ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
sickboyのバインダー > ウィッシュ
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 50件目 / 118件 日付
デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)
ウジ トモコ / SBクリエイティブ (2011-09-16) / 821円340 users
購入:  2012年06月05日 798円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2012年06月05日 星4つ
デザインセンスが大事でこれからも重要なスキルになると感じている。自分の中のデザインのスキルを少しでも伸ばしたくて購入通読。
読んでみると、日常利用するツイッターなどのSNS、何かを表現するためのプレゼンの作成時、会社としての戦略構築の際、これからの生き方など多くのシーンで使うべきデザインというスキルを紹介してくれている。それぞれのシーンで利用するべき実践にそった考え方を提示してくれているのは非常に面白いです。特に面白かったのは三種の神器の切り口です。鏡、武器、玉をそれぞれ、記号化されるべきアイコン、自身を表現するための武器、理由という由来や生い立ちなどに定義して、自分という、自社というブランドを構築するときにそれぞれの角度から十分に際立っているかを考えることがデザインの始まりだと定義してくれているのが面白かったです。またこれからの時代、人は見た目で判断するよりも先にSNSで出会うシーンが多くなり、そのSNSの中で自分のアイコンが記号化されていることが第一印象としては大事な要素になるとの指摘も面白かったです。
自分のデザインセンスに疑問がある、なにか足りないものがあると感じている人は通読して、本書の中に散りばめられているメソッドを使うことで満たされることがあるかもしれません。
アメリカ型成功者の物語―ゴールドラッシュとシリコンバレー (新潮文庫)
野口 悠紀雄 / 新潮社 (2009-04-25) / 679円65 users
購入:  2012年05月27日 660円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2012年05月27日 星5つ
今のWeb業界・IT業界を見るとアメリカの企業発信のサービス、システム、イノベーションが大きな価値を提供してる。びっくりするようなイノベーションはいつもあの国からだ。なぜそうなのかを学ぶことが出来ればと思い購入通読
読んでみると、19世紀のゴールドラッシュというものがどういうものか、ゴールドラッシュで利益を得たものの中の一人スタンフォードがどのように次の世代に対して思いを伝えたのか、その土壌を受け取った次の世代のものが、現在のITの革新をどのように構築してきたのかを記載してくれている。面白かったのはシリコンバレーという環境があるから、革新的な技術、ビジネスモデルが生まれてきているということ。本当に必要なことは、リスクを受け止めた上で挑戦することに寛容な土壌でその気持ちをゴールドラッシュから脈々と育て続けた文化、環境だということ。日本との比較で、うわっつらだけの産官学共同などとの動きでは、本当にリスクを許容して挑戦することで発現するイノベーションを導くことことが難しいのではないかと提言してくれている。確かに実力よりも協調でいままでの日本はよかったのかもしれないが、筆者が述べているリスクを許容出来る社会、共存よりも競争を行うことで生まれるイノベーションこそが、これからの世界では競争力のあるビジネスモデルの根源になるのではないかと感じる。
今の日本で企業間をフリーで渡り歩くよう技術者が大半をしめるような日本の社会は想像できないが、そのような形で技術者と協業しないと、今の流れの早い技術や最適が変化し続けるビジネスモデルを求め続けることは難しいのかも知れない。
アメリカの大きなIT企業がどのように生まれたのかをひと通り説明してくれていて、また、過去にどのような企業の栄枯盛衰があったのか、そこから何を学べるのかも記載してくれている。IT業界の未来、今後の世界のニーズを考える上でのいい情報源になり、日本の企業がなぜアメリカの企業のように新しい大きな企業が生まれにくいかの原因を考えるの最適な書籍になっていると思います。
1Q84 BOOK 1
村上 春樹 / 新潮社 (2009-05-29) / 1,944円1754 users
購入:  2012年04月14日 1,890円 ウィッシュ ウィッシュ
未読: 
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
購入:  2010年08月09日 893円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2010年08月09日 星4つ
効率よく成果の出せる人、出せない人はいると思う。どうすれば前者に近づけるかを学びたくて購入通読。
読んでみると、これからの時代が求めてくる人間像、社会として必要になってくるであろうサービスの視点など様々な角度がら、機会を失っている人や企業がいるのではと提案してくれている。面白かったのは市場に対してプロダクトライフサイクルマネジメントの視点で、企業が最適な戦略をとっているか、イノベーションに対して取り組めているかを考えさせてくれたところは面白かった。また、成果を出すためには、塗り絵の要領で大枠から決めていくというステップは面白かった。営業職だけではなく、成果を求められる職種全ての人が意識するべき手順だと思う。上司、部下の関係でも「前提」「考え方」は必ず同意しないと提示できる成果の価値が合わなくなるという意見も面白かった。
