ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 14件目 / 14件 日付
アメリカ型成功者の物語―ゴールドラッシュとシリコンバレー (新潮文庫)
野口 悠紀雄 /新潮社 (2009-04-25) / 679円65 users
購入:  2012年05月27日 660円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2012年05月27日 星5つ
今のWeb業界・IT業界を見るとアメリカの企業発信のサービス、システム、イノベーションが大きな価値を提供してる。びっくりするようなイノベーションはいつもあの国からだ。なぜそうなのかを学ぶことが出来ればと思い購入通読
読んでみると、19世紀のゴールドラッシュというものがどういうものか、ゴールドラッシュで利益を得たものの中の一人スタンフォードがどのように次の世代に対して思いを伝えたのか、その土壌を受け取った次の世代のものが、現在のITの革新をどのように構築してきたのかを記載してくれている。面白かったのはシリコンバレーという環境があるから、革新的な技術、ビジネスモデルが生まれてきているということ。本当に必要なことは、リスクを受け止めた上で挑戦することに寛容な土壌でその気持ちをゴールドラッシュから脈々と育て続けた文化、環境だということ。日本との比較で、うわっつらだけの産官学共同などとの動きでは、本当にリスクを許容して挑戦することで発現するイノベーションを導くことことが難しいのではないかと提言してくれている。確かに実力よりも協調でいままでの日本はよかったのかもしれないが、筆者が述べているリスクを許容出来る社会、共存よりも競争を行うことで生まれるイノベーションこそが、これからの世界では競争力のあるビジネスモデルの根源になるのではないかと感じる。
今の日本で企業間をフリーで渡り歩くよう技術者が大半をしめるような日本の社会は想像できないが、そのような形で技術者と協業しないと、今の流れの早い技術や最適が変化し続けるビジネスモデルを求め続けることは難しいのかも知れない。
アメリカの大きなIT企業がどのように生まれたのかをひと通り説明してくれていて、また、過去にどのような企業の栄枯盛衰があったのか、そこから何を学べるのかも記載してくれている。IT業界の未来、今後の世界のニーズを考える上でのいい情報源になり、日本の企業がなぜアメリカの企業のように新しい大きな企業が生まれにくいかの原因を考えるの最適な書籍になっていると思います。
1Q84 BOOK 3
村上 春樹 /新潮社 (2010-04-16) / 2,052円1343 users
購入:  2012年04月14日 1,995円 所有
未読: 
1Q84 BOOK 2
村上 春樹 /新潮社 (2009-05-29) / 1,944円1546 users
購入:  2012年04月14日 1,890円 所有
未読: 
1Q84 BOOK 1
村上 春樹 /新潮社 (2009-05-29) / 1,944円1754 users
購入:  2012年04月14日 1,890円 ウィッシュ ウィッシュ
未読: 
ポスト・モバイル―ITとヒトの未来図 (新潮新書)
岡嶋 裕史 /新潮社 (2010-07) / 734円86 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / IT 登録日:2010年07月21日 05時46分19秒 2010/07/21
購入:  2010年07月21日 714円 所有
未読:  星4つ
これからのコンピューターの価値はクラウド、モバイルを超えてどこに向かう可能性があるのかを学びたくて購入通読
読んでみると、コンピュータがどのように成長してきたか、これからどのように成長していくかを述べてくれている書籍だと感じた。情報技術の主戦場がPCからネットワーク上のクラウドへ、出力デバイスがディスプレイから携帯へなど的確な分析が繰り広げられている。また、これから現れるであろう世界のさきがけとして世界の2重化を定義してくれている。実際に今のリアルと照らし合わせると確かに仮想世界と現実世界の二重化は目の前に来ている感がある。HMDにセカイカメラが搭載されたらどれだけのわくわく感を個人に与えられてくれるのか?また、情報の統合により新たないメリットが生じる可能性があるという点もこれからの情報の価値を位置づける価値観として持っておきたいと感じた。クラウドにより加速度的に進むと考えられる。
面白かったです。夢物語的なシナリオを提示してくれている感もありますが、技術の進歩の速度に裏打ちされた世界を提示してくれているので、近い将来訪れるシナリオを頭の中に描きそれに対応できる自分を考えるのに非常に役立ちました。
新潮選書 強い者は生き残れない 環境から考える新しい進化論
吉村 仁 /新潮社 (2009-11-25) / 1,296円145 users
購入:  2010年05月19日 1,260円 所有
読了:  2010年05月21日 星5つ
進化論周りの本はいつも楽しく読めて、新しい感覚をともなって読書できている感じがするので購入して通読。
読んでみるとさまざまな角度から現在解かれている進化論を説明してくれていて、既存の進化論だけでは説明しきれない現象を「環境摘要性」というベクトルをつけることで進化論をより強固な理論に仕立て上げている。特に自分が考えていた進化論の枠を超えて、進化論を適用していっているのが面白い。生き物が群れる理由、群れることから分化が始まる。一見すると人間の話なのか、細胞の話なのか、動物の話なのか分からないがどれも進化論に環境摘要性の言葉をつけることで説明できるのが面白いしスケールは問わずに一つの目的にむかって生物は活動していることを改めて感じる。特に面白かったのは環境の予測を正確に行うことは難しいという現実・・・なんか量子論を思い起こす。マクロとミクロの区別はいつか不要になりそうな気になります。
非常に面白くよめました。また著者の環境という切り口は非常にしっくりとし、進化論に対する自分の中での価値を再構築することができました。
宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)
サイモン シン /新潮社 (2009-01-28) / 724円325 users
購入:  2009年04月22日 660円 所有
読了:  2009年04月22日
宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
サイモン シン /新潮社 (2009-01-28) / 724円398 users
購入:  2009年04月22日 660円 所有
読了:  2009年04月22日
ウケる技術 (新潮文庫)
水野 敬也 , 小林 昌平 , 山本 周嗣 /新潮社 (2007-03-01) / 562円355 users
購入:  2008年06月21日 540円 所有
読了:  2008年06月21日
医療の限界 (新潮新書)
小松 秀樹 /新潮社 (2007-06) / 756円116 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2008年02月02日 06時59分00秒 2008/02/02
購入:  2008年02月16日 735円 所有
読了:  2008年02月16日
脳と仮想 (新潮文庫)
茂木 健一郎 /新潮社 (2007-03-28) / 529円150 users
購入:  2007年08月12日 460円 所有
読了:  2007年08月12日

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年7月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
読了数 (月別)
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
タグ (4)
1 儲け方の研究
1 投資
1 ベンチャー
1 ビジネス
13 タグなし
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1686  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー