ホーム   本・雑誌   Web   洋書   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
yamabugのバインダー
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 お気に入り 181 - 210件目 / 620件 日付
M:i:III [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 外国映画 登録日:2011年10月18日 17時32分04秒 2011/10/18
読了:  2011年10月15日
『ミッションインポッシブル』シリーズ三部作を立て続けに観た。
子供の頃、テレビで観たシリーズとは、全然別のものだけれど、娯楽映画として面白い。
トムクルーズの「スター映画」過ぎる演出は、時々気になるけど、それも笑えるくらい、徹底しているハリウッドなエンタメムービー。嫌いじゃ無いな。
呪いのフェイスブック [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 外国映画 登録日:2011年10月12日 17時44分31秒 2011/10/12
読了:  2011年10月09日
注目のインドネシア映画だけど、日本公開はされなかったので、DVDを探していたら、やっと発見。
結果は、うーん、B級ホラー映画と言えばいいのかな?
ネットカフェで、フェイスブックをログアウトし忘れて、いたずらで書き込みをされたことが原因で、破談になって自殺した女がサタンになって、襲うという構造なんだけど、それ以上の奥行きのある物語は無い。
80分ちょっとなので、それなりに楽しんでは観れる。
綺麗な俳優、女優がたくさん出てるし。(若干、顔の判別がしにくい時もあったけど:汗)
悪党―小沢一郎に仕えて
石川知裕 / 朝日新聞出版 (2011-07-07) / 1,728円62 users
読了:  2011年10月02日
政治家小沢一郎の実像が、元秘書を通じてリアルに伝わってくる。
ありそうでなかったタイプの本。
政治や小沢一郎に興味のある人は一読の価値があります。
上を向いて歩こう
佐藤 剛 / 岩波書店 (2011-07-14) / 2,160円16 users
購入:  2011年07月27日 2,100円
読了:  2011年10月02日
素晴らしい本。
著者は、音楽業界の大先輩で、とても尊敬する方。
BOOMを売った方でもあり、最近は由紀さおりさんのジャズアルバムをプロデュースして、全米一位という快挙を遂げた。
東京エスムジカというアーティストで、海外レコーディングをしようとした時に、アドバイスをいただいた恩がある。
世界で一番売れた日本の曲「上を向いて歩こう」の貴重な記録。歴史に残すべき本だ。
戦後、草創期の日本の音楽業界の様子が伝わる本でもある。著者の音楽への深い愛も感じられて、素晴らしい。オススメです。
春の雪 [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 日本映画 登録日:2011年09月19日 21時17分11秒 2011/09/19
読了:  2011年09月19日
妻夫木聡の演技が素晴らしい。高岡蒼甫も好演。三島由紀夫×行定勲という組み合わせが活きた佳作だと思う。
倍音 音・ことば・身体の文化誌
中村 明一 / 春秋社 (2010-11-01) / 1,944円95 users
読了:  2011年09月16日
著者は尺八演奏家。
倍音を基音、整数次倍音、非整数次倍音に区別して、
整数次倍音(いわゆる西洋音楽的な音)、非整数次倍音(ノイズやエスノ的な響き)によって、どういう影響を与えるかを分析している。
日本人シンガーやタレントの声質の分析など、かなり踏み込んだ意欲的な内容。
ちょっと二元論で分けすぎな感じもするけど、とても興味深いし。
時間が無くて、流し読みしちゃったので、改めて研究材料にしたいと思っている。
タイアップの歌謡史 (新書y)
速水 健朗 / 洋泉社 (2007-01) / 842円42 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 音楽 登録日:2011年08月18日 19時15分22秒 2011/08/18
読了:  2011年09月15日
日本のポピュラー音楽とメディアタイアップの変遷。筆者は業界外の人だし、年齢も若いのに、丁寧に調べていて、好感が持てる。分析もおおむね当たっていると思う。
読書メモ
・「タイアップ」というPRは日本独自のスタイル
・戦前のタイアップは映画。映画音楽はレコード会社が無償で作るという習慣ができた
・「歌謡曲」は、昭和初期に「流行するかどうかわからない歌を流行歌と呼べない」という理由でNHKラジオ局がつくった言葉。
爆笑問題のニッポンの教養 ロボットに人間を感じるとき…… 知能ロボット学
太田 光 , 田中 裕二 , 石黒 浩 / 講談社 (2007-12-06) / 798円15 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 工学 登録日:2011年09月12日 17時21分43秒 2011/09/12
読了:  2011年09月10日
世界的なロボット工学の研究者石黒浩氏と爆笑問題による対談。
テレビ番組のような構成で、非常にわかりやすい。
爆笑問題の二人の知識と、洞察の深さに感心した。オススメです。
他の石黒氏の本よりも、彼の人柄がより伝わってくるのが興味深かった。
凋落 木村剛と大島健伸
高橋 篤史 / 東洋経済新報社 (2011-02-25) / 1,944円29 users
読了:  2011年09月03日
90年代から00年代に注目された商工ファンド大島健伸と、竹中ブレーンとして活躍した木村剛。刑事被告人となった二人の軌跡を追ったドキュメンタリー。どちらも結末に興味と疑問があったので、おもしろく読んだ。
大島健伸は偽装倒産なのか?何故、小企業向けのノンバンクで、巨大な資金量を誇った商工ファンドが経営不振になったのか?
木村剛は、何故、日本振興銀行で、自分の思想と相反するような粉飾を行って、刑事被告人になったのか?実際に不正はあったのか?
そんな僕の疑問に完全ではないけれど、丁寧な事実の整理と取材は、とても参考になる。納得のいった部分も多い。
ただ、ドキュメンタリーとしては、この二人の共通点と相違点の描き方が不十分だった。出自もキャラクターも違う二人が、一瞬だけ深く交わって同時に堕ちていったというのは事実のようだけれど、二人に共通する理由はあるのか、もしくは、際立つ相違点があるのかは書かれていない。強いて言うなら金融業界のアウトローは、やっぱりエグイし、リスキーだなと、村上ファンドもつかまったしと思ったけれど。
彼らのキャリアはまだ終わっていない(かもしれない)ので、今後の活動にも注目したい。

