ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 2件目 / 2件
宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))
タグ 小説 SF カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2008年09月28日 19時25分24秒 2008/09/28
購入:  2008年09月21日 756円
読了:  2008年09月28日 星5つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

ピラミッド探索というモチーフが作中でも語られているけど、冒険+遺跡発掘の記録という感じです。物語ではないです。物語の基本というと、何かイベントがあって、人が変わる、成長する、みたいな感情なりなんなりの動きがあるけど、この小説の登場人物たちは淡々と仕事をこなしている感じがしました。それだけすごくナチュラルに感じてしまったということで作者の世界観に漬かってしまったのかもしれないですが。

でも、淡々としているけど、「先が知りたい!」という気持ちがどんどん出てくるのは、ラーマというものの精緻なプロットゆえ、という気がします。

謎は謎のまま残りますが、これはこれでいいのかも。この本を読んだ時の感覚というのは、日本の歴史の本を読んだ時の感情に近いかも。1つの遺跡が発掘された、あるいは嘘だった、という事実が出てくるだけで、歴史というのはがらっと書き換わるんですよね。歴史は今ある情報からのもっともらしい推理の1つの結果にしかすぎないのですから。この小説には、調査をして他を知るというプロセスがリアルに描かれています。
戦闘妖精・雪風解析マニュアル
早川書房編集部 / 早川書房 (2002-07) / 1,296円30 users
タグ 小説 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 登録日:2008年09月21日 00時01分51秒 2008/09/21
購入:  2008年09月05日 1,260円
読了:  2008年09月19日 星5つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

僕はこの戦闘妖精雪風のOVAを東京都写真美術館のメディア芸術祭受賞作品上映で見たところから神林長平ファンになり、今日に至ります。文庫で今手に入る本はコンプしたはず。その最初のOVAの発売にあわせて出た本です。

内容的には、タイトル通りの雪風の設定集(大量の登場人物、兵器など)、OVAのスタッフの制作秘話、OVA第一話のシナリオ、書き下ろし小説、SFマガジンに載った小説、エッセーなどです。ただ、これだけではありません。

ついで?のはずがすごい密度で書かれているのが、いろんな人の神林長平作品への思い、神林作品リストなどです。戦闘妖精雪風によらず、デビュー作からいろんなシリーズまで、かなりつっこんで書かれています。「そんな読み方があるのか!」みたいな感動が。僕は一般的な小説を読んだりすることはまれで、他の人と小説の感想を語り合ったりすることはないので、こういう書評を読むのは興味深いです。

雪風だけじゃなくて、神林作品に感銘を受けたすべての人へ。

プロフィール

評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。
<<2017年3月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
読了数 (月別)
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
タグ (1)
1 SF
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
200
カウンター
累計5400  今日0  昨日1
since : 2008/09/30

©2007-2017 shibuのバインダー