ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 162件
長生き競争! (小学館文庫)
黒野 伸一 / 小学館 (2008-12-05) / 792円11 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年12月06日 16時14分34秒 2017/12/06
読了:  2017年12月06日 星3つ
誰が一番長生きをするか大金を賭けることにした幼馴染みの六人の七十六歳からの年月。元気な老人達が明るく、居候になった二十歳女子や不良青年達との交流がなくてもきっと全く取っ付き難くなかっただろう身近さ。戦時中の話は短いながら凄惨。病死や老人による老人介護も関わるのに淀みや暗さがなく健やかで温かかった。
(P[あ]4-2)よろず占い処 陰陽屋あやうし (ポプラ文庫ピュアフル)
天野 頌子 / ポプラ社 (2011-07-05) / 605円67 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月29日 14時38分13秒 2017/11/29
読了:  2017年11月29日 星3つ
瞬太の高校の熱血担任が乗り込んで来たり、祥明のホスト時代の元客が結婚を迫って来たり、瞬太が思いを寄せる三井のストーカー騒動や、瞬太の母の病院の心霊騒ぎと小学生時代にお隣さんが化けギツネだった瞬太の祖母と祥明の祖父が知人だった話。悪人や苦しさの全くないほのぼのさで、かといって退屈でもなく、安心する。
11文字の殺人 (光文社文庫)
東野 圭吾 / 光文社 (1990-12-01) / 596円270 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月28日 11時46分25秒 2017/11/28
読了:  2017年11月28日 星3つ
クルージングツアーで転覆事故に遭いその後無造作に殺された恋人の死の真相を作家のあたしが編集者で友人の冬子と共に追う。次々と殺されていく人たち、スポーツセンターでの聞き込み、ほぼ同じ顔ぶれで行く同じツアーへの同行。安全圏にいると思っていた人の死も犯人も意外でびっくりした。悲しい余韻のある結末だった。
カブキブ! 6 (角川文庫)
榎田 ユウリ / KADOKAWA (2017-03-25) / 605円24 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月22日 16時49分46秒 2017/11/22
読了:  2017年11月22日 星4つ
自分が楽しい場所に行きたくて演劇部を離れた芳と、キリコ卒業後は特に芳をスター故に一人にしていた演劇部が悲しい。トンボに疑惑を同じ目で見て貰えなかったクロが動揺する喧嘩も淡く迫る。クロの主人公パワーを前に悔しいだろうなと思わず渡子に感情移入した。安定した空気の傍らのシクシクした痛みたちに引き込まれた。
包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)
天童 荒太 / 筑摩書房 (2006-02-07) / 821円108 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月20日 15時55分13秒 2017/11/20
読了:  2017年11月20日 星3つ
高二の笑美子が仲間内で各地の方言を使い合う一体感に始まり、傷付いたことを目に見える形にして手当てをする、傷付いた場所である街中に実際に巻く包帯が、新しい癒しとして想像しただけで染み入る。繊細で力強い。戦争被害に遭う子の気持ちを一億分の一でも感じ取ろうと爆竹を自身に使うディノの自傷が激しすぎてつらい。
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)
本谷 有希子 / 講談社 (2007-05-15) / 484円124 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月18日 14時30分51秒 2017/11/18
読了:  2017年11月18日 星4つ
自身の才能を信じる女優志望の姉、彼女を観察し漫画にした過去のある怯えた妹、最悪のちょっと上の半生だった鈍い兄嫁。俯瞰するような視点が独特の心地好さで、どうしようもなくても三人が不思議と力強くて、無二の世界にとても引き込まれた。ぼんやりと覚えている映画版を思い出しながら、更に濃やかに強力に感じた。
倫敦千夜一夜物語 あなたの一冊、お貸しします。 (集英社オレンジ文庫)
久賀 理世 / 集英社 (2015-03-20) / 637円31 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月13日 15時24分59秒 2017/11/13
読了:  2017年11月13日 星3つ
十九世紀末、ロンドン郊外で伯爵家の生まれという身分を隠し貸本屋を営む兄妹と、寄宿舎時代の兄の元ファグな後輩青年と小さな二人の弟達がそわそわする微笑ましさ。三話目では殺人が関わるけれどそれよりもドイル現役中に読むホームズや若草物語、外国的料理やお菓子の然り気無くクラシカルな趣が良くすぐに引き込まれた。
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
東野 圭吾 / 講談社 (2003-02-14) / 540円585 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月09日 16時35分35秒 2017/11/09
読了:  2017年11月09日 星4つ
実は犯人、又は犯人を庇う人目線で描かれた、やって来て推理をする、個性よりも透明人間的な加賀恭一郎刑事を共通点にした五つの事件。シリーズとは知らず他作品は未読。バレエやゲネプロの興味深さは勿論、器械体操の母子や不倫等どれも事件そのものやじわじわと真相が明らかになっていく様子がとても良くて引き込まれた。
神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん (双葉文庫)
竹村 優希 / 双葉社 (2016-04-14) / 690円10 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月06日 17時06分23秒 2017/11/06
読了:  2017年11月06日 星4つ
友人だった亡き祖父から店を継いだPCでデザインをする二十三歳の寛人と、間借りした熱中型修理職人で二十七、八歳の茉莉の関係が微笑ましく、寛人の周りの関西弁も温かくて心地好い。二人共年齢より若く感じた。ガラクタ修理品の愛嬌と、バイオリニスト少年等活き活きした人物と物語。特に凜の天真爛漫さに楽しくなった。
水族館ガール4 (実業之日本社文庫)
木宮 条太郎 / 実業之日本社 (2017-07-18) / 690円7 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年11月02日 13時47分36秒 2017/11/02
読了:  2017年11月02日 星3つ
病弱や邪魔しぃのペンギンの飼育や育雛と由香がじっくりと描かれ、更にホコと由香、ニッコリーの再会。新入り実習生に恋するヒョロの独白で急に文体が揺らいでガックリ来たけれど一時的で良かった。恋愛絡みの梶がへっぽこ過ぎて、でも由香がしっかりしちゃったから凸凹で微笑ましいかも。仕事だと頼もしい梶にほっとした。

プロフィール
<<2017年12月>>
登録数11 件
購入金額- 円
読了数11 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
カウンター
累計39  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー