ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 60件
むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)
東野 圭吾 /講談社 (1997-05-14) / 605円449 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年10月22日 15時10分06秒 2017/10/22
読了:  2017年10月22日 星3つ
同窓会で再会した昔の恋人の沙也加に頼まれ、真鍮の鍵を手掛かりに私と沙也加が山の中の無人の洋館を記憶を取り戻す為に探る。夫の居ぬ間なことが気になる。母としての沙也加が告白する虐待や、養子縁組等が然り気無く繋がり、日記や手紙の中を除き登場人物は二人だけで舞台も洋館に固定されているけれど閉塞感がなかった。
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)
森 博嗣 /講談社 (2015-10-20) / 713円124 users
読了:  2017年10月08日 星3つ
寿命が格段に伸び子供は生まれず人間と殆ど差のないウォーカロンと生きる近未来的世界で研究者ハギリが襲撃される。理系的無機質さに目が滑りユーモアも今一受け取り切れず、全体の半分くらいしか飲み込めなかった。ミチル十歳に反してロイディの方が旧式に感じたり把握は出来ないけれどマガタ博士の名前含めドキッとする。
記憶の果て (講談社ノベルス)
浦賀 和宏 /講談社 (1998-02) / 1,026円38 users
読了:  2017年09月29日 星3つ
高三の安藤直樹と、安藤裕子と名乗り直樹の父を父だと言う、脳の研究者で自殺した父のコンピュータ。妹、姉、母と辿る彼女の正体と直樹の出生の秘密。科学議論からのどうしようもない人間模様や友人達。主題が移ろい乖離した感じ。急に読者を意識し思わせ振りな直樹にも戸惑う。もっとSFでAIな裕子に振り切って欲しかった。
ディリュージョン社の提供でお送りします (講談社タイガ)
はやみね かおる /講談社 (2017-04-20) / 778円8 users
読了:  2017年09月12日 星3つ
現実世界での物語の体験を提供する会社の面接で本は読まないと言明し不合格を確信するも何故か採用された美月と、不可能犯罪小説の体験依頼。役者として加わる中用意した台本から逸れて起こる殺人未遂達。飄々としてとぼけた美月が明るくて楽しい。本書が初登場ではないらしい、秘密の過去を思わせる有能さにわくわくした。
ぜつぼう
本谷 有希子 /講談社 (2006-04-28) / 1,512円23 users
読了:  2017年09月10日 星3つ
一過性のブームを起こした元芸人で不眠症で通院している戸越に刺さる人目がつらい。伝書鳩に拘るホームレスに導かれた家に勝手に住んでいた女性との田舎暮らしや田圃作業の中で薄れる絶望と、絶望に酔っている訳ではない、今も絶望の只中だというしがみつき。過度に重苦しくはなく簡単に癒やしに向かわない所に個性が光る。
自分を好きになる方法
本谷 有希子 /講談社 (2013-07-26) / 1,404円58 users
読了:  2017年09月02日 星3つ
友人グループと隠した本心の十六歳、悪気はないのに彼に愚痴が多いと言われる二十八歳、諦念と惰性で結婚記念日を祝う三十四歳、出会いとクリスマスパーティの四十七歳、お昼寝時間に先生に反発の三歳、朝食に拘りのブロックベーコンを焼く六十三歳。リンデ等名前の所為かちょっぴり不思議な雰囲気。しっとりと寄り添う。
カタコンベ (講談社文庫)
神山 裕右 /講談社 (2007-08-11) / 679円64 users
読了:  2017年08月23日 星3つ
ヤマイヌに惹かれ巨大鍾乳洞の調査隊に入り地底に閉じ込められた教授や院生の弥生ら五人を雨による完全水没の前に助け出す為、弥生の父の死に深く関わったケイブダイバーが決意のもと無謀な単身救助に向かい共に出口を探す。潜む殺人犯や持ち込まれた拳銃。岩や水や泥等緻密な洞窟描写だけれど息苦しくなる程ではなかった。
リベンジ・ホテル (講談社文庫)
江上 剛 /講談社 (2012-03-15) / 864円42 users
読了:  2017年08月22日 星3つ
就職の決まらない大学卒業目前ゆとり世代の心平が、破綻寸前で地域唯一の古ホテルに入社し、売却を迫る銀行を躱し、一目惚れした新支配人とホテルを守る為奮闘する。団結する従業員一同が明るく前向きで頼もしい。一生懸命なあまりお客様に尽くし過ぎる面も問題にはならず、影が全くない様は軽いけれど嫌な負担がなかった。
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 (講談社タイガ)
西尾 維新 /講談社 (2015-10-20) / 713円43 users
読了:  2017年08月06日 星3つ
校内のトラブルを解決すると噂の五人組と、彼らに内心で突っ込みを繰り出す十年前に見た星を探す中二の瞳島眉美。美声の三年連続生徒会長、天使長的可愛さと美脚の肉食少年、風刺が強い美食コック、美術の無口少年、美学の小五郎が子供ということを忘れる立ち方で、お陰で危険な大人たちとのやり取りも違和感がなかった。
アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)
青崎 有吾 /講談社 (2016-10-19) / 810円23 users
読了:  2017年07月23日 星3つ
一八九九年の英国、ファントムを従えたルパンに、警備をするホームズとワトスンと津軽達、切り裂きジャックや吸血鬼カーミラや人造人間ら怪物達を引き連れたモリアーティ。バトルシーンよりも有名人達のやり取りがよく知らなくてもおとぎ話の中に入り込んだようでわくわくした。然り気無く静句を労る鴉夜にどきっとした。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数24 件
購入金額- 円
読了数24 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
カウンター
累計36  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー