ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 3件目 / 3件
チャイナ・インパクト
大前 研一 /講談社 (2002-03-30) / 1,728円81 users
購入:  2007年 1,680円
読了:  2009年01月24日 星4つ
7年で状況が変わっているところもあるけど、基本的にはこの本に書いてある方向性は間違ってません。この本は「まだ中国の実力に対して誤解している日本人がいる」ということが書かれていますが、7年たっても状況はあんまり変わってないですよね。

中国の経済成長の勢い、そして地域ごとの特性などなど。もちろん政治上の一中関係の問題なども書かれていますし、統計の数値に表れない貿易の真の姿についても書かれています。そして、普段あんまり見ることのない、中国の政治のうごきなども丁寧に解説されています。

たしかに、日本も飲み込まれかねないなぁという不安も少し出てきます。でも、中国を含めた中でもきちんと活躍していけるためには?と自問するきっかけにもなります。この本は新しくないけど、まだまだ色あせない新しさがあります。国をまたいだビジネスをしている方は必読じゃないでしょうか?
「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)
野口 悠紀雄 /講談社 (2006-10-03) / 1,404円226 users
読了:  2008年10月21日 星3つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

上っ面のHow To手帳術ではないです。しっかりとしたポリシーがあるが故に多少、他の手法に対して多少攻撃的なところもあったりしますが、参考になる情報は多いです。手法はともかく、「耕されていない手帳はダメになる」「外部記憶」など、GTDに繋がるようなところがたくさんあります。たぶん、同じような理論を元にして構成された別インスタンスという感じです。このA4との連携というアイディアはいいね。このやり方が軌道に乗ったら、革の表紙を買ってもいいかも。ToDoにしても、メモにしても何にしても、いろいろな手法があるので、その中の一つとして選択肢に入れるにはいいと思います。僕もどちらかというと、手書きマインドマップが主で、それに収まらない、1年先までの遠い予定を超整理手帳で補助してもらう、という感じだし。

野口さんは目標を書き出すことに関しては「意味がない」というようなことを言われているけど、個人の活動ではそうかもしれないけど、多くの人とのネットワークを考えると、それぞれのスタンスの明確化って意味があるかな、と思います。それを手帳で表現するかどうかは別にして。

浦和美園の旭屋は甘いね。せっかく手帳コーナーを作ってあるのだったら、この本もきちんと手帳コーナーの中に置けば一緒に売れるのに。ちょっと探しちゃいましたよ。
妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)
アダム 徳永 /講談社 (2008-01-24) / 864円52 users
読了:  2008年10月05日 星5つ
評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。

スローセックス提唱者で有名な方の本です。そっち系の話にアレルギーのある人は読まない方がいいです。

書いてあることはすごくまっとうなことがたくさん書いてあります。いろいろな現象を例えに使って「愛」の見える化をしています。学術的に正しいか、と言われると「根拠が怪しい」ですが、結果的に見るとなかなかいいことがたくさん書いてあります。

個人的になるほど、と思ったのは「上から下に流れる」というモデル。しかも、「上下の立場をTPOに応じて色々入れ替える」というのは目から鱗でした。過去に「つきあってください」と言われたけど、つきあう気になれなかった人がいますが、確かに僕が常に上という立場を取らされていて一緒にいるのが疲れる(というか一方的に奉仕している気になる)のが原因だったのかなぁ、と今になって思います。僕は人の世話も嫌いではないけど、いろいろインスピレーションを与えてくれる人(僕が下に入れる人)とじゃないと続かなそう、というのが再確認できました。

そういうわけで、個人的にすごくいい本でした。

プロフィール

評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。
<<2017年10月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
読了数 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
タグ (2)
2 ビジネス
2 自己啓発
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
200
カウンター
累計5521  今日6  昨日0
since : 2008/09/30

©2007-2017 shibuのバインダー