ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > 文学・評論
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 145件
今日のハチミツ、あしたの私
寺地 はるな / 角川春樹事務所 (2017-03) / 1,512円3 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月23日 14時27分46秒 2017/06/23
読了:  2017年06月23日 星4つ
いじめや吐いていた過去を乗り越え、仕事が続かない彼の実家に彼と共に帰り、彼にはいつも言葉を飲み込むのに彼の父親にははっきりとものを言う三十歳の碧が独特の頼もしさ。知り合った養蜂家を手伝い、蜂蜜を使ったカフェのメニューを考案する等、ただ逞しい訳じゃないのにパワフルで眩しい。隅々まで行き渡っていた。
乱心タウン
山田 宗樹 / 幻冬舎 (2010-03) / 1,836円16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月22日 12時46分47秒 2017/06/22
読了:  2017年06月22日 星3つ
選ばれた人のみ入れる管理された超高級住宅街での従業員と落書き事件と強い思い込みによる群像劇が厚さを感じさせない滑らかさ。白血病の小二の息子や苦痛にならない境目の代表を名乗る独裁的な老人等、出来事も個性豊か。善人の警備員の年上の彼女のお金に目が眩んだ後の大団円が嬉しい。平和に見せ掛けた後の結末が怖い。
死者の鼓動
山田 宗樹 / 角川書店 (1999-03) / 1,890円7 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月16日 16時22分56秒 2017/06/16
読了:  2017年06月16日 星3つ
事故に遭った洋子から親友で重い心筋症の玲香への玲香の父による心臓移植。ようこを名乗る相手からのしんぞうをかえしてほしいという電話と行き過ぎてしまう行為。緻密な手術描写が痛くて少しつらい。登場人物達を常に把握は出来なかったけれど物語は問題なく入って来た。罪を知りながらも玲香の未来を守る大人達が温かい。
GOSICK PINK
桜庭 一樹 / KADOKAWA/角川書店 (2015-11-30) / 1,188円34 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月15日 13時49分50秒 2017/06/15
読了:  2017年06月15日 星3つ
アメリカに辿り着いた日のBLUEに続き、翌日のたった一日が引き伸ばしたみたいに濃密。身を寄せた瑠璃の家での朝から、久城が仕事と家探しをする中迷子になったヴィクトリカは幻覚や幻聴に悩まされ、久城は新聞社に半ば無理矢理引き込まれる。ボクシング大会に戦争中の仲間殺し疑惑。緑青とヴィクトリカの関係が興味深い。
五つ星をつけてよ
奥田 亜希子 / 新潮社 (2016-10-21) / 1,728円8 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月11日 14時08分40秒 2017/06/11
読了:  2017年06月11日 星3つ
SNSに纏わる短編集。然り気無い情景描写が瑞々しい。やわやわとした苦味を感じる、大人になった子供達に拒絶と現実を突き付けられるジャム作りが趣味の母親、バンド大学生と付き合う中学生と青い詞と許せない事ばかりだったあの頃、元アイドル主婦とヲチスレの住人の話が印象的。気を許した故の既読スルーの友情もすき。
マウス
村田 沙耶香 / 講談社 (2008-03-27) / - 7 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月10日 14時20分13秒 2017/06/10
読了:  2017年06月10日 星3つ
人目を気にしてばかりいる律が、暗く過敏で疎まれている瀬里奈に嫌がらせのように「くるみ割り人形」を朗読してきかせたことから、彼女はそれを読んではマリーになりきり別人のように外界と繋がれるようになる。小五での交流と大学生になりファミレスでウエイトレスをする日々の中の再会。律はきっと普通の子なんだろうな。
ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件
七尾 与史 / 幻冬舎 (2017-03-16) / 1,512円6 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月08日 12時57分08秒 2017/06/08
読了:  2017年06月08日 星4つ
マヤの両親の面前で無理矢理プロポーズを迫られる代官山からの、父親を殺された一家と冤罪による立場の逆転。三人のいつもの空気感がマヤの趣味や浜田の流血等と裏腹にいっそ微笑ましくて和む。マヤと同じお嬢様学校出身で四十歳独身の管理官が、はじめは敵対するかと思いきや責任は自分が取ると正義を尽くしたり格好良い。
グ、ア、ム
本谷 有希子 / 新潮社 (2008-06) / 1,365円23 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月04日 13時30分03秒 2017/06/04
読了:  2017年06月04日 星3つ
北陸の方言と、昔はジャズバー今はスパでアルバイトをする二十五歳の姉、彼女を反面教師に生きる親不知を抜いた二十一歳の妹、間に挟まれた優しい母の三人旅行。彼や仕事絡みの旅行前も含めどこか惚けてカラッとした力まない魅力。理不尽に言い負かす姉と受ける妹の喧嘩に軋み、後の母を喜ばせようという団結が家族らしい。
チェケラッチョ!!
秦 建日子 / 講談社 (2006-02) / 1,404円4 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年06月03日 12時44分58秒 2017/06/03
読了:  2017年06月03日 星3つ
沖縄を舞台にした、自由奔放な二十歳の姉を格好良いと讃える高三の唯と、姉の結婚や拗ねる父、姉がすきなバンドに影響を受けバンドを組む三バカ同級生男子との日々。意地を張っていた唯がすきを認めるまでが滑らかな自然さ。著者の文章は易しくて肩が全く凝らないのが良い。(笑)付きで後日談を語り掛けるおまけが蛇足…。
GOSICK BLUE
桜庭 一樹 / KADOKAWA/角川書店 (2014-11-28) / 1,188円56 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年05月31日 14時01分08秒 2017/05/31
読了:  2017年05月31日 星3つ
大戦終結後間もなくアメリカ合衆国へ駆け落ちして来た二人とワンダーガールな人気コミック、勝ち続ける老婆と高層タワーパーティでの爆弾テロ。頑張らない働かない宣言がいっそ清々しい。綱のよじ登りも凄い。裏のない賭けをする惚けたヴィクトリカとわあわあ言う久城、事務所や記者見習いへの繋がり、歓迎する瑠璃が良い。

プロフィール
<<2017年6月>>
登録数32 件
購入金額- 円
読了数32 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
カウンター
累計33  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー