ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 6件目 / 6件
正法眼蔵随聞記 (講談社学術文庫)
山崎 正一 / 講談社 (2003-11-11) / 1,242円23 users
タグ 哲学/思想 思索 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 宗教 更新日:2012年06月09日 17時11分14秒 2012/06/09
所有
・はづべくんば、明眼の人をはづべし(1.1)
・人に皆 食分あり命分あり。非分の食命を求むるとも来るべからず(1.3)
・僧の損ずることは、多く富家よりおこれり(1.4)
・学道の用心、本執を放下すべし。身の威儀を改めれば、心も従って転ずる也。まず律儀の戒行を守らば、心も従って改まるべき也(1.5)
・道は無窮なり。さりとても 尚行道すべし(1.5)
・命を惜しむことなかれ、命を惜しまざることなかれ(1.6)
・蔵の鼠 食に飢え、田を耕す牛の 草に飽かず(1.7)
・時に殿下装束を竿に掛けられ 拝せられけり。人、これを問う。「吾、人に貴びらるるも 我徳に非ず。只、この装束の故なり」愚かなる者の人を貴ぶこと如是(1.8)
・詮ずる処、道心なく、吾我を存する故也。只須らく我を忘れ...(1.9)⇒記憶を捨てる
・虚襟に非ざれば、忠言を入れず(1.14)
広学博覧は、かなうべからざる事也(2.3)⇒その真意は何?「仏祖の言語すら、多般を好み学すべからず。一事専らにせん、鈍根劣器のもの、かなうべからず。況や、多事を兼ねて、心想を調えざらん、不可なり」(2.8)
三教指帰 (中公クラシックスJ16)
空海 , 松長 有慶 / 中央公論新社 (2003-05-10) / 1,782円17 users
タグ 哲学/思想 思索 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 宗教 更新日:2012年02月07日 12時00分14秒 2012/02/07
読了:  2012年02月08日
・密教では宇宙の真理すなわち法そのものを仏の身体と見て、法身と称し、法身が直接説法すると説く。10p
・(空海は)地水火風空の五大を世界の物質的側面、識大を精神的側面と見て、仏の世界も世俗の世界も同じく物心両面を備えている。故に凡夫も仏も同じく六大からなり、質的に変わらないから、凡夫といえども真理に開眼すれば、即時に成仏しうると説いた。11p
マルクスの『資本論』 (名著誕生)
購入:  2010年12月11日 1,575円 所有
読了:  2010年12月14日
◆訳者の中山元の語り口が好きで、中山さんの著作一覧を見ていて、たまたま目についた本書を読んでみた。Amazonの「資本主義」という怪物を主人公とした小説として読みなおし、という紹介も興趣をそそる。
・この書物のテーマは、まだ私たちの生活を支配している問題でもある。「資本主義が生き続けているのに、『資本論』が死ぬなどということがあり得るだろうか」というマーシャル・バーマンの疑問はもっともなのだ。10.p
・マルクスは生まれ落ちた瞬間から、既にアウトサイダーだった。14.p
・(弁証法の使用価値)予測が外れて嘲笑されるかも知れない。その場合には、弁証法を活用すれば、抜け出せるのだ。事態がどちらにころんでも、上手くいい抜けられるように言葉を選んでおいた。89.p
・マルクスのお気に入りのモットーは、全ては疑いうるだったが、共産主義のロシアでこのモットーを実践して生き延びた人はいない。マルクスが実践したマルクス主義とは、イデオロギーと言うよりも、批判的なプロセスであり、弁証法的な議論を継続していくことであった。138.p(マルクスの名のもとに生み出された体制が、マルクスの精神とは本質的に相容れないある種の神政国家に堕してしまったのは、歴史的必然の体現という認識そのものに胚胎している。
単純な脳、複雑な「私」
池谷裕二 / 朝日出版社 (2009-05-08) / 1,836円729 users
読了:  2010年12月09日
・村の保健センターで借りる。一読、引き込まれる面白さ。『単純な脳、複雑な「私」』という表題が、なんとも含蓄に富んだ表現で、人間の意識がその背後に潜む「意識的」部分の何倍もの領域を持つ「無意識的」部分によって支配されているという指摘は、衝撃的でさえある。唯物論と唯心論の対立・客観的と主観的との対立、一見、絶対的にさえ見える対立も脳と体の相互作用のあり方の表現形式に過ぎないように見えてくる。
Pascal / Garnier Freres  / 3,152円1 users
タグ 思索 語学 カテゴリ:洋書 洋書 / Nonfiction 更新日:2010年04月01日 05時41分16秒 2010/04/01
購入:  2010年02月10日 3,489円 所有
読中: 
『聴いてわかる..』に並行して10/02/12から読み始める。目標としては今年中に読了すれば良し。当面は、半頁/日程度だろうか?17世紀の古典をそのまま読めるかどうか(日本語の学習に本居宣長を使うようなもんだから、いきなりパンセから始めるのが良いかどうか?!)、多少の懸念なしとしないが、英語版との併読でなんとかなるだろうとの乱暴な見通し。来年はBraudel『地中海』(日本語訳がヘタクソで困ったもんだ!!)を読んでみようかとの計画。
・10/02/17、Part8、6.pまで
・(Part8)Il y a beaucoup de personnes qui entendent le sermon de la meme maniere qu'ils entendent vepres.の意味が分からんな?!
・10/02/25、18-24日と帰宅準備やら帰宅後のダイズ選別作業他で慌ただしい日々。25日午前中で一段落着き、午後から講読再開。尤も『聴いてわかる..ニュース』の復習はこの間も続ける。11~13の坊主臭い話は詰まらんな!!
・『聴いてわかる..』の復習が終わって以降、3/25日から、空いた時間の殆ど全部を(ブローデルも、世界史も、バルザックも放り出して)専ら『Pensees』講読に充てている。Project Gutenberg eBook の英訳版と併読しているが、この英訳が中々の適訳で、非常に解り易い。まだ語彙力が決定的に不足しているから、逐語的に辞書を引いてはいるものの、英語版との対比で意味の想定出来るものは発音の確認が中心。時々、重要な語彙に限って、Central National de Ressources Textuelles et Lexicalesのサイト(参照)を使ってみるが、これがまた素敵なサイトだ。
(10/04/01記)

プロフィール
<< 2017年9月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
アマゾン検索
タグ (4)
3 哲学/思想
1 経済
1 医学
1 語学
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2107  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー