ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 3件目 / 3件
全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)
購入:  2016年01月27日 821円 所有
読了:  2016年02月21日 星4つ
「リスク資産」に配分したお金を、50%はTOPIX連動型のETFに、50%を外国株式に連動するインデックスファンドに投資する。商品選択の基準は、最も手数料の安いもの。銘柄は、確定拠出年金を考慮しない場合、本書執筆時点で「MAXISトピックス上場投信」(銘柄コード1348)、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」である。 (P45)
今は、主要なインデックス商品が複数の金融機関で取り扱われ、新しいインデックス運用商品が出ると、ほぼ同じようなタイミングで複数の金融機関で取り扱いを開始しています。選択の幅は広がっていますが、できるだけ主要なインデックス運用商品をそろえ、新商品も遅滞なく導入する傾向がある金融機関を選ぶといいでしょう。
各金融機関のインデックス投資関連商品・サービスの動きを10年以上つぶさに見てきた経験からおすすめできるのは、SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3社です。いずれもネット証券で、主要なインデックスファンド、国内ETF、海外ETFという3種類のインデックス運用商品を取りそろえています。 (P54)
一般的なネット証券の口座開設の方法と手順についてご説明します。
(1)ネット証券のWEBサイトにアクセスし、口座開設画面に進む。名前・住所・電話番号などの情報を入力します。「特定口座」の申し込みについての欄があると思いますが、何か特別な事情がない限り、「特定口座を開設(源泉徴収あり)」を選択しておくことをおすすめいたします。こうしておくと、投資信託やETFについて、納税や売買損益や分配金との損益通算など、面倒な税務処理を証券会社側で自動的にやってくれて非常に便利です。 (P56)
厚生年金に加入しているサラリーマンの場合、個人型DCの利用枠は1ヶ月2万3000円までなので、年間で27万6000円のお金を、所得税・住民税などがかかる前の所得から積立投資に回すことができます。仮に税率が20%になる所得水準の方の場合、毎年5万5000円強の税金を節約することができます。(遠い将来年金を引き出す際に税金がかかりますが、その頃は所得が下がって税率も下がっていることが多いでしょう)。加えて、DCでは、運用期間中にかかる税金(20%)が免除されます。
~中略~
なお、読者がフリーランスや自営業者などで、国民年金以外に年金に加入していない場合は、月額上限6万8000円、年間81万6000円まで個人型確定拠出年金を利用できます。DCは、節税効果によって「ほぼ確実に儲かる」と言える数少ない金融サービスの一つなので、ぜひ利用してください。 (P64)
さて、NISAの口座ですが、必ず証券会社のネット取引の口座にご自分のNISA口座を作るようにしてください。銀行でもNISA口座を作ることができますが、銀行では株式の取引ができないのでETFを利用することができず、本書でご紹介する運用方法では不都合が生じます。 (P68)
DCとNISAには次のような3つの制度上の特徴があります。
(1)共に運用期間中に運用益が非課税になることが大きなメリットとなっている金融資産の運用スキームです。
(2)DCでは運用期間中に運用商品のスイッチングが可能ですが、NISAでは5年の非課税適用期間中に全部ないし一部を売却すると、売却分は非課税適用が外れてNISA口座内で再投資することができません。
(3)DCでは、一般に売られている商品と異なる商品がラインナップされており、同じ指数のインデックスファンドでも運用手数料が異なる場合があります。 
以上の3点を考慮し、加えて「自分の運用資産全体を最適化させつつ、DCとNISAに最適な運用商品への投資を割り振る」と考えると、多くの場合、DCとNISAで何にいくら投資したらいいかは論理と計算だけであっさり決めることができます。 
運用会社の広告が入るような雑誌でよくやるように、「投資家のタイプ別」にNISAで買うべき商品が変わるなどということはほとんどありえません。 
ちなみに、投資家の「タイプ」や資金の「使途」で投資すべき商品が変わり、それが投資家のニーズだ、というのは、運用業界と運用商品を販売する金融機関が、手数料の高いセカンドベスト以下の商品(はじめから検討しなくてもいい商品)を顧客に売るためにこしらえたタチの悪いフィクション(作り話)です。 
(1)からは、DCやNISAには期待リターンの高い資産を集中すべきだと分かります。(2)では、NISAが「状況が変わった時に売りたくなるような投資対象」には不向きだと分かります。すなわち、個別株への投資には向きません。多くの場合、ベストな投資対象になるのはTOPIXに連動する国内株式のETFです。(3)は実際に利用可能なDCの商品ラインナップを見てみないとどうしていいか分かりませんが、よくあるのは市販のインデックスファンドよりもさらに安い運用手数料の「お宝インデックスファンド」がDCで投資できるケースです。 
この「お宝インデックスファンド」は、特に、外国株式については、一般向けのインデックスファンドよりも有利な商品がラインナップされている場合が多いようです。お勤めの会社に企業型DCがある場合などは、まず、外国株式のインデックスファンドがないかどうか、そしてその信託報酬はいくらであるかから検討するといいでしょう。 
たとえば、野村アセットマネジメントが運用する「野村外国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)」というDC専用インデックスファンドがあります。信託報酬は年率0.22%(税抜き)です。同じ運用会社が運用する一般向けのインデックスファンド「野村インデックスファンド・外国株式」の信託報酬は年率0.55%(税抜き)であり、コストはじつに半額以下です。 
「DCとDC以外を合計した状態」で考えるなら、DCには外国株式のインデックスファンドを「割り当てる」ことが全体として最適になる場合が多いと言えるでしょう。 
しかし、じつは「お宝インデックスファンド」のことはネット上であまり話題になりません。年率0.01%のコスト差にもうるさい投信ブロガーたちが、この「一物二価」状態に対して黙っているのはわけがあります。 
DCの運用管理期間によって(つまり勤務先によって)商品ラインナップが違うため、ブロガー自身が投資可能なDC専用商品のことをあまり詳しく公開してしまうと、勤務先が特定されてしまうおそれがあるからです。また、運用会社も、客を選んで同じものを違う価格で売り分けているようなものなので、あまりおおっぴらにしたい話ではありません。ですから、DCの加入対象者は、自分の運営管理機関にはどのような「お宝インデックスファンド」が用意されているのか、自分でよく調べておくとよいでしょう。 
インデックス投資の主な目的が老後資金で、DCの加入資格があるのであれば、まずDCでのインデックス運用を第一優先に考えるとよいと思います。 (P83)
DCもNISAも、①自分の運用全体を考えて、②その中で最適な部分をDC、NISAの特性に合わせて割り当てる、という考え方で使うのが合理的な運用の原則です。 
DCとNISAで運用上共通の条件は、共に運用益に対して課税上の優遇があることです。大まかにいうと、自分の資産運用の中で、期待リターンの高い分野をこれらの非課税運用口座に割り当てるのが正解です。 
たとえば、DCにもNISAにも、バランス・ファンド(株式と債券の両方を含むファンド)はほとんどの場合不適切です。 
(1)運用途中の利益に非課税という制度のメリットを最大化できないこと 
(2)運用者に適切な投資タイミングで資産配分を調整する能力など期待できないこと 
(3)中身の割に手数料が高いこと(「幕の内弁当」は箱代が高いと思ってください) 
(4)投資家が投資の中身をリアルタイムで把握しにくいこと 
の4点が、その理由です。DCでしばしばラインナップされている「ライフサイクル・ファンド」と称するバランス・ファンドもDCやNISAには不向きな商品です。 (P87)
DCでは、運用商品のスイッチングができることと市販の運用商品と手数料の異なる(通常は安い)商品が選択肢の中にあることが注目すべき点です。端的にいって、外国株式のインデックスファンドをDCに割り当てることが正解になる場合が多いと覚えておいてください。 
他方、NISAでは、途中で売却すると非課税対象枠から外れてしまう点が特徴的です。たとえば、トヨタやソニーなどの個別株に投資した場合、5年の非課税優遇期間の途中で、業績の悪化や、株価の急騰などで、「売りたい!」と思う場面が来る可能性があります。こうした投資対象には、NISA口座の外で投資するのが適切でしょう。NISAに向くのは、インデックスファンドの長期投資です。DCでは信託報酬が安いETFに投資できないので、特に、TOPIXに連動するETFによる「国内株式」長期投資部分をNISAに割り当てるのがいいでしょう。 
具体的には、次のようなイメージです。 
たとえば、生活費とは別に運用したいと思う資金が合計1000万円あって、600万円リスク資産に投資したいと思っているサラリーマンがいるとして、彼が、NISA口座に100万円、会社のDC口座に200万円の資金を持っているとします(これらは1000万円に含まれます)。 
この会社員の場合、たとえば、DCで200万円外国株式のインデックスファンドに投資し、NISAではTOPIX連動のETFを100万円買い、その他に、普通の証券口座で外国株式のインデックスファンドに100万円、TOPIX連動のETFに200万円投資すればいい、ということになります。 (P88)
論理的な結論は、「意思決定として、アクティブ運用商品を買うことは、インデックス運用商品を買うことに劣る」ということです。 
もう少し前向きに言い換えると「インデックス運用商品こそが、個人投資家にとって得でかつ扱いやすい投資対象だ」ということになります。 (P120)
投資信託は、少ない金額から購入できたり、ひとりではとうてい投資できないような多様な銘柄に分散投資できたり、分配金を自動的に再投資できたり、利便性が高いのが特徴です。元本保証はありませんが、投資信託は、万が一、販売会社・運用会社・信託銀行のいずれかが破綻してしまったとしても、投資家の資産は制度的に守られており、株式のように投資家の資産が紙くずになるようなことはありません。投資家にとって、よくできた仕組みだと思います。 
投資信託の値段のことを「基準価額」といいます。投資信託は多くの株式や債券などを組み入れて運用されているので、基準価額は上がったり下がったり、日々変動します。 
この基準価額、ちょっと面白いところがあって、投資信託を売買する時点では、まだ基準価額が決まっていないのです。投資信託によって違うのですが、日本の資産に投資するものはその日の夜、外国の資産に投資するものは翌営業日の夜にやっと決定し、運用会社(委託会社)が発表します。つまり、買う時にはそれまでの値動きなどを参考に、「だいたいこれくらいの価格だろう」という感じで「えいや!」と買い、後日、「どれどれ、いくらで買えたかな」と確認することになります。この仕組みに最初のうちは戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れると思います。 
投資信託を売買する際は、ネット証券の「投資信託」メニューなどから、目的の投資信託を選択し、売買を行います。注文時代はいつでも出せますが、基本的に15:00までに注文された分が、その日の注文分として取り扱われます。 (P123)
「ETF」(Exchange Traded Fund)は、上場投資信託といい、証券取引所で取引される投資信託のことです。“進化した投資信託”とでも言いましょうか。 
証券取引所に上場されているため、株式と同様、立会時間中(消炎取引所が開いている時間)いつでも売買ができます。価格もリアルタイムに変動しているので、投資信託と違って売買時にも価格がはっきり分かり、値動きや損益が把握しやすい性質があります。運用コストである信託報酬はインデックスファンドよりもさらに安く設定されていることが多いのが魅力です。以前は日経平均とTOPIXのETFばかりでしたが、最近は、外国株式や外国債券、金や石油などのコモディティなど商品の幅が急速に広がってきています。 
ETFを市場で売買する価格のことを「市場価格」と言います。ETFは投資信託でもありますから、一般の投資信託と同様に「基準価額」もあります。運用会社(委託会社)が1日1回発表し、そのETFの“資産価値”を発表します。 
私たちが売買する「市場価格」と、ETFの資産価値である「基準価額」が同じならよいのですが、市場価格はその時点の売り手と買い手の需要と供給の均衡した価格ですから、時には高くなり過ぎたり安くなり過ぎたりして、市場価格と基準価額が離れてしまう(乖離)こともあります。この乖離率は小さければ小さいほどよいのですが、厳密な評価上は、上ブレしがちなのか、下ブレしがちなのかについても点検が必要です。 
ETFは株式と同様に、証券取引所に証券会社を通じて売買を注文します。ネット証券の「株式」画面などから注文します。株式の売買のように、指値注文、成行注文など、様々な注文方法が使えます。証券会社によっては逆指値など高度な注文ができるところもあります。 
国内ETFの場合、銘柄によって大きく違いますが、数千円程度から買えるものもあれば最低数十万円必要なものもあります。海外ETFの場合も、数千円程度から買えるものもあるのですが、売買手数料が外国株式扱いのため少々高く(だいたい20~25ドル程度)、購入金額が小さいといわゆる「手数料負け」してしまいます。また円を外貨に換金する為替手数料もかかるため、まとまったお金(目安としては1銘柄100万円程度から)の購入が向いているでしょう。 (P125)
投資信託の主なコストには「販売手数料(購入時手数料)」「信託報酬(運用管理費用)」「信託財産留保額」があります。販売手数料は購入する時にかかるコストのことですが、インデックスファンドでも、販売会社によって販売手数料が違う場合がありますので、注意してください。SBI証券・楽天証券・マネックス証券では主要なインデックスファンドはノーロードで販売されているので安心です(注:ETFは別です)。 
信託報酬は、本書でもたびたび登場していますが、投資信託を運用する運用会社や販売会社などに毎年払い続ける手数料です。保有資産に対して、年率0.4~0.5%程度のものが多く、投資信託の運用資産のなかから、自動的に毎日少しずつ差し引かれます。投資家が追加的に支払ったり、口座から引き落とされたりするわけではないので、一見あまり取られた感がないのですが、保有資産全体に対してかかるコストとして馬鹿にならない金額を抜かれています。馬鹿にならないどころか、毎年の運用成績を確実に押し下げる悪影響を及ぼすコストなので、徹底的にこだわって、できるだけ信託報酬が安いインデックスファンドを選ぶべきです。 
信託財産留保額は、ファンドを解約する時にかかるコストです。保有資産に対して、0.1~0.3%程度のものが多いです。なかには「なし」というファンドもあります。“解約ペナルティー”という意味合いが強い、ちょっと特殊なコストです。投資信託の解約があると、ファンドマネージャーは現金を確保するために、保有資産を売却しなければなりません。その際にかかる様々なコストを残された投資家が負担するのは不公平になるということで、解約者からペナルティーとして徴収されます。運用会社に取られることなく信託財産に組み入れられるので、長期保有する投資家にとってはある意味ありがたいコストと言うこともできます。ただし、後で出てくる「リレー投資」を行うことがあらかじめ決まっているのであれば、信託財産留保額がないファンドを選ぶのもひとつの戦略です。 
そして、細かい話になりますが、保有している間ずっとかかるコストは、信託報酬のほかにも存在することはあまり知られていません。「その他手数料」という項目にくくられている、売買委託手数料、有価証券取引税、保管費用、監査費用など、ファンド内部の運用にかかる上乗せ費用です。これらは信託報酬のように毎年一定比率というわけではなく、運用状況によって毎年変わり、ファンドの決算時に発行される「運用報告書」で投資家に報告されます。運用報告書は証券会社での設定によって郵送されてきたり、証券会社や運用会社のWEBサイトに掲載されたりします。 
しかし、これがまた非常に分かりにくい書き方がされており、一見すると、信託報酬以外に、どれくらいの上乗せ手数料が取られているのかよく分からない表記になっています。このことから、インデックス投資ブロガーたちからは“隠れコスト”と呼ばれており、インデックスファンドの決算時期になると、ブロガーたちが各インデックスファンドの運用報告書を分析し、“隠れコスト”を含んだ推定「実質コスト」をブログ記事で公開するのが通例となっています。 
あまり神経質になることはないのかもしれませんが、信託報酬に対して“隠れコスト”があまりにも大きいインデックスファンドは避けるべきです。 (P127)
利便性については、公簿の投資信託であるインデックスファンドがダントツでこなれています。ざっと挙げるだけでも金額指定で売買できる、分配金再投資コースが選べる、自動積立サービスを利用できるなど、投資家が楽をするための条件が整っています。 
一方で、国内ETFや海外ETFは、金額指定で売買できない(株数単位で売買)、分配金再投資は手動でやるしかない、自動積立サービスに対応していないといったことに加え、海外ETFについては確定申告をしたほうが税務上有利になるケースが多く、今まで年末調整のみで確定申告をしたことがないサラリーマンにとっては、とっつきにくいところがあります。 (P135)
◆商品選択のポイントのまとめ 
ここまで説明してきた用語や状況をふまえて、インデックス投資の商品選択のポイントをまとめたいと思います。 
1.信託報酬・実質コストができるだけ低い商品(低ければ低いほどよい) 
2.純資産額が大きい商品(少なくとも100億円以上欲しい) 
3.不安定な要素ができるだけない商品(市場価格と基準価額の乖離や、繰上償還の可能性は小さいほどよい) 
4.利便性が高い商品(小額から購入できる、分配金再投資が自動でできる、積立投資が自動でできるなど) 
以上のポイントで考えて商品選択を行えば、今後、商品ラインナップの環境が変わっても、変なものをつかまされることはほとんどないでしょう。 
また、今後新しいインデックス運用商品でより良いものが出るとしても(それ自体は投資家として大歓迎ですが)、その前までに良いと思って投資していた商品との差は大きなものではないはずです。つまり、微差にこだわるのでなければ、これまで持っていた商品を大らかに持ち続けていてもいいということなのです。 (P139)
インデックス投資においては、「インデックスファンドを持ち続けている状態」がが運用なのです。 (P140)
投資戦略としては、買って(Buy)そのまま保持(Hold)するということで、「バイ&ホールド戦略」として位置づけられるものになります。売買することによって資産を増やそうという発想ではなく、将来、値上がりすると期待できる(期待リターンがプラスになる)ところに、なるべく長い時間、資産を置いておこうという発想です。 
投資は「資本」の形で生産活動に参加する行為ですから、バイ&ホールドこそが正しい選択なのです。 (P141)
ファンドを売って利益確定をすると、利益に対して20.315%の税金がかかります(2015年4月現在)。利益の約2割、資産が縮小すると言い換えることができます。これが馬鹿になりません。仮に100万円の利益が出たとすると、約20万円分も資産が縮小するけど、それでもいいのか? と考えることで、売りたい気持ちを滅入らせましょう。 (P163)
インデックス投資において、毎月5万円といった「定額」積み立て(ドルコスト平均法)は、自動的に株価が低い時にはたくさんの口数を買い、株価が高い時には少しの口数しか買わないことになるという理屈があります。しかし、資産を取り崩す場合は、その逆です。ドルコスト平均法のような「定額」の解約をしてしまうと、株価が低い時にたくさん解約することになり、自動的に資産の減少を早めてしまいかねません。 
「定率」の解約(たとえば、毎年あるいは毎月5%ずつ取り崩すなど)であれば、株価が低い時には低いなりの金額しか解約しないので、資産の減少は抑えられます。定期的に取り崩すのであれば、定額解約よりは定率解約のほうがよいケースが多いでしょう。 (P172)
インデックスファンド、国内ETF、海外ETFにはそれぞれ一長一短があります。短所・長所を理解したうえで、ご自身にいちばん合ったものを選択していただければよいと思います。 
そのなかで、あえておすすめするとすれば、インデックスファンドを基本に考えたらよいでしょう。3種類のインデックス商品の中では信託報酬はやや高めですが、売買(少額・ノーロード・自動積み立てなど)、運用(分配金再投資・りバランスのしやすさなど)、税務処理(特定口座に入る)など全般的に利便性が高く、投資を続けやすいのがインデックスファンドです。 
まとまったお金がある方は、国内ETFを選択するのが、多少の手間(分配金再投資が手動など)はあるものの、インデックスファンドよりも低コストです(特に日本株式クラス)。 
なお、海外ETFは信託報酬が非常に安い商品が選べるものの、外国株式扱いの高い売買手数料に加えて為替手数料がかかったり、確定申告が必要となり、簡単な税務知識が求められたりします。また、参考になるような海外ETF関連情報は世の中にあまり多くありません。問題を自己解決できる知識と判断能力を身につけたインデックス投資上級者が自己責任で行うものと捉えていただいたほうがよいことをあらかじめ申しあげておきます。 
いろいろややこしいと思われるかもしれませんが、インデックスファンド、国内ETF、海外ETFは、どれをとってもアクティブファンドよりは圧倒的に低コストであり、3種類のうちのどれが良いかは、いわば「頂上決戦」みたいなものです。高品質なものの中でいろいろ選択できるという贅沢な悩みなのです。 (P191)
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
山崎 元 / 朝日新聞出版 (2013-09-13) / 821円271 users
購入:  2015年12月22日 821円 所有
読了:  2015年12月27日 星5つ
<超簡単 お金の運用法>(1)当座の生活に必要なお金(たとえば生活費三ヶ月分程度)を銀行の普通預金に置く。(2)残ったお金を、リスクを取ってもいいと思う「リスク運用マネー」と、元本割れを想定せずに済む「無リスク運用マネー」に分割する。この場合、「リスク運用マネー」は「無リスク運用マネーよりも平均すると5%利回りが高いが、最悪の場合、一年ンで3分の1が失われる可能性がある」と考えて、好きな金額を割り当てる(残り全額でもいい)。(3)「リスク運用マネー」は「TOPIX連動型上場投資信託」(コード番号1306)、野村アセットマネジメントが設定・運用)と「SMTグローバル株式インデックス・オープン」(三井住友トラスト・アセットマネジメントが設定・運用)に、半々に投資する。(4)「無リスク運用マネー」は「個人向け国債」(10年満期タイプ)または「MRF」(マネー・リザーブ・ファンド)で持つ。あるいは一人一行1000万円未満なら銀行預金で運用してもいい(ただし、外貨預金はダメ)。(5)大きな支出の必要が生じたら、「リスク運用マネー」あるいは「無リスク運用マネー」のいずれかを「躊躇なく」部分解約してこれに充てる。(6)NISA(少額投資非課税制度)及び確定拠出年金を最大限に活用する。 (P16)
TOPIX連動型上場投資信託:これは「ETF」(Exchange Trade Fund = 上場投資信託)と呼ばれる商品の一つで、野村アセットマネジメント株式会社が設定・運用している投資信託だ。東京証券取引所に上場されていて(コード番号は1306)、上場株式のように取引することができる。ネット証券で購入すると、百万円分買っても、数百円の売買手数料で済む。通称「TOPIX」と呼ばれる東証株価指数(東証一部の全銘柄の加重平均で構成された株価指数)に連動するように運用されている商品であり、日本の主な銘柄に実質的に幅広く分散投資されている。TOPIXに連動するETFは他にもあるが、このファンドは最も運用資金量と取引量が大きく、運用が安定している。また、通常の投資信託に比べて、信託報酬と呼ばれる継続的にかかる運用・管理の手数料が安いことが大きな長所だ。投資信託は、特に資産形成のために長期保有する場合、継続的に掛かる手数料である信託報酬を重視して選ぶことが重要だ。 (P18)
SMTグローバル株式インデックス・オープン:株価指数に連動する運用を目指す三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社が設定・運用する公募の投資信託で、インデックス・ファンドのSMTシリーズの中の一本だ。MSCI・KOKUSAIと呼ばれる、日本を除く先進国23ヵ国の株式を指数化した株価指数に連動するように運用されている。外国株式を指数化した株価指数は有名なものが複数あるが、この指数は、公的年金をはじめとする日本の機関投資家の外国株式運用のベンチマーク(運用目標)として、最も広く使われているものだ。SMTグローバル株式インデックス・オープンは、販売手数料の設定を販売会社に任せており、大手のネット証券では、「ノーロード」(販売手数料ゼロ)で買うことができる。信託報酬は、2013年8月現在、年率0.525%で、たとえば同じ指数に連動する海外上場のETFなどに、もっと低コストなものが存在するが、一般投資家が海外ETFに馴染みがないこと、外国株式の購入手数料と、外国為替の手数料が掛かることなどから、今回の全面改定版では、シンプルに、SMTグローバル株式インデックス・オープンだけを選ぶことにした。同じ株価指数への連動を目指す同種の商品として、同じく信託銀行系の三菱UFJ投信株式会社が運用する「eMAXIS先進国株式インデックス」という商品があるが、現在、こちらの信託報酬が年率0.63%とわずかに高いので、SMTシリーズの商品を選んだ。ただし、SMTシリーズとeMAXISシリーズとは、お互いを意識して信託報酬その他を設定・改定することがあるので、興味を持たれた読者は、時々ホームページなどで調べてみて欲しい。日本の投信業界は、新商品開発には熱心だが、既存の商品の改善、特に手数料の引き下げに消極的な面がある。信託銀行系の両社のように、真面目に価格競争する運用会社は投資家にとって大切なので、応援しよう。 (P20)
個人向け国債は、証券会社、銀行、ゆうちょ銀行などの窓口で買えるが、固定金利で満期が三年、五年のものと、変動金利で満期が十年のものがある。これらのうちで、お勧めするのは、変動金利の十年型だ。この商品は、半年ごとに十年国債の流通利回り(いわゆる「長期金利」)の66%を目処に決定されるクーポンが支払われる変動金利型で、十年の満期を持つ。利回りは特別に魅力的というほどではないが、相対的には「まあまあ」である。この商品には、利回り以外に二つ長所がある。まず、国債なので、銀行預金よりも信用リスクが小さいことだ。預金は、「一人、一行、一千万円迄の預金の元利金」が預金保険で保護されることになっているが、この金額を超えるお金の置き場所を考えると、個人向け国債は、個人が手軽に買えて有力な対象となる。銀行の経営状態の判断は、個人には難しい。率直に言って、日本には、必ずしも「大丈夫!」とはいえない銀行や信用金庫などが存在する。財政赤字がこれほど大きな日本政府の発行する国債で大事なお金を運用して大丈夫なのか、という疑問を持つ向きがあるかもしれない。あるいは、金融機関のセールスマンの中にも、そのようなことを言う者がいるかもしれない。しかし、日本国債の元金利がスケジュール通りに支払われないような状況になった場合に、もっと危ないのは日本の金融機関の経営状態だ。財政赤字の弊害は一般に、「長期金利の高騰」、「インフレ」、「通貨安(円安)」の三つだが、現在、日本の長期金利水準は国際的に見ても著しく低く、インフレよりもデフレからの脱却が課題となっており、そのためには円高よりも円安が望ましい、といった状況にある。世の中に起きている現象を率直に見て、日本国債がデフォルトする(元利金の不払い等に陥ること)公算は極めて小さい。政府債務残高の対GDP比率だけを見て、「日本円は紙屑同然になる」と慌てるのは賢くない。二番目の長所は、このタイプの個人向け国債が、いわゆる「国債暴落」に強いことだ。どういうことか? 個人向け国債は、保有一年目以降、利払い二回分、つまり過去一年分のクーポン(利子。税引き後)をペナルティとして支払うと、満期以前にいつでも元本で償還できる。「国債暴落」とは、長期金利(十年国債の流通利回り)が急上昇することだ。たとえば、本書執筆時点で1%未満である長期金利が、4%に上昇すると、十年満期の国債の価格はざっと三割ほど下落する。この価格下落規模は、暴落と言っていいだろう。こうした事態が起こった場合に、金利の変動リスクに対する管理をやり損なって破綻する金融機関が現れる可能性は十分ある。しかし、4%という金利水準は、実質成長率が2%で物価上昇率が2%といった、実は理想的に望ましい経済状態が達成された場合には、十分あってもおかしくない水準だ。また、長期国債利回りは、基本的に市場で決まる「相場物」であって、1980年代後半には7~8%くらいが普通だった時代もある、大きく変動しておかしくないものなのだ。長期金利が上昇した時に、「変動10年型」の個人向け国債は変動金利なので、金利上昇に約三分の二ほどついていくことができるが、「ここが長期金利のピークで、チャンスだ!」と思うような金利水準の上昇があれば、直近の利払い二回分のペナルティを払って元本を引き出して、長期国債を買うこともできる。個人向け国債(変動十年型)が、銀行預金よりも安全で、国債暴落に強いということの意味をお分かり頂けただろうか。この商品は、銀行・証券会社のいずれでも買えるが、募集が三ヵ月に一度であることと、窓口で素直に売ってくれない場合があることに注意が必要だ。素直に売ってくれないかもしれない理由は、金融機関の募集取扱手数料が安いことと、10年間にわたって顧客のお金が「寝てしまう」可能性が大きいことの二つだ。募集取扱手数料は「100円に対して50銭」、つまり100万円売って5,000円しか販売金融機関に入らない(ネット証券から見ると、十分大きいが)。投資信託を降った場合に、販売額の2~3%の販売手数料に加えて、預かり資産の残高が維持されている限り信託報酬の半分程度の手数料(代行手数料)の収入があるのと比べると大差だ。せっかくお金を持っている客が目の前にいるのだ。「個人向け国債は利回りが低い」とか「巨額の財政赤字がある日本の国債でいいのでしょうか」などと顧客の心を揺さぶって、毎月分配型(通貨選択型を含む)の投資信託(「全て」が投資しない方がいい商品だ!)などに誘導しようと試みる場合があるだろう。対面型の窓口で買う場合は、「いかなる商品のセールスがあっても、はねのける!」という強い決意を持って、窓口を訪れて欲しい(この点、ネット証券で買うと、セールスマンと余計なやりとりをせずに済む)。 (P22)
MRF(マネー・リザーブ・ファンド) 証券会社が扱っている投資信託の一種で、毎日お金の出し入れができて、銀行の普通預金よりも僅かにいい程度の分配金が出る商品だ。資金の出入りが時々あることが想定されるなら、個人向け国債よりも、MRFがいいだろう。MRFは、満期までの期間が短く、元本保証のついた運用対象で運用される。投資信託なので、「元本保証」とはいえないが、元本割れは極めて起こりにくい仕組みだ。特に、一千万円以上のお金を預けるにあたって、MRFが銀行預金よりも無難で安心だと思う理由を説明しよう。一つは、MRFが投資信託であることによる、運用資産の保全効果だ。投資信託では、典型的には販売会社(証券会社、銀行など)が集めたお金を、信託銀行が分離勘定で保管して、この運用資産に対して投資信託運用会社が運用の指図を行う形で運用される。この形式だと、販売会社が破綻した場合でも、運用資産は信託銀行で保護されているので、投資家は、販売会社の経営状態について心配する必要がない。筆者は、1997年の11月に自主廃業を発表した山一證券に勤務していた。当時社長だった野澤正平氏がテレビカメラの前で「社員は悪くありません」と涙を流した記者会見をご記憶の方も多かろう。自主廃業の発表の後しばらくの間、山一證券の支店にはご自身の資産を引き出そうとする顧客が殺到したが、当時の山一投信が運用していたものをはじめとして、山一證券が扱っていた投資信託の資産は全て無事であって、山一證券の債務の弁済に流用されるようなことはなかった。他方、理屈上、銀行が破綻した場合に、預金保険の限度を超えるよきんを持つ預金者は、その銀行に対する債権者の一人として、債権の弁済が完全に行われるか否かを気にしなければならない。そして、率直に言って、日本の全ての銀行に対して、「将来とも、大丈夫だ」とは言いにくい。加えて、MRFは、多数の運用対象に分散投資されている。この中に万一元本割れするようなものがあったとしても、損害は小さいだろう。他方、一つの銀行の預金に多額のお金を集中することは、一社の社債にだけ投資するような信用リスクを負うことを意味する。預ける金額が大きくなると、銀行の預金よりもMRFが無難であると考えられる場合があることがお分かりいただけよう。なお、MRFよりも少しだけ運用対象の制限が甘いが、MMF(マネー・マネージメント・ファンド)もほぼMRFに準ずる信頼性がある。ただし、MMFでは、かつて大手証券系の投信会社が運用するもので僅かながら元本割れを起こした実績があることを付記しておく。しかし、筆者が大金を持っているなら、それなりに大手であっても経営が不安な銀行に預けるよりは、MMFの方が安心だと思うだろう。ところで、対面営業の証券会社だと、MRFやMMFに多額のお金を持っている顧客はセールスマンのターゲットになりやすい。ここで、肝心なのは、決してセールスマンの相手をしないことだ。この自信がない場合には、少し心配だ。この点、個人向け国債であれば、小さいとはいえ解約にペナルティが掛かるので、他の金融商品を購入したくなる誘惑を跳ね返すことが気分的に容易だろう。筆者のお勧めはネット証券のMRFを利用することになるのだが、ネット証券の場合、セールスに晒されるということはないが、いつでも投資できるお金がMRFの形で口座に貯まっていると、ついついいろいろなものを売る介してみたくなるかもしれない。それはそれで楽しい場合もあろうが、本書の趣旨から外れる。先にも述べたように、筆者は、現在、ネット証券に在職しているから、読者に対して、ネット証券の利用をお勧めしたいと思う利害を持っている。しかし、本書でおすすめしているETFの売買もネット証券が便利だし、売買に掛かる手数料も対面型の証券会社よりも断然安い場合が多いはずだ。書いていることに嘘はないつもりだが、読者は、用心深く個々の証券会社の条件を比較して自分で納得して取引して欲しい。痛くもない腹を探られるとくすぐったくて苦しいので、念のため、ご注意申し上げておく。 (P26)
金融機関やマネー誌のようなメディアは、金融商品の優劣にことさら注目させようとする傾向がある。たとえば、「全て!」がダメな毎月分配型の投資信託にも「お勧めのファンド」があったりして驚くこともあるが、率直に言って、同じような内容の商品に、より高い手数料を払わないということにだけ気を付けていれば、まずは十分だ。また、「TOPIX連動型上場投資信託」と「SMTグローバル株式インデックス・オープン」への投資比率は「大まかに半々」で結構だ。4対6から6対4の間に入っていればいいというくらいの大らかさで構えてもらっていい。 (P33)
銀行は、1998年に行われた通称「日本版ビッグバン」の規制緩和によって、窓口で投資信託の販売を行うようになったが、ETFはまだ扱っていない。加えて、銀行が店頭販売用にラインナップしている投資信託は、ほとんどが手数料の高いものだ。筆者は、個人のお金の運用に適していると判断できるものをほとんど見たことがない。読者は「投資信託は、決して銀行で買わない」と、決めておいて結構だと思う。ついでに「個人型年金保険」などと称することが多い変額保険も買わないと決めるといいだろう。銀行で購入してもいい商品は、ある程度の金額までの決済用の普通預金を除くと、せいぜい個人向け国債だけだ。この点、ネット証券の場合は、取引口座を開いて、売り買いする対象を自分で分かってさえいれば簡単だ。売買手数料や為替レートの実質的な手数料も、ほとんどの場合対面型の証券会社よりも大幅に安い。ただし、これらは、小さくないメリットなのだが、普通の人にとっては、たぶんそれ以上に、セールスマンと直接相対する必要がないということが、ネット証券を利用する最大のメリットだ。 (P34)
解約には、儲けの場合も、損の場合もあるが、それらはしょせん過去に起きたことの結果であり、現在の判断が重要なのだ。この点を心から納得できると素晴らしい! 現時点で売買可能な価格が投資の判断の前提なのであって、自分の過去の買値は判断に関係させない方が正しいのだが、これができない人が多いのが現実だ。とはいえ、多くの人が、保有している対象を自分の取得価格よりも安く売ることに対して心理的な抵抗感がある。2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンと共同研究者であるエイモス・トヴェルスキーが考案した「プロスペクト理論」(の一部)によると、投資家の買値から同幅で儲かったり、損したりする場合、精神に与えるインパクトは(プラスとマイナスの逆方向の違いはあるが)損の場合の方が、儲かる場合よりも二倍以上大きいという。つまり、投資家は、自分の買値よりも安いときに投資対象を売却するのが精神的には非常につらいのだ。その気持ちは分かる。しかし、この心理的な傾向は、個人の努力でぜひ「克服」して欲しい。お金はしょせん「手段」に過ぎない。加えて、個々の投資対象での損得を自分の価値に対する評価のように考えることは間違っている。お金は、あくまでも合理的に、セオリー通りに淡々と扱うのがいい。この点について深く納得できると、大げさにいうと人生観が変わる。お金に心まで縛られなくなるための、第一歩だ。行動指針を繰り返すと、株式や投資信託などは、当初の自分の買値よりも上昇していようが下落していようが、そのときの価格「だけ」に基づいて、自分の買値には、無関係に売却の可否を決定することが適切なのだ。仮に、自分の買値よりも値下がりした価格で投資信託を売るとしても、それまでは投資信託の期待リターンがリスクに見合う程度以上に高いと思っていたのだから、過去の意思決定自体は正しい。前提の判断が結果的に違っていただけだ。売却によって確定したたまたまの結果を「残念に思う」のは仕方ないが、「後悔する」のは無意味だ。なぜなら、過去に自分が持っていた情報と判断力では、これを改善することができなかったからだ。改善できないことについては、諦めてもいい。そう思って生きると人生は楽になるし、改善できることに集中する結果、パフォーマンスが向上することを期待できる。 (P36)
現在、日本の銀行は良い貸出先を十分見つけることができずに苦しんでいる。彼らの目下のビジネス上の基本方針は、お金持ちからは投資信託などの手数料収入を獲得し、貧乏人からは系列のカード会社や消費者金融会社も使って小さな借金による金利収入を稼ぐ、というものだ。クレジットカード機能付きのキャッシュカードなどが、初歩的な「罠」なのだ。多額でなくて借金の残高が維持されると金利が掛かるし、顧客が借金になじんだ金銭管理をしていると、やがてはもう少し大きな借金をするようになる可能性もある。 (P52)
普通預金と投資信託を合わせた「流動性の高い金融資産」は、保険会社に儲けられることなく、掛け捨てにもならない「無駄のない保険」だ。保険の全てを否定するわけではないが、民間の多くの保険、特に医療保険や年金保険は無駄であり、かつひどく不利だ。これらに振り向けるお金があれば、自分で管理して増やすことを考えたい。 (P53)
「リスクがあって、リターンが大きいかも知れない(!)投資対象」として紛らわしいのは、外国の金利と為替レートが絡む外国債券、外貨預金、FX取引(外国為替証拠金取引)といったものと、現物・先物を問わず、金などのコモデティ(商品)投資だ。~(中略)~ 結論を言うと、外国為替のリスクや商品取引のリスクは、賭けが当たった人の儲けを賭けが外れた人が支払うような「ゼロサムゲーム的なリスク」なので、長期的なリスクを負担することを通じて、リスクに見合う追加的な収益を得ようとする長期投資の対象には不適切だ。外国為替やコモデティ取引は、お金の運用対象ではなく、ゲーム対象だと考えるべきなのだ。お金を簡明かつ着実に増やすことが目的の人は、これらの対象について検討する必要はない。 (P55)
外国株式に対する投資では、外国にあって日本にない「ビジネス」に投資できるという大きなメリットがある。外国株式の投資でも為替リスクを取ることになるので、外国株式に加えて、外国の債券・預金で更に為替リスクを取ると為替リスクが過大になりやすい。言い換えると、為替リスクは、外国債券よりも外国株式に割り当てる方が得だということだ。また、外貨預金や外国債券に、いい投資対象商品がないということもこれらを除外した理由の一つだ。外貨預金の場合、為替の手数料が大きい。加えて、債権の場合、よほど大きな運用金額(少なくとも数十億円レベル)でないと分散投資ができないし、個別債権の投資判断は専門的で難しい。さらに、外国債券を証券会社を通じて小口(一億円以下は債権の世界では小口だ)で投資する場合、債券価格と為替レートの双方で証券会社に実質的な手数料を取引価格に含まれる形で取られることになる点も不利だ。上場されている株式やETFと違って、債権は大半が店頭取引なので、価格をごまかされやすい。はっきり言うと、対面営業の証券会社にとって、外国債券は、小金持ちから手数料を稼ぐ上での格好のツールになっている。外国債券で分散投資をしようと思うと、投資信託を通じて投資する手があるが、外国債券を組み入れた投資信託のほとんどは手数料が高く、たとえば債券投資なのに信託報酬だけで年率1%を超えるような「話にならない」レベルのものが多い。 (P62)
外国為替市場は、基本的に金利とセットでゼロサムゲームになっており、特別に有利な情報がない限り何らかの通貨・金利での運用が有利になるようにはできていない。外国為替市場は「世界最大のカジノ」だと理解し、投機だと割り切って楽しみとして参加すべきものだ。FXに関して、特に注意して欲しいのは高金利通貨(目下、円に対して外貨はみな高金利通貨だ)にレバレッジを掛けて買い持ちした際のスワップ・ポイントを利息と考え、差し入れた証拠金を元本に見立てて「安定した高利回りの運用だ」と勧める向きがあることだ。こうした運用は、円で借金して外貨預金を持っているのと意味的に同じであり、決して「安定した有利な運用」などではない。 (P64)
大まかに言って、すべての運用商品は、株式市場や債券市場、為替市場といった一般に存在する市場から素材(投資対象)を選んでパッケージングして、売り手が何らかの手数料を抜く形で、顧客に販売するものだ。基本的には、全て、素材に分解できる。加えて、市場から得られる収益を、投資家と売り手(運用会社と販売会社を総称して「売り手」と称する)が分ける構造になっている。ちなみに、この分け方は、売り手側が自分の取り分を先取りして、残ったリターン(収益)と、リスクの部分は丸々全部を顧客に押し付ける形のものが多い。さりとて、売り手の取り分が運用成績に連動する「成功報酬」ならいいかというと、成功報酬はそれを通常の固定報酬ベースに計算し直して評価すると結構大きいことが多く、しかも、運用者が成功報酬の権利を持っている場合には、運用者が運用のリスクを拡大しようとする効果がある。成功報酬型の手数料は顧客側にとって健全なものでも得なものでもない。運用商品の基本的な構造を考えると、同様の運用対象に投資する商品を比較する場合、売り手側の利益、すなわち実質的な手数料が小さなものを選ぶのが正解となる。これが商品評価の基本原理だ。 (P65)
運用商品は、曖昧さのほとんどない、明確な優劣が付くものなのだ。マネー誌などには、同一カテゴリーの投資信託(たとえば国内株式に投資するもの)が同時に複数紹介されたりしているが、あれは無意味だ。率直に言って、マネー誌は、運用会社から広告が入る可能性があるので、商品の優劣をはっきり提示できないのだろう。はっきり言って、世の中の金融商品の大半が(自信を持って9割以上が!)、検討にすら値しない「ダメな商品」なのだ。 (P67)
アクティブ・ファンドに投資するということは、相撲のタニマチのようなある種の道楽であり、少なくとも、会費が有料のファンクラブに入るようなものだということがわかる「大人の理解」をもって、運用に興味がある人が「遊び」として行うべきことだ。運用の素人や、自分は良いファンドを事前に選ぶことができると思っているような「子供(精神的な)」に、アクティブ・ファンドを勧めるのはいけないことだ。 (P71)
NISA投資の四原則:原則その一、NISA枠は最大限に使う。原則その二、NISAではリターンの高い資産の運用に利用する。原則その三、NISAではバランス良く分散投資した商品を選ぶ。原則その四、NISAは低コストで運用する。 (P88)
「NISAは、ご利用されないと、もったいないですよ。」というセールス・トークは、顧客の立場から見ても正しいアドバイスだ。 (P89)
NISAは、運用益に対する課税を免除する優遇措置だ。非課税のメリットを最大限に活かすためには、自分の運用資産全体の中で、リターンが高いと思うものをNISAの運用に割り当てるのが正しい。~中略~ 投資信託でいうと、通常は、株式の比率が高いファンドの方がリスクはあっても期待収益率が高い。バランス・ファンド(株式と債券の両方を含むファンド)よりも、株式100%のファンドを選ぶ方がいい。 (P89)
現在のNISAの制度設計では、売却してしまった資金を再投資して再び税制優遇の対象にすることができない。したがって、長期間持ち続けることが可能なものを投資対象に選ぶことが望ましい。 (P90)
NISAの場合は、長期で持ち続ける投資を行うべきなので、投資信託でいうと信託報酬に該当する継続的に掛かる手数料の大きな運用商品ははっきり損だ。この点は、利用者と金融機関で利害が対立するポイントだが、利用者の立場から考えると、株式投信でおアクティブ・ファンドは手数料が高過ぎてダメだし、個人年金保険も実質的な手数料が高いので避けた方がいい。NISAの口座は、運用商品に必要十分な選択肢があって、手数料コストが小さな金融機関で開くのがいい。 (P91)
NISAでの典型的な運用プランはどのようなものか? 内外の株式のインデックス・ファンドを組み合わせて買うのが、多くの場合いいだろうと筆者は考えている。本書にあってリスク資産への標準的な投資プランである、「TOPIX連動型上場投資信託」と「SMTグローバル株式インデックス・オープン」に50万円ずつ投資すればいい。二年目以降も同じでいいが、全体として50%、50%の比率になるように投資金額を調整するといい。特に、ETFは、証券会社でなければ扱っていないので注意したい。別法として、全世界の株式に広く投資して手数料が安いバンガード社の「バンガード・トータル・ワールドストックETF」(海外上場のETFだ。ティッカー・シンボルは「VT」)と、「TOPIX連動型上場投資信託」に6:4で投資するのでもいい。海外ETFへの投資に抵抗感のない人にはこの組み合わせが手数料的に得でかつスマートかもしれない。 (P93)
NISAの口座はどこに開くといいのか? 投資したいと思う運用商品があることが何といっても第一条件だ。次に、同じ投資商品なら手数料の安い金融期間であることが大事だ。NISAについては、証券会社ばかりでなく、メガバンク、地方銀行、信用金庫にゆうちょ銀行まで含む金融機関で顧客の争奪戦が既に始まっている。しかし、たとえば、銀行の多くについては、対象となる投資商品の取り扱いが少ないことと、取り扱う投資信託の手数料が高すぎることとの二点から、NISAには不適当だと断言できる。証券会社の中では、手数料面でネット証券が安い。対面営業の証券会社は手数料が高い傾向があるが、少々の手数料を払ってもこちらの方が安心だという方もいるだろう。筆者は、ノーロード(購入時手数料ゼロ)や信託報酬の安い投資信託の扱いが多いことと、内外のETFなど取扱商品が十分幅広いことからネット証券をお勧めしたいが、筆者はネット証券の社員でもあるので、信用するかどうかは、読者が決めて欲しい。いずれにせよ、NISAに向けて、個々の金融機関がどのような商品ラインナップを用意してくれるかに一番注目したい。自分が投資したい運用商品に投資できる金融機関に口座を開くべきだ。 (P94)
NISAには幅広く分散投資されたインデックス・ファンドのような資産を置いて、長期保有し、個別株はNISA以外の口座で投資するといった組み合わせがいいと思う。同じ理由で、特定の投資テーマに特化した投資信託などもNISAでの投資には向かない。 (P96)
NISA口座以外での運用とNISAの運用はどう関係するか? 両者は深く関係する。個人にとって問題なのは、「自分の運用額全体」の増減であり、それぞれの時点で運用資産が最適な状態にあるか否かだ。NISAには、運用計画全体の中で、①期待収益率が高くて、②固定的に長期保有しやすい、運用部分を割り当てるのがいい。NISAでの投資以外の資産運用の内容は人によって異なるだろうが、「NISAを自分の運用の一部分として位置付けて、自分の運用の全体が最適になるように運用を調整する」という考え方が最適な運用への道だ。 (P98)
「年金」とは、老後の備えとなる資金のことだが、制度としての年金の意義は、煎じ詰めると、(1)節税された資金運用手段、であること、(2)長生きへの保険、の二点だ。ただし、日本では後者を担うのはもっぱら公的年金で、確定拠出年金の加入者にとっての意味は、前者の「節税された資金運用手段」の方だ。 (P101)
確定拠出年金(=DC:Defined Contribution)は、加入者自身が資産運用の対象を選ぶ年金制度だ。企業単位のものと、個人単位のものがあるが、前者を中心に普及している。企業型の場合、厚生年金基金も確定給付年金もない場合、月額の掛金の上限は51,000円になる。各社の制度・規約によって、実際に利用できる額は変わるので、読者がお勤めの会社に企業型確定拠出年金がある場合は、規約を確認してみよう。一方、個人型の場合は、厚生年金に入っている場合で毎月23,000円まで、国民年金だけの場合は68,000円までを上限として、給与の中から、「税金を引かれる前に」積み立てることができ、運用期間中の収益に税金が掛からない。つまり、毎月の積立金に掛かる額だけ、当面の税金を圧縮することができるのだ。この得は、相当程度確実であり、小さくない。したがって、会社の制度にもよるが、確定拠出年金に回す金額を選ぶことができる場合、できるだけ大きな額を回すことをお勧めする。このおカネは、税金が掛かる前に自分の給与から差し引くことができるので、「税金の分だけ得をする」と考えられる。 (P102)
原則として60歳まで換金して受け取ることができないといった不自由はあるが、ある程度以上の安定した所得がある人の場合、確定拠出年金に加入すると、月々の掛け金が非課税になることのメリットだけで「確実な儲け」が計算できる。さらに、確定拠出年金は「ポータビリティー」(加入者が転職独立しても、不利なく、持ち運ぶことができる性質)であることも、大きなメリットだ。金融商品やサービスの中で、顧客に対して「確実に儲かります」と言い切ることができるものは少ない。これだけハッキリ得になる運用方法は他にないので使わないのはもったいない。 (P104)
確定拠出年金の運用の四原則:(1)自分の資金全体の運用計画を決めて、確定拠出年金にその一部を割り当てる。(2)割り当てにあたって考慮すべきは、二点。第一に「運用益非課税のメリットが生きる期待収益率の高いもの」 第二に「通常の運用商品よりも安い手数料で買える商品があればそのメリット」(3)一資産一商品でシンプルなものを選ぶ。(4)同じリスク内容ならコストの安いものを選ぶ。 (P105)
確定拠出年金の運用益非課税のメリットを最大限に活かすためには、自分が運用しているアセット・クラス(資産分類)の中で、最も税制上のメリットが大きな資産クラスを確定拠出年金に「割り当てる」ことがポイントだ。一つは、自分の運用資産の中で期待収益率が高く、したがって非課税のメリットが大きい資産の運用を確定拠出年金の資産に集中すべきだ。これは端的に言って、国内株式か海外株式だろう。もう一つの考慮要素は、確定拠出年金に用意された商品ラインナップの手数料だ。特に、外国株式のインデックス・ファンドに関しては、リテール向けに販売されている公募の投資信託よりも手数料(信託報酬)が安い商品が選ばれている場合がある。こうした場合は外国株式に対する投資を確定拠出年金で集中的に行うと得になる。 (P107)
ライフサイクル・ファンドとは、内外の株式と債券の両方に投資するバランス・ファンドの一種で、顧客の年齢やターゲットとする年限などに応じてアセット・アロケーション(資産配分)を変化させる。投資家がリスクタイプを自分で選ぶ形式のものもあるし、運用会社側がターゲットとなっている年限(通常はリタイアメントの年)に向かって、徐々にリスク資産の比率を落としていくような運用を行うことが一般的だ。「若いうちはリスクを取る運用ができる。高齢になると、リスクは取らずに、安定運用の比率を増やす方がいい」という通念(必ずしも正しくないが)を反映した商品設計だ。しかし、ライフサイクル・ファンドは確定拠出年金に適した商品だとはいえない。はっきり言うと、「明らかにベストではない」。端的に言って、株式と債券の両方を含むバランス・ファンドは確定拠出年金に不向きなのだ。税制上のメリットを最大限に活かしていないのだから、理由は明らかだ。 (P108)
「金融資産を1000万円持っていて、概ね半分をリスク資産に投資してもいいと思っている人がいるとする。この人は、確定拠出年金に資産が200万円あり、NISAの利用枠が100万円ある。この人は、特にリスク資産運用部分に関して、何に留意して、どのような運用をすればいいのかを600字以内で述べよ」 出題者自ら、解答例を書いてみる。「確定拠出年金、NISA共に運用益を非課税とする制度なので、自分の運用全体の中で期待リターンの高い資産を割り当てることが合理的だ。両者の使い分けを考える上では、一つには、確定拠出年金はスイッチングが可能で、NISAは資産を売却してしまうとその金額だけ非課税枠から外れることの差が重要だ。また、確定拠出年金では、一般のリテール向けに売られている商品よりも運用手数料の安い商品が運用選択肢の中に用意されている場合がある。加えて、運用全体を通じて、極力ローコストな運用対象を選ぶことが望ましい。NISAでは、できるだけ途中で売却したくならないような、分散投資が行き届いた運用対象がいい。一方、確定拠出年金では、しばしば外国株のインデックス・ファンドなどで、リテールにはない割安な手数料の商品が用意されていることがある。こうした場合には、NISAではTOPIX連動型のEYF(上場投資信託)を持ち、確定拠出年金では外国株のインデックス・ファンドを中心に持つのが、全体のリスクとして最適で、手数料コストが最小な運用になる可能性が大きい。両者の合計300万円では足りないリスク資産投資(200万円)部分は、通常の取引口座を使い自分で運用を考えたらよく、資産配分など運用計画の変更に伴う調整は、この口座で行うといい」(550字)確定拠出年金、NISAを全体の中の一部として割り当てて、全体を最適にするという考え方の中で丁寧に損得を考えることが解答のポイントだ。 (P115)
率直に言うと、銀行は、ETFを扱うことができない制約がある以上、投資家から見てNISA講座を開くにあたってベストな場所ではない。 (P117)
現状が、バブル的な状況に移行するか否かを判断する上では、まずは為替レートの動きに注目するといい。アベノミクスの中核は「インフレ目標+金融緩和政策」だと要約できるが、この政策の具体的な効果は、特に初期の段階では、円安の進行に大きく依存している。ただし、日本の金融緩和政策自体に円安をもたらす効果があるが、為替レートは日本の事情だけでは決まらないので注意が必要だ。円安が進むようであれば、景気の回復、資産価格の上昇、インフレ率の上昇、といった効果が徐々にもたらされるし、その過程で何らかのバブルが発生する可能性も十分ある。一方、少し気の早い話だが、政策の効果が十分に出てきた場合、次に注目しておくべきは「長期金利」だ。長期金利とは、10年満期の国債の利回りのことで、市場で決まる重要な「相場」の一つだ。将来、景気が回復して物価が徐々に上昇してくると、長期金利も上昇に転ずる局面が来ることが予想される。長期金利が上昇すると、設備投資や住宅ローンの金利も上昇するし、国家財政の負担も増すし、銀行が大量に抱えている国債の価格が下落する。(債券の利回りの上昇は、価格の下落を意味する)。これらは、いずれも経済にとって好ましいことではない。こうした状況になると、日本の金融緩和政策にも転機が訪れる可能性が大きい。長期金利は、本稿執筆時点で0.8%前後まで下がっている。これが上昇に転じて、2%を窺うような水準まで来たときには、政策の方向性が変わる公算が大きい。長期金利はよく見ておこう。 (P127)
どうしても不動産に投資したいなら、場合によってREITを検討するといいだろう。REITは証券取引所で株式のように売買されているので、いつでも比較的容易に換金できるし、手数料も株式同様程度しか掛からない。しかも、多くの物件に分散投資されているので個別の物件よりもリスクが小さい。中身を分析するには多少の専門知識が必要だが、不動産投資の一手段として覚えておきたい。「アベノミクス」に沸いているのは、株式市場だけではない。不動産市場もムードが変わってきている。確かに、今後「バブル」が再来してもおかしくない経済環境だ。しかし、慌ててローンを組んで住宅を買ったり、投資用のマンションなどを購入したりする不動産の「現物投資」はお勧めしない。不動産の値上がりがいつまで続くかは不確かだし、いったん市況が崩れると、売りにくくて負担となるからだ。不動産ブームに参加したい向きにはREITを無理のない金額で買うことをお勧めする。不動産は借金をしてまで買わない方がいい。REITは次の五点で現物投資よりも有利だ。(1)相手を見つけなくてもいつでも市場で売れる、(2)分割して売却可能である、(3)取引に仲介手数料や税金などが掛からない(株式並みの手数料が掛かるがネット証券を使うと安い)、(4)多くの不動産に分散投資されているので個別物件に投資するよりもリスクが小さい、(5)店子との交渉や管理の手間が掛からない、の五点だ。政府は景気対策としてあの手この手の優遇措置を講じて不動産を買わせようとしている。当面好環境だが、高値掴みのリスクも大きい。不動産とは「手離れ」のいい形でかかわる方が無難ではなかろうか。 (P178)
生命保険というものを一言で要約すると「損な賭け」だ。したがって、なるべく入らないのが鉄則だ。独身者が入る必要はないし、年間支出の二年分くらいの資産があればたいていの場合、入る必要はない。保険料に支払う分を貯金ないし投資する方が賢い。稼ぎ手である夫が亡くなっても、しばらくしたら妻子は新しい生活に馴染むだろう。しかし、いざという時に頼るべき親も親戚もいない若い貧乏夫婦に子供ができてしまったような場合、残された妻子が次の生活を軌道に乗せるまでには、それなりの備えが要る。「こうした時にだけ」生命保険は必要であり、ありがたい仕組みだ。それ以外の保険は、繰り返しになるが、医療保険なども含めて、基本的に不要だ。上記に該当するような場合、期間が10年かせいぜい20年、残される家族の数×1000万円くらいの死亡保険の定期保険に加入しよう。その間に、ある程度の備えを作ろう。 (P181)
民間の医療保険は不要だ。第一に、健康保険に入っていれば、保険診療の医療費自己負担分が高額になる場合、健康保険にある「高額療養制度」を使うと、毎月一定の額(所得によって異なるが最高ランクでも約9万円)を超えた額の医療費は、後から還付されるようになっている。つまり、ある月に手術と入院で自己負担として100万円掛かった場合でも、保険診療であれば、9万円以上のお金は自己負担しなくていい。少々の蓄えがあれば、医療費が払いきれない心配は案外ないのだ。がん保険も含めて、民間の保険会社の医療保険には入らなくていい。医療保険に興味のある方は、何はともあれ、ネットで検索するなりして「高額療養費制度」を調べてみて欲しい。多くの人が別途保険に入る必要がないことが分かるはずだ。第二に、民間の医療保険は、契約者にとってあまりに「損」だ。医療保険の原価は公開されていないが、専門家の推定によると、保険会社から医療費として支払われるのは、平均すると保険料の50%を下回っているようだ。五千円札を一万円で買うという以上の割の悪さだ(反論のある生保はデータを公開すべし)。これなら、民間生保の医療保険に入るよりも、保険料を払ったつもりで貯蓄しておく方が、遥かに効率的でかつ柔軟だ。それに、数日で換金できる形で持っている貯蓄や投資は、将来健康なら医療費以外にも使える。金融の商品やサービスでは、しばしば、将来のお金の使用目的を限定しようとするマーケティングが行われる。医療保険や学資保険などが、その例だ。これらは、受け取ったお金は、医療費や学資以外にも使えるのだが、お金を受け取ることができる状況を制限して、お金の自由度を制約している。ある程度の貯蓄があれば、無駄な保険に入らなくていいことをはじめとして、「お金の自由度」を十分に活かしたい。 (P183)
退職金の運用も一般の運用も何ら違いはない。退職金といってもお金はお金だ。有効に働かせる方がいいし、余計なリスクは取らない方がいいし、コストは少ないに越したことはない。 (P190)
お金というものの大きな長所として、基本的に使途が「自由」であることが挙げられる。自分のお金であれば、食費にしてもいいし、学費にしてもいいし、旅行などに使ってもいい。お金を稼いで、貯めて、願わくは増やして、それを何に使うかは、必要なときに後から決めたらいい。使い途が、病気など将来の不測の事態への備えという場合もあるだろうし、不幸な事態がなければ、今度は楽しい目的に振り向けることもできる。ところが、金融の商品やサービスでは、しばしば、将来のお金の使用目的を限定しようとするマーケティングが行われる。たとえば、医療保険や学資保険だ。これらは、受け取ったお金は、医療費や学資以外にも使えるのだが、お金を受け取ることができる状況を制限して、お金の自由度を制約している。 (P198)
株式投資で覚えるべきことが数多くあるが、具体的な事例を見ながら徐々に知識を増やすといい。最初に覚えるべきで、後々まで役に立つのは、「PER」だろう。PERは株価収益率とも呼ばれる株価の高・安を判断する尺度として最も有名なもので、「一株当たり利益」に対する株価の倍率だ。たとえば、年間の純利益が100億円で発行株式数が一億株の会社の一株当たり利益は100円だ。この会社の株価が千円ならPERは10倍であり、1500円なら15倍だ。PERは、より小さな倍率である方が、「利益に対して、株価が割安なのだから」、これから投資する上では好ましい。これが第一の原則だ。ただし、利益の成長率が大きいと予想できる会社の株価のPERは高くてもいい。これが第二の原則だ。投資家が会社に感じるリスクや人気などによってもPERは上下するが、まずは、二つの原則を念頭に置いて、様々な会社のPERを計算して比べてみよう。特に、同一業界の会社同士でPERを比べて、どうしてそのような差が付くのかを考えることが役に立つ。株式投資を理解するきっかけとしてお勧めだ。 (P207)
株式投資のための決算発表の見方にはコツがある。一言で言うと、「予想と予想を比べる」ということに集約される。株価は、あくまでも「将来の予想」に対して形成される。新しい予想が発表される前の株価は、その前の予想によって形成されているから、「新しい予想」とを比べるのが基本だ。三月期決算の会社なら、翌年三月の決算期の利益予想について、これまでの予想と、決算発表と共に発表された新しい予想と比べる。よくある間違いは、その年の三月期の「実績」と翌年三月期の予想とを比較して、増益率を評価することだ。市場は、既に終わった決算を見ているのではなく、主に現在進行中の決算期を見ている。 (P209)
臆病者のための株入門 (文春新書)
橘 玲 / 文藝春秋 (2006-04-01) / 810円650 users
購入:  2015年10月13日 810円 所有
読了:  2015年11月29日 星5つ
日本のネット証券は仁義なき手数料の引き下げ競争に突入し、もはやふつうに商売をしていては利益を出せなくなってしまった。1回あたりの儲けが少ない以上、薄利多売で稼ぐしかない。デイトレーダーの数が増えつづけることが、ビジネスの前提になっているのだ。 (P75)
効率的であるはずの市場で、特定のプレイヤーに明らかに有利な状況が生まれることをアノマリー(異常現象)という。勝ちつづけるトレーダーは、将来の株価を占う魔法を使っているのではなくて、統計的に有意な確率で勝てる機会を見つける術を知っているのである。経済学においてこうしたアノマリーを研究するのが行動ファイナンス理論で、2002年のノーベル経済学賞がその研究者に与えられたことから一躍有名になった。たとえば過去50年間のアメリカ市場のデータを調べると、年末から1月にかけて株価が上昇する顕著な傾向が見られる。ボーナス時期に年金ファンドに大量の資金が流れ込むことと、含み損のある株を節税のために売却した投資家が、年が明けてから買い戻すためだといわれている。1ヶ月の株価を見ると、月はじめと半ばの上昇率が高い。アメリカでは給料を2週間にいちど支払う会社が多く、年金ファンドへの積立資金が株価を押し上げている可能性がある。1週間のデータでは、1980年代までは明らかに、株価は週末に上昇し、月曜に大きく下落していた。それが90年代になると、理由はよくわからないものの、月曜日の株価上昇率がもっとも高くなった。1日の動きでは、午前の寄付きと、午後の終了間際に株価が上昇する確率が明らかに高い。このように行動ファイナンス理論では、人間の心理や制度上の理由(税制や給料日など)で株式市場は微妙に偏向していると考える。そうした機会を有効に利用できるならば、長期にわたって5割以上の勝率を維持することもけっして不可能ではない。伝説的なトレーダーたちは、マーケットに隠された歪みを日々のトレードのなかで発見していったのである。 (P79)
株式というのは、会社(船)の所有権をバラ売りしたものである。だからこの権利には、大きな特典がついている。会社がつぶれても、船が嵐で難破しても、どのような不測の事態が起きたとしても株主は出資額以上のお金を弁済する必要はないのだ。この「有限責任」の約束があるから、みんな安心して株を買える。なにしろ、損は限られているが利益は(理屈のうえでは)無限大、というおいしい話なのだ。こうして、アイデアと野心しかない無一文の若者でも、事業のための資金を集め、市場という大海原に乗り出していくことが可能になった。たとえ失敗しても、損は株主が背負ってくれる。株式市場とは、損を薄く広く分散させるためのシステムなのだ。 (P96)
株式会社というと「有限責任」が強調されるけど、いちばんのポイントは、損を限定することでみんなを冒険的にすることなのだ。こうして大航海時代の船乗りたちは、七つの海をまたにかけ、だれも見たことのない「新大陸」を目指した。この冒険を、経済学では「イノベーション」という。株式会社=資本主義は、ひとびとをイノベーションに駆り立てる仕組みだからこそ、わずか四百年のあいだに科学技術を急速に発展させ、人類の経済規模を爆発的に拡大させたのだ。 (P97)
民主主義は、資産の多寡にかかわらず人間は平等である、という建前で成立している。一方資本主義は、たくさん株を持っている奴がいちばんえらい、というルールで動いている。「市場と国家の対立」ということがよくいわれるけど、これはどっちが正しいという話ではない。資本主義とは、だれがもっとも効率的にお金を稼いだかを競うゲームである。だから、ここに別の規則の体系を持ち込むと話がこんがらがってしまう。「1株株主だって平等な人間なんだから、株主総会でビル・ゲイツと同じ権利を持つべきだ」とか。これでは文句ばかり多くて、マトモな経営は不可能だ。企業に「社会貢献」を求めるのも同じことだ。株式会社とは金儲けを唯一の目的とした組織で、その社会的責任はできるだけ多くの利益をあげ、決められた税金を納めること以外にない。そのほかのことは、ボランティア団体とかNGOとかがやればいいのである。それに対して民主主義は、ひとびとの生活すべてにかかわるルールを決めるから、人種や宗教、資産の有無で個人の価値を計ることは許されない。だから、ビル・ゲイツはホームレスよりもずっと大きなちからをもっているけど、人間として彼らは対等だし、それで正しいのである。 (P99)
