でもあると思う。
僕は1年半ほど前に、酷い裏切りにあったけれど、筆者の本を読むと、その原因が性善説で組み立てていた自分に原因があるとよくわかる。どんなに恩義があっても、自分の心の弱さや目先の利害で簡単に裏切る人がいるのが人間社会なのだ。もちろん、僕がやられたことは、筆者や鈴木宗男氏が外務官僚にやられた裏切りに比べるべくもない、ちいっちゃな話だけど。今後は、仕事上は性悪説で考えようと心に誓っている。
ブルブリス元ロシア国務長官の言葉が心に響いた
1)過去の歴史をよく勉強しろ、現在起きていること、近未来に起きることは、必ず過去によく似た歴史のひな形がある。それを押さえておけば情勢分析を謝ることは無い
2)人間研究を怠るな。その人間の心理をよく観察せよ。特に嫉妬、私怨についての調査を怠るな。
カジノ解禁が日本を亡ぼす(祥伝社新書255)
若宮 健 / 祥伝社 (2011-11-01) / 821円8 users
タグ ビジネス カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2012年01月15日 21時34分55秒 2012/01/15
読了:  2012年01月15日
日本でのカジノ解禁を断固反対するいう主旨の本。
初めて目にする話がたくさんあった。賭博依存症については、正直、あまりぴんとこないけれど、税収が欲しいならパチンコに課税すればよいというのはもっともだと思った。
パチンコ玉を現金には戻せないという建前があって、実際は換金所があってできるというのは、いくらなんでも今の時代にグレーでダーティ過ぎるよね。朝鮮総連の北朝鮮への送金問題もあるし、カジノ導入にはパチンコ業界の改革もセットでやらないとね。
マカオや韓国でのカジノの問題点のレポートなども具体的でわかりやすい。
これまでは、漠然と、観光にプラスならカジノもいいんじゃない?って思っていたけど、安易な導入には問題があるというのは、わかった。
推進派の人の本も読んでみたいけど。

<読書メモ>
マカオ(235億米ドル)で、ラスベガス(58億ドル)を大きく離して、世界一のカジノ売上。
日本のパチンコ業界は2010年に19兆3800億円で、マカオのカジノの10倍。業界一位のマルハン2兆389億円でマカオ以上。
ちなみに、レジャー白書によると、中央競馬2兆4280億円、地方競馬3480億円、競輪6790億円、競艇8970億円、オートレース920億円、宝くじ9200億円
文化と外交 - パブリック・ディプロマシーの時代 (中公新書)
渡辺 靖 / 中央公論新社 (2011-10-22) / 842円52 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2011年12月04日 16時05分29秒 2011/12/04
読了:  2011年12月14日
自国の文化を外交に戦略的に活用する パブリック・ディプロマシーの入門書。
パブリック・ディプロマシーの歴史や、様々な視点からの功罪、評価をバランス良く紹介している。
コンテンツを仕事にするプロデューサーとして示唆されることが多かった。
東京の副知事になってみたら (小学館101新書)
猪瀬 直樹 / 小学館 (2010-06-01) / 756円185 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2011年12月04日 16時04分49秒 2011/12/04
読了:  2011年12月05日
東京都副知事での体験をまとめている読みやすい本。
水ビジネスや環境を経済成長に結びつけるという発想や、空港や港を国際基準で運営する姿勢など素晴らしい。
同時に、日本の官僚制の弊害を改めて確認できる。
アカシック ファイル 日本の「謎」を解く! (講談社文庫)
明石 散人 / 講談社 (2000-01-11) / - 16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2011年08月03日 19時31分41秒 2011/08/03
読了:  2011年08月18日
非常に良くできた本。知識と教養と世の中の見方が身につく。目からウロコが落ちる感じ。これ一冊で何枚のウロコが落ちただろう?秘書との会話という形式をとっている。
歴史の造詣が半端ではなく深い著者の教養をのぞくことができる。
政治経済社会の時事ネタを独自の視点で、毒舌を交えながら斬るのは、北野武にも通じる。

以下、読書メモ。
元旦は初日の出の意味。
日本最古の貨幣
「倭の五王」は、応徳天皇達ではない。
「秀吉の遺言状」は、前田利家の代筆?
「PL法」で消費者は守られない
「鯖を読む」の元の意味は、腐るのが早い鯖を売る際に、おまけ(増量)して売ること。
世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)
菅原 琢 / 光文社 (2009-12-16) / 886円211 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2011年06月20日 20時43分35秒 2011/06/20
読了:  2011年06月24日
気鋭の学者による世論と選挙結果の分析。実体を丁寧に拾い上げながら、新聞等の世論分析の情緒性や浅薄さを指摘している。小泉人気を、表層ではなく、世論の意思を汲んだ政策提示を理由としている政治学者を初めてだが、とても正しいと思う。
菅直人首相にも読んでほしかった(もう遅いけど)本。
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
佐藤 優 / 新潮社 (2007-10-30) / 810円489 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2010年08月14日 12時22分59秒 2010/08/14
購入:  2010年03月24日 740円
読了:  2010年03月24日 星4つ
地球を斬る (角川文庫)
佐藤 優 / 角川学芸出版 (2009-08-25) / 637円21 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2010年08月14日 12時23分52秒 2010/08/14
購入:  2010年 620円
読了:  2010年 星2つ
自壊する帝国 (新潮文庫)
佐藤 優 / 新潮社 (2008-10-28) / 853円204 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2010年08月14日 12時22分59秒 2010/08/14
購入:  2010年 820円
読了:  2010年 星3つ
ソ連崩壊の過程を外交官の立場から綴った傑作。
インテリジェンス戦争―対テロ時代の最新動向
佐藤 優 , 黒井 文太郎 / 大和書房 (2009-01-07) / 800円19 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2010年08月14日 12時24分33秒 2010/08/14
購入:  2009年 800円
読了:  2009年01月31日 星1つ
北方領土 特命交渉 (講談社+α文庫)
鈴木 宗男 , 佐藤 優 / 講談社 (2007-12-21) / 14,654円37 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2010年08月14日 12時23分52秒 2010/08/14
購入:  2009年 880円
読了:  2009年 星2つ

プロフィール

音楽プロデューサー、コンテンツオーガナイザー。『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)上梓。(株)バグコーポレーション代表取締役。(社)日本音楽制作者連盟理事
<<2017年5月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
読了数 (月別)
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
<< 2017年5月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読- 冊
読中37 冊
読了425 冊

©2007-2017 yamabugのバインダー