ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 7件目 / 7件 日付
没落する文明 (集英社新書)
萱野 稔人 , 神里 達博 /集英社 (2012-02-17) / 778円73 users
購入:  2012年04月24日 756円 所有
読了:  2012年05月13日 星4つ
文明がどこに進んで、今までどのような現象と向き合い解決してきたかを学ぶことでこれからの時代生き抜くヒントが得られるかと思い購入通読
読んでみると、日本人が今まで文明、テクノロジーとどのように向き合い、これからどのように生きていくか、また組織がその時々にどのような役割を果たしていたのか、近代以前の日本人がどのようにその時代の背景を生き抜いてきたのかなど記載されている。文明の意味合い、政府の意味合い、それぞれが日本人にとってどういう役割を果たしかなど興味深く読むことができました。面白かったのはテクノロジーとサイエンスの性質の違い。テクノロジーは言語化されずとも広まりコントロールが難しく拡散し暴走することが多々ある。人が生んだものなのにコントロールできなくなるという性質をもつ。また、最初のテクノロジーの発達は農耕で人に対して勤勉を要求し、自然環境と闘いながら生きていくという人間の性質を生み出したのではないかというのも面白い。経済成長の根本は一人当たりのエネルギーの消費量の拡大に伴うもので、今までは化石エネルギーの利用でそれをカバーしてきたというのも面白い。ただ、現在の経済成長の原動力はエネルギーだけでなく異なる指標も必要になってくるのではないかと思ったり・・・。また、これから日本人が世界で影響力を発揮するには縮小力を用いて今までの経験を共有していくことが大事だというのもの非常になっとくできました。
文明の成長に対して日本人がどのように対応してきたのかを説明してくれていて、これからどうなるのかを考えたくなる書籍になっていると思います。
我関わる、ゆえに我あり ―地球システム論と文明 (集英社新書)
松井 孝典 /集英社 (2012-02-17) / 799円49 users
購入:  2012年04月05日 777円 所有
読了:  2012年04月22日 星5つ
地球システム論という言葉に惹かれて購入通読。
読んでみると圏と表現されている、システムの意味。また人間圏がどのように成り立ち、他のシステム圏とどのように関わりあい、関わることで初めて本当の意味が理解できるということを定義してくれている。また、人間圏がこれから地球圏とともに生きていくために何を考え、どのようなバランスを求めていく必要があるのかも述べてくれている。俯瞰することでシステムの真実が見えるというのも面白い。内部シンボルを利用することで認識し、成長、進化していくということが人間だと考えると俯瞰し、観察することが非常に大事な視点だと感じる。そもそも外界との差異をつくることで進化してきた生物だし。しかし、考えること自体が内部シンボルに頼ることになってしまっているような。科学の視点からも粒子の発散は観察という内部シンボルと符合的にマッチしている気がします。システムが進化するには外部からの汚染と表現される影響が興ることで新たなシステムへ近づけるのかと考えてしまう。色々考えさせられる本です。
宇宙の視点から地球という枠割を考えさせられる本ですが、それだけにとどまらず、人間圏の役割、これから進むべき道も提言してくれていると思います。
グーグルに異議あり! (集英社新書 537B)
明石 昇二郎 /集英社 (2010-04-16) / 756円46 users
購入:  2010年07月23日 735円 所有
読了:  2012年04月12日 星3つ
Googleの目指している世界は非常に魅力的に感じる。ただ、それにだけ意識が固まるのもいやだったので、中和する目的で購入通読。
非常に面白かったです。読んでみるとGoogleブックスというプロダクトが含んでいる、現在進行形での問題を説明してくれている。ニッチでも、最新の技術でもなく、既に人間文化社会で完成しているモデルに対してGoogleは果敢に新しい発想でソリューションを提供しようとしているが、長年人間文化が培って守ってきた権利と衝突してしまい、方向を調整中のソリューションなんだなと感じる。Googleの理想としているスキーマと、現実世界の既に完成したスキーマとの軋轢は今後とも出てくると感じる。人を見ずに組織をカバーしようと意図したところから混乱が始まっている気がする。
コンシュマーから見るとメリットが大きいが、文化レベルでみるとGoogleの行為は今までの文化が築いたモデルを覆そうとしているというのもわかる。知識はだれのものかを改めて考えたい。
欲望する脳 (集英社新書 418G)
茂木 健一郎 /集英社 (2007-11-16) / 756円78 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 心理学 登録日:2009年07月06日 06時21分51秒 2009/07/06
購入:  2009年07月06日 735円 所有
読了:  2009年07月06日 星4つ
脳の機能、人の意思などについて考えてくて購入通読
読んでみると、意識、欲望、夢、自我などにたいしての随筆的な作品となっている。心を考えないことにおいて発達してきた現代科学への警鐘、サイバー世界での心の在り方、多重文脈者としての生き方など非常に面白い。また、一回性の原理についても自分のなかでとてもしっくりときました。無知の知を目指す上で一回性の知の価値をわすれないことは大事だと思う。
色々な角度から『心』をいうものと向き合おうとする著者の気持ちが伝わってくる書籍になっていると思います。
ホンモノの文章力―自分を売り込む技術 (集英社新書)
樋口 裕一 /集英社 (2000-10) / 799円194 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 言語学 登録日:2009年04月30日 21時22分50秒 2009/04/30
購入:  2009年04月02日 693円 所有
読了:  2009年04月01日
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
橋元 淳一郎 /集英社 (2006-12-01) / 713円207 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 物理学 登録日:2008年05月04日 06時24分00秒 2008/05/04
購入:  2008年05月25日 693円 所有
読了:  2008年05月25日

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年6月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
読了数 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
タグ (7)
1 哲学
1 文明
1 対談
1 宇宙
1 電子書籍
1 出版・印刷
1 IT
4 タグなし
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1686  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー