ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
自彊術―日本最初の健康体操
近藤 芳朗/ 朝日新聞社 (2007-10) / 1,260円1 users
所有 読了:  2012年05月24日
・【自然療法】という本で、一部紹介されているのをキッカケに購入(12/05/11)。名前だけは小耳に挟んだことがあるが、その内容は知らなかった。その特徴は一言で言えば、身体の全身に張り巡らされた免疫系を活性化させる全身体操といって良いか。「自彊術には三十一の動作がありますが、その一動作ごとに、経穴の指圧、関節を動かす整体術、呼吸法の3つの治療術が同時にできます。三十一動行うことによって、その三倍の九十三の治療が行われるように組み立てられているのです。これで身体全部の調整と調和を図るのが自彊術の目的です」(63)。久保 頴子の本が実践編なのに対して、医者の立場から自彊術の動きの意味を解説。
・ヨガ、太極拳、真向法の動きと幾つかの共通点が有るが、最大の違いは反動を利用した素早い動きにある。例えば前屈姿勢、真向法にも同じ前屈があるが「反動」を付けない・息を吐きながらジワリと前屈、対して自彊術では掛け声とともに反動を利用して限界点まで、となる。「自彊術は、身体の各部が動き得る極限まで持ってゆくため、全動作機勢を持って行う。初め固くて動けない人も、実習を重ねるに従って、自己の動き得る限界が次第に拡大してゆくものである。この機勢応用は、身体の各機能に迅速に反動的変化を与えるものである。」(76)「機勢」には「はずみ」との振り仮名が付いている。
・久保 頴子の【驚異の自彊術―慢性病克服に驚くべき効果!】と併せて読む。これは自彊術の身体の動きそのものの紹介
・第六部「自彊術補遺」で、ヨガ、太極拳、気功、座禅などとの関連及び相違。この部分は再度熟読し、熟考すべし。(12/06/12)

プロフィール
<< 2017年5月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
アマゾン検索
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2105  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー