ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
shibuのバインダー > プログラミング
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 6件目 / 6件
JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス
タグ プログラミング JavaScript カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 登録日:2009年01月12日 23時56分13秒 2009/01/12
購入:  2009年12月29日 1,890円
読了:  2009年01月11日 星1つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

前書きの思想はすばらしいです。でも僕の求める本ではなかったです。確かにJavaScriptは純粋な言語として生まれたわけではなくて、常にブラウザ戦争の狭間で成長してきたし、今なおパフォーマンス競争などで引き合いに出されることが多いです。そういう状況もあり、本屋でJavaScriptの本を手に取っても、DOMをいじくったり、ブラウザの操作にページ数を取っている本が多いです。そんななか、結構よさげな書き出しで始まるので期待して買ったのですが・・・

まず、読者のターゲットが不明確です。JavaScriptを知っている人?少なくともプログラミング言語初心者はこの本はムリ。リファレンスとしても使いにくいので、読後に机の上に置かれることもない。となるとプログラマーの書いたエッセーということになるけど・・・「良いパーツ」「悪いパーツ」という着眼点はすごい良いので、クックブック形式か、あるいはデザインパターン&アンチパターン集として構成した方が良かったと思います。

今後のJavaScript本に求められるのは、シンプルさだと思います。DOMの操作や、属性操作はPrototype.jsなり、jQueryなり、Dojoなりがやってくれます。ブラウザの差分の吸収もやってくれます。そんでもって、UIあたりはライブラリがゾクゾクと出てきているので固定された書籍というフォーマットで扱うのは限界があると思います。文法、オブジェクト、プログラミングのデザインなどの純粋なプログラミング言語としての知識を伝えてくれて、ライブラリを使えるようになるまでの知識を与えてくれる本が欲しいんです。DHTML本とか、jQueryを使う前提だと読まないページが多くて・・・

JavaScriptも、純粋なJavaScript処理系というのがOSをまたいで普及していればまた違った進歩もあったのかも、と思います。JavaScript.netとかはあるけど。
実践!Ajaxフレームワーク jQuery
タグ JavaScript プログラミング カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 登録日:2008年10月25日 01時03分13秒 2008/10/25
購入:  2008年10月19日 2,940円
読了:  2008年10月22日 星4つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

jQuery本は2冊読みましたので、それとの比較を書きます。

まずこの本は中の体裁が見やすいです。パッと見て分かりやすいです。後はセレクタ周りの説明(というかサンプルが)こちらの方が丁寧だった気がします。そして、jQueryプラグインの使い方に加え、プラグインの実装法について触れている点が強力です。その分、jQuery UIとかはちょっと少なかったかな。

比較すると色々「ここがもっと欲しい」とかありますが、単体で見れば、必要な情報は十分持っていると思います。ただしJavaScriptを知っているのであれば。あと、サンプルのjQueryの使用法がシンプルすぎるので、もうちょっとJavaScript自体のベストプラクティスが学べるようなサンプルであれば良かったのにぁなんて思うのは贅沢かな。

この手の本は古くなるのも早いけど、書籍という形でぱっと出してくれたのはありがたいです。やっぱり、機能引きみたいな感じでぱらぱらめくって「あ、こんな便利なのがあるんだ」というのを知るには紙っていいもんね。もう一冊の方ともども、出してくれたことに感謝します。
jQueryで作る Ajaxアプリケーション
沖林 正紀 / 技術評論社 (2008-06-19) / 3,002円55 users
タグ プログラミング JavaScript カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 登録日:2008年10月25日 00時56分19秒 2008/10/25
読了:  2008年10月24日 星4つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

もう一冊のjQuery本とクロスレビューです。もう一つの書評と見比べて見て下さい。

内容的には2冊ともほぼ一緒。こちらの方が優れている点としては、Webの基礎技術について触れられている点。そして、jQuery UIについての説明が手厚な点です。ただ、Webの基礎技術について触れるのであれば、JavaScriptについても多少(ifぐらいは)触れておいた方がいいのかも、と思いました。まぁ、説明自体はなくても、サンプルの中に登場する、というレベルでもいいと思いますが。JavaScriptは何か知らないけど、jQueryやってみる、みたいなベーマガ的な学習ってあると思うし。

