ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > KADOKAWA/角川書店
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 31件
虚栄
久坂部 羊 /KADOKAWA/角川書店 (2015-10-02) / 1,836円27 users
読了:  2017年08月15日 星3つ
凶悪化がん治療国家プロジェクトの、手術、抗がん剤、放射線治療、免疫療法の四グループそれぞれの考えや足の引っ張り合いや予算の取り合いが渦巻く。ロボット手術他治療方法は何が適しているのか、それとも放置が良いのか。マウス実験等の研究や治療の専門描写が多いものの難しくはなく、色々と勉強するように読めた。
PTAグランパ!
中澤 日菜子 /KADOKAWA/角川書店 (2016-06-01) / 1,728円10 users
読了:  2017年08月03日 星4つ
小一の孫娘と共に出戻った娘に代わりPTA副会長になった祖父の、金髪青年会長等と過ごす行事に担任の冤罪。自他問わず清く正しくな愚直さで、でも軋轢でギスギスせずどこか微笑ましい。特別な描写がある訳じゃないのにPTA劇に泣きそうになり、柔らかくほどかれていく様子も良かった。若者喋りのその他ママたちは世代か。。
過ぎ去りし王国の城
宮部 みゆき /KADOKAWA/角川書店 (2015-04-24) / 1,728円95 users
読了:  2017年07月28日 星3つ
拾った古城のデッサンにアバターを描き込むことでその世界に入り込めるようになった、影は薄くとも不幸とは思わない中三男子と、共に入り込む訳ありハブられ美術部員女子と探索仲間の男性との対比。塔に閉じ込められた九歳の少女と十年前の失踪事件の真相が切ない。現実を変える横着を越えた結末の温かさにほっとした。
カブキブ! (4) (角川文庫)
榎田 ユウリ /KADOKAWA/角川書店 (2015-09-24) / 605円33 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年07月18日 13時23分13秒 2017/07/18
読了:  2017年07月18日 星4つ
ハードな体力作りのスパルタヒゲモジャ指導員が加わり、その為すぐに激減した入部希望者の中残った四人に引っ掻き回される新年度。配役に不満を抱えた新入生たちの若さの一方で、いつも通りに団結し公演を楽しむ二、三年生が眩しくて格好良い。好きを楽しむって強いな!気づかれたことのないとんぼや渡子の今後が気になる。
ヘブンメイカー スタープレイヤー (2)
恒川 光太郎 /KADOKAWA/角川書店 (2015-12-02) / 1,944円21 users
読了:  2017年07月09日 星3つ
前巻よりあっという間に引き込まれてそれが持続し厚さを感じさせない読み易さだった。十の願いを叶えられるスタープレイヤーや、召喚された犯罪被害者達の街に、亀人間にされた犯罪者達。それぞれの目線で多角的に語られる世界で皆が濁りを抱えて善人がいない風だけれど嫌悪感は薄く、人間が描かれているという感じがした。
GOSICK PINK
桜庭 一樹 /KADOKAWA/角川書店 (2015-11-30) / 1,188円34 users
読了:  2017年06月15日 星3つ
アメリカに辿り着いた日のBLUEに続き、翌日のたった一日が引き伸ばしたみたいに濃密。身を寄せた瑠璃の家での朝から、久城が仕事と家探しをする中迷子になったヴィクトリカは幻覚や幻聴に悩まされ、久城は新聞社に半ば無理矢理引き込まれる。ボクシング大会に戦争中の仲間殺し疑惑。緑青とヴィクトリカの関係が興味深い。
カブキブ! (3) (角川文庫)
榎田 ユウリ /KADOKAWA/角川書店 (2014-08-23) / 518円43 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年06月02日 16時44分04秒 2017/06/02
読了:  2017年06月02日 星3つ
人間国宝が昔英才教育、今後ろ盾なしな阿久津の才能に興味を持ち、そこで台詞だけ合わせたことにより仁の頑なさが少し吹き飛ぶ。一保護者や新入生のお客に、公演後体調不良な芳と助け出すとんぼ、採寸する丸子の幕間の多彩な目線、黒悟が信頼する安定の寡黙さなとんぼが良い。黒悟の家族事情等。劇中劇はどうにも流れる。。
GOSICK BLUE
桜庭 一樹 /KADOKAWA/角川書店 (2014-11-28) / 1,188円56 users
読了:  2017年05月31日 星3つ
大戦終結後間もなくアメリカ合衆国へ駆け落ちして来た二人とワンダーガールな人気コミック、勝ち続ける老婆と高層タワーパーティでの爆弾テロ。頑張らない働かない宣言がいっそ清々しい。綱のよじ登りも凄い。裏のない賭けをする惚けたヴィクトリカとわあわあ言う久城、事務所や記者見習いへの繋がり、歓迎する瑠璃が良い。
夏美のホタル (角川文庫)
森沢 明夫 /KADOKAWA/角川書店 (2014-08-23) / 691円37 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年05月23日 15時08分59秒 2017/05/23
読了:  2017年05月23日 星3つ
写真家志望の大学生と一歳年上の幼稚園教諭の彼女がバイクで訪れた山里で、古びた万屋の老婆と老息子の家の離れで夏休みを過ごしその後も訪れる。川遊びやそこで捕れた魚等を食べる夏のキラキラさに満ちた描写がとても良い。はじめは無愛想な仏師含め過去の離婚まで包み込む嫌味のない気持ちの良い人ばかりでほっこりした。
ここは神楽坂西洋館 (2) (角川文庫)
三川 みり /KADOKAWA/角川書店 (2016-07-23) / 648円4 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年05月15日 17時25分27秒 2017/05/15
読了:  2017年05月15日 星4つ
若き大家の看病をきっかけにお礼デートや食事や部屋に転がり込む等距離の近づく二人が可愛い。麗人とトラウマな元生徒、料理人と知らぬ間に生まれていた息子、大家と昔失踪した父親の各再会。事情や優しさが一巻よりずっと登場人物たちに浸透していて良かった。死ぬくらいならと優しさに甘え引き籠もるレイの存在が切ない。

プロフィール
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数17 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
カウンター
累計34  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー