ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 48件
深く深く、砂に埋めて (講談社文庫)
真梨 幸子 /講談社 (2011-08-12) / 751円31 users
読了:  2017年06月17日 星3つ
キャバレー専属歌手の私生児として生まれた美貌の有利子の生涯が母親や運命を狂わされた弁護士等を通して描かれる。恋の一方で身体を売る有利子が奔放ででもどこか一貫して清らかで一途に感じられる。きっと満たされた結末に安心した。本書の前に読むべきという「女ともだち」の登場人物がさっくりと登場、退場して痺れた。
しずかな日々 (講談社文庫)
椰月 美智子 /講談社 (2010-06-15) / 535円107 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 読み物 登録日:2017年06月15日 17時29分04秒 2017/06/15
読了:  2017年06月15日 星4つ
転校したくなくて祖父と暮らす事にした五年生のえだいちの主に一夏の物語が余りにも瑞々しくてとても引き込まれた。母親と二人だけの世界だった日々からの変化が、友達との野球やお好み焼き作りや雑巾がけをした縁側で漬物を食べる事、祖父が雨戸を開ける毎日の音他どれも凄く良い。母の陰りに同化しない静けさも安心する。
マウス
村田 沙耶香 /講談社 (2008-03-27) / - 7 users
読了:  2017年06月10日 星3つ
人目を気にしてばかりいる律が、暗く過敏で疎まれている瀬里奈に嫌がらせのように「くるみ割り人形」を朗読してきかせたことから、彼女はそれを読んではマリーになりきり別人のように外界と繋がれるようになる。小五での交流と大学生になりファミレスでウエイトレスをする日々の中の再会。律はきっと普通の子なんだろうな。
チェケラッチョ!!
秦 建日子 /講談社 (2006-02) / 1,404円4 users
読了:  2017年06月03日 星3つ
沖縄を舞台にした、自由奔放な二十歳の姉を格好良いと讃える高三の唯と、姉の結婚や拗ねる父、姉がすきなバンドに影響を受けバンドを組む三バカ同級生男子との日々。意地を張っていた唯がすきを認めるまでが滑らかな自然さ。著者の文章は易しくて肩が全く凝らないのが良い。(笑)付きで後日談を語り掛けるおまけが蛇足…。
女ともだち (講談社文庫)
真梨 幸子 /講談社 (2012-01-17) / 853円47 users
読了:  2017年05月11日 星3つ
殺された二人のOLの裏の顔を女性記者が追う。宝塚風の劇団の青年のファン活動や演劇研究会を立ち上げ台本を書いた学生時代、下着売りや凄絶なネグレクトや中絶薬と十六世紀の血まみれ伯爵夫人エリザベート等その場その場で人物と出来事が上手く繋がらないまま引き込まれた。錯綜する展開がややこしく結末への反応が遅れた。
七緒のために
島本 理生 /講談社 (2012-10-31) / 1,404円23 users
読了:  2017年05月04日 星3つ
虚言癖の七緒やカウンセラーとの中二美術部員の表題作とクラスの男子と姉とその元家庭教師の夫と姪と行く水族館等の高校生の「水の花火」。繊細で文学的な魅力がありそうなのに読解力がなくて上手く受け取れない。前者の少女達の陰りある秘密めいた雰囲気と後者の明るい雨のような瑞々しさが静かに寄り添うようで心地好い。
リミット (講談社文庫)
野沢 尚 /講談社 (2001-06-15) / 823円95 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年04月26日 19時39分41秒 2017/04/26
読了:  2017年04月26日 星3つ
連続幼児誘拐事件を追う中で息子を誘拐され、疑惑から単身行動し警視庁に共犯として追われながら取り戻そうと必死に動く婦人警官。結末に疲弊と解放を感じる一体感だった。囚われた子供と臓器や人身の売買、内乱近くにいた外国人と元女性教師と教え子の犯人達との銃撃戦。誘拐されたもう一人のその後を考えると憂いを残す。
八月は冷たい城 (ミステリーランド)
恩田 陸 , 酒井 駒子 /講談社 (2016-12-20) / 2,484円22 users
読了:  2017年04月25日 星3つ
「七月に流れる花」に対しこちらははじめから緑色感冒と城の存在意義を知っている少年たちと、女性言葉で話すみどりおとこ。世界が更に踏み込んで描かれる。仕掛けられた鎌や水路から這い出る血まみれのみどりおとこ、果ては明かされる喫人と、ロマンのあった七月と違いグロテスクで凄惨なイメージ。家族の末路が哀しい。
坂道の向こう (講談社文庫)
椰月 美智子 /講談社 (2013-04-12) / 596円4 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年04月12日 14時15分28秒 2017/04/12
読了:  2017年04月12日 星4つ
老人福祉施設の元同僚で浮気の後振られた側同士も交際を始めた複雑な四人のスターウォーズや象のウメ子等すぐ側の魅力に彩られた日々が心地好い。お年寄りの話を聞いて素直に楽しいと思う朝子が眩しい。知的障害を抱える兄や同僚と妹の交際等も寄り添ってくれた。友達の不倫相手の離婚を共に喜んで見せる梓にモヤモヤした。
市立第二中学校2年C組 10月19日月曜日 (講談社文庫)
椰月 美智子 /講談社 (2013-10-16) / 572円6 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年03月29日 16時16分41秒 2017/03/29
読了:  2017年03月29日 星3つ
二年C組の面々の朝から夜までが分刻みでくるくると主人公を変え語られ全部で一つの物語のよう。決まらない前髪、苛立ちを持て余し手首を切る子、女子と男子の距離、保健室への避難、連んだ仲の良さ。何でもない日常の臨場感が良い。素朴さの一方でいじめや嫌いな子のいる女子たちが同時に存在する他人事さに複雑になった。

プロフィール
<<2017年6月>>
登録数32 件
購入金額- 円
読了数32 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
カウンター
累計33  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー