ゆづきのバインダー  [1 - 10件目 / 532件]
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
梨沙 / 集英社 (2015-01-20) / 594円30 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年08月15日 16時51分47秒 2017/08/15
読了:  2017年08月15日 星4つ
十五歳の家出少女と拾い主の二十四歳鍵師の冬休み。初めから初対面らしからぬ距離の近さだけれどキャラクターとして割り切り嫌な違和感はない。和菓子とカメラがすきなこずえが隣のお客に流され勝手に喫茶化する店内、淀川が警戒心と好奇心の猫と称しこずえを持ち歩く先での遺言書と宝探し。ぎゃんぎゃん騒ぐこずえに和む。
虚栄
久坂部 羊 / KADOKAWA/角川書店 (2015-10-02) / 1,836円27 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年08月15日 13時33分23秒 2017/08/15
読了:  2017年08月15日 星3つ
凶悪化がん治療国家プロジェクトの、手術、抗がん剤、放射線治療、免疫療法の四グループそれぞれの考えや足の引っ張り合いや予算の取り合いが渦巻く。ロボット手術他治療方法は何が適しているのか、それとも放置が良いのか。マウス実験等の研究や治療の専門描写が多いものの難しくはなく、色々と勉強するように読めた。
最後の手紙 (集英社文庫)
矢口 敦子 / 集英社 (2016-02-19) / 713円2 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年08月13日 13時16分34秒 2017/08/13
読了:  2017年08月13日 星4つ
社会的事件を背景に綿密に語られる一九五六年生まれの史子の人生。事故により漫画家の夢を断たれ自殺願望を抱き、引き籠もりや加害者との結婚を経て、夫と幼い娘を捨て初恋相手の女性の元へ走り、東日本大震災後の反原発、復讐へと辿り着く。密やかな熱さ。沢山の出来事の全てが纏まり自然に統一されていて、引き込まれた。
じごくゆきっ
桜庭 一樹 / 集英社 (2017-06-05) / 1,674円16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年08月12日 15時13分09秒 2017/08/12
読了:  2017年08月12日 星4つ
既読の「A」「脂肪遊戯」を含む七編。後者は再読でも引き込まれわかり易い哲学にも興味を引かれた。肯定出来そうな肥満等、距離を置いて見守るような心地好さの四編の後、若くおばかな女性高校教師と女生徒の逃避行の不意の大人的こわさやずたずたにされる勝手さ、同性愛者の父娘の被虐他凄まじい捻れに引き摺り込まれた。
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 (宝島社文庫)
武田 綾乃 / 宝島社 (2016-09-06) / 713円18 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年08月11日 14時12分02秒 2017/08/11
読了:  2017年08月11日 星4つ
マーチングコンテストに向けた校外合宿に、コンクールの関西大会をさらりと挟み夏休みを終えて勝ち進むマーコン。カラーガードを志望し先輩の指導に泣きながらも逃げないあみか。梓と芹菜の中学時代のトラウマやその再来のような好きと執着に塗れた必死さ、梓の人柄を一つ一つ詳らかにしていく丁寧さに個性が光り胸を衝く。
響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編 (宝島社文庫)
武田 綾乃 / 宝島社 (2016-08-04) / 713円19 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2017年08月10日 16時18分54秒 2017/08/10
読了:  2017年08月10日 星4つ
マーチング強豪校に入学して二ヶ月の梓の、春、夏の校内合宿、コンクールの京都府大会まで。大会オーディションの結果発表にドキドキした。青春の日々の其処此処に仕込まれた、実力者な面を取り繕い素でハンサム女子な過保護の梓と彼女を慕いべったりな初心者のあみかの関係のざらりとした違和感が効いていて引き込まれた。
エコイック・メモリ
結城 充考 / 光文社 (2010-08-19) / 2,052円20 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2017年08月10日 11時25分50秒 2017/08/10
読了:  2017年08月10日 星3つ
動画サイトに投稿された私刑による殺害の様子は悪戯かそれとも本物なのか、女性刑事クロハが追う。ネット上の仮想空間は今回も多少登場するし人名も引き続き片仮名だけれど、前作のような近未来感はなく現実的。台詞が割り込む地の文や展開等、前作よりも入り込み辛かった。甥の親権を巡る結末が胸を衝き引き込まれた。
冤罪初心者 民間科学捜査員・桐野真衣 (文春文庫)
秦 建日子 / 文藝春秋 (2015-04-10) / 648円11 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ミステリー・サスペンス・ハードボイルド 登録日:2017年08月07日 12時21分30秒 2017/08/07
読了:  2017年08月07日 星3つ
捜査員五ヶ月目の真衣と赤鼻のトナカイ連続殺人事件。グロテスク描写もある一方で登場人物達はどこかひょうきんで、キャンディと中学生といじめ、麻薬犬アプリにヤクザに冤罪の外国人に婚活等多岐に渡りながらも纏まりがありバラバラにならない。弾丸行き交う中の二人の派手さも効いている。ゆかりって前作で確か…あれぇ?
美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星 (講談社タイガ)
西尾 維新 / 講談社 (2015-10-20) / 713円42 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年08月06日 15時04分31秒 2017/08/06
読了:  2017年08月06日 星3つ
校内のトラブルを解決すると噂の五人組と、彼らに内心で突っ込みを繰り出す十年前に見た星を探す中二の瞳島眉美。美声の三年連続生徒会長、天使長的可愛さと美脚の肉食少年、風刺が強い美食コック、美術の無口少年、美学の小五郎が子供ということを忘れる立ち方で、お陰で危険な大人たちとのやり取りも違和感がなかった。
小暮写眞館I (新潮文庫nex)
宮部 みゆき / 新潮社 (2016-12-23) / 497円14 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL 登録日:2017年08月06日 11時24分58秒 2017/08/06
読了:  2017年08月06日 星4つ
両親の趣味で古びた元写真館に引越した、友人たちに倣い何故か家族にまで花ちゃんと呼ばれる高一の花菱英一が友人と冬に出会う、女子高生がフリマで入手したノートに挟まれていて突き返して来た写真館名入りの封筒に入った不思議な心霊写真。語彙の豊富な小三の弟が生意気可愛い。流れる時間がどこかゆったりして心地好い。