ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sunjin_fuuraiのバインダー > セルジュ・ブランリ
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
レオナルド・ダ・ヴィンチ
セルジュ・ブランリ/ 平凡社 (1996-03) / 6,525円2 users
所有 読了:  2012年06月17日
・Ch.4を読む(12/06/16)。膨大なメモ類、時に前後脈絡なく、思いつくままに、あっちに飛んだり、中断したり、頭に去来する想念を、そのまま写しとったかの如き。ブランリによれば「物事を偶然に託して、脳裏に浮かんだ如くに、配列や明白な論理もなしに書いている」175
・Ch.5、200.p《隠者聖ヒエロニムス》の来歴
・Ch.6、「ペンと小刀」、レオナルドは1482年ミラノに移住する(30歳)。「レオナルドの時代には、ミラノはヨーロッパで最大、人口最多(10万)、最強の首都の一つとなる」233;「レオナルドは、自分を理解できなかったフィレンツェに対するおそらく反作用から、ミラノでほっと一息つく。彼は生まれ変わったような思いがする。あまりにも居心地が良いので、17,8年の間、事態の成り行きからやむを得ず出てゆくまで、この街に留まることになる」235;
・ミラノの強力な支配者に宛てた士官申出の長い書状(書状の全文、225)。戦争に関わる様々な提案、武器、要塞プラン等で占められている(「現実の奉仕の申し出というより、自分自身で決めるプログラムを読んでいるという印象のほうが強い」227;モンタネッリは、この自薦状がイル・モーロに提出されたとの前提で「あまり謙譲の美徳は感じさせない。ルドヴィーコはこの手紙が気に入って、レオナルドをミラノに招き、ショーや宴会の演出、女性の帯のデザイン公妃用浴室の設計を任せ、のちには肖像画も描かせた」と書いている。【ルネサンスの歴史】下巻、266。ミラノに向かったのが「招かれた」のか、別の動機だったのかは、決定的に重要というわけではないが、かなり違った印象を受けるのは事実。)
1481~99年、ロドヴィーゴ・イル・モーロ、ミラノ公となる。当時のミラノについて、ブルクハルト【イタリア・ルネサンスの文化】の第一章「芸術作品としての国家」で「ジャンガレアッツォ以来、すでに完全に出来上がった絶対君主政体によって統治されていたミラノの諸公の場合は、その統治は、15世紀の意味において真にイタリア的なものとして現れる」云々(100~105.p参照)
・先の「ミラノの強力な支配者」は明らかにイル・モーロのことだ。ブルクハルトは「レオナルドが進んで留まったのでないとしたら、この宮廷のいったい何がレオナルドをひきつけていたのだろいうか。世間はこの人に対しておそらく、およそ当時のどんな人間に対してよりも、門戸を開いていた。そしてイル・モーロの中に、幾らかでも高尚な要素が生きていたことを証明するものがあるとすれば、それは、彼の身辺にこの不可解な巨匠がこんなに長く滞在したということである」105、と書いている。
・イル・モーロは、1499年10月、ルイ十二世によってミラノを奪われる。いったんはミラノを回復するが傭兵の裏切りで捕らえられ、フランスで獄死する。レオナルドは、この時期にミラノを立ち去る。

・Ch.7、「1490年、平和のおかげで、イタリア全土はかつてなかったほどの繁栄を謳歌する。半島のあらゆる国家が、ある種の政治的安定を見る。ミラノはペストの恐怖と惨状から立ち直ったので、....人々は富を蓄え、それで楽しむことしかもはや考えない。(イル・モーロ支配下のミラノの概要;モンタネッリ【ルネサンスの歴史】下巻第28章「イル・モーロとシャルル八世」を参照)

プロフィール
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
アマゾン検索
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2107  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー