ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
タグ ジェリー・ミンチントン カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 倫理学・道徳 登録日:2013年06月05日 16時01分57秒 2013/06/05
購入:  2013年06月05日 1,050円 所有
読了:  2013年06月08日 星4つ
・人生がうまくいっている人の特徴は「自尊心」が高いことだと著者はいう。自尊心とは、自分を大切にしようとする心だ。自尊心のある人は常に自信に満ちあふれ、失敗や間違いを犯しても、それを前向きにとらえて次のステップの土台にする心の余裕がある。人生のほとんどすべての局面に自尊心は大きな影響を与えることになる。〔帯より〕
(8)自分の気持ちに責任を持つ・・・自分の人生でいちばん幸せだった日のことを思い出してみよう。〜中略〜 そのときの気分をもう一度体験してみるのだ。この練習を日常的におこなえば、あなたは幸せになりたい時に幸せになれて、毎日をより幸せな気分で過ごせるだろう。→いつでも幸せな気分になれる。
(11)相手にどう思われているかを心配しない →自分が相手に与える印象を気にしないほうが、いい印象を与えられる。
(22)自分を他人と比較しない・・・自分を他人と比較するのはどんな場合も好ましくない。なぜなら、あなたはこの地球上に住む他のすべての人と同様、独自の長所、短所、才能、能力を持つ個性的な存在だからだ。環境や人生経験、ものの見方・考え方が組み合わさってあなたは他のだれとも違うユニークな存在になっている。これはいい・悪いの問題ではなく、事実である。 →自分は個性的な存在だ。だから他人と比較しても意味がない。
(28)まず、自分をほめる →自分で自分を高く評価するのがいちばんだ。
(34)自分の考えを大切にする →自分の考えも他人の考えと同じくらい重要だ。
(40)自分のミスはすべて許す →わざと犯したわけではないのだから、自分のミスはすべて許す。それが賢明な生き方だ。
(53)今、幸せだと気づいている →幸せになるのを未来まで待つ必要はない。今、すでに幸せなのだ。
(62)現在に意識を向ける →過去や未来の楽しみにふけるより、現在の幸せを感じるほうを選ぶ。
(63)人との出会いを楽しむ・・・内気な性格を克服するには次の三つの対策が役に立つ。※自尊心を高める。自分に自信を持てば、相手が認めてくれないことを恐れる気持ちは消える。※相手の緊張をほぐす。あなたより相手のほうが恐れている可能性もある。落ち着いているように見える人は、演技がうまいだけかもしれない。※自分のことを気にしすぎない。相手にどう思われるかよりも、自分が相手のことをどう思うかを自問しよう。 →自分のことばかり考えなければ、愉快な人と楽しいひとときを過ごすことができる。
(66)ものおじせずに、質問する・・・ものおじせずに質問しよう。学校の授業や会社の研修などで、多くの人は無知だと思われるのを恐れて質問しようとしない。しかし、わからないときに謙虚な姿勢で質問をすると、どういうことが起こるだろうか? 学校なら学校の成績が伸びるし、社会人なら仕事の技術が向上する。さらに、ほとんどの人と幸せな人間関係を築くことも可能になる。そう考えれば、質問しないほうがむしろ愚かだと思えてくるはずだ。→質問するのは決して恥ずかしいことではない。
(77)自分に優しくする →たとえ結果がよくなくても、その時点では最善の決定をしたのだ。
(94)自分を飾らない・・・自分らしく振る舞うことについて、心に銘記すべきことは次のふたつだ。※誰にも迷惑をかけないかぎり、自分らしく振る舞えばいい。※居心地が悪く感じるなら、自分らしく振る舞っていない。→誰にも迷惑をかけないかぎり、自分らしく振る舞えばいい。

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ
-
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