ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 1 - 3件目 / 3件
これ、いったいどうやったら売れるんですか? 身近な疑問からはじめるマーケティング (SB新書)
永井 孝尚 / SBクリエイティブ (2016-10-06) / 864円77 users
タグ マーケティング ビジネス 永井 孝尚 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / マーケティング・セールス 登録日:2017年09月08日 15時36分20秒 2017/09/08
購入:  2017年09月08日 864円 所有
読了:  2017年09月12日 星3つ
かつては人々がほしがっていた価値がいつの間にか当たり前になり、その価値が失われることを、マーケティング用語で「コモディティー化する」という。 (P14)
レッドオーシャンの中にずっといると、会社の体力は消耗し、最悪の場合、倒産してしまう。これを防ぐには、過当競争の市場、つまり真っ赤な海から一刻も早く脱出し、ライバルがいない海を見つける必要がある。このライバルがいない市場のことを、「ブルーオーシャン」と呼ぶ。血で汚されていない真っ青な大海原、つまり未開拓の新市場ということだ。 (P15)
牛丼業界のように、コモディティー化してライバル同士が過当競争する市場を、多くのサメが集まって獲物を食い合う真っ赤な血で染まった海にたとえて「レッドオーシャン」と呼ぶ。 (P26)
ブルーオーシャン戦略とは、新しい市場を創り出すために、まずはターゲットを絞り、いまやっていることから、何を取り除いて、何を減らすかを考える。その上で、代わりに何をつけ加え、何を増やすかを考えることで、自社だけが提供できるモノを作り、新しい市場をつくる戦略だ。 (P28)
かつては、いいものを作ればそれなりに売れた。
しかしいまは、お客さんが本気で「ほしい」と思ってくれないと、絶対にモノは売れない。だからお客さんがお金を出す理由をつくるためのバリュープロポジションの考え方が重要になってきた。
バリュープロポジションをつくるには、徹底してお客さんの立場に立って考えることが必要になる。 (P30)
「そもそも、お客さんって誰だっけ?」
「これってお客さんにとって、何がいいの?」
もし商品開発に行き詰ったら、この2つの言葉が必ずヒントになるはずだ。
プロダクトアウトに陥って、いつの間に見失っていた顧客開発という当初の目的を思い出すためだ。常にお客さんの姿を頭の中に残して、商品開発を行いたいものだ。 (P80)
モノを売るとき、私たちはライバルといかに戦うかを考えがちだ。でも商売はさまざまな市場関係者が関わってくる。
商売を成功させるためには、すべての市場関係者との力関係を見極めて、必要な対策を打ち、自分たちが有利な立場に立てるようにすることが大切だ。
このときマイケル・ポーターの「5つの力」や、3つの「競争戦略」が大いに役立つ。競争戦略は競争を避けるための戦略だ。ムダな競争はお金も人も時間もかかる。競争を避ければ、余力をお客さんに提供する価値を高めることに投入できる。だから儲かる。 (P201)
ビジネスマンのための「発見力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / マーケティング・セールス 登録日:2011年07月24日 21時01分00秒 2011/07/24
購入:  2011年07月24日 1,050円 所有
読了:  2011年07月31日 星4つ
関心を持ち、仮説を立てることが大事。それが発見力を養うことに繋がる。
ことわざで鍛えるマーケティング脳 (マイコミ新書)
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / マーケティング・セールス 登録日:2010年04月22日 23時00分56秒 2010/04/22
購入:  2010年04月20日 819円 所有
読了:  2010年05月16日

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ (3)
1 永井 孝尚
1 ビジネス
1 マーケティング
2 タグなし
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