ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 自然・動物
並べ替え:
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/12/11 13:59
2017/12/09 23:10
2017/12/07 10:21
2017/12/06 17:52
2017/12/05 10:53
最近登録した本
花と果実の美術館―名画の中の植物
[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生…
毒殺の世界史 上 ~アレクサンドロス大王からリチャー…
増補 モスクが語るイスラム史: 建築と政治権力 (ちく…
ぞうでするする
夢十夜
おおきなおおきな おいも (福音館創作童話シリーズ)
ヨーレのクマー
ばけバケツ (にじいろえほん)
こっそりどこかに (cub label)
カウンター
累計14884  今日1  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 25
  • 20
  • 15
  • 10
  • 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
<<2017年12月>>
登録数7 件
購入金額- 円
読了数4 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
月刊アクアライフ 2017年 07 月号
エムピー・ジェー (2017-06-09) / 980円2 users
図書館の雑誌の書架では、趣味の園芸のそばにこの雑誌があって、つい眺めてしまいます

始めてみた 華麗なメダカの写真。(高価なメダカにびっくり)
友人には、熱帯魚やメダカを買っている人もいるけれど、
不精な私にはとても できることではない・・・。

たまに 水族館にいくのはいいね。
「水族」で記事を検索 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

TVでサンゴ礁や深海の生き物を見るのは楽しい。
先月 Windows10PC ゲームアプリ「熱帯楽園」を始めたので、魚の種類にも興味が出てきたところ。
(このアプリは単純。以前は熱帯魚飼育のリアルなゲームもやりましたよ)


月刊アクアライフ AQUA LIFE 魚とのコミュニケーション

内容 :
ガラスの中の箱庭
ワイルドオスカー
パルダリウム

参考
・ アクアリウム…水槽の中で熱帯魚や水草を育てる箱庭製作趣味
・ OSCARS ワイルドオスカー多種
・ パルダリウムの作り方。初心者の水槽、植物、環境の選択


2017/7/8 図書館でざっとながめる。 
森林環境〈2007〉動物反乱と森の崩壊
2017/5/24 追記
この記事を書いたときのTwitterに、本日リツイートされたとのお知らせがきました。o(*'o'*)o
ちょっとうれしかったので、メモしておきます。 → Twitter
(著者の欄に追記もしました)

2015年12月17日 記
来年は申年。
貴重なニホンザルも、増えすぎれば嫌われる。
それは、鹿も同じ。
クマに至っては、大切な反面 怖い存在。

今年の春、地方都市の住宅地の実家の庭に、イノシシが現れたのだから他人事ではない。
(荒らされた庭と足跡を母が見ただけですが・・・)

一方、自然ものや、動物園のTV番組は、大人気。

この本では、真摯にかつ現実的に人と動物の関係が語られている。
ただ、少し難しく気持ち的にも読みづらくて、まえがきを読んであとはざっと目を通しただけ。
街なかに住んでいて、山や海自然にもほとんど出かけない人が、この問題にどう対処できるのだろうか?
くだらないTVを見ない。マスコミの尻馬に乗らないことくらいかな。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
毒々生物の奇妙な進化
一見かわいいカモノハシ、いかにも怖そうな蜘蛛やクラゲ・サソリ
 有毒動物満載のこの本には、びっくりです。
というより、それらの生物を研究している科学者たちの アプローチの仕方に驚きます。
面白かったけれど 途中まで読んで、中止。

猛毒種のDNAには、生命の歴史が詰まっていた!

