ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
ゆづきのバインダー
並べ替え:
お気に入り 31 - 40件目 / 532件
ツバキ文具店
小川 糸 / 幻冬舎 (2016-04-21) / 1,512円100 users
読了:  2017年07月21日 星5つ
先代と呼ぶ厳しい祖母に育てられた鳩子が彼女の後を継ぎ鎌倉で営む文具店と代筆屋。五歳の文通相手であるQPちゃん他鳩子の関わる色々な人達との関係が安定した安心感と落ち着いた確かな魅力で、隅々まで満ち満ちていてとても良い。後で知る祖母の本心も胸を衝く。鳩子が代筆した個性豊かな手書きの手紙の数々も味わい深い。
ジバク
山田 宗樹 / 幻冬舎 (2008-02-22) / 1,728円16 users
読了:  2017年07月20日 星3つ
一千億円を動かす株売のチームを率いていた四十二歳の貴志の、学生時代に憧れた女性と不倫をし裏切られ、ヒモになり保険金目当てに殺されかけ、転職、貧乏、片脚の切断と、運命より主体的で、自業自得とも切り捨てられない転落。最後まで振り絞るようで救われなさが徹底していて、生きていかなきゃいけなさが淡白な苦しさ。
厨房ガール!
井上 尚登 / 角川書店 (2007-09) / 1,728円21 users
読了:  2017年07月19日 星4つ
少年課で書類整理や補導をしていた二十八歳の元警察官で緊張すると人を投げてしまう理恵が通う名門料理学院と料理関連の謎達。卒業資格が欲しいプロの正木との付かず離れずな反発関係や元ヤンの楓や十八歳の美江子との級友模様やシェフの指導が軽快で微笑ましい。成長と共により華やかに美味しそうになる料理も楽しかった。
ミシン2 カサコ
嶽本 野ばら / 小学館 (2004-07-01) / - 17 users
読了:  2017年07月18日 星4つ
滅茶苦茶なボーカルのミシンといつかエスでは満足しなくなるかもしれないという弾けないギタリストの傘子の、二人暮らしや音楽番組やライヴが彩る格好つけない甘い日々。馬鹿で鈍臭い傘子の非道くて優しくなくて高潔なくらい眩しい純愛がとても良い。洗練されていなそうな歌詞まで直に響く。前作が素敵に昇華されていた。
カブキブ! (4) (角川文庫)
榎田 ユウリ / KADOKAWA/角川書店 (2015-09-24) / 605円33 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年07月18日 13時23分13秒 2017/07/18
読了:  2017年07月18日 星4つ
ハードな体力作りのスパルタヒゲモジャ指導員が加わり、その為すぐに激減した入部希望者の中残った四人に引っ掻き回される新年度。配役に不満を抱えた新入生たちの若さの一方で、いつも通りに団結し公演を楽しむ二、三年生が眩しくて格好良い。好きを楽しむって強いな!気づかれたことのないとんぼや渡子の今後が気になる。
探偵・藤森涼子の事件簿 (実業之日本社文庫)
太田 忠司 / 実業之日本社 (2012-06-05) / 700円9 users
読了:  2017年07月17日 星3つ
「求む、バカな人」という求人に惹かれ探偵事務所の一員となった涼子の短編五作の傑作選。はじまりの二十八歳、三十五歳、探偵を辞め清掃のバイトをし結婚の話も出ている三十七歳。ボクササイズに通い探偵事務所の所長となっている四十二歳の話が犯人に負けない様子等格好良い。良い意味で癖のないシンプルさが滑らか。
響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機 (宝島社文庫)
武田 綾乃 / 宝島社 (2015-04-04) / 713円43 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年07月16日 15時47分37秒 2017/07/16
読了:  2017年07月16日 星4つ
全国大会へ向けた二学期の、駅ビルコンサートやまだ遠い進路、母親の介入によるあすかの退部の危機。一巻にあった気のする癖は薄まり、純粋な青春としての吹奏楽部模様が眩しい。大会の盛り上がりと一体感は一、二巻同様で、毎回こうも安定して且つ苦しくなるくらいって凄い。あすかや麗奈への最後のご褒美にほっこりした。
探偵・日暮旅人の残り物 (メディアワークス文庫)
山口 幸三郎 / KADOKAWA (2016-12-22) / 745円9 users
読了:  2017年07月15日 星3つ
雪路と旅人の喧嘩、すみれの主夫兼小説家の夫の浮気疑惑、本編後お悩み相談所に変わった向かいの部屋からの覗きの話。吹奏楽部やスリグループやマジック仮面の双子兄妹と父が錯綜するお祭りの長編はおあずけされ続けるハニークリームパンケーキが強力な魅力!前巻よりも反則感がなく、これまで通りな皆に安心感があった。
GOSICK GREEN
桜庭 一樹 / KADOKAWA (2016-12-02) / 1,188円21 users
読了:  2017年07月13日 星3つ
渡米三日目、依頼に押し切られるように開業したヴィクトリカと、空から紙幣をばら蒔き犠牲も多かった伝説の銀行強盗KIDと仲間たち。今回に限らず著者ならもっと凝縮出来そうな気がするんだけどなあ。微妙に変わった気がする「である」口調も言語の違い?と思いつつ未だ若干慣れない。妹の消息を喜ぶグレヴィールが可愛い。
水族館ガール (実業之日本社文庫)
木宮 条太郎 / 実業之日本社 (2014-06-05) / 690円59 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年07月13日 12時27分10秒 2017/07/13
読了:  2017年07月13日 星3つ
市役所に勤めて三年の由香の突然の水族館への出向。人間とのコミュニケーションが苦手で当たりのきつかった四歳上の梶とも慣れ、イルカ並みと評されながらイルカのトレーニングに才能を発揮する。水族館の仕事模様が隅々まで満ちていて、死に立ち会うショックや、滑らかに展開する甘ったるい恋愛模様等、諸々詰まっていた。

プロフィール
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数17 冊
読了数 (月別)
  • 40
  • 30
  • 20
  • 10
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
カウンター
累計34  今日0  昨日0
since : 2016/04/08
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング

©2007-2017 ゆづきのバインダー