ホーム   本・雑誌   Web   洋書   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ぴょん吉と僕の書斎
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カウンター
累計3222  今日0  昨日1
since : 2008/11/03
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
56
最近読んだ★★★★★
日本‐喪失と再起の物語:黒船、敗戦、そして3・11 (下…
狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画1964~…
海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた …
ば化粧師
英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクシ…
私の沖縄戦記  前田高地・六十年目の証言 (角川ソフ…
ぼくの命は言葉とともにある (9歳で失明、18歳で聴力…
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
映画評論・入門! (映画秘宝セレクション)
シグマフォース シリーズ10 イヴの迷宮 下 (竹書房文…
多動力 (NewsPicks Book)
キネマの神様 (文春文庫)
新装版 キリング・フロアー 下 (講談社文庫)
新装版 キリング・フロアー 上 (講談社文庫)
映画と本の意外な関係! (インターナショナル新書)
犬を殺すのは誰か ペット流通の闇 (朝日文庫)
子どもの頭がグンと良くなる!国語の力
生命科学の静かなる革命 (インターナショナル新書)
誘拐 (ちくま文庫)
リンク

カテゴリ 読書 購入 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
タングステンおじさん:化学と過ごした私の少年時代 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
オリヴァー・ サックス / 早川書房 (2016-07-07) / 1,339円19 users
購入:  2016年08月30日 1,339円 所有
読了:  2017年01月10日 星5つ
学ぶことの喜びがじわじわと伝わってくる。脳神経外科である著者の子供時代、戦争の惨禍を経験しつつ、科学の世界に足を踏み入れる。彼の周りには歩く百科事典のような人たちにあふれており、恵まれた環境にあったことは確かだが、それでも、あくなき好奇心を持って学ぶ喜びを育んだのは彼天性のものであろう。
オリヴァー・サックスさんの本をすべて読むことにした。
映画にもなった、レナードの朝という著書もある。あとがきで知ったが、すでにお亡くなりになっていた。残念でならない。
本書には注釈が各パートの後ろについている。こちらも読み逃しないように。
こちらもとても興味深い逸話が多々登場する。
子供のころ夢中になって読んだ本はキュリー夫人の本をポロニウムとラジウムの発見100年を祝う講演で紹介していたら、会場になんと著者その人がいたらしい。出版から60年の時を経て、著者にサインをしてもらったという逸話もある。
なぜ?どうして?という疑問つことが、学ぶ一歩になることがよくわかる。

プロフィール

趣くまま積ん読、乱読。
<<2017年10月>>
登録数11 件
購入金額13,639 円
読了数5 冊
読了数 (月別)
  • 35
  • 30
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
購入金額 (月別)
  • 14万
  • 12万
  • 10万
  • 8万
  • 6万
  • 4万
  • 2万
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
タグ
-
バインダー読者(17)
pasobo  pasobo
miyoko  miyoko
※非公開ユーザーは非表示
アマゾン検索
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読553 冊
読中15 冊
読了1,856 冊

©2007-2017 ぴょん吉と僕の書斎