ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > コミック・ラノベ・BL
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 82件
スイートスイーツショコラ (トクマノベルズEdge)
ゆうき りん / 徳間書店 (2007-10) / 1,404円9 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年06月19日 11時05分31秒 2017/06/19
読了:  2017年06月19日 星3つ
二十八歳のショコラティエールの智代が、ショコラとの出会いはキラキラなもののほぼ一冊丸ごと勤める店の質より量さに不満を抱いた儘な為、期待と裏腹にかなりほろ苦かった。ずっと上からな儘でモヤモヤ。焼き芋屋を追う女子高生アルバイトや別れた夫にチョコを送るベジタリアンの販売員の話は黒さが薄く息抜きになった。
鎌倉香房メモリーズ 5 (集英社オレンジ文庫)
阿部 暁子 / 集英社 (2017-03-17) / 670円13 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年06月08日 17時42分37秒 2017/06/08
読了:  2017年06月08日 星3つ
最終巻。気持ちを通わせやっぱり落ち着かない香乃や、言葉選びや言葉遣いのどことないオタクっぽさがくたびれない瀬戸際?つらい気持ちにそっと寄り添う瑞々しさがとてもすき。束縛する叔父の本音が可愛く、彼と唯一対等に渡り合える警察官みずきが格好良い。チヨの家に泊まり曾祖父の戦争中の後悔に触れる話が特に印象的。
僕は君を殺せない (集英社オレンジ文庫)
長谷川 夕 / 集英社 (2015-12-17) / 594円16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年06月05日 14時43分40秒 2017/06/05
読了:  2017年06月05日 星3つ
代理で参加したツアーで殺され掛けたおれと父の殺人リストに従う殺人鬼の僕が一人称形式で交互に語る表題作は、文体が違うことで区別し易い所が良い。でも二度読み以前によくわからなかった。短編の実は殺していた「Aさん」も盛り上がれず、祖父の弟の幽霊の事情が切ない「春の遺書」がすっきり纏まっていて一番良かった。
ななつぼし洋食店の秘密 (集英社オレンジ文庫)
日高 砂羽 / 集英社 (2015-11-20) / 583円10 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年06月03日 15時50分02秒 2017/06/03
読了:  2017年06月03日 星4つ
関東大震災から一年半、行方不明の異母兄の店主の為に洋食店を守る、没落華族の令嬢の十八歳の十和子が、新興企業の若社長で三十歳の桐谷と自分に一切干渉しない事を条件に婚約する。利害で繋がった二人が少しずつ近付くほんわりとした温かさが良い。時代柄故の取っ付き難さは全くなく、着物が華やかでお料理が楽しかった。
お坊さんとお茶を 孤月寺茶寮三人寄れば (集英社オレンジ文庫)
真堂 樹 / 集英社 (2016-06-23) / 605円6 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年05月28日 12時40分13秒 2017/05/28
読了:  2017年05月28日 星3つ
老師と助っ人真夜中作務は空円の参加が美味しく三久には再び胸焼けしそうに。三久の実家の危機と猫饅頭でコンテスト出品はスカッとする爽やかさ。無料配布用が始まりとはいえあっさり菓子作りを任せる事に違和感はあったけれどこれからか。修行一年目の覚悟と空円の話も昔を知る事が嬉しい。徐々に変化している空円が良い。
万国菓子舗 お気に召すまま ~薔薇のお酒と思い出の夏みかん~ (マイナビ出版ファン文庫)
溝口 智子 / マイナビ出版 (2016-08-24) / 680円2 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年05月09日 16時09分05秒 2017/05/09
読了:  2017年05月09日 星3つ
困った人がいい人になっちゃうのが甘いけれど段々ほっとした。フェーブ入りのガレット・デ・ロワやネグレクトを知らない久美が頼りない。特に前者は四年も菓子店にいるのにと感じてしまう。モンローで若さにしてもお話だからと割り切った。何話も跨ぐ斑目の秘密に焦れた。カーニバルなオリジナルもみじ饅頭が断トツの魅力。
万国菓子舗 お気に召すまま ~お菓子、なんでも承ります。~ (マイナビ出版ファン文庫)
溝口 智子 / マイナビ出版 (2016-03-17) / 647円8 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年04月28日 14時01分47秒 2017/04/28
読了:  2017年04月28日 星4つ
三十代前半でお菓子なら何でも作れる店主と、高校卒業後暫くしてアルバイトを始めた経理、事務までこなす接客担当兼試食係の、お菓子馬鹿さが心地好い。丁寧語の合間の博多弁も可愛い。桃カステラに蓬と桜のロールケーキ、乳粥、アイスクリームの天ぷら等、次々と登場するお菓子が楽しく、夢に見たケーキの再現も夢のよう。
質屋からすのワケアリ帳簿 ~大切なもの、引き取ります。~ 下 (マイナビ出版ファン文庫)
南潔 / マイナビ出版 (2016-04-20) / 680円4 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年04月17日 12時04分53秒 2017/04/17
読了:  2017年04月17日 星3つ
脇役男性達の下劣さがつらい。主人公側まで儀式と連発する所も本質を誤魔化して神聖と認めているようで嫌だった。一度ならず気絶させられる千里も物語としての隙を感じる。でも信用出来ないとされた宗介や、濃さが魅力の鳩子、真犯人やクライマックスの火事等全体の流れが目眩いて烏島や宗介との関係も可愛く引き込まれた。
時をかける眼鏡 王の覚悟と女神の狗 (集英社オレンジ文庫)
椹野 道流 / 集英社 (2016-10-20) / 594円15 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年04月11日 12時09分19秒 2017/04/11
読了:  2017年04月11日 星3つ
伝説の「女神の狗」に噛み殺されたと思しき変死体が発見されたマーキスへポートギースから呼び戻される遊馬とクリストファーに、兄弟の疑惑。雪遊びの概念がないポートギースで雪だるまを教えたり、理不尽な罵倒をしていた筈のキャスリーンがヴィクトリアみたいになりたいとマーキスでの勉強を望んだり、微笑ましい。
GOSICKs〈3〉ゴシックエス・秋の花の思い出 (富士見ミステリー文庫)
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年04月06日 13時09分05秒 2017/04/06
読了:  2017年04月06日 星3つ
六巻の直後、熱を出したヴィクトリカと、放課後に毎日書物と花とお菓子を携え特別寮を訪れ読み聞かせをする久城の四篇と、彼を追ったアブリルが迷路花壇で出会うらしくないその人。読んでいてその人に気付く瞬間がたまらない。セシル達も良い味。ヴィクトリカがすぐに解いて見せる書物の中の真実に対し鈍い久城に親近感。

プロフィール
<<2017年6月>>
登録数29 件
購入金額- 円
読了数29 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
カウンター
累計33  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー