ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 118件
最後の手紙 (集英社文庫)
矢口 敦子 / 集英社 (2016-02-19) / 713円2 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年08月13日 13時16分34秒 2017/08/13
読了:  2017年08月13日 星4つ
社会的事件を背景に綿密に語られる一九五六年生まれの史子の人生。事故により漫画家の夢を断たれ自殺願望を抱き、引き籠もりや加害者との結婚を経て、夫と幼い娘を捨て初恋相手の女性の元へ走り、東日本大震災後の反原発、復讐へと辿り着く。密やかな熱さ。沢山の出来事の全てが纏まり自然に統一されていて、引き込まれた。
冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)
秦 建日子 / 文藝春秋 (2015-04-10) / 648円11 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年08月07日 12時21分30秒 2017/08/07
読了:  2017年08月07日 星3つ
捜査員五ヶ月目の真衣と赤鼻のトナカイ連続殺人事件。グロテスク描写もある一方で登場人物達はどこかひょうきんで、キャンディと中学生といじめ、麻薬犬アプリにヤクザに冤罪の外国人に婚活等多岐に渡りながらも纏まりがありバラバラにならない。弾丸行き交う中の二人の派手さも効いている。ゆかりって前作で確か…あれぇ?
宿敵 (中公文庫)
明野 照葉 / 中央公論新社 (2014-09-20) / 670円4 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月28日 12時22分14秒 2017/07/28
読了:  2017年07月28日 星3つ
傍らに同性の存在を感じながらも一人ですっくと立つ女性達の五作。年下女性を拾った三十六歳の女性の都合の良い女に収まる相手への微かな苛立ち。二人の闇が意外な結末。無職から亡くなった独居老人の部屋に残された物を片付ける商売を始める話や、うつの自分とそうでない時の自分を別人のように切り離して語る話も印象的。
殺人初心者―民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)
秦 建日子 / 文藝春秋 (2013-03-08) / 668円33 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月27日 14時57分42秒 2017/07/27
読了:  2017年07月27日 星3つ
婚約破棄された上にダニ研究の仕事までリストラされた、マンションのローン有資格無の三十二歳の真衣が、民間科学捜査研究所に入社早々遭遇する、顔に碁盤目の傷を残す連続殺人事件。警視庁の科捜研や鑑識にも怯まず、指揮棒をくるくると回すチーフのもと体当たりする。意外な犯人が明らかになり冒頭に戻るのが定番的魅力。
絶望系 (新潮文庫nex)
谷川 流 / 新潮社 (2014-09-27) / 637円20 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月25日 11時41分22秒 2017/07/25
読了:  2017年07月25日 星3つ
男子高校生の建御の元へ現れた飄々とした浴衣の天使、ゲーマーの悪魔、裸でいたがる幼女の死神、暗い顔の幽霊。助けを請われた友人の杵築と、連続猟奇殺人事件と幼馴染み姉妹の狂気。前半はやたらと品のない会話に転ぶけれど淡々としている分嫌悪感には傾かない。終盤のまとめが作品世界を弄ぶようでよくわからなかった。
探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)
太田 忠司 / 実業之日本社 (2012-06-05) / 700円9 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月17日 17時23分37秒 2017/07/17
読了:  2017年07月17日 星3つ
「求む、バカな人」という求人に惹かれ探偵事務所の一員となった涼子の短編五作の傑作選。はじまりの二十八歳、三十五歳、探偵を辞め清掃のバイトをし結婚の話も出ている三十七歳。ボクササイズに通い探偵事務所の所長となっている四十二歳の話が犯人に負けない様子等格好良い。良い意味で癖のないシンプルさが滑らか。
ミステリなふたり ア・ラ・カルト (創元推理文庫)
太田 忠司 / 東京創元社 (2016-09-25) / 950円6 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月06日 14時05分30秒 2017/07/06
読了:  2017年07月06日 星3つ
夫婦のじゃれあいが二巻よりは一巻に近い多さのようにはじめ感じた。飽きる前に引っ張ることなく解決され次の話が始まる、コンパクトに纏まった軽快さの魅力は、全巻を通じているかも。今回は新太郎の作る程好いお洒落さと身近さな和洋の料理の数々も楽しかった。景子に憧れる鑑識女性にきゅんとした。
カササギの計略 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
才羽 楽 / 宝島社 (2016-07-06) / 724円13 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年07月03日 12時45分19秒 2017/07/03
読了:  2017年07月03日 星3つ
大学生の僕と約束の為に会いに来たと言う見知らぬ女性のなし崩しの同棲生活や日々が瑞々しい。ベビーカーに人形を乗せたベビーさんや、女性が僕を探し出すまで等、濃やかな濃密さで、難病設定にも弛まない。防護服が必要な未来を描いた映画もラストが意外なものの掴まれた。終盤や真相がお綺麗じゃないことが逆に残念。
ご近所美術館 (創元推理文庫)
森福 都 / 東京創元社 (2015-05-29) / 864円12 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年06月30日 16時35分56秒 2017/06/30
読了:  2017年06月30日 星3つ
漫画美術館常連の海老野と館長姉妹と謎達。海老野と元引き籠もりの美人な姉とひっつめ髪で肥満で黒ずくめの人気同人漫画家な妹の関係が明るく特に妹の外見を腐しながら第一印象でひどく損をしていると言い切る海老野に掴まれる。我が身で考えると刺さるけれど今後妹がもっと奮起したら格好良いなあ。ラストシーンが可愛い。
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 蝶の足跡 (角川文庫)
太田 紫織 / KADOKAWA (2017-03-25) / 648円19 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年06月29日 16時28分39秒 2017/06/29
読了:  2017年06月29日 星3つ
姿を消した櫻子とばあやに、正義の為の、でも折ることの出来ない監禁と私刑。メインの後者が錯綜して寄り添えなかった。花房側になりそうな櫻子という舘脇の不安がわからず、櫻子の特殊さを違和感なく受け入れてしまう。むしろ舘脇の善悪の基準や頑なさに馴染めない。野次馬の悪意も人ってそんなにそんな人ばかりかなあ。

プロフィール
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数17 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
カウンター
累計34  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー