ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
史書を読む (中公文庫)
坂本 太郎/ 中央公論社 (1987-03) / 461円8 users
所有 読了:  2012年06月12日
・最初に公にされたのは1981年1月号『歴史と人物』、二年間にわたって連載された。その後、中央公論社から単行本として出版。
僕が、初めて読んだのは1987年4月に再刊された中公文庫版だ。たまたま本棚の一隅にあるのが眼について拾い読みする。
・「あとがき」に、こんなことが書いてある。「史書を読むことは楽しい。....学問上の難しい議論を述べるつもりはないし、まして警鐘を乱打して、太平の世の眠りを覚まそうというような、大それた気持ちは微塵もない。史学者の端くれにいながら、随分呑気なことを言うものだと叱られるかもしれないが、人間も80歳に達すると、こうした恬淡とした心境に成る」。初めて、この書に接した22歳の頃、この「あとがき」をどう読んだか覚えていないが、当時の僕は経済学と幕末の政治外交史に専ら関心を注いでいたから、歴史書を読むのは文字通りに「余興の楽しみ」だったかも知れない。
・ともあれ、現在は70歳には未だ数年たりない年齢でしかないが「恬淡とした心境」が素直に共感できる。昔は諦観と思っていた、しかし現在は諦観も超えたと思っている。何事も淡々と受け流す心境。
・日本書紀、風土記、古語拾遺、将門記、吾妻鏡、読史余論などの章を読む(6/12)

プロフィール
<< 2017年6月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
アマゾン検索
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2105  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー