ホーム   本・雑誌   キンドル   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
tatsumaru.timesの本棚
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 50件目 / 101件
職業、DJ、25年 沖野修也自伝
沖野 修也 / DU BOOKS (2015-01-09) / 2,160円8 users
購入:  2017年02月01日 2,160円 所有
読中: 
キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]
読了:  2016年12月22日 星5つ
空前の格差が拡大するアメリカ社会の闇の原理である「超資本主義」の闇を照らすドキュメンタリー。印象的だったのは、某大手金融会社の内部文書で、選挙の一人一票が社会変革の「脅威」だとされていたこと、奨学金を負担してまで入学した学費の高いアイビーリーグの卒業生が金融会社で学生ローン返済とあわせて消耗されていること、そして、戦後アメリカに再建されたドイツと日本にはある国民皆保険制度などの社会保障が整っており、アメリカにはその実現にはいたらなかったこと、など。傑作です。
絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)
古市憲寿 / 講談社 (2015-10-20) / - 1 users
カテゴリ:キンドル キンドル 更新日:2016年12月22日 11時17分55秒 2016/12/22
購入:  2016年12月22日 0円
読了:  2016年06月19日
教育の力 (講談社現代新書)
苫野一徳 / 講談社 (2014-03-20) / - 3 users
購入:  2014年12月20日 0円 所有
読了:  2014年12月20日 星5つ
これまで「若者政策」や「シティズンシップ教育」、「ユースワーク」というキーワードで色々学んできましたが、このどの言葉も使わないで市民参加型の民主主義社会の礎となる、教育のあり方に通じる考え方を論じている本でした。
「売れる・読ませる」文章が書ける 実践的ライター入門
松枝史明 / PHP研究所 (2004-12-02) / - 4 users
所有 読了:  2016年07月19日 星4つ
こちらの本は、ドイツのブロガーWSBIさんから勧められた一冊です。ちょうど、単行本を一冊出すことになり、これまではブログは書いてきましたが「本」書いたことがなかったので何か参考になる本はないか探していたのでした。さすがプロのライターが執筆しただけあって、この本自体がいい例になるとても読みやすくかつ実践的です。ブログライティングとは一味違う、表現の方法を知るにはもってこいです。
教育政治学を拓く: 18歳選挙権の時代を見すえて
小玉 重夫 / 勁草書房 (2016-08-30) / 3,132円5 users
購入:  2016年11月30日 3,132円 所有
読中: 
Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
Amazon (2016-07-20) / 8,980円3 users
購入:  2014年11月28日 8,980円 所有 星5つ
もし、このKindleを留学前に持っていなかったら、
・ヘルニア再発しまくっていたでしょう。
・英語がもっとできなかったでしょう。
・進撃の巨人の最新刊が読めなかったでしょう。
・不眠症になっていたでしょう
・「エドワード・スノーデンって誰?」だったでしょう。
・成績が悪かったでしょう。
・岡本太郎に励まされていなかったでしょう。