◎本書に登場する愛おしくも恐ろしい奴ら◎

カモノハシ:カワイイ姿のその蹴爪に猛毒を隠す。
  刺されると大量のモルヒネを投与しても全く効かないほどの激痛に襲われる。
サシハリアリ:アマゾンの部族では、大量のサシハリアリを入れた手袋に手を入れて我慢する、という通過儀礼が今も存在する。
  部族以外では2、3秒で卒倒する。
アンボイナガイ:美しい貝殻に見惚れて手に取ったら最後。
  モリのような歯でどの毒ヘビよりも強力な毒を打ち込まれ、数分で命を落とす。
エメラルドゴキブリバチ:人間には無毒だが、ゴキブリにとっては悪夢の存在。
  脳に直接毒液を注入し、そのゴキブリをマインド・コントロールする。
ヤママユガの幼虫:毛のように見えるトゲの1本1本に毒がある。
  刺されると傷口や鼻・目の粘膜からの出血が止まらなくなる。

2017/3/8 新刊棚で見つけ、借りて読み始める。4/4 途中で中止。

毒々生物の奇妙な進化

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
マグロは時速 160キロで泳ぐ
中村 幸昭 / PHP研究所 (1986-05) / - 4 users
購入:   0円 所有
2017/1/15、2/27
母が暇そうなので、本棚で見つけたこの本を勧めることにしました。
面白いと言って読んでいます!

マグロは時速 160キロで泳ぐ

内容と著者は →  [続きを読む]
生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学
生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学

2016/9/11 予約  9/14 借りる。2017/1/10 読み始める。1/27 読みたいが忙しいのでほとんど読まずに いったん返却。

内容 : 原タイトル:A new history of life
生命はどこでどのように誕生し、何が進化を推し進めたのかを、
宇宙生物学や地球生物学といった最新の研究結果をもとに解き明かし、
生物の生き残りをかけた巧妙な戦略と苦闘の歴史を描く。

著者 :
ピーター・ウォード  Ward,Peter Douglas
ジョゼフ・カーシュヴィンク Kirschvink,Joseph

 ワシントン大学生物学、地球科学及び宇宙科学教授。
 
永戸 豊野 / 廣済堂出版 (2001-12-01) / 648円1 users
購入:  2002年 630円 所有
読中: 


アフリカゾウに始まって、人気もののラッコまで、実に多くの動物について 生態が書かれている。
本書は、「味覚春秋」(味覚春秋モンド社刊)に、昭和47年から連載された記事をまとめたもの。
そのころから、さらに人口は増加し、自然破壊と野生動物の危機は進行している!
これからも 動物園に行ったり、TVの生きもの番組を見るにつけ、この本を読み返し エコについても考え 実践したい!

内容と著者は →  [続きを読む]
中村 幸昭 / PHP研究所 (1990-02-09) / - 1 users
購入:   1,101円 所有
2017/1/15
母が暇そうなので、本棚で見つけたこの本を勧めることにしました。

タイは恋をすると赤くなる―魚たちのふしぎな夫婦生活


内容 :
神秘と驚きがいっぱい。そしてちょっぴりユーモラスな魚たちの愛情物語。
サンマ・ブリからドジョウ・ブラックバスまで、美しいさし絵とともに紹介する謎の生態のすべて。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者 : 中村 幸昭


 読み始める。 読み終わる。
 
そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎
土屋 健 / 誠文堂新光社 (2013-07-10) / 1,620円21 users
読了:  2016年11月18日
私が恐竜好きなのを知っている友人が面白かったよ!とこの本を勧めてくれました。

TVの恐竜関連の番組は見逃さないようにしていますし、
今年(2016年)6月にも、恐竜博に行きました。
恐竜 ファンタジー ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

それにしても、恐竜研究はどんどん新しい発見があって 面白い驚きに満ちています!
今や 鳥を見ると 恐竜に見えるこの頃。
若冲の 鶏も それっぽい。 o(*'o'*)o

本書は、すごくわかりやすく楽しく読めるし、何よりイラストがきれいで超リアル!

そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎

・ 化石友の会 - 日本古生物学会

そして恐竜は鳥になった: 最新研究で迫る進化の謎

2016/9/10 予約 9/14 借りる。9/20 読み始める。11/18 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
真夜中は稚魚の世界 The wonder world of Juvenile fish
坂上 治郎 / エムピー・ジェー (2016-05-13) / 1,620円5 users
表紙の写真、なんですかこれ? o(*'o'*)o 魚の赤ちゃん、驚き。
この本には、不思議な形をした魚の赤ちゃんの写真がたくさん。
オヤとは似ても似つかない姿に 驚き、面白い!
誰かに教えなくっちゃ~。 ダイビングする友人がいるからさっそく。

それにしても、夜の暗い海 小さくて動きまわる魚の赤ちゃんの写真がよく撮れています。
色も透明や薄い色のものが多く、長い旗みたいのがひらめいているのなんか、ホントきれいですよ。

2016/08/06  予約 8/10 借りて 一気に読み終わる。

真夜中は稚魚の世界 The wonder world of Juvenile fish

内容と著者は →  [続きを読む]
動物園の文化史―ひとと動物の5000年
溝井裕一 / 勉誠出版 (2014-04-28) / 2,808円10 users
読了:  2016年06月07日
8/8 NHKドキュメンタリー「世界最高峰!究極の動物エンターテインメント~スイス・チューリヒ動物園の舞台裏~」
これを見ながら、動物園の将来って? と考えた。
検索してこの本に行き着いたので、読み始めたところ。

人間は、ずいぶん昔(メソポタミア文明とか)から、動物を集め囲い込むことをしているのには驚いた。
旧約聖書には、人間が他の生き物を支配すると書かれていて、ノアの方舟でも、生物を絶滅させるかは人間にかかっている。
一方、お釈迦様以降のインドでは、真逆な動物園?があるとか? 生類憐れみの令のもっと極端な様子らしい。
ジュラシック・パークとその新作「ジュラシック・ワールド」を見てきたところだし、
この本は興味深い内容のようです、これから、読み続けます。

本書では、専門向けではないけれどかなり詳しく『動物園』の歴史について述べられています。
内容は、驚くようなことが多く、人間が動物を支配する考えのもと、飼育方法も飼育環境もいいとはいえない状態で多くの動物が飼われていました。

ダーウィンの「進化論」が浸透していった近代。
動物に対する人々の考えは変わっていきますが、『動物園』は、一般人々の娯楽として大人気。
サーカスなども併設されたり エキゾチックな建物が使われたりと趣向が凝らされます。
さらに、人間(異民族)までが展示されたのには驚き!

現在では、環境破壊などによる動物の絶滅に対する動物園の役割は、重要になっています。
 数が少なくなった動物を人工的に繁殖させて自然に返す、それを世界規模のネットワークで行っているとのこと。
最終章は、心を打たれるような濃い内容で、時間はかかったけれど最後まで読んで良かった。
全般にこだわりの内容ですが、いい本だと思いました。


本書の用語
・ 「動物コレクション (animal collection)」~古代(4世紀まで)から中世(5~15世紀)にかけて、さまざまな目的のために存在した動物飼育施設。
・ 「メナジェリー (menagerie)」~近世ヨーロッパ(16~18世紀)の王たちが、みずからの権威をアピールするために作らせた飼育舎。
・ 「動物園 (zoological garden)」~研究・教育を目的としてつくられた、近現代(19世紀以降)の動物飼育施設


2015/08/08 予約 8/15 借りて読み始める。 6/7 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
皇居・吹上御苑の生き物
読了:  2016年05月06日
「皇居・吹上御苑」行ってみたい!
2016/5/4 吹上御苑の自然観察会に参加しました。
講師は、植物・地衣類、昆虫・蛾、昆虫・甲虫の先生方。
解説を聞きながら園内を歩きます。
昨日の大雨が上がってサツキ晴れ、新緑の香りにむせ返るよう。
蝶が飛び、野鳥が歌い、綿毛も舞う、
すてきな時間と空間を楽しみました。

読み始めた時は興味がなかった分野も、5/4の自然観察の後では面白く読めました。
観察会では取り上げられなかった野鳥のところでは カラスとオオタカ、カモたちの変遷が興味深かった。

本書がかかれた調査が行われてから10年以上たちます。
研究結果は、以下を調べればわかるでしょうが、
 本書のようなわかりやく面白い一般向けの続編(最新版)をぜひ読みたいものです!

というわけで、この本も読んでいます。植物が中心です。

皇居 吹上御苑、東御苑の四季
近田 文弘
日本放送出版協会 ( 2007-03 )
ISBN: 9784140811856


更に新しい情報は?

 国立科学博物館による皇居の生物相調査について(宮内庁)
 → PDF 「皇居の生物相調査(第 II 期)」 - 平成21年度より平成25年度 国立科学博物館


2016/02/17  予約 2016/02/24 借りる。 4/26 読み始める。5/6 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
謎解き昆虫記 (NHK人間講座)
矢島 稔 / NHK出版 (2000-07) / 605円2 users
タグ 自然 自然・動物 *TV カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 更新日:2015年12月04日 13時12分30秒 2015/12/04
購入:  2015年12月04日 605円 所有
読了:  2000年09月20日
表紙からして面白そう! もう一度読もうかな!

母に預けていた本棚から引っ張り出してきました。

2000年7月~9月 謎解き昆虫記 (NHK人間講座) 矢島 稔

→ NHK人間講座 - Wikipedia

内容 :

著者 : 矢島 稔 の著書
1930年7月18日- 昆虫学者。
豊島園昆虫館を創設し、上野動物園水族館館長、多摩動物公園園長、財団法人東京動物園協会理事長などを歴任。
1999年から群馬県立ぐんま昆虫の森園長に就任。2013年4月、ぐんま昆虫の森名誉園長となる。
大昔の生きもの (ポプラディア大図鑑WONDA)
土屋 健 / ポプラ社 (2014-07-09) / 2,160円2 users
読了:  2015年09月05日
小学生向きの図鑑なので、ちら見したら即終わりかと思ったらとんでもない!
大判のページに、カラフルなイラスト。
今興味を持っているカンブリア紀前後の奇妙な生き物たちが、これでもかというくらい紹介されています。

他にも、カンブリア紀の本を読むつもりなので、そばにこの本があれば更にわかりやすいんじゃないかしら。 (*^_^*)♪



その後は、こちらに GO!!
国立科学博物館 7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

2015/9/29 行きました。 面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2015/07/05  予約 7/11 借りて読み始める。 9/5 繰り返し眺め、読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)
国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

2015/9/29 行きました。 面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


展示の目玉の一つが、カンブリア紀の バージェス頁岩動物群 です。

見に行く前に この本を読もう!

本書は、1993年4月刊行の本の文庫本。
もはや古典です。ということは、科学的には古すぎ・・・。
作者自慢の写真・図版も白黒なので、イマイチ。

サブタイトル「バージェス頁岩と生物進化の物語」のとおり、作者の心意気?がこもった内容です。

専門家やサイエンス・ライターには読んでおくべき本かもしれないが、
序言、1章まで読み進んで 今回は中断です。

こちらを読んで、本書が必要だったら また読むことにします。



2015/07/05 予約 7/11 借りて読み始める。7/16 中断。

内容と著者は →  [続きを読む]
赤い生きもの図鑑
読了:  2015年09月10日
新刊棚で目を引く赤い模様、真っ赤なタツノオトシゴ。
これは面白そうと、手に取りました。
すごくきれいな写真に解説短文が添えられ、赤い生物が次々と現れます。
赤といっても、ニュアンスは色々。
毒々しい赤は、まさしく「私は毒を持っている」と警告する色。
美しく目立つ赤は、メスにアピールする色(目立って捕食される危険より、子孫を残す方を優先)
赤の色素は、フラミンゴのように食べ物からとることが多いようです。
面白いのは、モノクロや2色のみしか識別できない生物でも、はでな赤い色をしていること。
すごくきれいでアングルなどもユニークな写真ですが、見開きの真ん中に印刷されていると 真ん中が見えずがっかりする生き物が幾つかありました。

