ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 614件
むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)
東野 圭吾 / 講談社 (1997-05-14) / 605円449 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年10月22日 15時10分06秒 2017/10/22
読了:  2017年10月22日 星3つ
同窓会で再会した昔の恋人の沙也加に頼まれ、真鍮の鍵を手掛かりに私と沙也加が山の中の無人の洋館を記憶を取り戻す為に探る。夫の居ぬ間なことが気になる。母としての沙也加が告白する虐待や、養子縁組等が然り気無く繋がり、日記や手紙の中を除き登場人物は二人だけで舞台も洋館に固定されているけれど閉塞感がなかった。
悪の教典〈下〉 (文春文庫)
貴志 祐介 / 文藝春秋 (2012-08-03) / 756円431 users
読了:  2017年10月21日 星4つ
学園祭の準備に集まったクラスを襲う血塗られた恐怖の一夜。上巻よりも襲われる側としての生徒目線が増え、日常の延長のように今後の保身すらどこかお座なりに当たり前のように次々と殺していく蓮実の異様さが最高潮を迎えるように解放された為、一気に深まった蓮実の恐ろしさに緊張感と熱が高まった。とても引き込まれた。
悪の教典〈上〉 (文春文庫)
貴志 祐介 / 文藝春秋 (2012-08-03) / 756円470 users
読了:  2017年10月21日 星4つ
高校の人気英語教師で共感性欠如の蓮実聖司の躊躇いのない過去や現在の殺人の数々と教職模様。殺人を犯した別の教師には全く寄り添えなかったから蓮実は魅力的に描かれているんだろうなあ。殺人も複数の教師が生徒と関係を持っていることも含めしっかりと地に足が着いた描写で、殺人鬼なのに授業を盛り上げる蓮実が可愛い。
ちょっと変わった守護天使 (文春文庫)
山崎 マキコ / 文藝春秋 (2010-08-04) / 586円17 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年10月19日 15時23分25秒 2017/10/19
読了:  2017年10月19日 星4つ
三十四歳のつぐみと五歳下の桜井の凸凹同棲生活。浮気されたつぐみが一方的に逃げ去った過去のある元上司と再会し素は出せないながら居心地の良さに揺れる様子にも嫌悪感はなく桜井にふさわしいかという自問や自己嫌悪が等身大でむしろ親身に寄り添えた。癖のある草食料理男子が夢みたいなのに良い意味でふわふわして幸せ。
乱暴と待機 (ダ・ヴィンチブックス)
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年10月19日 13時11分12秒 2017/10/19
読了:  2017年10月19日 星4つ
二人暮らしで二段ベッドで眠る、復讐の方法を考え屋根裏から覗く「兄」と人の顔色を先回りして窺い兄からの復讐を待つ「妹」の倒錯。同僚と元同級生のカップルが異常を告げながら巻き込まれていく。粘着質な澱みは不思議となく異様なのにさらりとしてどことなく滑稽さにも似て、生活に根差した回りくどい不器用さが愛しい。
オケ老人! (小学館文庫)
荒木 源 / 小学館 (2010-12-07) / 751円50 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年10月18日 17時28分40秒 2017/10/18
読了:  2017年10月18日 星3つ
勘違いで老人達のアマチュアオーケストラの指揮者になった高校教師の明彦が生徒や女性教師やロシアの人気指揮者に支えられ少年に倣い無理なく上達へ導く。本番のどきどき感。競争で張り詰めたオケをナンセンスと言うゴルゴンスキーの音楽を楽しむ事への想いの純粋さ強さも胸を打つ。ロシアの機密はなくても良かったかなあ。
しつけ屋美月の事件手帖 ~その飼い主、取扱い注意!?~ (マイナビ出版ファン文庫)
相戸 結衣 / マイナビ出版 (2017-02-17) / 699円2 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年10月18日 12時10分04秒 2017/10/18
読了:  2017年10月18日 星3つ
愛犬しつけ教室のトレーナーである二十九歳の美月が謎と飼い主の悩みを解決する。孫代わりのラブラドールの肥満、捨て犬として拾われたチワワ、結婚を迷う友人の老いた柴犬、いなくなったトイプードルと小学生のいじめ疑惑。休憩場所を提供し荷物運びや料理の腕を受け取りながら恋愛に疎い男勝りな美月がサバサバして爽快。
日曜は憧れの国 (創元推理文庫)
円居 挽 / 東京創元社 (2016-05-21) / 734円19 users
読了:  2017年10月17日 星3つ
カルチャーセンターで出会った四人の中二女子と料理、将棋、幕末等の講座体験と謎。段々と慣れた口調からも各自個性的と思いきや、丁寧語の内気お嬢様と切り捨て口調の堅物優等生以外の二人が各目線もあるのに逆に落ち着かず、上手く掴めなかった。本はすきだけれど国語はやっぱり苦手らしいと小説執筆講座の課題で感じた。
書店員の恋
梅田 みか / マガジンハウス (2008-10-23) / 1,512円23 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年10月16日 13時14分43秒 2017/10/16
読了:  2017年10月16日 星3つ
書店員の翔子の、シェフ志望の彼がいながら携帯小説家の年上男性の一方的なアプローチに流される様子に寄り添えず、未練や暗さを見せず去る彼氏を眩しく感じていたら遠距離恋愛突入の長文の手紙で脱力した。何だか都合が良い。二人から離れたことで落ち着きを取り戻したような翔子が何とも言えない。仕事、友達模様はすき。
明日の食卓
椰月 美智子 / KADOKAWA/角川書店 (2016-08-31) / 1,728円29 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年10月15日 15時35分11秒 2017/10/15
読了:  2017年10月15日 星4つ
我が子を虐待死させたのは誰か。出来すぎた息子の突如現れた歪みと認知症の義母、やんちゃすぎる兄弟と幼稚な夫、助け合う大阪母子。同じ名前の九歳の男児を育てる母親達の生活の臨場感が真に迫る。妻の話を聞いてあげる夫は夢的。踏み留まるか崩壊か。自分の家だったかもしれないリアルな様子が重く胸を打ち引き込まれた。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数24 件
購入金額- 円
読了数24 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
カウンター
累計36  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー