ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sickboyのバインダー > ビジネス
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 9件目 / 9件 日付
アメリカ型成功者の物語―ゴールドラッシュとシリコンバレー (新潮文庫)
野口 悠紀雄 / 新潮社 (2009-04-25) / 679円65 users
購入:  2012年05月27日 660円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2012年05月27日 星5つ
今のWeb業界・IT業界を見るとアメリカの企業発信のサービス、システム、イノベーションが大きな価値を提供してる。びっくりするようなイノベーションはいつもあの国からだ。なぜそうなのかを学ぶことが出来ればと思い購入通読
読んでみると、19世紀のゴールドラッシュというものがどういうものか、ゴールドラッシュで利益を得たものの中の一人スタンフォードがどのように次の世代に対して思いを伝えたのか、その土壌を受け取った次の世代のものが、現在のITの革新をどのように構築してきたのかを記載してくれている。面白かったのはシリコンバレーという環境があるから、革新的な技術、ビジネスモデルが生まれてきているということ。本当に必要なことは、リスクを受け止めた上で挑戦することに寛容な土壌でその気持ちをゴールドラッシュから脈々と育て続けた文化、環境だということ。日本との比較で、うわっつらだけの産官学共同などとの動きでは、本当にリスクを許容して挑戦することで発現するイノベーションを導くことことが難しいのではないかと提言してくれている。確かに実力よりも協調でいままでの日本はよかったのかもしれないが、筆者が述べているリスクを許容出来る社会、共存よりも競争を行うことで生まれるイノベーションこそが、これからの世界では競争力のあるビジネスモデルの根源になるのではないかと感じる。
今の日本で企業間をフリーで渡り歩くよう技術者が大半をしめるような日本の社会は想像できないが、そのような形で技術者と協業しないと、今の流れの早い技術や最適が変化し続けるビジネスモデルを求め続けることは難しいのかも知れない。
アメリカの大きなIT企業がどのように生まれたのかをひと通り説明してくれていて、また、過去にどのような企業の栄枯盛衰があったのか、そこから何を学べるのかも記載してくれている。IT業界の未来、今後の世界のニーズを考える上でのいい情報源になり、日本の企業がなぜアメリカの企業のように新しい大きな企業が生まれにくいかの原因を考えるの最適な書籍になっていると思います。
朝日新聞記者のネット情報活用術 (朝日新書)
平 和博 / 朝日新聞出版 (2012-03-13) / - 106 users
タグ ビジネス 新聞 知的生産 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2012年05月03日 20時54分41秒 2012/05/03
購入:  2012年05月14日 819円 所有
読了:  2012年05月23日 星3つ
ネット環境の進化によって、知るべき情報、知らなくていい情報の精査や、新たな守るべくルールの誕生などで扱うのは難しくなっている気がします。そのような情報の海をうまく泳ぎきる手法を学びたくて購入通読
通読してみると、記者としての著者がどのようにネットと向き合い、どのように情報の海を泳いできたのか、利用する際のコツ、ルールなどを記載してくれている。それぞれのネットの利用シーンを「収集」「保存」「確認」「編集」「発信共有」「安全」の角度からどのようなツール、どのようなことを意識して利用するべきかなどを説明してくれており、非常に面白かったです。個人としてのネットの利用の仕方にとどまらず、組織の一員として匿名のネット環境にどのように接するべきかも提示してくれているのは面白かったです。また、メディアを生態系とみなして、これから先にも多々な進化を感じて楽しみながら参加していくべきだとの提案も非常に魅力的な提案だと感じる。自分が楽しめているか、これからどのように楽しんでいくべきかを考えずにはいられませんでした。
ネットについての存在価値、あるべき姿、守るべきルールなどを浅く広くわかりやすく伝えてくれている気がします。現状ネットの利用頻度はそこまで多くはないが、今後利用していきたいと考えている人にはいい指針になると思います。
人間的
外山滋比古 / 芸術新聞社 (2012-04-12) / 1,404円4 users
タグ ビジネス 思考法 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2012年04月26日 10時53分41秒 2012/04/26
購入:  2012年05月14日 1,365円 所有
読了:  2012年06月01日 星3つ
外山さんの著作はいつも自分の心のなかのかけていた部分を埋めてくれる気がする。本書でもそういう期待をして購入通読。
通読してみると、人間が何気なく生きているシーンに大して原因を掘り下げていき、最適な選択肢を考えるための下準備をしてくれているような書籍になっていると思う。忘却天才という言葉で、人間にとって本当に価値のある能力は忘却であり、その能力を使いこなしてこそ、コンピューターに勝てると提案してくれていたり、完璧であることで人間は成長できなくなるといってくれていたり、いつも自分の心に刺さる指摘をしてくれている。特に面白かったの言葉というものの曖昧さを指摘した上で数というものの明確さを提示した上で、数字の一人歩きのリスクを懸念してくれているのは面白い。この言葉の曖昧さという遊び部分が人間の可能性を示しているかのかも知れない。
自分の考えが凝り固まり、柔軟性、多角性が足りないと思った時に是非読みたい本だと感じました。
1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)
山崎 拓巳 / サンクチュアリ出版 (2010-08-23) / 1,512円546 users
購入:  2012年04月24日 1,470円 所有
読了:  2012年05月19日 星4つ
一人でものを考えるときに、なかなか満足する結果を出せずに、自分のなかで消化不良の結論を持った状態で行為に及んでいることが多々あるきがする・・・納得できる考えをまとめるメソッドがないかと思い購入通読。
通読してみると、「ひとり会議」というキーワードで、考えるべきことの整理方法、実践しやすいTodoへの落とし込み、自分の目指すべき像としてのミッションの組み立て方、問題に対する解決方法の思考法など、多岐にわたって実践的な考えてかを提示してくれている。特に面白かったのは変わることを拒否する本能を抑えるために自分らしさを書き換えるという提案でした。逆らうのではなく根本のちゃぶ台を返された気がしました。また、時間マネージャーの提案も後回しにするという甘い誘惑を断ち切るのにいい方法だと思いました。
なんだか、思った通りの行動がとれていない、考えても結論がでないときなど、「ひとり会議」をすることで次に行うべきものが見えてくるかもしれません。
リーダーは弱みを見せろ GE、グーグル 最強のリーダーシップ (光文社新書)
鈴木 雅則 / 光文社 (2012-03-16) / 799円53 users
購入:  2012年04月05日 777円 所有
読了:  2012年05月12日 星5つ
人を率いることが上手い人、上手くない人がいると思う。自分は残念ながら後者に近いと思う。自分に足りない物を身につけたくて購入通読。
読んでみると、これからの社会でリーダーシップがなぜ必要になるのからをビジネスが組織に求める体制が「ピラミッド」から「フラット」に移行していることをもとに説明してくれている。非常に納得する結論になっている。ではフラットな組織でもとめられる権威に裏付けされない人間的な魅力「リーダーシップ」をどのように身につけるべきかを本書では記載してくれてる。自己分析力、ビジョン構築力、コミュニケーション力を構築することで、リーダーシップは構築でき、それぞれの○○力をどのように身につけるべきか、身につけるためのメソッドまで記載してくれている。上記3つの力を身につけるための非常に実践的な書籍になっていると感じる。
自分が人の上に立ってリーダーシップを発揮するために足りない能力が何か、それを鍛えるためにどうすればいいかを記載してくれているので、社会にでて、2,3年目以降の社会人から、部署を纏める役割を補う立場の人まで有用な書籍になっていると思います。
P&G式伝える技術 徹底する力―コミュニケーションが170年の成長を支える (朝日新書)
高田 誠 / 朝日新聞出版 (2011-01) / 3,374円219 users
購入:  2011年02月17日 777円 所有
読了:  2012年05月21日 星3つ
自分の中でビジネススキルとして伸ばしたい項目として、他者と同調するコミュニケーションがある。その能力を伸ばすメソッドを期待して購入通読
読んでみると、ビジネススキルとP&Gとして必須となる3つのスキル「論理的であること」「3つで考えること」「イシュー」を上げて、それがどれだけ大事かを記載してくれている。3つで考えることというアクションはわかっているようで奥が深い。意識していてもいざというときにはなかなか出てこない。そんな時には先に3つを紙など明記することを進めてくれている。この手法は非常に有効だと感じたので今後習慣化したいと考えています。また、消費財のトップメーカーとして、ワールドワイドに活躍し続けるP&Gならではの戦略は非常に面白いし、どのような規模の組織であろうと有用なメッソドが多々記載されている。とにかく目的を共有するという方針も一人ひとりが権力をもつ今の多い組織形態には必要なことだと思う。
非常に面白く読むことができました。個人のメソッドだけでなく、組織として有るべき状態を考えなおすことができたと思います。
「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)
北原 茂実 / 講談社 (2011-01-21) / 905円160 users
タグ 医療 ビジネス 経営 経済 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2011年02月14日 05時51分42秒 2011/02/14
購入:  2011年02月17日 880円 所有
読了:  2012年04月16日 星4つ
国民皆保険の何が悪いのか、何が正しいのか、医療という業界の現状、これから目指すビジョンを学びたくて購入通読。