株価はどのように決まるのだろうか? じつはこの問いには、ただひとつの正解がある。株式投資についてどのような理論を信奉しているひとも、この一点では意見が一致しているという究極のこたえだ。最初に、その正解を披露しよう。株式の価値は、その会社が将来にわたって生み出すすべての利益を現在価値に換算したものである。これは、ものすごい定義である。あの複雑きわまりない株の世界を、たった一行で説明してしまったのだから。とはいえ、いったいどこがすごいのだろうか。あなたがある会社の株を100%持っていたとすると、その会社の儲けは未来永劫あなたのものだ。だって、あなたの所有物なのだから。(1)株式とは企業の所有権である。(2)企業は、存続する限り利益を生み続ける(赤字の年もある)。(3)したがって、株式の価値は、将来にわたって企業が生み出す利益の総額のことである。ここまではとてもわかりやすい。とすると、ポイントは「現在価値」ということになる。いま目の前にある100万円と、遠い将来の100万円では価値がちがう。このことは、だれでも直感的に理解できるだろう。100年先に大金をもらう約束をしたとしても、その頃には死んでいるのだから、1億円だろうが10億円だろうがなんの価値もない。このように、お金の価値は未来になるほど小さくなっていく。このことから、株式の価値を計算するのに、現在の利益と将来の利益を単純に足し算しただけではうまくいかないことがわかる。正確な価値を知るためには、現在のお金は大きく、将来のお金は小さく、調整してやらなければならない。この比率を「割引率」という。もういちど株価の法則を見てほしい。それは、次のふたつの定義を合成したものだった。(1)株式の価値は、企業が将来にわたって生み出す利益の総額である。(2)その利益は、一定の割引率によって現在価値に換算されなくてはならない。ということは、株式の価値を知るために必要な情報は、たったふたつしかない。将来の利益と割引率である。これがわかると「ファイナンス論」の半分は理解できたことになる。 (P104)
「金融商品」というとなにやら高尚そうに聞こえるが、つきつめれば株と債権のふたつしかない。バランスシート(貸借対照表)は企業の財務内容を「資産」と資金調達(ファイナンス)」で図示するすぐれた方法である。資金調達とはようするに金集めのことなのだが、それはさらに「負債」と「資本」に分けられる。会社というのは、負債と資本で事業に必要な資金を調達し、それを資産という箱に投入して利益を吐き出すオモチャみたいなものだ。このとき負債でファイナンスするのが債権、資本を使うと株式になる。 (P106)
現在価値は、割引率が高いほど安くなり、割引率が低いほど高くなる。これがあらゆる金融商品の価値を決める最重要ポイントなので、ちゃんと頭に叩き込んでおいてほしい。 (P108)
バフェットの投資法を簡単にいうと、財務諸表などから企業の本質的な価値(理論価値)を推定し、現在の株価がその理論価値よりもはるかに安ければ大量に保有し、市場が自らの過ちに気づいて株価が上がるのを待つ、というものである。これは一般に長期投資と呼ばれるが、バフェットはそのなかでも個別株への集中投資を身上としており、保有銘柄は多いときでも10社を超えることはない。 (P115)
竹田(和平)の投資法も、バフェットと同じでひじょうにシンプルだ。会社四季報を見ながら、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの基本的な指標を参考に、会社の適正な価値に比べて割安に放置されている銘柄を探すだけという。もちろん証券マンのアドバイスを聞くこともなければ、アナリストのレポートも見ない。竹田がもっとも重視するのは、財務内容のなかでも株主資本比率と配当性向・配当利回りである。利益のなかから毎年株主にきちんと配当を支払い、そのうえで株主資本(資本金)を積み上げていく“まっとうな会社”以外は相手にしないのだ。そして、いったん気に入って保有した銘柄は、経営方針が変わらないかぎり永久に売らない。この究極の長期投資を彼は「旦那道」と呼んでいる。 (P117)
竹田和平のこの投資法は、知的かつ合理的なバフェットに比べるとかなりウェットである。竹田は、配当とは経営者から株主への感謝の表現であり、最低限の礼節すらわきまえない会社に投資価値はないと考えている(したがって配当を受け取ると、毎回、経営者に自筆の感謝状を送るのだという)。とはいえ、両者の投資法に共通するところは多い、ふたりとも企業の本質的な価値を見極め、割安な銘柄に投資し、長期保有によって大きな富を生み出したのである。こうした手法を、一般にファンダメンタルズ投資と呼ぶ。 (P118)
テクニカル投資の大原則は、「すべての情報はチャートに埋め込まれている」というものだ。その瞬間に成立した価格こそがすべてであり、それ以外に“本質的な価格”など有り得ない。それに対してファンダメンタルズ派は、企業には固有の本質的な価値(ファンダメンタルズ)があり、そこから合理的な方法で適正な株価(理論株価)を導き出すことができると考える。実在論と唯名論の対立は西欧哲学の根幹をなす大問題で、それは20世紀末のポストモダン論争まで引き継がれいまだに決着を見ないが、同様に株式投資の世界でも、ファンダメンタルズ派とテクニカル派のいつ果てるともしれない論争がつづいている。ファンダメンタルズ派の主張するように企業の本質的価値を定義することは可能で、それは「企業が将来にわたって生み出すすべての利益を現在価値に換算したもの」であった。ここには一点の曇りもない。株式会社は金儲けのための道具であり、株式はその所有権をバラ売りしたものなのだから、株式の価値は会社の利益からしか生じない。それ以外の要素が介在する余地がないという意味で、この定義は完璧なのである。 (P119)
リスクというのは、たとえていえば波のようなものだ。まったく同じ強さの波が逆方向からぶつかれば、双方のちからが打ち消しあって水面は静かになってしまう。同様に、完全に正反対の動きをする株を保有すれば、株価の変動に伴う損失はなくなる。この場合でも期待リターンは消えないから、リスクゼロで儲かるという夢のような世界が実現できる(数学的にいうと、「分散」と「傾き」は別のものだからだ)。これはちょっと非現実的だとしても、すこしでも動きのちがう株を持てば、リスクのもつ相殺効果によって、損する可能性だけを減らすことができる。このようにして、古くから知られていた「分散投資」の効用を数学的に証明したことが、マーコウィッツ青年の大発見であった。 (P148)
リスクをとりたくない投資家は、ローリスクの株式ポートフォリオではなく、全資産を国債(あるいは預貯金)で運用するはずだ。大きなリターン(=大きなリスク)を目指す投資家は、全資産を株式ポートフォリオで保有するにちがいない。ということは、無リスク資産(国債)と株式ポートフォリオを組み合わせることで、だれにとっても最適な資産の組み合わせを決定することができる。これが「効率的ポートフォリオ」だ。トービンによれば、合理的な投資家は次のような行動を取る。(1)ローリスク・ローリターンの投資家:全資産を国債(無リスク資産)で保有する。(2)ミドルリスク・ミドルリターンの投資家:国債と株式ポートフォリオの組み合わせを保有する。(3)ハイリスク・ハイリターンの投資家:全資産を株式ポートフォリオで保有する。(4)超ハイリスク・超ハイリターンの投資家:借り入れ(借金)をして株式ポートフォリオに投資する。これは資産運用におけるコペルニクス的転換であった。投資家のすべきことは、あれこれの銘柄を組み合わせることではなく、各自のリスク許容度に合わせて国債(預貯金)と株式ポートフォリオの割合を決めることなのだ。トービンの理論は、ながらくウォール街で黙殺されてきた。なぜならそれは、顧客ごとにオーダーメイドのポートフォリオを提案する伝統的な投資コンサルタントの仕事に廃業を迫るものであったからだ。 (P150)
毎日の株式市場を見ているとわかるが、個別銘柄の株価は市場全体の動きに大きく影響されている。日経平均が上がれば個々の株価も上昇することが多く、逆に平均株価が暴落すると、ここの銘柄もそれにつられて値下がりする。だがよく観察してみると、銘柄によってその動き方は異なる。たとえばIT銘柄などは、平均株価の動きに過敏に反応して大きく株価を動かす。一方電力株は、平均株価とは関係なく安定した値動きをすることが多い。株式インデックスに対するこの感応度を、シャープは「ベータ」と名づけた。シャープの理論をものすごく簡単に要約すると、次のようになる。ある株の値動きというのは、①その銘柄に固有の動き(アルファ)、②市場の動きに感応する動き(ベータ)、③予測不可能なイベント、の3つに分かれる。複数の銘柄を持つということは③の非市場リスク、つまり統計上の予測不可能性を消し去ることだ。そうなると、ポートフォリオの値動きは①銘柄ごとの動き(アルファ)と②市場感応度(ベータ)のふたつの要素で決まることになる。この際、アルファの値は一定だから(数学的にはx軸の切片にあたるからだが、細かな説明は省略)、ポートフォリオのリターンは最終的にはベータの大きさで決定される。これが、ファイナンスの世界を席卷した「ベータ革命」である。CAPM理論のすごいところは、ランダムに動く株式の期待収益率を、アルファとベータのわずかふたつの組み合わせに還元してしまったことだ。そればかりでなく、シャープはここからだれもが仰天する結論を導き出した。「CAPM理論が正しければ、世の中に効率的ポートフォリオはたったひとつしかない。それは株式市場の縮小コピーである」 ファイナンス理論が最終的に行き着いた場所はここであった。 (P152)
TOPIXのような平均株価に連動して値動きするファンドをインデックスファンドという。これは、株式市場に存在するすべての銘柄を時価総額に応じて保有するもので、まさに市場を縮小コピーしたものだ。こうした紆余曲折を経て、数多くのノーベル賞学者を輩出したファイナンス理論の頂点に君臨する「経済学的にもっとも正しい投資法」が完成した。それはサンダルをつっかけて近所の証券会社に出かけ、「すみません。インデックスファンド10万円分ください」と注文することなのである。 (P155)
「経済学的にもっとも正しい投資法」のいちばんすごいところは、小学生だってできることだ。いまは子どもでも証券会社に口座開設できるから、お年玉でインデックスファンドを買えばいいだけだ(1万円から投資できる)。そのうえ、理論そのものを理解する必要もない。「ノーベル賞を取るような超一流の経済学者がそろって同じことをいってるんでしょ。正しいに決まってるじゃん」 (P156)
株式会社とは、金融市場から事業資金を集め、社員を雇い、土地や工場、機械などの資本財を購入し、原材料を仕入れ、アイデアや研究開発力、ブランドなどを駆使して、投入した資金よりも多くの富を生み出す「装置」のことだ。それはどこか、魔法の貯金箱に似ている。豚の背中から100円入れれば、口から120円が吐き出される。でもときどき壊れて、入れたお金が戻ってこない・・・・・。もしこの装置が正しく作動しているのなら、富は福利のちからで大きくなっていく。当たりくじの本数が増えていくこの状態を、「期待リターンがプラス」という(長期的には株価は右肩上がりになる)。しかし逆に、貯金箱のどこかに問題があって、投入した資金よりもすこししか戻ってこないと(期待リターンがマイナスだと)、お金は急激に失われていく。このように、長期投資が大きな富を生むのは期待リターンがプラスのときだけなのだ。「株は長期で持てば必ず上がる」というひとがいるが、経営者が無能で、市場から調達した資金を減らすだけなら、富は失われていく。同様に、石炭産業のような構造的に衰退する業種に投資したらならば、時間とともに損失は拡大していくだろう。いずれも期待リターンがマイナスだからだ。この場合、長期投資のリスクの大きさが負の効果となって現れ、資産を加速度的に減らしていく。 (P165)
