ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sumiのバインダー > ノンフィクション
並べ替え:
日付 カテゴリ
建設業者
建築知識編集部 / エクスナレッジ (2012-10-01) / 1,512円64 users
タグ ノンフィクション カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン 登録日:2013年03月06日 23時02分32秒 2013/03/06
読了:  2013年03月05日
世間にまったく知られていないような職業が多種紹介されているには面白いのだけど、
でも食い足りない印象は否めませんでした。
女性の職人さんを探すのは難しいのかもしれないけど、
それだけにもっと実(じつ)で選んで欲しかったなー。
オタクはすでに死んでいる (新潮新書)
岡田 斗司夫 / 新潮社 (2008-04-15) / 734円175 users
タグ 岡田 斗司夫 ノンフィクション カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学 登録日:2009年12月08日 11時42分26秒 2009/12/08
読了:  2009年12月08日 星4つ
☆4
どこかの紙面で、
『作品Aファンと作品Bファンが、
 作品Cに対してお互いの共通項(ファン心をくすぐるなにか)を見いだして
 ファンであることを共有し、認め合う
 そんな心がなくなりつつあるオタク』
というような解説(だったか紹介だったか)を読んで興味を持った本です。

「女オタク包括論が難題である、なぜなら趣味ではなくアイデンティティー問題になるから」あたりから
「SFファンである自負の崩壊」あたりが読みたかった部分であり
なかなかの説得力を感じました(そして可笑しかった)。
まったく知らない世界なので、噛み砕いた解説が有り難いです。

学校の先生のような口語文なので
(意図してのことなのでしょうが)、
もう少しハードな文体で読んでみたいところではありました。
先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学
小林 朋道 / 築地書館 (2008-10-02) / 1,728円102 users
タグ ノンフィクション 小林朋道 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー 登録日:2009年10月28日 11時49分22秒 2009/10/28
読了:  2009年10月25日 星3つ
☆3
文章では伝わりきらないクレイジーさがちょっともったいない。
きっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン
タグ ノンフィクション カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2009年05月13日 11時24分37秒 2009/05/13
読了:  2009年05月05日 星4つ
☆4
プロが掘り下げたノンフィクションならもっと面白いのでしょうが、
ポーター氏の状況からするとそれも難しいのでしょう。

邦訳のタイトルが元と違うので、本の構成が見えにくいです。
特に出だしの訳はもうちょっとなんとかならなかったのか…。
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
石川 拓治 / 幻冬舎 (2008-07) / 1,080円550 users
タグ ノンフィクション カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ビジネス・経済 登録日:2009年03月21日 10時19分30秒 2009/03/21
読了:  2009年03月12日 星4つ
☆4.5
本に対する評価というより木村さんへの敬意になってしまいます。題材面白すぎ、凄まじすぎ。
キャバレーのお弁当のお話や、TV出演後に乗りつけた強面のあんちゃんとその携帯電話とかが楽しい。

ノンフィクションとして考えると、ひたすら「わかりやすい売れる本」になっていると思います。さすが幻冬舎?
確かに素人には理解しがたい世界ですが、あと少し踏み込んだ説明が欲しいところです。
この書名はボーローグ博士の奇跡の小麦へのオマージュでしょうかね。
夏から夏へ
佐藤 多佳子 / 集英社 (2008-07) / 1,620円63 users
タグ ノンフィクション カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション 登録日:2008年09月29日 11時55分21秒 2008/09/29
読了:  2008年09月26日
☆3.5
素材がすっげえ面白いので、
もちっと構成がどうにかならんのかと思いました。
でも、TVでしか知らない陸上の世界を
違う目線から知るのは良いです。

プロフィール
エンターテインメントな本ばかり。「続きを読む」以降はたいがいネガティヴ、閲覧注意です(^^)
<<2017年9月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
タグ (2)
1 岡田 斗司夫
1 小林朋道
アマゾン検索
バインダー読者(1)
リンク

©2007-2017 sumiのバインダー