僕はもう一冊の方を買ってしまったけど、この本も内容的には悪くないです。両方ともに言えることだけど、この手のオープンソースの本って結構陳腐化するのも早いんだよね。仕方ないけど。
コーディングの掟(最強作法) 現場でよく見る不可解なJavaコードを一掃せよ! (開発の現場セレクション)
arton , 宇野 るいも / 翔泳社 (2008-09-18) / 2,592円91 users
タグ プログラミング デザイン 自己啓発 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 登録日:2008年10月16日 07時39分21秒 2008/10/16
購入:  2008年09月21日 2,520円
読了:  2008年10月10日 星4つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

最近、アジャイルの本質って何だろう、ということを考えてます。他の業界で使えるために。「事実確認をなるべく早く、ストレスが少ない仕組み作り、判断を遅らせる」、というのが、今まとまりつつある核です。この本に感じたのは、「アジャイルなクラス設計やコーディング」という感じでした。エラー通知はなるべく早くしっかり、みたいな。そして、そのためには「コピペプログラマーじゃダメだよ」と警鐘を鳴らしているのかな、と。エラー発見の技術力アップは、開発力アップに直結しますからね。

この本はJavaに特化して書かれています。が、書かれている内容は他の言語でも利用可能なモノは多いと思います。マルチスレッドの部分とかね。勉強になりました。

ちょびっとだけ残念だったのは、ここから知識を広げるための方法についてもっと言及して欲しかったな、と思います。yuguiさんのRuby本で徹底されている「次はこうして勉強して行きなさい」というクロージングがこの本にはないんですよね。きっとこの本の想定読者層は、「今まで自発的に技術を集めてこなくて、コピペなどで痛い目に遭っている人」とかだと思うので、勉強の仕方まで伝えられるといいかな、と。
[入門] はじめてのオブジェクト指向設計
藤島 一月男 , 奥 恵 / 技術評論社 (2008-09-27) / 2,394円8 users
読了:  2008年10月05日 星5つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

入門にしては情報量が多すぎませんか?最近の初心者はこんなにいっぱい学ばなきゃ入門者から脱出できないのかなぁ・・・大変だ。

オブジェクト指向って「どの言語でオブジェクト指向を学んできたか」という経緯によって、みんな印象が違うんですよね。きわめて現物主義なくせに、学問っぽい顔をしている。僕のオブジェクト指向のイメージです。僕はどう考えているかって?そりゃ、構造体+関数ポインタテーブルですよ!(C++)。

最近は、ダックタイピングで教えてしまった方がいいのかなぁ、という気がします。クラスは不要。継承も不要。ポリモーフィズムのみ。インスタンス志向な言語もあるしね。あとは言語によって、クラスによる静的結合(静的型チェックやパフォーマンスチューニング)、継承や委譲やインタフェースやMix-inによる実装の手間の削減、獲得(Zope以外見たことないが)、new-deleteによるリソース管理などをプラグイン的に学べばいいんじゃないかな、と思います。

Javaの人が書いたオブジェクト指向って極めてクラス志向が強いよね。C++はテンプレートの影響か、クラスも動的生成の対象なので、クラス作成=プログラム作成という縛りは弱めです。まぁ、テンプレートを喜んで書く人はみんな変態ですが。僕も含めて。僕でもclassキーワードのないJavaScriptはまだ慣れませんが・・・

本に書いてある知識は僕には役に立てませんが、こんな感じでアイディアが出てきたので僕的には◎な本です。ただ、初心者には勧められないかも。
集合知プログラミング
Toby Segaran / オライリージャパン (2008-07-25) / 3,672円263 users
タグ プログラミング カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 登録日:2008年09月18日 00時28分31秒 2008/09/18
購入:  2008年08月21日 3,570円 所有
読了:  2008年09月27日 星5つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

この本はコンピュータのプログラミングのレイヤーを1段上に上げる本です。

入門書で学べるのは「自動化のためのプログラミング」でしかありません。繰り返し、条件分岐など。オブジェクト指向も、関数型も、これらを表現するための一つの形でしかありません。この本は、「データを分析する」「オススメを表示する」「学習させる」など、プログラミングの幅を繰り返し作業の自動化から、思考の補助ツールへと広げてくれます。

どの章も読み応え十分です。手を動かして一つずつ身につけていきたいと思います。この本はすごくお薦めです。サンプルコードがPythonだからいやだって?Pythonを学んででも読むべき本です。

プロフィール

評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。
<<2017年8月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
読了数 (月別)
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
タグ (4)
3 JavaScript
1 自己啓発
1 デザイン
1 オブジェクト指向
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
200
カウンター
累計5483  今日0  昨日0
since : 2008/09/30

©2007-2017 shibuのバインダー