ホーム   本・雑誌   Web   洋書   音楽 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sunjin_fuuraiのバインダー
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
知っておきたいクスリになる食べもの―症状別大編集!
菅原 明子 / ナツメ社 (2005-02) / 1,575円1 users
購入:  2009年02月 0円 所有
読了:  2009年02月
○ナツメ社から、この本と内容的にはほぼ重複する「クスリになる食べ物事典」が出ている。「知っておきたい..」は93年7月に初版が発行され、05年3月に第二版が出されたが、「食べ物事典」のほうは96年8月と97年10月に発行されたきり、その後は新版が出されてないようだ。
・両方とも、ごく日常的な、食べ物の薬効が紹介されているが、「知っておきたい」は約100品目、「食べ物事典」は190品目を取り上げている。
・また「知っておきたい」は、便秘を防ぐ、胃腸病を和らげる、貧血を治す、不眠・精神安定に効く、肌をみずみずしくする、頭をよくする、ガンを防ぐ、疲労回復、高血圧・動脈硬化を防ぐ、骨を丈夫にする、老化を遅らせる、健康を増進させる等の大項目を立てて、夫々に効用のある食品群の、「おいしい食べ方」「見分け方」「選び方と保存法」、その食品を使った一品料理を、見開き二頁で紹介している。
・「食べ物事典」は、内容的には変わらないが、病名・症状(ガン、動脈硬化、糖尿病、肝臓病、二日酔い、肥満など)を具体的にあげて薬効のある食品を紹介。効能、保存法、見分け方、一品料理の紹介など基本的構成は「知っておきたい」と同じ。病状別索引が付いている点が、薬効を調べる上では多少便利だし、事典的要素か。両方とも、食品の側から引く索引がないのが、多少の欠点だが、食品数が少ないのでやや不便という程度。
・「知っておきたい」は、(「食べ物事典」に比べて)紹介食品を約半分に絞って、その分個々の食品の情報量をやや豊富にしたといえるか。尤も、情報内容に基本的な差があるわけではない。
・例えば「いわし」を見ると共に「カルシウムを効率よく吸収」できる魚として紹介。「食べ物事典」は「カルシウムの含有量は、100g当たり70mgと多く、しかもカルシウムの吸収率を上げるビタミンDの豊かさは抜群!つまり、一石二鳥で効率よくカルシウムを活用することが出来るのです。」、一方、「知っておきたい..」は「カルシウムは小腸の内壁にある細かいひだから吸収されます。このときビタミンDが充分にあれば、カルシウムはスムーズに吸収されますが、ビタミンDが足りないと、カルシウムそのものの摂取量は多くても、吸収される量は少なくなってしまいます。ビタミンDの正式名カルシフェロールは、カルシウムの運搬人という意味なのです。」

プロフィール
<< 2017年5月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
読書状況
ウィッシュ21 冊
積読4 冊
読中78 冊
読了294 冊
読了数 (月別)
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
アマゾン検索
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
カウンター
累計2105  今日0  昨日0
since : 2009/05/22

©2007-2017 sunjin_fuuraiのバインダー