ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
こころの情報学 (ちくま新書)
西垣 通/ 筑摩書房 (1999-06) / - 124 users
読了:  2009年04月07日 星3つ
人工知能は作れるのか?という命題に対する色々な方面からの考察が語られています。10年前の本で古くなっている部分もありますし、「こいつゲームやってないな」というゲーム論評は、少し残念ですが、それでも大きな所は今も通じる話題が豊富です。

コンピュータが周りの状況をすべて把握するのは難しいということで、人工知能は難しいよという話題から入り、動物も言語で会話するし、訓練次第で猿が会話(機械の補助は必要だが)を覚えたりします。また過去の歴史を振り返って、神話を物語ることによってできてきた、過去や未来を語る技術。言葉や文字の発明によって多くの人と意志の疎通ができるようになり、官僚制ができるようになったなどなど。歴史的な話も含めて色々書かれています。

ちょっと疑問なのはコンピュータに置ける体験が「バーチャルなものでアフォーダンスがない、希薄なもの」と決めつけていることですね。現代のインターネットの発達やケータイ電話でのコミュニケーションを見てしまうと分かる通り(10年前でも変わらないと思うが)、人間って文字だけで会話しても、イメージなどを補完してしまうんですよね。そういうこともあってメーリングリストで文句を言い出すと一気に爆発するとか、そういう現実では起こりにくいことが起きたりしますしね。バーチャルはバーチャルで、また別の力学の世界が構築されつつあるのを感じます。

感情とは何か?僕の知り合いは「事実判断」+「体感覚」と言われていました。これを考えると、犬にも感情はあると言えます。そういう話をオーバーラップさせながら読んでみると、意外と心を持った(かのように思える)機械を作るのは簡単かもね、というのが読んだ感想ですね。

プロフィール

評価は自分に役立ったか否か。一般的な評価ではありません。
<<2017年10月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
読了数 (月別)
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
タグ
-
カウントダウン
今年の目標読了数200冊まであと
200
カウンター
累計5515  今日1  昨日0
since : 2008/09/30

©2007-2017 shibuのバインダー