紹介されている金融手法や金融商品で、理解できないところがあった。せめて構造はすぐ捉えられるように勉強しようと思った。
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 日本映画 登録日:2011年08月29日 22時17分16秒 2011/08/29
読了:  2011年08月29日
テレビドラマは、ほとんど見ないけど、「相棒」シリーズは好き。BSで再放送してたのをたまたま見て、過去のシリーズをDVDで観た。
登場人物のキャラクタライズが秀逸だし、シナリオが練られている。古臭い人間ドラマの要素と今日的な素材の処理のバランスも良い。
そんな僕だけど、この劇場版Ⅱは、いただけなかった。サスベンス要素も弱いし、テーマも警察内部の派閥争いでスケール小さい。貴重なキャラである小野田官房長(岸部一徳)をこんんなくだらない事で死なせちゃっていいの?死んだのはフェイクでしたって、どこかで復活させる伏線?ー
ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! (講談社ノベルス)
深水 黎一郎 / 講談社 (2007-04-06) / 1,026円45 users
読了:  2011年08月27日
タイトルの「ウルチモトルッコ」は、イタリア語で究極のトリックという意味らしい。
読者を犯人にするという、ミステリーの究極のスキームになっている。
新聞での連載小説と同時進行というのもスリルがある。
キャッチコピーは、
〜新聞に連載小説を発表している私のもとに一通の手紙が届く。その手紙には、ミステリー界最後の不可能トリックを用いた「意外な犯人」モノの小説案を高値で買ってくれと書かれていた。差出人が「命と引き換えにしても惜しくない」と切実に訴える、究極のトリックとは?〜