2015/09/10 借りて読み始め、一気に読み終わる。
 
内容と目次・著者は →  [続きを読む]
カブトガニの謎: 2億年前から形を変えず生き続けたわけ
惣路 紀通 / 誠文堂新光社 (2015-07-10) / 1,620円2 users
読了:  2015年08月11日
現在、古生物に夢中、そんな時に図書館の新刊棚で見つけた本がこれ。

カブトガニって三葉虫から進化して、生きている化石。
長い間その姿を変えずに、営々と生きながらえてきたのに、人間の影響で今や絶滅危惧種です。
それでも、なんとか生きながらえていけるようにと、地道な対策がとられてきました。
下水を整備し湾の海水を濾過、海岸の清掃など、保護活動を推進する研究者や行政からボランティアまでの活動も紹介されています。
写真では、カブトガニの構造(表・裏)(オス・メス)がよく分かります。
産卵した卵が無事孵化し、育ってほしいものです。



2015/08/11 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
きらめく甲虫
丸山 宗利 / 幻冬舎 (2015-07-08) / 1,404円20 users
読了:  2015年07月20日
生物の中でも、甲虫の数は群を抜いている。
そして本書に集められたのは、キラキラ美しい甲虫たち。

写真のとり方にも最新の技術が使われています。
 → CombineZM(ZP)の使い方 - 丸山宗利研究室 - Google Sites

2015/07/20 新刊棚で見つけて 読み始め、一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
日本のカエル+サンショウウオ類 増補改訂 (山溪ハンディ図鑑)
奥山 風太郎 / 山と渓谷社 (2015-06-12) / 2,160円2 users
カエルが好きってわけでもないけれど、
新刊棚で見た表紙がラブリー o(*'o'*)o

本は、写真がきれいで、全てのカエルさんの正面と横のお姿が載っています。
迫力ですよ。(後ろ姿特集は圧巻)
文章も、カエル好きが書いた!ことがわかり、コラムははまりそうな楽しい内容。
 でも、カエルが好きじゃないんですよ。触ったこともないし・・・。

今住んでるところでは、蛙の声が聞こえない・・・、なんか足らない、ちょっと寂しい。♪
カエルさんも自然の指標になっているかも。


2015/06/30 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
「明治神宮の森」の秘密 (小学館文庫)
明治神宮社務所 / 小学館 (1999-07) / 596円5 users
この番組を見て本を読みたくなりました! 
NHKスペシャル 
 「明治神宮 不思議の森 ~100年の大実験~」
 2015年5月2日(土) 午後9時00分~9時49分

文庫本なので、これを持って明治神宮の森へ行きたい!

2015/05/04 予約 5/9 借りて読み始める。6/30 ざっと読む。

内容と著者は →  [続きを読む]
庭の1年―生まれて死んで、また生まれる (小さな地球)
たかはし きよし / 偕成社 (2000-12) / 2,160円1 users
読了:  2015年05月29日
シリーズの3番目に読んだが、これが1作目。
他の2作よりリアルで、動物(虫など)の絵がちょっと苦手。
監修者にもよるのだろうか?

最初にこの本を見ていたら、後の2冊を見なかったと思うと、
「帰り道の1年」を最初に手にとっためぐり合わせは ほんとに、ラッキー!
感動の絵本です。



この本もすごくよかった!




2015/05/19  予約 5/29 借りて読み始め、ざっと読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
月刊アクアライフ 2015年 05 月号
エムピー・ジェー (2015-04-11) / 980円1 users
図書館の雑誌コーナーに並んでいたので、パラパラっと見る。

これがメダカ?? 「楊貴妃」 「スケルトン」 「アロワナ風」・・・。
目が釘付け o(*'o'*)o

 とうとう全ページ、写真を見ることになりました。

2015/04/21 借りて読み始め、いっきに読み終わる。

去年の妄想 ⇒ 睡蓮を庭に植え、メダカも飼おう ~ Myブログ「ベルルの欲しいなブログ」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

熱帯魚などの水槽が飾られていると、つい見とれてしまいます。
 でも実際に世話をするとなると・・・。

Windows98の頃だったか、熱帯魚飼育鑑賞ソフトで、遊んでいました。
ちゃんと世話をしないと、病気になったり死んじゃったりして生き返らない。
リアルの飼育と同じような感覚を、毎日楽しんでいました!

その後、最新のDirectXのスクリーンセーバーで、熱帯魚の美しい画面に癒やされたこともありましたね。

では、そんなソフトやサービスを探してみましょう。

 世話をして楽しむタイプ
・ A-Life 無料熱帯魚育成シミュレータ ~   ブラウザが水槽になる! (無料、登録不要、インストール不要)
 A-Lifeは簡単操作でバーチャル熱帯魚を飼育することができるオンライン・アクアリウムシミュレータです。
 『A-Life(エーライフ)』とは、Aquatic Life (水生生物) Artificial Life(人工生命)の略。
 ただし、世話が出来る人に限る。 → 熱帯魚は好きか!! PCブラウザ上で熱帯魚が買えるWebサービス【A-life】

 眺めて楽しむタイプ
・ ドリームアクアリウム DREAM AQUARIUM (無料スクリーンセーバー DLサイト
 非常に精巧に出来た水族館スクリーンで、完全にスクリーンセーバーの粋を越えた「見て楽しむタイプ」です。
 無料のデモ版水族館スクリーンセーバーは、アドウェアやスパイウェアの心配無用
 有料版をご購入頂きますと、より多くの種類の魚をお楽しみ頂ける他、
 煩わしいロゴやポップアップが表示されなくなり、より快適にバーチャル水族館をお楽しみ頂けます!
 ってことは、無料版は、そういうのがでるってことね。!!(>д<)ノ

・ 『 Sim Aquarium 3D

・ VIRTUAL AQUA 3D Aquarium On The Web 「バーチャル アクア」(ショックウェーブプラグイン(無料)が必要)
 ブラウザ上で気軽に楽しめる熱帯魚鑑賞サイトです。
 優雅に遊泳する魚群をぼーっと眺めて癒されてみては?

熱帯魚といえば、真夏の銀座の交差点の風物詩 「Sony Aquarium」
Sony Aquarium ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

middle_1346255682.jpg

そして、これ (*^_^*)♪ 「Macquarium」
古いiMac G3をどうしよう~ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」



内容と目次は →  [続きを読む]
ウイルス究極の寄生生命体 (NHK人間講座)
山内 一也 / NHK出版 (2005-01) / 605円3 users
購入:  2005年01月 605円 所有
読了:  2005年03月31日
NHK人間講座 2005年2月~3月期   → NHK人間講座 - Wikipedia

「ウイルス 究極の寄生生命体」 (奇しくもこれが最後の講座になります。)

2014年 エボラ出血熱(エボラウイルス)、デング熱(デングウイルス)が 世界中を脅かしています。
以前に読んだこの本をもう一度読み返したい。
特に、著者が説く「同じ生態系の一員として平和的に共存する道」が、あるといいのだけれど・・・。

 → エボラ出血熱 - Wikipedia ・ デング熱 - Wikipedia

内容と著者は →  [続きを読む]
ナマズ釣り超入門―ゼロから始めるナマズ釣り (CHIKYU-MARU MOOK RodandReel)
地球丸 (2014-06-26) / 1,620円1 users
暑いので、一日涼しい窓際に座りっぱなし。
少し歩かなくちゃ! 日が落ちてから、図書館へ行きました。
せっかくだからと新刊棚の本を読む。って、なんでこんな本を! o(*'o'*)o

釣りが趣味でもないのに、ちょっと手にとった本。
ナマズ釣りって!!
不気味なようでかわいいナマズ。
釣りをする気は全然無いけれど、どんなところにいてどうやって釣るのか。
写真がいっぱいあって面白かった。

2014/08/08 新刊棚で見つけて読み始める。ざっと眺めました。

内容と著者は →  [続きを読む]
コウモリの謎: 哺乳類が空を飛んだ理由
大沢 啓子 , 大沢 夕志 / 誠文堂新光社 (2014-04-15) / 1,620円10 users
読了:  2014年05月26日
都会の夕暮れ、ちょっと外にでると・・・飛んでいるのは、コウモリ(蝙蝠)。
南国の島でとぶフルーツコウモリ。
おなじみ吸血コウモリ???
バットマン!
ちょっと気味が悪いけれど、魅力的な生き物。

この本を読んで、コウモリのことをいろいろ知りました。
世界には、なんと1300種のコウモリがいる!! (日本には37種)
ほとんどはとっても小さく軽いそうです。
人間には聞こえない超音波で、「エコーロケーション」をし位置や獲物を探します。

意外だったのは、植物食のコウモリは人間に害をなし(作物を荒らす)、
動物食は、害虫を食べるので人間には役に立つということ。

コウモリ観察についても、丁寧に書かれています。
バードウォッチングなどと同じで、観察対象に影響を与えないこと、
観察場所など自然を大切にすること、が しっかり説明してあります。

巻末のコウモリミニ図鑑の写真を見て かわいい!と思えるかは、あなた次第です。(*^_^*)♪

2014/05/17 新刊棚で目を通して、予約 5/22 借りて読み始める。 5/26 読み終わる。

内容・目次と著者は →  [続きを読む]
スケッチで実験・観察
内山裕之 編著 / 星の環会 (2014-04-15) / 2,592円2 users
スケッチで実験・観察 生物の描き方とコツ

植物だけでなく、ちょっと苦手な生き物も!
いろんな生き物を描くにあたってのポイントがわかりやすい。

巻末には、専門的なことまで述べられている。

内容と著者は →  [続きを読む]
深海世界
読了:  2014年01月15日
新江ノ島水族館で、深海生物を見たいな!
 → 新江ノ島水族館
 12月28日(土)~1月5日(日)の年末年始は、開館時間を1時間早め、9:00~17:00まで営業


 特別展 深海
 国立科学博物館 7月6日(土)~10月6日(日) 

9/14(土)猛暑の中 深海展に行きました。
Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
深海展に行く:探査編
深海展に行く:深海生物編

2013/11/27 予約 12/21 借りる。12/23 読み始める。1/12 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
図説 世界史を変えた50の動物
エリック シャリーン / 原書房 (2012-09) / 3,024円45 users
読了:  2012年11月06日
2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

人間と深く関わってきた馬、この本のことを思い出しました。

 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/11/6 記

人間と深く関わってきた動物 49(と人間1)です。
太古からどんなふうに関わってきたか? 科学が発達したこれからは? 興味があります。
犬、猫、牛、馬、豚、羊、山羊、鶏、兎 など人間の身近で役に立つ動物は思いの外 多い。
ラクダ、ラマ、ロバ、シチメンチョウ、ミツバチ、カイコ、ハト、コイなども。
 家畜、ペット、医学実験用など。  → 家畜 - Wikipedia

ビーバーがダムを作るのは、どうなんでしょう? 毛皮は役だってきたでしょうね。
 役に立つからといって乱獲して 絶滅させた動物は これまで数知れず。
すでに絶滅したドードー、イグアノドン。
絶滅寸前か 時間の問題か・・・、ゾウ、オオカミ、アメリカヤギュウ、ミンククジラ、
単なる食料として重要なものも乱獲すれば、今後は恩恵を受けられません。 ニシン、鱈(ニシマダラ)。