資本主義は自己増殖するシステムである。日々の経済活動のなかで差異を見つけ、それを富に変え、そこからまた差異が生まれ・・・・・。資源問題や環境問題など外的な制約がなければ、理論的には、この運動は無限につづく。だったら、「市場ポートフォリオ」への投資とは、グローバルな市場そのものに投資するということではないだろうか。 (P166)
株式市場で富を創造するには、次の3つの代表的な方法がある。1.トレーディング(デイトレードを含む) 2.個別株長期投資(バフェット流投資法) 3.インデックスファンド(経済学的にもっとも正しい投資法) なぜこれらの方法が有効かというと、株式投資が次のようなゲームだからだ。1.株式投資は確率のゲームである(「ぜったい儲かる方法」はぜったいにない)。2.株式市場はおおむね効率的であるが、わずかな歪みが生じている(その歪みは、有能な投資家によってすぐに発見され、消滅してしまう)。3.資本主義は自己増殖のシステムなので、長期的には市場は拡大し、株価は上昇する(それがいつになるかはわからないが)。ここから、株式投資に「勝つ」合理的な方法はふたつしかないことがわかる。市場の歪みを利用するか、長期投資で樹から果実が落ちるのを待つか。どちらが優れているということはなく、いずれの投資法も資本主義の本質から生まれたものだ。短期のトレーディングは、市場の歪みから富を生み出す手法だ。長期投資の効用ははたらかないから、必然的に、大儲けするプレイヤーがいる一方で7割以上が資金のすべてを失って退場していく弱肉強食のゼロサムゲームになる。インデックスファンドは、長期的な市場の拡大から富を創造する手法だ。市場の歪みは利用できないから、平均以上の運用成績をあげることは原理的に不可能である(そのかわり市場平均を下回ることもない)。ウォーレン・バフェット流の割安株への長期投資は、市場の歪みを利用し、なおかつ長期にわたる市場の拡大をも援用して、より大きな富を生み出そうとする。バフェットのような資本主義の原理に忠実な投資家が、市場平均を上回る莫大な資産を築くのは、ある意味で当然なのだ。 (P167)
自分自身に投資家としての適性があるかどうかを、簡単な方法で知ることができる。宝くじを買って億万長者になろうと夢見ていたり、競馬や競輪で生活しようと考えているのであれば投資はやめたほうがいい(ゲームとして楽しむのならこのかぎりではない)。投資用にワンルームマンションを買っている人もかなりあぶない(高額所得者が税金対策と割り切るなら別)。こういうひとはギャンブルでいちばん大事な期待値の計算ができていないからだ。外貨預金をするひとは、投資についてある程度知識があるかもしれないが、やはりコスト意識が欠落している。外貨投資のなかで、外貨預金はもっともコストの高い手段である。もしもあなたが経済合理的な投資家であれば、証券会社の外貨MMFか外為証拠金取引(為替FX)を使うだろう。貴金属店で金地金を購入し、貸金庫を借りて保管するひとも同様で、商品先物会社で金の先物を売買したほうが効果は同じでずっとコストが安い。ギャンブル研究の第一人者である谷岡一郎によれば、日本の宝くじの期待値が46.4%、競馬などの公営競技が75%なのに対し、ラスベガスのルーレットは約95%、、パチンコは約97%、バカラやクラップスになると期待値は99%から最大で99.9%まで上がる(谷岡一郎『ツキの法則』<PHP研究所>)。ハイローラーと呼ばれる、いちどの勝負に大金を投じる筋金入りのギャンブラー(ギャンブル中毒者)がバカラを好む理由は、そのゲーム性ではなく期待値の高さにある。勝率を正しく計算できなければ、ギャンブラーは生き残っていけない。同様に、投資コストに鈍感な投資家はいずれ市場から退出していくことになる。コストは期待値を下げるだけで、なにも生み出さないからだ。外貨MMFは外貨預金とほぼ同じ商品で、為替手数料が約半分(金利も若干高い)。外国籍の契約型投資信託なので売却益が非課税で、2008年3月末までは分配金に対する課税が10%に軽減されている(それ以降は預貯金のりしと同じ20%)。為替証拠金取引は両替手数料が5~10銭と安いが、売買単位は1万ドルがふつう。売却益・金利(スワップ金利)ともに雑所得として課税されるので、所得税率の高いひとは不利になる。どちらが効率的かはケースバイケースだが、いずれにせよ外貨預金よりはるかにマシ。先物取引に偏見を持っているひとが多いが(これまで業界がやってきたことを考えればそれも当然だ)、投資のためのツールと考えれば、株価先物、為替先物、商品先物などは、機関投資家並みのコストで市場にアクセスできるすぐれた特性を持っている。それを上手に利用できるかどうかは本人次第だ(先物の仕組みが理解できないうちは手をださないほうがいい)。 (P172)
保険会社が販売する不幸の宝くじは、わずかな賭け金で大きな賞金が支払われるかわりに、ほとんどのひとが外れを引く特殊な商品である。その特性を有効に活用できるひとはそれほど多くない。少なくとも独身者や子どものいない夫婦、高齢者や十分な資産のあるひとにとっては死亡時の保険金になんの意味もなく、掛け金を無駄にするだけだ。その事実が広く知られるようになると、保険商品は急速に複雑になってきた。その代表が、生命保険に投資信託を組み合わせた変額保険である。そもそも保険(不幸の宝くじを買うこと)と投資(金融市場のリスクに賭けること)はまったく別のもので、このふたつを組み合わせることに経済合理的な理由はない。たとえていうならば、ダイコンとエンピツをセットで販売するようなものだ。ところが保険会社は、投資商品よりも保険のほうが税制上有利な扱いを受けていることを盾に、この奇妙なセット商品を買わせようとする。もちろん、それによって顧客が制度上のメリットを享受できるなら問題はない。だが実際には、利用価値があるのは相続税対策に使える一部の富裕層だけで、それ以外の顧客は意味のない保険に半強制的に加入させられ、そのうえ割高なコストを請求される。保険は、人生のリスクを管理するのにきわめて有用な金融商品である。だが私は、「愛情」と称して偽善を売るようなひとたちと好んでつきあいたいとは思わない。申し訳ないけど。 (P189)
古くから預金(債権)・株式・不動産への「資産三分法」が繰り返し説かれてきたが、ファイナンス理論でも、個別銘柄の選択のような「戦術」的問題より、資産全体をどのように分配するかの「戦略」的思考のほうが運用成績に大きな影響を与えることが明らかにされている。資産運用の成否の8割は「アセットアロケーション(資産配分)」で決まるのだ。 (P194)
自社株への投資は人的資本と同じリスクを株式市場でもとることだから、あまりお勧めできない。旧山一證券の社員の多くは持株会に加入しており、職と資産を一挙に失った。リスクを分散するためには、自分の仕事とは異なる業種に投資するべきだ。 (P198)
確定拠出年金に使われる海外株式インデックスファンドは、日本市場以外の世界の株式に投資するものだ。世界市場における日本株の時価総額は約15%だから、国内株式15%、海外株式85%の割合で資産配分することで、だれでも簡単に世界市場に投資できる。このように資産運用の手段にさまざまな制約がある確定拠出年金では、ほとんど一本道で「すべてのひとに最適な投資法」にたどり着く。これがぜったい正しいとはいわないが、少なくとも第一選択肢(それも圧倒的に有力な選択肢)になるはずだ。 (P205)
米国株式市場の時価総額は世界市場の半分を占めるから、アメリカの個人投資家は資産の5割を海外市場に投資することで世界市場ポートフォリオを保有できる。同様に、日本の個人投資家が世界市場に最適投資をするためには、金融資産の85%を外貨建てで運用しなければならない。 (P210)
ここで、株式投資の代表的な手法のメリットとデメリットをまとめておこう。1.トレーディング(デイトレードを含む)メリット:ゲーム性が高く、いちどハマるとやみつきになる。デメリット:ゼロサムゲームなので、初心者の大半は敗退していく。2.個別株長期投資(バフェット流投資法)メリット:資本主義の原理に忠実なので、もっとも大きな利益が期待できる。デメリット:企業調査に時間と努力が必要。3.インデックス投資(経済学的にもっとも正しい投資法)メリット:あまりにも簡単で考える必要すらない。デメリット:平均的にしか儲からない。 (P211)
自営業者でもサラリーマンでも、あなたが投資以外に別の仕事をしていて、余裕資金を株式市場で運用しようと考えているならば世界市場ポートフォリオを勧めたい。目の覚めるような運用成績は期待できないが、面倒なことはなにひとつ考えなくていい。それによって生まれた時間は、仕事であれ趣味であれ、もっと有効なことに使えばいい。「トーシロ投資法」では、この3つの手法のメリットとデメリットを組み合わせて自分なりに楽しむことを提案したい。少額の資金をアグレッシブに投資するなら、先物や信用取引でレバレッジをかけてみたい。日本のバフェットを目指して、選び抜いた少数の銘柄を長期で保有するのもいいだろう。このように、本人のやる気や資金額によって投資手法はさまざまなのだが、もしもあなたが初心者で、これから株式市場を体験するのなら、リスクのとれる金融資産の8割を世界市場ポートフォリオに投資し、残りの2割をトレーディングや個別株投資に割り当てるくらいが基本になるだろう。資産運用の基本設計は債権がベースになる。2006年2月現在で日本国債(10年債)の年利回りは1.5%だから、100万円を投資すれば10年後に約116万円になる。米国債(同)の年利回りは4.7%で、1万ドルが10年で約1万6000ドルに増える。これで資産運用のゴールに到達できるなら、国債はもっともリスクの低い投資商品だから、全資産を日本国債か米国債(あるいはその組み合わせ)で運用すればいい。それ以上の利回りを目指すのであれば。株式市場でリスクをとる以外にない。株式と債権の保有比率はアセットアロケーションの第一歩だが、そこに正解はない。人生と同じく、投資のゴールも自分で決めるしかない。 (P213)
世界市場ポートフォリオに投資するにあたっては、MSCIワールド・インデックスに直接連動するファンドがないため、先に述べたように、日本市場を除いたMSCIコクサイ・インデックスとTOPIXを85対15の割合で組み合わせることになる。ただし国内のインデックスファンドは信託報酬が年1%程度と割高で、それが利益の圧迫要因になる。投資コストをより低くするならば、アメリカ市場のETF(上場型投信)を活用したい。この場合は、S&P500インデックスに連動するスパーダーズ(SPY)と、米国以外の主要マーケットのインデックスであるEAFE(EFA)を50対50で組み合わせることで、世界の主要企業に分散投資できる。これなら経費率は年0.1~0.3%で、一般的なインデックスファンドよりずっと有利だ。 (P221)

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ (8)
3 投資
3 経済
3 マネー
2 新書
2 お金
2 金融
1 株式投資
1 橘玲
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