ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 136件
日曜は憧れの国 (創元推理文庫)
円居 挽 / 東京創元社 (2016-05-21) / 734円19 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年10月17日 15時09分21秒 2017/10/17
読了:  2017年10月17日 星3つ
カルチャーセンターで出会った四人の中二女子と料理、将棋、幕末等の講座体験と謎。段々と慣れた口調からも各自個性的と思いきや、丁寧語の内気お嬢様と切り捨て口調の堅物優等生以外の二人が各目線もあるのに逆に落ち着かず、上手く掴めなかった。本はすきだけれど国語はやっぱり苦手らしいと小説執筆講座の課題で感じた。
ファイアマンの遺言 (角川文庫)
秦建日子 / KADOKAWA/角川書店 (2015-06-20) / 432円10 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年10月09日 16時07分56秒 2017/10/09
読了:  2017年10月09日 星3つ
建設中のアパートに停められた車が放火され爆発し消防士の一人が殉職した事から始まる、妊娠中の妻やアパートのオーナーや野次馬ら元同級生達の事情。間抜けで愛ある遺書の下書きと等身大の消防士という格好良さ。意外な犯人の軽率な優しさがつらく重い。死から始まるけれど暗くなく誰もが人間臭くて温かさにしんみりした。
約束の森 (角川文庫)
沢木 冬吾 / KADOKAWA/角川書店 (2014-07-25) / 864円36 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年10月03日 13時53分49秒 2017/10/03
読了:  2017年10月03日 星3つ
妻を亡くし刑事を辞めた四十九歳の侑也、学校に通ったことのない二十三歳のふみ、元陸自で隻腕の十九歳の隼人が、秘密の任務で疑似家族を演じる。後半の運命共同体の三人の危機と銃撃戦が激しい。虐待されていたドーベルマンのマクナイトと絆を結ぶ侑也の丁寧な描写に引き込まれ、ふみのオウムのどんちゃんにも癒された。
ひとごろし (ハルキ文庫)
明野 照葉 / 角川春樹事務所 (2009-10-01) / 720円19 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年10月02日 11時23分01秒 2017/10/02
読了:  2017年10月02日 星3つ
フリーライターの泰史が馴染みの料理屋で出会った薄い弓恵の記憶の欠如とその本性と過去。愛を免罪符にした弓恵や家族の繋がりに執着する異母妹、距離を詰められると激しく拒絶する泰史と、覗き込めば誰もがおかしいような揺らぐ普通に引き込まれた。冒頭の子供の死と夫や義母の冷たさは同情を誘うけれど違うのかなあ。
黒いプリンセス: 警視庁行動科学課 (光文社文庫)
六道 慧 / 光文社 (2015-09-09) / 670円8 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月30日 15時21分09秒 2017/09/30
読了:  2017年09月30日 星3つ
結婚相談所を経た年の差婚夫婦たちと不審死と派遣妻疑惑。文章は易しいのに事件が上手く頭に入って来ず、個性的な登場人物たちを追うばかりの読み方になってしまった。歩調を合わせたり満員のエレベーターで押し潰されないよう守ったり、美人が台無しだよと冗談にしろ囁いたり、麗子の清香への接し方が何とも気恥ずかしい。
生活安全課0係 スローダンサー (祥伝社文庫)
富樫 倫太郎 / 祥伝社 (2016-04-13) / 680円10 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月26日 15時47分36秒 2017/09/26
読了:  2017年09月26日 星4つ
将来の約束を控え焼身自殺した性同一性障害の高橋は殺されたのではないかという疑惑。何だかんだ冬彦を受け入れている高虎が何だか温かくて微笑ましい。女性として見て、気持ちは通じたと言い切る男性教師とか、レイプ<殺害みたいな法がつらく、高橋を思うと苦しい。病んだ母親に責任を感じ全てを引き受ける冬彦も苦しい。
八日目の蝉 (中公文庫)
角田 光代 / 中央公論新社 (2011-01-22) / 637円715 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月23日 14時13分58秒 2017/09/23
読了:  2017年09月23日 星4つ
不倫相手の赤ん坊を誘拐し宗教的施設等に逃げ込み幼少期まで愛情を持って育てる前半は、普通でないのに確かな幸せに満ちて温かい。希和子が捕まりその後大学生になった恵理菜の後半は、裁判等事情が語られる一方で本当の家も誘拐された過去も軋んで夢のような前半との差異と現実を突きつけられるよう。眩しい結末が逞しい。
ウサギの天使が呼んでいる (ほしがり探偵ユリオ) (創元推理文庫)
青柳 碧人 / 東京創元社 (2017-05-21) / 756円10 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月18日 11時50分22秒 2017/09/18
読了:  2017年09月18日 星4つ
節操なく色々なものを欲しがり、集めたガラクタ的お宝を欲しい人に売っている本職はフリーライターで三十歳の百合夫と、仕事を辞め現在無職な二十四歳の妹のさくらが出会う五つの事件。ゾンビのストーカー死体や透明な建造物、老人ホームの老人の秘密等。マイペースな兄と語り部で付き従う苦労人の妹のコンビが微笑ましい。
警視庁行動科学課 (光文社文庫)
六道 慧 / 光文社 (2015-05-12) / 691円11 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月17日 13時05分31秒 2017/09/17
読了:  2017年09月17日 星3つ
下町生まれFBI仕込みな麗子警視と父が警視総監な肉食セレブ検屍官の清香の幼馴染コンビが現場で追う虐待や養護施設、水攻め絡みの事件。女性同士の対等コンビが新鮮。サバサバしていて肩肘を張らず無理に男性的にならない等身大な二人が良い。警察官な麗子の二人の弟にもほっこりする。人物たちが軽快で重苦しくなかった。
生活安全課0係 バタフライ (祥伝社文庫)
富樫 倫太郎 / 祥伝社 (2016-02-12) / 756円15 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年09月14日 15時54分20秒 2017/09/14
読了:  2017年09月14日 星3つ
婚活を始めた靖子、乗馬を始めた高虎、女装を始めた樋村、ペットショップで恋をした係長、養護施設に移った経緯を思い出す理沙子の0係のそれぞれの日々と、新聞口から投函された大金と虹色に染められた野良猫の事件に立ち会うことによる重なりにわくわくした。高虎と係長にほっこりして、樋村と理沙子にしんみりした。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数21 件
購入金額- 円
読了数21 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
カウンター
累計36  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー