ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 10件目 / 17件
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
河合 雅司 /講談社 (2017-06-14) / 821円254 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 登録日:2017年08月26日 17時13分19秒 2017/08/26
購入:  2017年08月26日 821円 所有
読了:  2017年09月05日 星4つ
日本の喫緊の課題を改めて整理するなら4点に分けられる。1つは、言うまでもなく出生数の減少だ。2つ目は高齢者の激増。3つ目は勤労世代(20~64歳)の激減に伴う社会の支え手の不足。そして4つ目は、これらが互いに絡み合って起こる人口減少である。まず認識すべきは、社会のあらゆる場面に影響をもたらす、これら4つの真の姿だ。 (P9)
最近メディアを賑わせている「2025年問題」という言葉がある。人口ボリュームの大きい団塊世代が75歳以上となる2025年頃には、大きな病気を患う人が増え、社会保障給付費が膨張するだけでなく、医療機関や介護施設が足りなくなるのではないかと指摘されている。
だが、問題はそれにとどまらない。2021年ころには介護離職が増大、企業の人材不足も懸念され、2025年を前にしてダブルケア(育児と介護を同時に行う)が大問題となる。
2040年頃に向けて死亡数が激増し、火葬場不足に陥ると予測され、高齢者数がピークを迎える2042年頃には、無年金・低年金の貧しく身寄りのない高齢者が街に溢れかえり、生活保護受給者が激増して国家財政がパンクするのではと心配される。
少子化は警察官や自衛隊員、消防士といった「若い力」を必要とする仕事の人員確保にも容赦なく襲いかかる。若い力が乏しくなり、国防や治安、防災機能が低下することは、即座に社会の破綻に直結する。2050年頃には国土の約2割が無居住化すると予測される。さらに時代が進んで、スカスカになった日本列島の一角に、外国から大量の人々が移り住むことになれば、武力なしで実質的に領土が奪われるようなものだ。 (P10)
勤労世代が減れば、税収増も期待できず、高齢者向け政策を展開しようにも財源が追いつかない。財源問題を解決するには、自治体は税金や社会保険料のアップと、行政サービスのカットを同時に行う「ダブル負担増」に踏み切るしかない。しかも、高齢者は長期的に増えるため、それは繰り返し行わざるを得ない。
つまり、大都市部に住み続ける限り、負担増とサービス低下に繰り返し見舞われるということだ。住民の生活水準は低下し、街そのものが活気と魅力を失う。やがて、大都市部の自治体は行き詰まるだろう。
一方、若者を大都市部に吸い取られてきた地方はどうだろうか。すでに高齢化が進んでおり、死亡する確率の高い年齢人達した高齢者も多い。天寿を全うして死亡する高齢者と新たに高齢者に加わる人の数とが同水準であれば、差し引きしてその総数は横ばいになる。死亡数が多ければむしろ、減ることもあるというわけだ。
こうした地方では、既存の高齢者施設などをうまく活用すれば、新たに高齢者向けサービスを増やすことなく、十分やりくりできるだろう。高齢者対策に追われなくて済めば、社会を作り替える時間的余裕が持てる。
これは、人々の流れに変化を与えるきっかけとなる。負担が増え続け、魅力も乏しくなる大都市部に見切りを付けて、住みやすい地方への移動を考える人や企業が出てくるだろう。才覚ある自治体の首長ならば、誘致に積極的に乗り出すかもしれない。これからは、豊かな地方が大都市部の人口を吸い上げる時代となるかもしれないのだ。
日本の近代化は、地方の若い世代を大都市部に集中させることで、効率的で効果的な産業体制を作り上げ、世界的な都市間競争に打ち勝つ「集積の経済」の歴史だった。しかし、大都市部が老い始めたいま、そうした手法は通用しなくなってきている。 (P130)
捨てられる銀行2 非産運用 (講談社現代新書)
橋本 卓典 /講談社 (2017-04-19) / 864円68 users
購入:  2017年06月11日 864円 所有
読了:  2017年08月21日
金融庁は、投資信託の売れ筋について、「特定の資産に偏ったテーマ型の商品や手数料が稼ぎやすい商品」だと指摘した。
16年3月末の純資産残高は、日本ではトップが米国不動産投資信託(REIT)、2位が海外リート、3位も米国リート、4位が海外株式、5位が米国低格付け債権ですべてアクティブ商品、つまりファンドマネージャーなどの裁量で運用成績が変わる商品だ。リターンが期待できるがリスクとコストも大きい。
これに対し、米国ではトップが米国株式インデックス、2位が世界株式(除く米国)インデックス、3位も米国株式インデックス、4位が米国株式、5位が米国債券インデックスで4位を除くとすべてインデックス商品だった。ベンチマークとする指数に連動させた運用で、指数が上昇すれば、利益がもたらされる仕組みで、低コストが特徴だ。
日本の売れ筋投信をさらに比較すると、大きな違いがわかる。投信購入時に課される平均販売手数料(税抜き)は日本の3.20%に対し、米国は0.59%、資産運用会社が運用費用として徴収する平均年率信託報酬(税抜き)も日本の1.53%に対し、米国は0.28%だ。米国の各種手数料の圧倒的な低さがうかがえる。日本の資産運用で、運用成績が良くても手数料で損失が出てしまう「手数料負け」という言葉が投資家の間で当たり前のように指摘されているのは、このためだ。 (P68)
信託とは何か。残された家族や何らかの目的のため、信頼した人に自分の財産などを託すことだ。東大の樋口教授は、「その歴史は、日本人が親しむ契約よりも遥かに古い」と指摘する。 (P104)
セゾン投信は、市場を予測するのではなく、リスクを抑えながら長期、分散投資ができる2商品だけをラインナップに掲げている。直販などでできるだけ割安に多くの顧客へ「これ一本で資産運用を任せられる良質な商品」だけを届けることを目指している。 (P132)
401(K)プランは、1981年に米国で導入された確定拠出年金制度(DC : defined Contribution Plan)の最も有名な一つだ。税制優遇の条件が定められた内国歳入法401条(K)項にちなんで、こう呼ばれている。
民間企業の従業員が任意で加入し、掛け金が所得から控除されるのに加え、掛け金の金額に応じて、企業が補助的に上乗せして拠出する「マッチング」が行われるという仕組みだ。加入者の積み立て意欲を強力に後押しするものとなった。運用商品も加入者が選び、運用されるのが特徴だ。
それまでは、将来の給付金を予め約束している確定給付年金制度(DB : Defined Benefit Plan)が一般的だったが、年金資産を予定通りの利回りで運用意できないケースもあり、そうした場合、積立不足を企業の債務として計上しなければならず、企業の負担も重くなっていた。今日の日本も同じ状況に陥っている。
一方、401(K)などのDC制度は、毎月の給与から自動的に天引きされ積み立て投資される。ということは、毎月、決まった金額を投資することにより、取得価額が割高の場合は少なく投資し、割安の時には多く投資することになり、長期の資産形成には有利とされる平均取得価額が低下する「ドルコスト平均法」の効果をもたらすことになる。 (P162)
加入者である個人本意ではない制度を象徴する日米のDC制度の違いがある。拠出金に上乗せする「マッチング」の意味だ。米国では、あくまでも個人が拠出し、企業が「マッチング」するのだが、日本では企業の「拠出」に個人が「マッチング」で上乗せする仕組みなのだ。
そもそも日本で確定拠出年金が始まった01年当時は、個人は拠出することさえできなかった。拠出したくてもできなかったのだ。企業の基本姿勢は、年金資産運用への個人の参加にひどく慎重なのだ。 (P177)
バンガードのマーケティング戦略のモットーは、「If you build it, he will come.(それを作れば、彼はやって来る)」だという。映画「フィールド・オブ・ドリームス」で、ケビン・コスナーが演じた主人公が野球場をつくるきっかけとなった名ぜりふだ。時間は掛かったが投資家は確かにやってきた。 (P193)
人は物事が少しでもうまく行っていることをどんどん推し進めようとする。不思議なことに、リスクを拡大していくことにはさほど抵抗感を持たなくなる。成功体験がいつまでも続くと過信し、暴走していることにすら気づかない。
半面、リスクが相対的に高い資産運用を始めることについては極端なほど、臆病になり、強い抵抗感を示すのだ。たとえ、リスクが極めて限られる少額の投資だったとしてもだ。それによって少額投資で得られる収益機会を喪失する選択をしてしまう。行動経済学、行動ファイナンス理論の問題そのものだ。 (P237)
資産運用とは「危ないことをする」という意味では決してない。リスクを正しく認識し、分散し、コントロールするということに他ならない。 (P238)
年金基金、資産運用会社、生保などは、機関投資家と呼ばれる。 (P261)
松下幸之助は証券会社については、「株式の大衆化を実現するために大衆的個人株主をできるだけ多くつくってゆくことだと思う」と述べている。
また、「長期安定株主を増やした場合、株式売買が少なくなり、証券会社の経営が成り立たなくなる」という予想される批判にも触れた上で、「それは決して心配ない」と指摘。非常に多数の個人株主が母数としてできれば、個人レベルでは少ない売買機会でも「十分商売になる」とし、「投機的な株主を最小限度にとどめてゆくことが大事」だと証券会社に促している。 (P269)
松下提言が斬新であり、本質を突いているのではないかと思われる点はここだ。
「すべての国民に株式を持つことを積極的に奨励、要望し、それを実現するための具体的な奨励策、優遇策というものを大いに打ち出すことが大事だと思う」
その理由として
「株主は投資した株式から受け取る利益だけでなく、投資することによって産業が興隆し社会が繁栄するところから起こる、いわゆる社会共同の繁栄による利益なり恩恵をうけることができる。つまり、大衆は、株を持つことによって二重の利益を得られるわけである」と、している。 (P270)
世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
橘 玲 , 海外投資を楽しむ会 /講談社 (2003-11-21) / 864円332 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学 登録日:2016年09月01日 18時00分03秒 2016/09/01
購入:  2016年09月01日 864円 所有
読了:  2016年09月24日
論語物語 (講談社学術文庫)
下村 湖人 /講談社 (1981-04-08) / 1,134円166 users
購入:  2013年10月28日 1,050円 所有
読了:  2014年03月30日 星5つ
・剛いというのは、人に克つことではなくて、己に克つことじゃ。すなおに天理に従って、どんな難儀な目にあっても、安らかな心をもちつづけることじゃ。(「申棖の欲」P.82)
・詩でも音楽でも、究極は無邪の一語に帰する。無邪にさえなれば、下手は下手なりで、まことの詩ができ、まことの音楽が奏でられるものじゃ。(「楽長のと孔子の目」P.114)
・音楽の世界は一如の世界じゃ。そこでは、いささかの対立意識も許されない。まず一人一人の楽手の心と手と楽器とが一如になり、楽手と楽手とが一如になり、さらに楽手と聴衆とが一如になって、翕如(きゅうじょ)として一つの機(おり)をねらう。これが未発の音楽じゃ。この翕如たる一如の世界が、機至っておのずから振動を始めると、純如として濁りのない音波が人々の耳朶(じだ)を打つ。その音はただ一つである。ただ一つであるが、その中には金音もあり、石音もあり、それらは厳に独自の音色を保って、けっしてお互いに殺し合うことがない。噭如(きょうじょ)として独自を守りつつ、しかもただ一つの流れに合するのじゃ。こうして時間の経過につれて、高低、強弱、緩急、さまざまの変化を見せるのであるが、その間、厘毫(りんごう)の隙もなく、繹如(えきじょ)として続いていく。そこに時間的な一如の世界があり、永遠と一瞬との一致が見いだされる。まことに音楽というものは、こうしたものじゃ。聞くとか聞かせるとかの世界ではない。まして自分の腕と他人の腕を比べたり、音楽の分かる者と分らぬ者とを差別したりするような世界とは、似ても似つかぬ世界なのじゃ。(「楽長と孔子の目」P.116~117)
・道にかなった忠言には正面から反対する者はいない。だがたいせつなことは過ちを改めることだ。婉曲の言葉はだれの耳にも心持ちよく響く。だがたいせつなことは、その真意のあるところを探ることだ。いい気になって真意を探ろうともせず、表面だけ従って過ちを改めようとしない者は、まったく手のつけようがない。(「犂牛の子」P.120)
・君子は物事を判断したり、自分の進退を決したりする場合に、いつも正義を標準とするが、小人はこれに反して利害を標準にする。利害を標準にしたのでは、真の強さは出てこない。(「行蔵の弁」P.258~259)
・人間、平凡がよい。しかし、その平凡な道を非凡に歩むのだ。そこに『論語物語』の教えがあり、これが『次郎物語』の真意でもある。(「人生の案内者 下村湖人」P.299)
「セロトニン脳」健康法―呼吸、日光、タッピング・タッチの驚くべき効果 (講談社+α新書 481-1B)
有田 秀穂 , 中川 一郎 /講談社 (2009-09-18) / 905円50 users
購入:  2013年03月10日 880円 所有
読了:  2013年03月14日 星4つ
イタリア映画「ひまわり」
タッピングタッチ、やってみると気分が落ち着いてリラックスできる実感あった。
瀬戸内寂聴の源氏物語 (講談社文庫)
瀬戸内 寂聴 /講談社 (2005-07-15) / 864円16 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 古典 登録日:2009年01月02日 15時40分46秒 2009/01/02
購入:  2008年07月21日 790円 所有
読了:  2011年11月10日 星4つ
運命を拓く (講談社文庫)
中村 天風 /講談社 (1998-06-12) / 637円233 users
購入:  2010年09月23日 580円 所有
読了:  2010年10月17日 星5つ
考える技術 (講談社文庫)
大前 研一 /講談社 (2009-03-13) / 648円138 users
購入:  2009年03月18日 630円 所有
読了:  2009年05月09日 星3つ
半落ち (講談社文庫)
横山 秀夫 /講談社 (2005-09-15) / 637円473 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 登録日:2013年05月12日 22時20分56秒 2013/05/12
購入:   620円 所有
読了:  2007年03月
★取調べは一冊の本だ。被疑者はその本の主人公なのだ。彼らは実に様々なストーリーを持っている。しかし、本の中の主人公は本の中から出ることはできない。こちらが本を開くことによって、初めて何かを語れるのだ。彼らは、こちらに向かって涙を求めてくることがある。怒りを焚きつけてくることもある。彼らは語りたがっている。自分の物語を読んでほしいと願っている。こちらは静かにページを捲ればいいのだ。彼らは待っている。待ち焦がれている。こちらがページを捲らない限り、彼らは何も語ることができないのだから。

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ (6)
3 脳科学
1 古典
1 論語
1 有田秀穂
1 アイデア
1 下村湖人
13 タグなし
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