よくできた構成で、とても面白い。これも「新本格派」っていうのかな?
本作が処女作となる作者は多方面に造詣が深そうだし、今後の作品にも期待。
魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / アニメ 登録日:2011年08月21日 00時03分12秒 2011/08/21
読了:  2011年08月26日
「僕と契約して魔法少女になってよ☆」
最近、一番、注目されているアニメと言うことでチェック!
悪である魔女と、魔法少女が戦うという萌えスキーム。
時空の歪みの描き方がアート的。
冷たい熱帯魚 [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 日本映画 登録日:2011年08月21日 00時01分53秒 2011/08/21
読了:  2011年08月21日
壮絶。園子温の世界が炸裂。凄い。
食事の前後に観るのは薦められない。
セックスと殺人のシーンがたくさん。
人間の狂気性を描いているというような生やさしいものじゃない。
R-18というだけじゃなく、刺激に弱い人は辛いかも。
でも、独自の世界だし、何故か詩情があるし、素晴らしい映画だと思う。
日本国の研究 (文春文庫)
猪瀬 直樹 / 文藝春秋 (1999-03) / 2,546円75 users
読了:  2011年08月20日
1996年に文藝春秋で連載された官僚国家の実態を暴いた本。書籍化されてからは読んでなかったけど、金字塔の様な本だね。
第一部記号の帝国で、日本の予算と執行の仕組みを解き明かし、第二部闇の帝国では公団を、第三部寄生の帝国では、財政投融資の問題点をえぐっている。日本が官僚国家になっていることを告発した。
著者も書いているように、「できた当初が意味のあった仕組みが、形骸化して、今や官僚の天下り先として利権化して維持が目的になっている」ということが日本の国の最大の問題点だろう。福島原発の事故とその後の最悪な対応も原因の根は同じだ。
この本はバイブルとして、行政改革に役立ったが、実際の改革は、まだまだまだ不足している。小泉内閣は財投(郵政)と公団と公益法人に手をつけたが、不十分で、その後の政権は、手ぬるいか既得権益に取り込まれるかのどちらかになっている。
本書で告発されたことが、15年経って、何パーセントくらい改革できたのだろうかと暗澹たる気持になった。
世界での経済競争が激しくなっている21世紀。このままでは日本は本当に沈没してしまう。
フィンランド豊かさのメソッド (集英社新書 (0453))
堀内 都喜子 / 集英社 (2008-07-17) / 756円212 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学 登録日:2011年08月19日 14時47分43秒 2011/08/19
読了:  2011年08月19日
大学院留学し、そのままフィンランドで働く日本人女性による著作。
とてもためになった。フィンランドの事って、全然知らないんだなと改めて思った。
フィンランドを学ぶのは二つの意味で有意義だ。
まず、欧州の、ひいては世界の多様性を確認できる。僕ら日本人が普通にイメージしているヨーロッパとフィンランド人の気質や社会はずいぶん違う。日本とも共通点も多い。世界にはいろんな形に発展した文化があることが確認できる。
もう一つは、フィンランドの社会、経済の改革の成功から学ぶことだ。
他国に何度も占領☞戦後の復興☞バブル崩壊により危機というプロセスを経て、教育改革とIT産業への投資で、改革に成功させた。成功の鍵になったのは、フィンランド人の均質性と教育レベルの高さだと言うから、日本が応用できそうな方法論だよね。
「高税率、高福祉」の制度を支えるのは、国民の政治への信頼と透明度の高い税金の使われ方だというから、まさに日本が一番抱えている問題かもしれない。
2年前に出版された本だけど、フィンランドの最新情報をウォッチングしていきたいと思った。街も自然も人も良さそうだから、行ってみたいな。
アカシック ファイル 日本の「謎」を解く! (講談社文庫)
明石 散人 / 講談社 (2000-01-11) / - 16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 政治 登録日:2011年08月03日 19時31分41秒 2011/08/03
読了:  2011年08月18日
非常に良くできた本。知識と教養と世の中の見方が身につく。目からウロコが落ちる感じ。これ一冊で何枚のウロコが落ちただろう?秘書との会話という形式をとっている。
歴史の造詣が半端ではなく深い著者の教養をのぞくことができる。
政治経済社会の時事ネタを独自の視点で、毒舌を交えながら斬るのは、北野武にも通じる。

以下、読書メモ。
元旦は初日の出の意味。
日本最古の貨幣
「倭の五王」は、応徳天皇達ではない。
「秀吉の遺言状」は、前田利家の代筆?
「PL法」で消費者は守られない
「鯖を読む」の元の意味は、腐るのが早い鯖を売る際に、おまけ(増量)して売ること。
となりのトトロ [DVD]
読了:  2011年08月13日
ジブリ作品の共通点だけど、物語も子供目線でできているよね。観客も子供を設定していて、大人がそのことで心が洗われるという関係は美しい。昭和30年代で、テレビも電話もまだ珍しい時期というのが郷愁を誘う。
それに今更だけど、制作が非常に丁寧(丁寧すぎてヤバくない?って感じ)効率とは縁遠い。圧倒的なコンテンツは経済性を無視したところから生まれることが多いんだよな。プロデューサー的にはなかなか悩ましいところ。
お父さん役の声優がぎこちないと思ったら、糸井重里さんなんだね。うーん、ミスキャストじゃないかな?
中編くらいの長さって観やすくていいね、特にDVDの時は。
キャデラック・レコード コレクターズ・エディション [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 外国映画 登録日:2011年08月06日 19時48分19秒 2011/08/06
読了:  2011年08月13日
すごく良かった。シカゴのChessレコードをモデルにした実話に基づくストーリー。黒人差別が厳しい時代に、ブルースアーティストを売り出した白人プロデューサーと、ミュージシャン達の物語。ブルースからロックンロールが生まれる、激動時期のアメリカ。
登場するミュージシャンは、マディ・ウォーター、リトル・ウォーター、ウィリー・ディクソン、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリー、エタ・ジェームス。俳優陣はみんな素晴らしいけど、特にビヨンセがエタを演じたのが話題だったね。
もちろん音楽もすごく良い。個人的には職業柄、Chess社長のレンに思い入れを持って観てしまう。ミュージシャンのために尽くすんだけど、不遇に死ぬんだよな、、、。
音楽ファンには超オススメ、特にブラックミュージックに興味がある人は必見。
公式サイトはこちら
電通とリクルート (新潮新書)
山本 直人 / 新潮社 (2010-12-01) / 778円158 users
読了:  2011年08月11日
マーケティングコンサルタントによる電通とリクルートの比較論。日本の情報産業の双頭というのはその通りだけれど、比較論としての独自の視点や洞察は感じなかった。
それぞれの経歴を日本社会との関わりの中で、わかりやすくまとめているのは、知識の確認としてためになる。
言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ)
猪瀬 直樹 / 中央公論新社 (2011-06-09) / 799円158 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学 登録日:2011年08月05日 11時49分14秒 2011/08/05
購入:  2011年08月05日 777円
読了:  2011年08月10日
筆者が強調する「言語技術」の重要性については、大いに共感。
でも、教育システムで簡単に強化できることではないと思ったら、フィンランドは、教育改革で目覚ましい成果を挙げているとのこと。フィンランド人も(人種的にアジア系なのは関係あるのかな?)寡黙な民族性らしいから、日本でもできる筈ということだね。
「言語技術」、論理的に思考して表現することを、社会変革や政治の場に活かそうとする筆者の姿勢に賛同。この人が副知事になっていることは、都民の誇りだ。(暴言都知事の四選は都民の恥だけど、副知事の人選だけは素晴らしい)
そこから、官僚のごまかし文章の指摘や、古典作品の読書推薦まで及んでいるとてもためになる本。超オススメです。
太陽 [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 外国映画 登録日:2011年08月06日 12時53分39秒 2011/08/06
読了:  2011年08月07日
とても考えさせられる映画。太平洋戦争の終戦直前直後の昭和天皇が主人公。
ロシア人監督だけに、日本人なら選ぶだろう玉音放送のシーンなどは無く、外国人の視点なのが面白い。米軍、特にマッカーサーは粗雑に、昭和天皇は人間的で真摯な人として描かれている。
昭和天皇が、有能な人だったことで日本人は救われたのだという気持ちになった。為政者としては、無理な戦争を止められずに負けたことは、歴史家的な視点なら評価できないことだけれど、この時代の天皇が、自己中心的だったり、無能だったりしたら、日本という国や民族が維持できなかったのかもしれない。それが、数千年の歴史を持つ天皇家の重みなのだろうけれど、歴史的に観れば、そうでないこともあった訳で、感謝しなくてはと思った。
イッセー尾形は昔からのファンだけど、この仕事を受けて偉かったよな。プレッシャーあっただろうに。

