ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 1件目 / 1件
ダメなときほど「言葉」を磨こう (集英社新書)
萩本 欽一 /集英社 (2017-06-16) / 756円8 users
購入:  2017年10月01日 756円 所有
読了:  2017年10月04日 星3つ
どん底のときには大きな運がたまり、反対に、絶頂のときには不運の種がまかれている (P3)
貧しさって、いい言葉を探す絶好のチャンスなのかもしれません。貧しいことは確かに辛いですが、それよりもっと辛いのは言葉まで貧しくなることです。 (P48)
成功したことを喜んでいる時間が長い人はプロじゃないと思います。さっさとやめて、また何かに向かっていくのがいい。喜ぶ時間が長い人は、自分に酔っている。プロは、自分に酔っている時間が短いか、ほとんどない人ではないかと思います。
反対に負けたとき、多くの人はくよくよしています。その時間がまた長い、プロはその時間も短いんです。 (P90)
僕自身は仕事が面白くなってきたら、その仕事はあっさり辞めることにしています。面白いままそれを続けていると運が減っていくので、次の仕事を見つけて、また「つまらない」から始めます。つまらないことを面白くする。結局、仕事はその過程が一番面白いのではないかと思っています。 (P97)
開き直りは、生き抜くためにすごく必要。失敗も叱責も気にせず一つのことを続けていると、だんだんその仕事が好きになり、好きになると一気にうまくできるようになる。なにごともそういう仕組みになっているみたいです。 (P99)
自分の利益ばかり考えると、相手を非難したくなってしまいます。それは逆効果。第一、お互い、気分もよくない。戦うときはまず褒めよと言ったけど、褒めると態度が優しくなりますから。いい言葉には、自然といい言葉が返ってくる。結果はおまけみたいなもので、最初から期待しないこと。 (P114)

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ
-
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