本書はさまざまなシーンで判断をよりよくするためのメソッドが記載されていると思います。これからはケースケースで判断をするときに「残念な人になっていないか」と自問自答しながら進んで行きたいと思います。
数学で宇宙制覇
桜井 進 / 海竜社 (2008-02) / - 12 users
購入:  2010年05月09日 1,365円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2010年05月09日 星5つ
数学+宇宙という自分フィルターに引っかかった単語が2つもあったので購入、通読
読んでみると「自然を鑑賞することと数学を学ぶことはつながる」の金科玉条の元、数学で解釈するとすでに存在する自然をどのように解釈できるかを記載してくれている。全体的には宇宙を数学で解釈するために必要な数学の考え方、知識を記載してくれていて、非常に面白く読めました。(N+1)次元での実体化などは非常に面白かった。また宇宙誕生を求める過程でひも理論、超ひも理論の役割も非常に分かりやすかった。量子力学のキーファクターとして人間の心へと終着させて、「我思う故に我あり」と結び付けているのが非常に面白い。ある学問に対してある学問を結び付けることでパラダイムシフトへつながるということを改めて認識させてくれました。
読書後は自分の持っている数学の断片的な知識が、宇宙を理解するという目的のためにきれいに整理された気がします。
人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)
小室 淑恵 / PHP研究所 (2010-01-19) / 907円202 users
購入:  2010年05月24日 882円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2010年05月24日 星3つ
仕事をしていく上で無駄なことをしていないか、より効率化するすべがないかを考え直すために購入通読
読んでみると、ワークライフバランスの充実した生活を目指す上での仕事の仕方、私生活の過ごし方を定義してくれている。スケジューリング術から、手帳の書き方、上司、部下との調整の仕方まで、充実したワークライフバランスを目指す術が記載されている。特に面白かったのは会議8分の1の発想です。確かに非効率な会議の存在は感じることが多い。8分の1ルールを共有できて目指すことができれば不要な会議コストは減らせると感じました。全般を通じてワークライフバランスの重要性を述べてくれているので今の自分に照らし合わせてこのままでいいのかを見直すきっかけになり、このスパイラルから抜け出すきっかけを学べた気がします。
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解
板橋 悟 / ダイヤモンド社 (2010-02-19) / 1,620円583 users
購入:  2012年04月10日 1,575円 ウィッシュ ウィッシュ
読了:  2010年05月17日 星4つ
発想法、考え方など新しいツールを手に入れるて自分自身の考えがリフレッシュされる感覚が好きです。そのような感覚を得たくて購入、通読。
通読してみると、ビジネスを「ピクト図」というものにモデル化する手法を定義して、実際に作成した「ピクト図」をもとに新たなモデルを発想する手法まで記載されている。モデル化するフェーズでは、人、組織をアクターとし準備して、コネクタとして物と金、オプションとしてまとめ、タイムラインを準備、著者が述べている通り、ピクト図を自分で作成することで、ビジネスモデルが見えてくるというから面白い。上記の手法で記載することで、ピクトグラム化されたモデルが入手できて、自分の中でのフレームワークとして応用が利く状態になり、アナロジーの判断もしやすくなるし、適用範囲も見抜きやすくなるような気がします。できることなら、著者が述べているように、ピクト図解を自分で作成してモデルを頭にたたきこみたいと思います。特に面白かったのはアナロジー発想法で自分で理解したモデルなら、他への応用の可否、アナロジーかどうかの判断も容易になり、アナロジーを組み合わせることこそが新しいビジネスモデルの発見への手法と定義しているところです。
自分自身の思考パターンにあらたな発想法をインストールした気持ちを得られました。

アマゾン検索
プロフィール
多読多評
カウントダウン
今月の目標読了数15冊まであと
15
<<2017年6月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
最近の・・・
2016/03/17 05:15
2014/04/30 04:50
2012/06/14 05:40
2012/06/12 03:34
2012/06/07 05:33
購入金額 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
読了数 (月別)
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
タグ (7)
1 新書
1 セルフプロデュース
1 デザイン
1 儲け方の研究
1 ベンチャー
1 投資
1 ビジネス
116 タグなし
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
バインダー読者(2)
カウンター
累計1686  今日0  昨日0
since : 2009/05/02
読書状況
ウィッシュ118 冊
積読56 冊
読中2 冊
読了300 冊
お知らせ RSSフィード

©2007-2017 sickboyのバインダー