ちなみに、元皇族で『日本はなぜ世界で一番人気があるか』の著者の竹田恒泰氏はブログで、史実と違いすぎると怒ってるみたい。彼の立場だと当然だけど、いろんな天皇像を、いろんな国の人が描くのは長い目で見ると悪いことじゃ無いと思う。
ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
カテゴリ:DVD DVD / 外国映画 登録日:2011年08月06日 12時52分20秒 2011/08/06
読了:  2011年08月06日
ヒトラーが自殺する直前の苦悩をリアルに描いている。ソ連軍に制圧されるベルリンに居るヒトラーと側近たちの人生と感情がよくわかる。第二次世界大戦のヨーロッパについて、知らない事がたくさんあるのがわかったので、勉強しようと思う。
多分、英米が独をソ連に潰させたのが、その後に共産主義が広がった原因なんだよね?ヒトラーの思想は狂人的だけど、その背景は知るべきと思ったり。二つの世界大戦での英国のご都合主義が、色んな不幸を産んだ気がするんだけど、ハリウッド映画だと美化ばかりだよね。その辺を知りたいと思った。
映画は、ドイツ映画で、もちろん全編ドイツ語。「ベルリン天使の詩」のブルーノガンズのヒトラーは超リアルで感心した。マッド動画として「〜に総統はお怒りです」になってるシーンもある。とても良い映画だけど、結構、長い(155分)から、腰を据えて観る気持が必要かと。
ソーシャルネイティブの時代 ネットが生み出した新しい日本人 (アスキー新書)
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / IT 登録日:2011年07月28日 17時03分46秒 2011/07/28
読了:  2011年08月06日
あまり評価できない本。アスキー研究所による、きちんとした調査をベースにしているから、根拠はあるのだろうけれど、「デジタルネイティブ」と筆者が呼ぶ世代への分析が、表層的で上滑りの印象を持った。
プラットフォーム戦略
読了:  2011年08月03日
とても勉強になる本。
インターネットにおけるビジネスの最も重要で基本的な概念である「プラットフォーム戦略」について、わかりやすくまとめている。一方的な視点では無く、総合的にバランスよく書かれている。
すべてのビジネスパーソン必読ですな。
こんな素晴らしい本ですら、しれっと「音楽配信においては、パソコンや携帯電話でのダウンロードが当たり前になりました。」と書いてる。みんな音楽に興味ないのね。ショックだった。以前ブログに書いたように、事実を知らな過ぎる。⇒http://yamabug.blogspot.com/2011/07/2011.html

以下、メモ。
・合コンでは幹事が得をする。☞わかりやすい。そりゃそうだ。お人好しの幹事は損をするね。
・世界最古のクレジットカードは食事をするクラブだった ☞だから「ダイナーズ」なんだって。
・エコシステムである
・プラットフォームの5つの機能
1)マッチング
2)コスト削減
3)検索コスト低減(ブランディングと集客強化)
4)コミュニティ形成による外部ネットワーク効果
5)三角プリズム機能(直接作用の無いグループ同士を結びつけること)

・プラットフォームが注目される4つの理由
1)技術進歩の速さ(アライアンスをした方がスピーディに対応できる)
2)顧客ニーズの多様化
3)IT進化による外部ネットワークの拡大
4)デジタルコンバージェンス(収斂=業界の垣根が取り壊される)の進化

・勝てるプラットフォームの特徴
1)自らの存在価値を創出
2)グループ間の交流を刺激(情報と検索)
3)統治(ルールと規範をつくり、質を保つ)
地下鉄は誰のものか (ちくま新書)
猪瀬 直樹 / 筑摩書房 (2011-02-09) / 799円139 users
読了:  2011年07月30日
なぜ、東京に営団地下鉄と都営地下鉄があるのか不思議に思っていたけれど、この本でわかった。そして、国土交通省を中心とした既得権益が、地下鉄の合併を妨害していることもよくわかる。
地下鉄草創期からの歴史も丁寧にまとめられているし、現在の地下鉄の経営状況、財務状況、営業状況、混雑など、わかりやすく数値で説明している。
それにしても、筆者が副知事になってくれてよかった。石原知事の数少ない功績だね。早く一元化して欲しい。

プロフィール

音楽プロデューサー、コンテンツオーガナイザー。『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』(ダイヤモンド社)上梓。(株)バグコーポレーション代表取締役。(社)日本音楽制作者連盟理事
<<2017年7月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
読了数 (月別)
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
<< 2017年7月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読- 冊
読中37 冊
読了425 冊

©2007-2017 yamabugのバインダー