染料・顔料などの色素として使われるもの。 アクキガイ(紫色)、カイガラムシ(赤色)。

一方、嫌なやつもいますよね。  蚊、蚤、虱、住血吸虫、、サバクバッタ(害虫)。 

科学や医学、農業などに役に立つ。 ハエ(ショウジョウバエ)、ネズミ、ヒル、ミミズ、ダーウィンフィンチ、チンパンジー。

強さや権威の象徴、宗教などに担ぎだされていても 扱いはひどい事が多い。 白頭鷲、ライオン、ハヤブサ、コブラ、タマオシコガネ。

そのほか、50に含まれているもの。
アザラシ、トナカイ、コウモリ、真珠貝。

初めて聞いた名前 「ミドリゲンセイ」 → ハンミョウ科 - Wikipedia

銃・病原菌・鉄」では、馬が重要な役割を果たしてきた事がわかる。

次は、これを読みたい。 → 図説世界史を変えた50の植物 ビル ローズ (著)

2012/10/19 新刊棚で見つけて借りる。 10/20 読み始める。11/6 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
大都会に息づく照葉樹の森―自然教育園の生物多様性と環境 (国立科学博物館叢書)
大好きな場所。 自然な環境の園内には たくさんの植物が季節を告げます。 
 ⇒ 附属自然教育園 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

この本は、国立科学博物館附属自然教育園のいろんな研究分野の論文集といったところで内容が少し専門的です。
冒頭を読み写真を見たら あとはパラパラと眺めるにとどめました。

2013/9/30 予約 2013/10/10 借りて読み始める。11/12 ざっと目を通す。

内容と目次は →  [続きを読む]
深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち
北村 雄一 / ネコ・パブリッシング (2005-11-01) / 1,749円46 users
購入:  2006年08月20日 1,700円 所有
読了:  2006年09月 星5つ
2013/09/14 追記
特別展 深海  国立科学博物館 2013年7月6日(土)~10月6日(日) 
行ってきました! 深海6500とダイオウイカに会いました。
その他にも珍しい生き物標本がズラリ!
特別展 深海へ行きたい ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2009/7/8 記
深海とそこにすむ生物についての講座は、数回受講しています。 ⇒ Myあれこれブログ:深海

不思議な生き物がいるんですよね!
で、会いに行きました。 ⇒ Myあれこれブログ:驚異の深海生物展だ!
この本は、そのとき買ったもの。
写真もたくさん載っていますし、イラストもすばらしい!

まだまだ謎だらけの深海、現在も 最新のテクノロジーで探索がなされています。
2008年には、この本の著者で、イラストレーターの北村先生の講座を受講し、興味深い話を聞きました。
 ⇒ Myあれこれブログ:なぜなに海洋科学研究所2-2

2006/8/20 購入
Newton (ニュートン) 2013年 09月号 [雑誌]
ニュートンプレス (2013-07-26) / 1,028円12 users
→ Myワード : 恐竜(きょうりゅう)

マンモスYUKAについて、今月号のNewton と TVで見て知った。
 2010年、シベリアの永久凍土から発掘された3万9000年前のメスのマンモス(10歳)。
 驚くべきことに四肢や長い鼻などがほぼ完全な状態で残っています。
 発見された時の状況が写真とともに紹介されている。
 DNAの採取は 無理そうです、残念 (^^ゞ

ぜひ見に行きたい!
特別展マンモスYUKA 7月13日(土)~ 9月16日(月・祝) 会期中無休
 パシフィコ横浜 展示ホールA (横浜市西区みなとみらい) →会場アクセス

2013 夏に行きたいイベントと映画 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2013/8/18、8/23 図書館で読む。

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (26)
1 SF
1 ◆児童文学と絵本
2 お絵かき
1 デジカメ&ビデオ
3 地球環境とエコロジー
2 暮らし・リフレッシュ
1 暮らし・衣食住
2 歴史
2 科学・テクノロジー
1 科学:医学
6 科学:恐竜と古生物・化石
2 科学:深海から宇宙まで
14 科学:生物・生命
42 自然
1 自然・人類
6 自然・植物
1 自然・野鳥
5 *図鑑・辞典
1 *新しいこと
5 *講座
2 *TV
2 @リンク集
50 @図書館
1 @要再読
1 Bs:アトリエ
1 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー