ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sickboyのバインダー > 東洋経済新報社
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 26件目 / 26件 日付
利益思考
嶋田 毅 /東洋経済新報社 (2010-03-18) / 1,728円99 users
購入:  2010年06月03日 1,680円 所有
読了:  2010年07月22日 星4つ
組織にとってメリットのある考え方ができているのかどうか、組織のモデルをイメージする上で欠けているものがないかどうかを確認したくて購入通読
読んでみると、組織が継続した利益を創出してくために必要な基盤となる考えは「利益思考」を説明し、その思考を利用してビジネスの役割を分析して、新しいモデルを構築するために考えるべき要素を紹介してくれている。意識して考えるべきポイントとして「事業評価マトリクス」「コアコンピタンス」「ニーズとシーズ」など面白かったです。特にニーズとシーズを結び付けるために間に提供可能な機能を置くことで最適なニーズに近づけるという考えは非常に有効なツールだと感じた。各章ごとに、事業構築における各シーンで重要になる思考方法、見る角度を説明してくれているのでいつでも読める場所に置いておきたい一冊になっていると思います。
組織の役割、利益が出る組織になるにはという視点で必要なことが網羅されていると思います。事業という視点で社会の様々な組織を分析したいときには、本書に含まれているさまざまなキーワードが背後にあることを認識したうえで見つめると、今まで見えていなかったものが見えてくると思います。
ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法
谷澤 潤 /東洋経済新報社 (2010-04-29) / 1,620円118 users
購入:  2010年05月19日 1,575円 所有
読了:  2010年06月15日 星5つ
仕事に対してもプライベートに対しても本当に自分の中で価値のあるものが実践できているのかを考えてみたくて購入、通読。
読んでみると、ブレインダンプという思考法を用いて自分が持っているアイデアを実現する能力をフル稼働させるための手順を記載してくれている。本書の中ではアイデアというものはだれでも見つけることができるがそれを捕まえることができるかどうか、捕まえるためには脳を捕まえることができる状態にする必要があると説いている。また、そのためにはブレインダンプという手法を用いて脳をいつでもアイデアを受け入れられる状態にしておく必要があり、ブレインダンプを用いることで脳を正しく利用できると説いている。ブレインダンプの手法は非常に魅力的に感じた。特に全てを書き出すという一つのステップを具体的に、「なりたいもの」「仕事のタスク、アイデア」「悩み」などに切り分けて紙に書き出してそれらの上位に別のTodoリストを作るという手順を進めてくれている。Todoリストにぶれない価値をつけて判断を入れないようにすることでTodoリストに本当の価値を持たそうという手順だと思いますが、非常に魅力的だと思いました。また、脳と気持ち、意思には差異があり、脳に最適な行動がとれているかを見直すべきとの意見も面白かった。書き出すことで脳を身軽にする脳のパフォーマンスを導き出す最初のステップというのは納得だ。
実行するべき時間が悩む時間に占拠されている場合は自分の頭の中の脳が最適な活動できていな可能性があると思います。そんな時には本書に記載されているブレインダンプで自分の頭の中を整理することが必要なのかもしれません。
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する
信太 明 /東洋経済新報社 (2010-04-16) / 1,620円348 users
購入:  2010年06月16日 1,575円 所有
読了:  2010年08月05日 星4つ
質のいい仕事ができているか、もっと効率よく仕事をこなす方法がないかを見つめなおしたくて購入通読
読んでみると、日常のタスクから、突発的になりやすいタスクまで、テンプレート化という技術を利用して無駄をなくして、質の高い成果を上げるための手法が紹介されている。面白かったのはテンプレートを作ることで効率が上がるがテンプレートに対する自分のインセンティブを5W2Hをしっかりと定義して目的意識を持つことでテンプレートを実践でき、なおかつ、進化させることができるということだ。パターン化できる部分を見抜きそれをテンプレートという形で実践することで利用価値の高いルーチンワークを作成できるというのは面白い。自分の日常のタスクにあてはめてみると見直すべきタスク、ルーチン化するタスク、テンプレート化できるタスクは間違いなくあると感じた。まずは出張前後、出社直後のテンプレートを準備して実践することで無駄な迷いは減りそうだなと感じました。また、テンプレートを作るコツとして、イベントに対しての時間的なフロー、業務的なフロー、知見、コツの記載など実践したいと思うところも多々ありました。
テンプレートを一つの成果物としてその成果物を自分の中にためていくことで本当にやるべきこと、やりたいことに時間をつぎ込むことができるのではないかと感じることのできる書籍になっています。週1は仕事のパターン化、テンプレート化できないかを考える習慣をつけたいと思いました。
シンプリシティの法則
ジョン マエダ /東洋経済新報社 (2008-04-01) / - 209 users
購入:  2010年03月25日 1,575円 所有
読了:  2010年05月03日 星4つ
無駄なものがないことのメリットは多い。わかっていてもごちゃごちゃしてしまう。なんとかきれいにまとめる技術を学ぶことはできないかと思い購入、通読
読んでみると著者が唱えるシンプリシティの役割、おこない方を法則という形で提案してくれている。即使えるツールというよりも、なぜシンプリシティであるべきか、なぜシンプリシティに価値があるのか、どのようにシンプリシティであるべきかなど記載してくれている。理論先行な気がしますが、市販されている製品の中でこの法則にマッチしているものは間違いなくあり、このシンプリシティの属性にマッチングすることが世間のニーズをでもあると感じました。削減、組織化など各テーマごとに具体的な手法も記載されているので、何か成果物を作るときにこの手法に従ってシンプリシティであるかを確認してシンプリシティに近づけるべきだと感じる。また、これからのキーファクターとして電源、距離、オープンを上げていて、それぞれのファクターをうまく使うことで得られるメリットも定義してくれているのはが面白い。
本自体のボリュームはそんなにないが読者に対して思考を大きく求める内容になっていると思う。シンプリシティというキーワードで社会の一つの向かう方向性を示してくれている書籍だと思う。
プロの課題設定力
清水 久三子 /東洋経済新報社 (2009-07-30) / 1,620円159 users
購入:  2010年06月29日 1,575円 所有
読了:  2010年03月15日 星4つ
会社に属して問題を解決する上で、前提となる問題を見損なっていないかを分析するための手法がほしかったので購入、通読
よんでみると、問題の上位にある課題を見つけてそれを解決するための手順を、インプット、プロセス(思考)、アウトプットまで順を追って説明してくれている。インプットの部分では「聞く」というアクションを「対象」「内容」「ポイント」以下、3x3のマトリクスで意識して聞くというのは面白かった。また、プロセスの中で定義している仮定を作る作業のときに、ロジカルシンキングだけではなく、「ラテラルシンキング」も織り交ぜて可能性を追求、検証するという手法は今後意識したい。また、「視方」を意識して課題を把握する作業を行うことで、本当に解決すべく課題の姿を見つけることができるというのも面白かった。
本書の手法を用いれば組織としての問題点を確認してあるべき姿現状を把握し、うつべき手段を共有することができると思いました。
整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
小山 龍介 /東洋経済新報社 (2009-06-01) / 1,620円1851 users
購入:  2010年01月21日 1,575円 所有
読了:  2010年02月04日 星4つ
仕事をこなしていく、効率よく動くための仕組みがしっかりと「機能しているかを見つめなおしたくて購入、通読
読んでみると、仕事、生活をこなしていく上で実践することで回転数が数回転あがるであろうHACKが詰め込まれている。ディスクトップをきれいにしとくというのは分かっていてもできない・・・ただ本書ではそうすることのメリットをしっかりと提示してくれているので実践に移しやすいと感じた。また、思考のギアの概念もわかっているが実際に切り替えるためのツールが手元にないと言い訳していたが、自分の視野、発想が狭かったのを感じた。
覚えて実践したいHACKが詰め込まれている。自分の生活にあてはめて本当にできているか見直すいいきっかけになりました。
コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術
杉野 幹人 , 内藤 純 /東洋経済新報社 (2009-06-19) / 1,723円289 users
購入:  2009年06月30日 1,680円 所有
読了:  2012年05月10日 星5つ
まだまだ、自分の中で物事を考えるという行為に対しては能力不足だと感じている。少しでも補えないかと思い購入、通読
読んでみると物事を考えるにはいままではコンテンツのみでよかったが、これはらはコンテキストを能動的に受け止めないと、すぐれた成果は出せないと説明してくれている。(コンテンツは物理的に表現できる事象で、コンテキストは事象の前後や文脈など、数字的、物理的に表現できないものを指している。)また、コンテキストを感じるためには、Surrondings(環境)、Soid(土壌)、太陽(Sun)の3Sのフレームワークを持ちいる必要があり、それぞれに対して持つべき視点を説明してくれている。形にならないコンテキストに対して、どのように感じていくべきか具体的にフレームワークとして提示してくれているのは非常に面白い。物事を思考するときに、3Sの視点でコンテキストを感じるようにすると違った結果が見えてくるかもしれない。著者が述べてくれているコンテキスト思考の価値は納得させられるものばかりで、これからの時代に必要な思考の手順になると感じる。感性での思考法だと感じる
物事を数字で表せないものに価値が出てくる時代には学んでおくべき考え方だと感じだ。
見える化で社員の力を引き出すタイムマネジメント
行本 明説 /東洋経済新報社 (2008-04-10) / 1,296円53 users
購入:  2008年05月20日 1,260円 所有
読了:  2009年05月20日
戦略「脳」を鍛える
御立 尚資 /東洋経済新報社 (2003-11-14) / 1,728円447 users
購入:  2008年03月31日 1,680円 所有
読了:  2008年03月31日
成功する人はみんな知っているスピード思考術
西村 克己 /東洋経済新報社 (2008-02) / - 20 users
購入:  2008年03月19日 1,575円 所有
読了:  2008年03月19日
仕事が10倍速くなる最強の図解術
開米 瑞浩 /東洋経済新報社 (2006-12-01) / 358円145 users
購入:  2008年02月09日 1,680円 所有
読了:  2008年02月09日
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成 /東洋経済新報社 (2006-03-31) / 1,728円777 users
購入:  2008年02月09日 1,680円 所有
読了:  2008年02月09日
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
細谷 功 /東洋経済新報社 (2007-12-07) / 1,728円1343 users
購入:  2008年02月02日 1,680円 所有
読了:  2008年02月02日
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
原尻 淳一 , 小山 龍介 /東洋経済新報社 (2006-07-14) / 1,520円1092 users
購入:  2008年01月11日 1,575円 所有
読了:  2008年01月11日
レバレッジ・リーディング
本田 直之 /東洋経済新報社 (2006-12-01) / 1,566円2019 users
購入:  2008年01月05日 1,523円 所有
読了:  2008年01月05日
TIME HACKS!
小山 龍介 /東洋経済新報社 (2006-12-01) / 980円1004 users
購入:  2007年07月30日 1,575円 所有
読了:  2007年07月31日

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ (2)
1 思考
1 思考法
25 タグなし
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1687  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー