ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ
並べ替え:
カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 61 - 70件目 / 289件
うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
購入:  2013年06月05日 1,050円 所有
読了:  2013年06月08日 星4つ
・人生がうまくいっている人の特徴は「自尊心」が高いことだと著者はいう。自尊心とは、自分を大切にしようとする心だ。自尊心のある人は常に自信に満ちあふれ、失敗や間違いを犯しても、それを前向きにとらえて次のステップの土台にする心の余裕がある。人生のほとんどすべての局面に自尊心は大きな影響を与えることになる。〔帯より〕
(8)自分の気持ちに責任を持つ・・・自分の人生でいちばん幸せだった日のことを思い出してみよう。〜中略〜 そのときの気分をもう一度体験してみるのだ。この練習を日常的におこなえば、あなたは幸せになりたい時に幸せになれて、毎日をより幸せな気分で過ごせるだろう。→いつでも幸せな気分になれる。
(11)相手にどう思われているかを心配しない →自分が相手に与える印象を気にしないほうが、いい印象を与えられる。
(22)自分を他人と比較しない・・・自分を他人と比較するのはどんな場合も好ましくない。なぜなら、あなたはこの地球上に住む他のすべての人と同様、独自の長所、短所、才能、能力を持つ個性的な存在だからだ。環境や人生経験、ものの見方・考え方が組み合わさってあなたは他のだれとも違うユニークな存在になっている。これはいい・悪いの問題ではなく、事実である。 →自分は個性的な存在だ。だから他人と比較しても意味がない。
(28)まず、自分をほめる →自分で自分を高く評価するのがいちばんだ。
(34)自分の考えを大切にする →自分の考えも他人の考えと同じくらい重要だ。
(40)自分のミスはすべて許す →わざと犯したわけではないのだから、自分のミスはすべて許す。それが賢明な生き方だ。
(53)今、幸せだと気づいている →幸せになるのを未来まで待つ必要はない。今、すでに幸せなのだ。
(62)現在に意識を向ける →過去や未来の楽しみにふけるより、現在の幸せを感じるほうを選ぶ。
(63)人との出会いを楽しむ・・・内気な性格を克服するには次の三つの対策が役に立つ。※自尊心を高める。自分に自信を持てば、相手が認めてくれないことを恐れる気持ちは消える。※相手の緊張をほぐす。あなたより相手のほうが恐れている可能性もある。落ち着いているように見える人は、演技がうまいだけかもしれない。※自分のことを気にしすぎない。相手にどう思われるかよりも、自分が相手のことをどう思うかを自問しよう。 →自分のことばかり考えなければ、愉快な人と楽しいひとときを過ごすことができる。
(66)ものおじせずに、質問する・・・ものおじせずに質問しよう。学校の授業や会社の研修などで、多くの人は無知だと思われるのを恐れて質問しようとしない。しかし、わからないときに謙虚な姿勢で質問をすると、どういうことが起こるだろうか? 学校なら学校の成績が伸びるし、社会人なら仕事の技術が向上する。さらに、ほとんどの人と幸せな人間関係を築くことも可能になる。そう考えれば、質問しないほうがむしろ愚かだと思えてくるはずだ。→質問するのは決して恥ずかしいことではない。
(77)自分に優しくする →たとえ結果がよくなくても、その時点では最善の決定をしたのだ。
(94)自分を飾らない・・・自分らしく振る舞うことについて、心に銘記すべきことは次のふたつだ。※誰にも迷惑をかけないかぎり、自分らしく振る舞えばいい。※居心地が悪く感じるなら、自分らしく振る舞っていない。→誰にも迷惑をかけないかぎり、自分らしく振る舞えばいい。
岳(1) (ビッグコミックス)
石塚真一 / 小学館 (2005-04-26) / - 23 users
カテゴリ:キンドル キンドル 登録日:2013年06月04日 00時06分43秒 2013/06/04
購入:  2013年06月02日 350円 所有
読了:  2013年06月02日 星4つ
勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
梅原 大吾 / 小学館 (2012-04-02) / 799円564 users
購入:  2013年05月21日 777円 所有
読了:  2013年06月02日 星4つ
・勝ち続けるためには、勝って天狗にならず、負けてなお卑屈にならないという絶妙な精神状態を保つことで、バランスを崩さず真摯にゲームと向き合い続ける必要がある。バランスを保つ方法は人それぞれだと思うが、僕は、自分も人間だし相手も人間であるという事実を忘れないようにすることが、バランスを崩さないことだと考えている。つまり、自分にも相手にも特別なことは何もないということだ。自分が勝てたのは知識、技術の正確さ、経験、練習量といった当たり前の積み重ねがあったからで、得体の知れない自分という存在が相手を圧倒して手にした勝利などでは決してないということ。ひとりの人間がやるべきことをやり、もうひとりの人間に勝った。ただそれだけの、当たり前のことをやり続けた人間が、今回に限って勝てたということを忘れてはいけない。だから、勝ち続けたり、負け続けたりすると、そのバランスが崩れてしまう。自分はすごいと勘違いしたり、どうしようもなくダメなヤツなのだと落ち込んだりしてしまう。しかし、そうではない。どれだけ勝とうが負けようが、結局は誰もがひとりの人間に過ぎず、結果はそのときだけのものだ。勝敗には必ず原因があり、結果は原因に対する反応でしかない。刹那的な結果に左右されず、勝てるようになるための努力を怠っていいはずはない。そう考えることができれば、バランスが崩れるようなことはない。結果が出なかったとき、どう受け止めるかでその後の歩みは変わってくる。あのときはたまたま負けただけだったんだと運のせいにするか、このゲームが悪いと責任転嫁するか、相手が強かっただけだと諦めるか、自分も年を取ったと頭を抱えるか。だが、そのように一時の感情に流されるのではなく、事実を受け止めて分析することが大事なのである。〔P.57~59〕
・失敗ばかりを恐れ、何もしないというのが一番いけない。〔P.102〕
・これまでの経験から、諦めなければ結果が出るとは言い切れない。だが、諦めずに続けていれば人の目が気にならなくなる日が来るのは確かだ。そして、人の目が気にならない世界で生きることは本当に楽しい、と確信を持って断言できる。努力を続けていれば、いつか必ず人の目は気にならなくなる。〔P.108〕
・何かを身につけたいと思うのであれば、丁寧に、慎重に、基本を学ぶべきだ。下手なうちから独自の取り組み方をしたり、自由に伸び伸び練習したりすると、最終的に底の浅い仕上がりになってしまう。〔P.140〕
・努力には人それぞれ、適度な量や限度が決まっていると思う。例えば、いろいろな障害を越えてゴールを目指すレースがあったとする。その途中に壁がある。殴って壊れる壁もあるだろう。しかし、殴っても絶対に壊れない壁だったら、そんなものはよじ登ればいい。近くに梯子があるかもしれない。ノブをひねればドアが開くことに気づく程度の問題かもしれない。多角的に考えれば、きっと攻略法は見つかる。~中略~ 才能を越える努力とは、そういう突拍子もないコペルニクス的な発想の転換も必要だ。〔P.183~184〕
「セロトニン脳」健康法―呼吸、日光、タッピング・タッチの驚くべき効果 (講談社+α新書 481-1B)
有田 秀穂 , 中川 一郎 / 講談社 (2009-09-18) / 905円50 users
購入:  2013年03月10日 880円 所有
読了:  2013年03月14日 星4つ
イタリア映画「ひまわり」
タッピングタッチ、やってみると気分が落ち着いてリラックスできる実感あった。
シロクマのことだけは考えるな!―人生が急にオモシロくなる心理術 (新潮文庫)
植木 理恵 / 新潮社 (2011-06-26) / 464円102 users
購入:  2013年01月02日 380円 所有
読了:  2013年01月14日 星4つ
・集団になると無意識に手抜きする(人は大集団になればなるほど、発揮できる個の力が落ちることが証明されている。※拍手の例:一人の拍手と大勢での拍手)
・会議をテキパキ進める、二つの秘訣:①あらかじめそれぞれが考えた意見を持ち寄って会議すべし! ②その会議は進行役に仕切らせるべし! これをしないと集団的手抜き現象が起こってしまう。
・断言:人は自分のことを言い当てられたい生き物である。人間は、あなたはこういう人です、と「外から断言される」ことを、実は待ち望んでいる。
・二面性提示:「あなたはこんな人ですね」と言った後で、「あなたはこんな面があるけれど、反面、こんな面も持ち合わせてますね。」と言う。←自らの性格については誰にでも当てはまるような曖昧な指摘ほど当たっていると思ってしまう、という現象を利用。一面的な提示ではなく、相反する二面的な提示にして、当てはまる範囲を広げ、より曖昧にすることが効果的。これができれば相手を感激させるほど、その相手のことを言い当てられる。
二面性提示+断言→当たる占い師効果
・最強の人間関係を作る「ほめる」テクニック・・・「ジョハリの窓」の叩き方:①本人も他人も知っている自己=すでに開いた窓 ②本人だけが知っている自己=隠した窓 ③他人だけが知っている自己=開くかもしれない窓 ④誰も知らない自己=閉じた窓 →→→ ①は本人も自覚しているので褒めても効果なし:マリリンモンローに「セクシーですね」「美人ですね」と強調するようなもの。②④は他人がアプローチするのは容易ではないので、ここを褒めるのは難しい ③ここを褒めることは、相手が自分では思いもよらなかったところを指摘されると「え? そうなの? 私ってそんなところがあるの?」という意外性を感じる。この意外性こそが「ほめ」に含めるべき重要ポイント。→マリリンモンローの例で言えば「君には知性を感じる」「寂しげな表情がたまらないね」など。
寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))
内田 樹 / 文藝春秋 (2002-06-20) / 842円644 users
購入:  2012年10月07日 725円 所有
読了:  2012年12月14日 星3つ
〔P.34〕マルクスは人間は自由に思考しているつもりで、実は段階的に思考している、ということを看破しました。フロイトは人間は自由に思考しているつもりで、実は自分が「どういうふうに」思考しているか知らないで思考しているということを看破しました。自分がどういうふうに思考しているか思考の主体は知らない、という事実をもっとも鮮やかに示すのがフロイトの分析した「抑圧」のメカニズムです。・・・以降P.40まで、「二つの部屋」とそのあいだの敷居にいる「番人」の比喩、狂言「ぶす」の話を例にした抑圧の及ぼす「無知の効果」について。
〔P.104〕権力が身体に「刻印を押し、訓育し、責めさいなんだ」実例:1960年代から全国の小中学校に普及した「体育座り」あるいは「三角座り」と呼ぼれるもの
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
サイモン シン / 新潮社 (2006-05-30) / 853円1258 users
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 数学 登録日:2011年07月24日 21時08分57秒 2011/07/24
購入:  2011年07月24日 820円 所有
読了:  2012年10月06日 星5つ
メンタル・タフネス―勝ち抜く「精神力」を手に入れる
購入:   710円 所有
読了:  2012年09月17日 星3つ
・私たちをタフにしてくれるストレスの量(適応性のあるストレス)は、維持ストレスと過度なストレスの間である。
・ストレスは肉体的、精神的、感情的なものである。
・精神的ストレスと感情的ストレスを区別することが役立つ。精神的ストレスは、知覚、思考、集中などで感じ取った情報や考え方を非感情的に処理する際に消費されるエネルギーで、感情的ストレスは感情を表現する際に消費されるエネルギーだ。歯医者への道を考えるのは精神的ストレスで、歯医者で何が起こるだろうと不安を感じるのは感情的ストレスである。

プロフィール

<<2017年11月>>
登録数0 件
購入金額- 円
読了数0 冊
購入金額 (月別)
  • 3500
  • 3000
  • 2500
  • 2000
  • 1500
  • 1000
  • 500
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
読了数 (月別)
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
タグ (112)
41 ウクレレ
27 自己啓発
12 思考法
8 Jake Shimabukuro
6 ビジネス
6 人生
6 投資
6 生き方
5 小説
5 心理学
5 脳科学
4 マネー
4 新書
4 文庫
4 司馬遼太郎
4 お金
4 アイデア
3 金融
3 資産運用
3 経済
3 仕事術
3 コミュニケーション
3 マーケティング
3 トーク
2 英会話
2 問題解決
2 ロジカルシンキング
2 読書
2 メンタル
2 FX
2 スピリチュアル
2 柳沢きみお
2 瞑想
1 心理
1 ★アドラー
1 アドラー
1 岸見一郎
1 読書術
1 テーマパーク
1 佐藤優
1 社会
1 カフカ
1 海外文学
1 読書法
1 藤井孝一
1 雑誌
1 株式投資
1 加藤 崇
1 toc
1 知的生産
1 情報術
1 哲学
1 デカルト
1 永井 孝尚
1 思想
1 岩波文庫
1 伊藤洋一
1 思考
1 money
1 潜在意識
1 ジョセフ・マーフィー
1 思考術
1 橘玲
1 考え方
1 資格
1 築山 節
1 科学
1 仏教
1 交渉術
1 心理術
1 植木理恵
1 内田樹
1 旅行
1 ホテル
1 ジェリー・ミンチントン
1 梅原大吾
1 ゲーム
1 有田秀穂
1 構造主義
1 文庫本
1 クラシック
1 GTD
1 ライフハック
1 日記
1 Jason Mraz
1 経営
1 生きかた
1 人生論・教訓
1 松下幸之助
1 野口嘉則
1 斎藤 学
1 健康
1 精神
1 地橋秀雄
1 人生哲学
1 佐々木正悟
1 時間管理
1 赤羽雄二
1 オータサン(ハーブ・オオタ)
1 EFT
1 精神世界・スピリチュアル
1 スティーブン・R・コヴィー
1 伊藤誠一郎
1 プレゼン
1 内田和成
1 喜多川泰
1 下村湖人
1 論語
1 キングベアー出版
1 森下裕道
1 古典
1 思考力
168 タグなし
リンク
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
ランキング ウォッチ
バインダー読者(0)
-

©2007-2017 読書をつづる〔書評と引用〕 by ぼん・ぼやーじゅ