ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
正法眼蔵随聞記 (講談社学術文庫)
山崎 正一/ 講談社 (2003-11-11) / 1,242円23 users
所有
・はづべくんば、明眼の人をはづべし(1.1)
・人に皆 食分あり命分あり。非分の食命を求むるとも来るべからず(1.3)
・僧の損ずることは、多く富家よりおこれり(1.4)
・学道の用心、本執を放下すべし。身の威儀を改めれば、心も従って転ずる也。まず律儀の戒行を守らば、心も従って改まるべき也(1.5)
・道は無窮なり。さりとても 尚行道すべし(1.5)
・命を惜しむことなかれ、命を惜しまざることなかれ(1.6)
・蔵の鼠 食に飢え、田を耕す牛の 草に飽かず(1.7)
・時に殿下装束を竿に掛けられ 拝せられけり。人、これを問う。「吾、人に貴びらるるも 我徳に非ず。只、この装束の故なり」愚かなる者の人を貴ぶこと如是(1.8)
・詮ずる処、道心なく、吾我を存する故也。只須らく我を忘れ...(1.9)⇒記憶を捨てる
・虚襟に非ざれば、忠言を入れず(1.14)
広学博覧は、かなうべからざる事也(2.3)⇒その真意は何?「仏祖の言語すら、多般を好み学すべからず。一事専らにせん、鈍根劣器のもの、かなうべからず。況や、多事を兼ねて、心想を調えざらん、不可なり」(2.8)

プロフィール
<< 2017年3月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
アマゾン検索
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2103  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー