ホーム   本・雑誌   Web   洋書   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
yamabugのバインダー > 速水健朗
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 お気に入り 1 - 1件目 / 1件 日付
フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)
速水健朗/ 朝日新聞出版 (2013-12-13) / 821円124 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2015年01月18日 16時43分37秒 2015/01/18
読了:  2015年01月17日
「ラーメンと愛国」に続いて、日本人にとっての「食」の価値についてまとめた好著
ファストフード、コンビニフードなどを好む「フード右翼」と
オーガニックに傾斜する「フード左翼」に二極化している現状をという分析は、言い得て妙だ。
食を政治と結びつけようとする
著者自身がこの本を書く過程で、右翼から左翼に「転向」していて、理由は美味しいからというのも興味深い
この世代の社会評論としては卓越していると著者の今後の論考を期待したい。


<メモ>
ベジタリアン、ビーガン、有機農法の生産者、マクロビアン、ローフーディストとそれぞれに主義主張の中身は違っている。健康目的のベジタリアン、動物愛護の観点で肉食しない(これが多数派)、自然環境保護に繋がるから肉食を断った人
ビーガンとマクロビアンはどちらも動物性タンパク質は口にしないが、体系や背景の思想が全く違う、ローフディストとマクロビアンは、自然と調和という近さはあるが、熱処理の有無、フルーツを食べる食べないなどの差異が、反目に近い関係を生んでいる(P45)

自然環境の保護を真剣に考えるのであれば、人は都市で生活するべきである。
狭い場所に集積して居住し、公共交通機関と使って生活を営む、都市生活者の1人当たりエネルギー消費量を考えれば、人が拡散して個々に自動車を利用しながら生きるよりはるかにエネルギー効率が良い。(P123)

プロフィール

音楽プロデューサー、コンテンツオーガナイザー。『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)上梓。(株)バグコーポレーション代表取締役。(社)日本音楽制作者連盟理事
<<2017年9月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
読了数 (月別)
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
<< 2017年9月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読- 冊
読中37 冊
読了425 冊

©2007-2017 yamabugのバインダー