読んでみると、本当に価値のある医療サービスというのはどのようなものか、それを実現するために障害になっている差別化、それが影響して異例な業界になってしまっている現状、利益第一主義を回避するための法人化、そのために差別化ができないことなど現状の国内での医療というものがどのような矛盾に陥っているかを解説してくれている。著者が実践しようと目指しているワンコイン診療なども、サービスの在り方として、現在のニーズを満たせれると感じる。また、海外に対して医療サービスを提供していくという考えも非常に魅力的だ。医療の株式会社化にして、サービスの質をアウトカムベースで計測できるようにするような改革が適ったときには医療という産業は今までの形態とは全く違うファクターで動くことになりそうですが、そのような時代へはまだいくつもの壁がありそうな気がします。
面白かったです。可能性のある産業ということを再認識でき、国民皆保険の抱える矛盾点を明確に理解できたと思います。
仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
佐々木 俊尚 / 光文社 (2009-07-16) / - 2764 users
購入:  2010年12月13日 798円 所有
読了:  2012年05月25日 星4つ
在宅で仕事をするということに対してインフラ的な壁は非常に低くなってきていると感じている。ただし、様々な角度から見た時に組織としてそれがベストな選択肢である状態へは、まだまだ障害があるように感じる。その壁を見直したくて購入通読。
読んでみると、ノマドワーキングと表現される働き方はどのように行うのか、どのような人がその手法の実践が可能なのか、ツールは何を使うのかなどを記載してくれている。まず、前提としてノマドの実践を可能とするのは「フリーランス」であることで、なおかつ自らに対して強い自制心「アテンションコントロール」を持つこと。情報に対しての能力が優れた情報強者であり、最新のツール群を利用可能であるというのが条件と提示してくれている。特に面白かったのは生産性を上げるために必要な能力としての「アテンションコントロール」です。情報強者であるがゆえに誘惑も多いが自らの集中力をコントロールして、生産性の高い瞬間を発生させるためのメソッド「ACDC」なども提案してくれていて面白く感じた。また、コクピットとして情報収集入り口のiGoogleを自分のなかでは見なおしてみたいと感じる。時間というものは誰にでも平等に配布される資源で、絶対的な価値基準というのも面白かった。
生産性を向上するための強い集中力を発揮するためのメソッドとしてのアテンションコントロールは、否ノマドワーキングな社員にとっても有用な手法だと感じました。ノマド的な働き方にはハードルが高いかもしれませんが、ノマド的なツールの使い方は誰にでも可能だと思います。
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)
タグ ビジネス 起業 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 人文・思想 登録日:2010年04月24日 08時12分47秒 2010/04/24
購入:  2010年12月13日 1,155円 所有
読了:  2012年05月17日 星4つ
様々なマネジメントの理論があふれている。また、それぞれ多様な考えを提示してくれている。本当に自分にあって、いつでも自然に使えるようなマネジメントの方法がないかを模索したくて購入通読。
読んでみると、著者が選択し、実践してきたマネジメントに対する考え方を紹介してくれている。組織的という言葉が生産性をどのよに阻害しているのかを淡々と述べられている感がある。何をゴールにするかにより手法は異なるのは当然だと思うが、本書が目指す「大きかろうと小さかろうと継続的に役に立ち続ける物を生産し、広めていく」というスタイルには確かに組織性というものは最適なツールになり得ないのかもしれない。覚えておきたい「メソッド」が多々含まれている「完璧なタイミングはどこにもない。今すぐやるべき」「よし今だ!と思うより先にはじめる」「とにかくそぎ落として始める」「文書力は引き続き価値がある」「ノーという意味」など、スタートアップ時のみではなくとも、有用な「考え」が詰まっている。非常に面白く読めました。
組織の大小にかかわらず、今の自分が、やるべきこと、あるいはやらないで置くべきことを見直すきっかけになると思います。その時に、自らの選択肢を検討する上での優れたヒントが本書には散りばめられていると思います。

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年8月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
読了数 (月別)
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
タグ (17)
4 仕事術
1 思考法
1 自己啓発
1 新聞
1 ベンチャー
1 儲け方の研究
1 投資
1 思考
1 知的生産
1 コミュニケーション
1 クラウド
1 起業
1 ノマド
1 医療
1 経済
1 経営
1 マーケティング
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1686  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー