ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
toshi-koのバインダー
並べ替え:
カウントダウン
今月の目標読了数10冊まであと
10
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(50)
cham28  cham28
chaba  chaba
ochi  ochi
jalan  jalan
seria  seria
kbkt  kbkt
※非公開ユーザーは非表示
  >>
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 30件目 / 1704件 日付
ガソリン生活
伊坂 幸太郎 / 朝日新聞出版 (2013-03-07) / 1,728円254 users
222pまで読んだ。
また借りる。
話のノリについていけてないから、はまれない…。
コレキヨの恋文
三橋 貴明 , さかき 漣 / 小学館 (2012-03-28) / 1,728円98 users
ウィッシュ ウィッシュ 読了:  2013年06月14日 星4つ
よくできたライトノベルの原案みたいな感じw
いまのデフレの状況とコレキヨが生きた時代のデフレ対策を照らし合わせる事で正しいデフレ対策について書くと言うアイデアは秀逸。
だけど、現在と過去の状況を書くだけで物凄くページを使いすぎてる感が強くて、解説書みたいになっとるのが残念。
コレキヨの解説する国民経済やデフレ対策が非常に分かりやすいだけに残念。
冒頭の解説で、挫折するわw

自分が認識していた歴史とは違う。日露戦争に勝利したけど経済状況が悪化してやもなく戦争に踏み切って、第二次世界大戦が起こったと思っていたし、そう学校で学んでたはず。

しかし、実際には日露戦争で経済状況が悪化したが、コレキヨが財務相で対策する事で経済状況はよくなり、デフレから脱却していた。

富国強兵というマスコミや軍の流れに対しても、軍事費の拡大も経済状況に沿った額しか増やさない上に、最後は景気回復したので軍事費を縮小させるという方針で、圧倒的に国民から支持を受けると言うこの人の凄さ。
軍隊の力が強くても、マスコミの煽りを受けても、それと戦った政治家はいたし、国民も煽りに惑わされる事は無かったんだな。
と言う事。
戦前=悪ではなく、もう一度、戦前の歴史を見直すべきなのかなと思った。
グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本
三橋貴明 / 徳間書店 (2012-06-21) / 1,620円73 users
ウィッシュ ウィッシュ 読了:  2013年04月20日 星4つ
グローバリズムの優等生である韓国、そして韓国国民の状況を踏まえて、グローバリズムにTPPに乗るかどうかを課題にした著書

著者のスタンス
デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPP、嫌韓流

メモ
※新自由主義的な経済モデルについて
グローバリズムや株主資本主義にとって、貧富の格差が広がることは悪いことではない。さらに、大手輸出企業も国内市場で生長する気がないのであれば、むしろ歓迎である。なぜなら、安い労働賃金で働く人が増えるため、企業は人件費を圧縮し、利益を拡大することができるからだ。
問題は、それが国民経済にとっていいことなのか、という話である。


※ガラパゴス化こそが日本の強さの源泉
初音ミクは、日本が「グローバル市場」に打って出るために生み出された「商品」ではない。むしろ、「超ガラパゴス」なのである。日本のうるさい消費者が内輪で盛り上がっているうちに、世界的に評価される付加価値がついたのだ。
存在価値が高まっている日本の漫画であるが、もちろん、「グローバルに売り込もう」などといったスタイルで発展したわけではない。たんに、日本の漫画家が国内の目の肥えた消費者を相手に熾烈な競争を繰り広げたからこそ、世界に羽ばたいたわけである。
グローバル展開に傾注する企業は、日本を出た瞬間に自分たちにとって一番の財産である、使いこなしのできる1億人の消費者を失うことになる。

感想
なんだろね、韓国を見習え的な、マスゴミの言葉は眉唾で放置が一番ね。
サムスンは儲けるだろうけど、その恩恵は一部の外国人投資家と、部品調達先の日本が受けて、国民が受けるわけじゃないとか、そんなサムスンも米韓FTAの影響で著作権や特許の侵害で訴えられる数がますますふえるだろうし、気の毒としか言いようがないw

逆に日本は、デフレさえ脱却すれば、世界一製品やサービスを見る目が肥え、使いこなしが大好きな消費者としても、生産者としても世界を牽引する可能性を秘めており、実にわくわくさせられる著書である。
そして、今、その正しいデフレ対策が行われつつありますし♪
首を整えると脳が体を治しだす
島崎広彦 / アチーブメント出版 (2010-10-20) / 1,440円9 users
ウィッシュ ウィッシュ 読了:  2013年04月16日 星3つ
カイロプラクティックの先生が、首を整えると身体のあちこちが良くなると言うことを、自信の治療の経験から解説した本。
なので、自信の診療所の宣伝やプロフィールが多い目になってしまってる。
もう少し、自分でできる対策などを盛り込んでくれるとありがたいのだけど、姿勢を正すこと具体的にどんな風にすれば良いかを数ページ掲載しているだけなので、残念かな?

悪くなってる状態なら診療所に来てくださいって事なのでしょう。

プロフィール

ビジネス書と小説をアンバランスに読んでます。時々、ライトノベル
読書状況
ウィッシュ349 冊
積読65 冊
読中16 冊
読了736 冊
<<2017年10月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
アマゾン検索
タグ (83)
16 #再読
14 #再読予定
4 #友達お薦め
20 #欲しい
10 #気になる
97 **未整理
47 *LifeHacks
1 *アウトドア
334 *ビジネス
33 *マンガ
297 *ライトノベル
148 *仕事術
44 *勉強法
10 *図書館OK
1 *実用書
136 *技術書
205 *文芸
138 *経済
2 *要重読
7 *話のネタ
29 *読書術
1 AR
3 Android
11 CD・DVD
56 IT・Web
2 Kindle
5 NLP
14 PC・PDA
259 T_ソフト
111 T_ハード
300 T_文庫
243 T_新書
79 T_雑誌・ムック
4 T_電子書籍
50 ○○力
26 その他
13 アイデア
1 エッセイ
8 オーディオブック
16 カメラ・写真・撮影
14 クラウド
15 コミュニケーション
21 サイエンス
1 スポーツ
8 デザイン
17 ドリル
1 ノンフィクション
17 ビンボー
3 ファンタジー
13 マインドマップ
13 メンタル・ヘルス
3 五感
5 人脈
29 借物
27 勝間本
18 北欧
10 古典文学
117 古書
7 名言集
2 哲学・思想
295 図書館
1 地域活性
4 失敗
16 思想・宗教
69 思考・発想
6 手帳
3 教える
14 数字力
6 文章術
28 断る力
1 旅行
9 時間
7 次の十年論
6 流行終了
1 海外
12 物々交換
62 社会
6 翻訳
30 脳力
17 若者
40 英語
8 起業・ベンチャー
2 電子書籍
162 タグなし
購入金額 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
カウンター
累計5764  今日0  昨日0
since : 2008/08/02

©2007-2017 toshi-koのバインダー