今でも大事に使っています。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~(字幕版)
購入:  2016年11月28日 1,500円 所有
読了:  2016年11月28日 星4つ
今、世界中で猛威を振るわせている大手ファストファッション業界の闇に迫ったドキュメンタリーです。ファストフードのように服を買い回す先進国の消費者と、生死をわける劣悪な労働環境下の途上国の労働者。後半の、化学製品を用いたファストファッションが、身体にもたらす影響にはさすがに驚きました。これをみてから、あの安価なファストファッション店にいくこともためらうようになりました。
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ [DVD]
読了:  2016年10月01日 星5つ
日本も、欧米といえばアメリカ、イギリスをフォローする傾向にあります。しかし、アングロ・サクソン系の国とそれ以外のヨーロッパや北欧は大きく異なります。だから、日本人もこの映画をみると「そうだったのか!」となりますし、スウェーデンの話をすると「目から鱗だった」という人が多いのは、やはり「ヨーロッパ」のことを知らないからです。「ヨーロッパ社会事情の入門編」としておすすめです。
キャリア教育のウソ (ちくまプリマー新書)
児美川 孝一郎 / 筑摩書房 (2013-06-05) / 842円78 users
読了:  2016年09月25日 星3つ
「正規vs 非正規雇用」っていう構図では、ますますキャリアに対する見通しが暗くなる。
本書ではそのことも含めた社会の在り方についての議論はしなかったけども、読んだいち若者としては妙な無理ゲー感と「キャリア教育」の嘘っぱち度は整理できました。「やりたいことをやって生きていきましょう!」という一面的な見方にメスを入れたい方はぜひ。
おとなの進路教室。 (河出文庫)
所有 読中:  星5つ
実はぼくは、山田ズーニーさんのことは、大学受験に失敗した18歳の時から知っていました。進路の決め方に疑問を持っていたぼくは、山田ズーニーさんの「大人の進路教室」をポッドキャストで聞いて、この「意志ある選択」という言葉に出会い、中学の時の国際交流の経験を軸にして進路を決めたのでした。今でも、岐路に立ったら読み返します。
一生、読み続けていきたいです。
自殺予防の基礎知識 - 多角的な視点から自殺を理解する
末木新 / 末木新 (2014-01-07) / - 4 users
カテゴリ:キンドル キンドル 更新日:2016年11月19日 23時08分04秒 2016/11/19
所有 読了:  2015年11月19日
友人の不幸がきっかけで読みました。
基礎的なことが多いように思いますが、きちんとまとまっています。
自分の中に毒を持て(文) (青春文庫)
岡本 太郎 / 青春出版社 (2013-11-25) / - 41 users
読了:  2011年11月19日 星5つ
何となくつまらなくなっている時の、メンテナンスに。
自分自身への期待を「裏切り続ける」というアンビバレントな勇気をあたえてくれる岡本太郎の言葉であふれています。
クリエイターなら知っておきたいお金のこと
立石 京平 / リットーミュージック (2012-11-16) / 1,512円12 users
読了:  2016年04月15日 星4つ
仕事の合間を縫って、個人事業主として、例えば確定申告でしなければいけないことなどを確認していたとき読みました。この本は、「そもそも税金って何?確定申告って何?」という、初心者にいいです。フリーランスに限らず、何か事業をやる可能性がある人にとってもいいですよ。
スウェーデン・パラドックス
読了:  2012年01月15日 星4つ
北欧などの福祉国家は一昔前の社会主義国みたいなイメージがあり、経済成長なんて「水と油」かと思っていましたが、もうそうじゃないんですね。この相容れないと思われていた「高福祉・高負担・高成長」という3つの要素が共存するという「矛盾(パラドックス)」。その解明を試みようとうのが本書です。
ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方
伊藤 洋志 / 東京書籍 (2012-07-02) / 1,404円289 users
読了:  2014年11月15日 星4つ
なんとなく私たちの頭の中には仕事をするということは「毎月固定の給料が出る会社で働く」という考え方がありますね。しかしそうではなく、仕事はもっと多様で、もうなんでもいいから、仕事にしてしまえと、それで意外と食ってけるよ、ってことなんですね。しかも自分が得意で好きなことなら尚更、機会費用を考えると一石二鳥じゃないかと、著者は提案しています。「ナリワイ」は単に経済的にも楽になるだけでなく、新たな生き方を見出し、これまでみていた景色を変えてくれます。副職や転職、起業、開業、新しい食いぶちを探している全ての人の背中を押してくれる書です。

プロフィール

Tatsumaru Timesの編集人
ヨーロッパ・北欧の社会、若者、若者政策を研究しています。
リンク
<<2017年2月>>
登録数1 件
購入金額2,160 円
読了数0 冊
最近のブログ記事
2017/02/19 09:54
2017/02/08 12:08
2017/02/01 11:58
2017/01/30 22:46
2017/01/25 13:01
読書状況
ウィッシュ- 冊
積読- 冊
読中10 冊
読了12 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
カウンター
累計271  今日1  昨日0
since : 2016/11/14
タグ (58)
3 生き方
2 自営業
2 クリエイター
2 アーティスト
2 教育
2 マイケル・ムーア
2 フリーランス
2 社会
2 人生
1 電子書籍
1 キャリア
1 入門
1 自己啓発
1 ライティング
1 ライター
1 進路
1 文章術
1 主権者教育
1 自伝
1 競争社会
1 岡本太郎
1 太陽の塔
1 Paperwhite
1 Kindle
1 資本主義
1 アメリカ
1 仕事
1 シティズンシップ教育
1 市民参加
1 民主主義
1 ヨーロッパ
1 山田ズーニー
1 ナリワイ
1 労働
1 キャリア教育
1 大学
1 新書
1 ファストファッション
1 DJ
1 政治参加
1 伝記
1 水木しげる
1 スウェーデン
1 若者
1 ドキュメンタリー
1 高福祉
1 伊藤洋志
1 個人事業主
1 南方熊楠
1 海外在住
1 ビジネス
1 確定申告
1 湯元健治
1 高負担
1 経済政策
1 佐藤吉宗
1 経済
1 働き方
86 タグなし

©2007-2017 tatsumaru.timesの本棚