ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー > 山田 宗樹
並べ替え:
お気に入り 1 - 10件目 / 17件
直線の死角
山田 宗樹/ 角川書店 (1998-05) / 1,512円11 users
読了:  2017年10月11日 星3つ
企業ヤクザの顧問も務めるやり手弁護士が新婚早々夫を亡くした女性の依頼で加害者の言い分と異なる証言や不審なタイヤ痕を見つけ丹念に当たっていく。交通事故が二件同時進行するけれど整理すればシンプルだった。エイズ問題からのHIV感染女性の語る現実が胸に迫り、関係が切なく、お調子者の部下青年が微笑ましかった。
ギフテッド
山田 宗樹/ 幻冬舎 (2014-08-27) / 1,836円62 users
読了:  2017年09月26日 星3つ
未知の臓器を持つ新人類が超能力に覚醒し、彼らを恐れ排除しようとした普通の人間達はバラバラの肉片にされる。理解出来ないものに対峙することで暴走する恐怖と、共存をと脅すギフテッドの対立。被害者や遺族にほぼ意識がいかない全体が不思議。殺人事件が起きても葛藤はなく不可抗力的に能力を肯定する当人達に考え込む。
ランチブッフェ
山田 宗樹/ 小学館 (2006-06) / 1,620円12 users
読了:  2017年09月11日 星3つ
六編の短編集。十年前の新婚の自分と妻から離婚した二人の元へそれぞれ手紙が届く話は結末にほっこりし、田圃が薬害に遭う話は二十三歳の新人女性を差し出せ等となるのに嫌味がない。株の話も短編だからか興味深く負担なく読めた。妊婦の妻のお腹の我が子が元カノの生まれ変わりな話は怖くならないそこはかとないホラー。
いよう! (一般書)
山田 宗樹/ ポプラ社 (2013-02-14) / 1,512円15 users
読了:  2017年09月06日 星4つ
哲坊が九才から四十七歳までの間にたまに交流した、フラフラとしたキリギリスでありながらヒーローだった叔父との日々と、妄想による精神科や、がんで緩和ケア病棟に入院している年を経た彼と、「人は、永遠に〜」の医療相談室の千夏の日々。ちょっととんでもない叔父が魅力的で格好良い。表紙も叔父のイメージにぴったり。
人は、永遠に輝く星にはなれない
山田 宗樹/ 小学館 (2008-06) / 18,568円13 users
読了:  2017年08月26日 星4つ
病院の医療相談室の千夏と、妹の死を忘れ見舞に来てしまう戦争経験者の独居老人や、ほぼ全身の感覚を失いリハビリを拒否する男性等のクライアント達。思い通りにならないじっとりとした絶望が真に迫りすぎて初めはつらかった。老いての動物的性もしんどい。でも全体に引き込まれた。老人目線の特殊描写の臨場感も胸を衝く。
ジバク
山田 宗樹/ 幻冬舎 (2008-02-22) / 1,728円16 users
読了:  2017年07月20日 星3つ
一千億円を動かす株売のチームを率いていた四十二歳の貴志の、学生時代に憧れた女性と不倫をし裏切られ、ヒモになり保険金目当てに殺されかけ、転職、貧乏、片脚の切断と、運命より主体的で、自業自得とも切り捨てられない転落。最後まで振り絞るようで救われなさが徹底していて、生きていかなきゃいけなさが淡白な苦しさ。
ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生
山田 宗樹/ 幻冬舎 (2006-05) / 1,728円14 users
読了:  2017年07月08日 星3つ
松子叔母の死から四年、パチンコ屋でアルバイトを始めた二十四歳の笙は劇団に誘われ、元彼女の明日香は医学部で頑張っている。それぞれの日々が自然で滑らかでざくざく読めて厚さを感じさせない。俳優やロンドン公演の夢に突っ込みの不在を感じたけれど、いざ現実を見ろと非難されたらすっきりしなかった。夢って難しい。
乱心タウン
山田 宗樹/ 幻冬舎 (2010-03) / 1,836円16 users
読了:  2017年06月22日 星3つ
選ばれた人のみ入れる管理された超高級住宅街での従業員と落書き事件と強い思い込みによる群像劇が厚さを感じさせない滑らかさ。白血病の小二の息子や苦痛にならない境目の代表を名乗る独裁的な老人等、出来事も個性豊か。善人の警備員の年上の彼女のお金に目が眩んだ後の大団円が嬉しい。平和に見せ掛けた後の結末が怖い。
死者の鼓動
山田 宗樹/ 角川書店 (1999-03) / 1,890円7 users
読了:  2017年06月16日 星3つ
事故に遭った洋子から親友で重い心筋症の玲香への玲香の父による心臓移植。ようこを名乗る相手からのしんぞうをかえしてほしいという電話と行き過ぎてしまう行為。緻密な手術描写が痛くて少しつらい。登場人物達を常に把握は出来なかったけれど物語は問題なく入って来た。罪を知りながらも玲香の未来を守る大人達が温かい。
天使の代理人〈下〉 (幻冬舎文庫)
山田 宗樹/ 幻冬舎 (2006-04) / 617円24 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年06月07日 11時18分50秒 2017/06/07
読了:  2017年06月07日 星5つ
産むんじゃなかったと言われた過去のある中絶擁護派、外国のエリート達のバンクを利用し自宅で人工受精し障害どころか女の子であるというだけで中絶を希望する女性等、考え方がそれぞれしっかりと違い多角的な所がとても良い。脅迫、懲罰と加速する活動仲間、堕胎に立ち会う苦しさ。新米父の責任だけ素直に喜べなかった。

プロフィール
<<2017年10月>>
登録数21 件
購入金額- 円
読了数21 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
カウンター
累計36  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー