ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件 日付
学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
福澤 諭吉 / 筑摩書房 (2009-02-09) / 886円827 users
購入:  2012年06月05日 798円 所有
読了:  2012年06月12日 星5つ
学生時代に読むべき本だと思いますが、チャンスに恵まれていなかったので、このままではもったいない気がし手に取りました。
通読してみると、「130年前も同じ事で悩んでる」「当時の明治政府が目指していたもの」の二点が非常に面白く読めました。明治政府は江戸、幕末から新時代の移行に伴い、西欧強国に負けじと無理やり日本の文化レベル、学問レベルを底上げし、それに対して当時の学問を修める立場の人たちが戸惑いながらも、それに満足せず政府の意図を感じ、あるべき国民と政府の関係を目指していた感じが非常受け取れます。この関係は、組織とその構成員、会社と会社員に置き換えた時に現在も組織としての役割と個人としての役割を考えるいい視点になると思う。
また、人生設計、判断力、人望など現在のビジネス書でもテーマになり続けるものが、この時代の書籍で扱われているのも非常に面白い。何年経てば答えに人間は辿り着けるのかと考えてしまう。特に人望のところの獲得する原因は「活発な知性」「正直なこころと徳」と指摘してくれているのはストレートに自分の心に刺さった気がします。
正直なところ読む前はあの時代と今では求めている価値観が異なり、大して得るものはないかと考えていましたが、読んでみると今現在生きている自分に対して有用な文脈を幾つも発見することができました。日本人なら一度は通読しておく価値のある書籍に当たると思います。

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年7月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読了数 (月別)
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
タグ
-
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1686  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー