ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 科学・テクノロジー
並べ替え:
<< 2017年8月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/08/19 09:30
2017/08/16 20:18
2017/08/15 10:29
2017/08/13 20:31
2017/08/09 21:49
最近登録した本
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
ブロックチェーン入門 (ベスト新書)
オペラにいこう!―楽しむための基礎知識
オペラは手ごわい
メロドラマ・オペラのヒロインたち
ぱれーど (講談社の創作絵本)
アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュ…
ワーグナーのすべて (平凡社新書)
苔玉と苔 小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の…
苔玉と苔 育て方ノート
カウンター
累計14685  今日1  昨日0
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
<<2017年8月>>
登録数17 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門
東洋経済新報社 / 東洋経済新報社 (2016-11-11) / 1,404円16 users
ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門

内容 :
産業構造や企業戦略にインパクトを与えるAI(人工知能)。
海外の先進企業の戦略や日本企業の取り組みを紹介し、AIの可能性を検証する。
わかりやすい用語解説付き。



2017/02/10  予約 8/18 借りる。 読み始める。 読み終わる。
よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ
清水 亮 / KADOKAWA (2016-10-17) / 1,836円60 users
タグ *新しいこと 科学・テクノロジー @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT 更新日:2017年08月19日 01時24分13秒 2017/08/19
今話題の 「ディープラーニング」について知りたい!

よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディープラーニングのひみつ

内容 :
現在の人工知能を取り巻く状況とは? 今の人工知能に足りないこととは?
人工知能が完成したとき、どんな世界が待ち受けているのか?
研究者や人工知能をビジネス化している企業の担当者たちとの対談により解き明かす。

なぜ深層学習が革命的なのか? p14-38
松尾豊 松尾豊∥述 p42-70
4大IT企業がこぞって公開する深層学習フレームワークのねらい p79-85
岡島博司 岡島博司∥述 p86-105
深層学習戦争の鍵を握るハードウェア p105-107
村上真奈 村上真奈∥述 p110-121
劇的な進化を続ける深層学習用ハードウェアと課題 p122-124
ヒューマン・エンハンスメントとしてのAI p128-130
コンピュータ・グラフィックスとAIの相克性 p130-136
CGを生成して騙そうとするAIと、騙されないように見抜くAIの対決 p136-139
予測する人工知能 p139-141
写真を説明するAI、説明から写真を描き出すAI p141-143
アートとしてのAI p143-144
データマイニングと人工知能 p144-153
田島玲 田島玲∥述 p156-170
深層学習を応用した超人工生命LIS(Life In Silico) p176-180
意識は全て幻想である p180-183
前野隆司 前野隆司∥述 p184-211
満倉靖恵 満倉靖恵∥述 p214-239
世間話から哲学的な問いまで会話で答える人工知能 p250-253
汎用人工知能(AGI)とは? p253-254
山川宏 山川宏∥述 p256-285
一般超知能(ASI)はいかにして出現するか p285-287
齊藤元章 齊藤元章∥述 p290-322

著者 : 清水亮
株式会社UEI代表取締役社長兼CEO。株式会社ドワンゴ会長室第三課長を兼務。
著書に「教養としてのプログラミング講座」「実践としてのプログラミング講座」など。

2017/02/10  予約 8/3 借りる。 8/9 読み始める。 読み終わる。
 
人工知能のための哲学塾
人工知能が 賢くなるのはいいことだけど、だれもが少なからず不安を持っていると思います。
アトムのようないい子のロボットは、大歓迎。ぜひそばにいて欲しいね。
でも、ロボットが反逆したら? ん それは悪い人間のせいかも。
作った人のミス? AIが学習するデータが良くない?

本書を手に取った時は 人工知能と哲学 ??? と思ったけれど よく考えれば
AIも人間も 「考える」時の指標の一つが 「哲学」。
これからじっくり読もうと思ったのに、時間切れ・・・。
また借りて読みます!
やはり 哲学のことを知らないので 入っていけず 読まずじまい・・・。

本書とは関係ないかもしれないけれど、下記の講座で知ったこと。
17世紀の科学は、哲学(フィロソフィー)と呼ばれていたんですって。
科学史講座第3回に参加 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2017/05/01  予約 5/3 借りる。5/10 読み始める。5/30 途中で時間切れでいったん返却。 予約、再度借ります。
2017/7/4 2回目借り 7/20 読まずに返却

人工知能のための哲学塾

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
AIと人類は共存できるか?
人工知能学会 / 早川書房 (2016-11-12) / 2,268円30 users
AIが普及したからといって 夢のような世界が来るとはだれも考えないだろう。
人工知能(AI)はあらゆるところに使われる技術で、ボっとしていればAI搭載ロボットにこき使われる人間も出てくる。(今もITに使われている人は多そうだし。
どういう形の共存になるのかわからないけれど、AIだけが勝ち残るなんてことは無いんじゃないかしら。
で この本は面白いかと手にとったけれど、分厚い本だし わざわざ読むこともないかと思って結局返却。
また気が向いたら 読んでみよう!

 → 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) ・ 人工知能学会 - Wikipedia

2017/02/10  予約 2/15 借りて読み始める。ほとんど読まずに返却。

AIと人類は共存できるか?

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
『エクサスケールの衝撃』抜粋版  プレ・シンギュラリティ  人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る
齊藤 元章 / PHP研究所 (2016-12-21) / 1,404円12 users
エクサスケールコンピューティングとは何か。
エクサスケールとは単位のことで簡単にいえば京の100倍である。
過去にスパコンランキングで1位をとった日本のスーパーコンピューター京の100倍の性能を持ったコンピューター。

『エクサスケールの衝撃』抜粋版  
プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る

内容 : The Pre‐Singularity
まずエネルギーがフリーになり、生活のために働く必要がない社会が出現し、人類が「不老」を得る…。
気鋭の研究開発者が、「エクサスケール・コンピューティング」によってすべてが変わる鮮烈な未来を描き出す。

著者 : 齊藤 元章
1968年新潟県生まれ。東京大学大学院医学系研究科卒業。研究開発系シリアルアントレプレナー。医師(放射線科)・医学博士。


2017/02/10  予約 6/4 借りる。6/10 読み始める。 6/17 いったん返却して再予約。
 
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)
ノーベル化学賞(クロスカップリング反応の開発)の 鈴木章氏 監修の とても分かりやすい本です。
といっても全頁に 化学式がちりばめられています。
クロスカップリングのことは、全く知らなくって・・・。
基本からきちんと説明があり、化学式はともかく 文章とイラストだけでも分かった気になりました。
今も 研究が進んでいる分野で 日本が中心となっている技術なんですね。

ノーベル賞の鈴木章先生も 自宅で液晶テレビ、降圧剤のお薬と毎日お世話になっているそうで、私たちの生活には欠かせないクロスカップリング。
往々範囲も広く 研究が即 実用化されるのも、日本ならではのすばらしいことだそうです。

・・・ 有機化合物とは炭素─炭素骨格を含む化合物で、私たちの暮らしを支える製品(電子材料、医農薬など)に広く使われています。もともと有機化合物は、生物体が作り出す化学物質の総称でしたが、現在では有機合成反応という技術により、多くの有機化合物が人工的に生産できるようになってきました。
現在では、クロスカップリング反応は、農薬(殺菌剤、除草剤)、医薬品(降圧剤、抗がん剤)、電子材料(液晶、有機EL)など様々な工業製品の製造に利用されています。
本書を読めば、クロスカップリング反応は、日本の学術研究者と企業研究者が先導して発展させた世界に誇るべき反応技術であることが良く理解できると思います。・・・

有機合成

これからは、ニュースなどでクロスカップリングと聞いても 少しは内容がわかるようになったと思います。 (*^_^*)♪

2017/6/14 新刊棚で見つけて読み始める。始めはしっかり途中からはざっと読み終わる。

トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ポートとソケットがわかればインターネットがわかる――TCP/IP・ネットワーク技術を学びたいあなたのために (Software Design plus)
小川 晃通 / 技術評論社 (2016-11-19) / 2,462円13 users
毎日見ている インターネット。
いったいどういう仕組みになっているの? 知りたい!!

TCP/IPなど 本書に書かれていることは、ずいぶん前から学んで入るのですが、きっちり理解はできていません。
それに技術は進歩し変化します。
最近のことを知りたいと 読み始めましたが・・・。

知っておきたいことは、たくさんあり、欲張ってこの本も読み始めたけれど、途中で減速・・・。
期限切れで 返却しました。 また読みたいですね。

コンピュータ・電子工学 通信プロトコル

ポートとソケットがわかればインターネットがわかる
――TCP/IP・ネットワーク技術を学びたいあなたのために  (Software Design plus)

2017/02/11  予約 4/19 借りて読み始める。
5/9 途中で期限切れ、いったん返却して 再予約したが、予約件数制限のためキャンセル。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
アンダーアース・アンダーウォーター: 地中・水中図絵 (児童書)
読了:  2017年04月30日
友人が素晴らしい! と教えてくれました。

びっくり、絵本という予想と全く違います。
いろんな分野の専門書で 挿絵に使えそうな充実した内容。
シンプルだけど、本物みたい。 o(*'o'*)o

大きくて重かったので、図書館で ゆっくり見ましたが、
何度見ても新たな発見があって 見飽きない絵本です。

 → ほかの本も ぜひ読みたい! アレクサンドラ ミジェリンスカの本

2017/04/19  予約 4/30 借りて読み始め、いっきに読み終わる。

アンダーアース・アンダーウォーター: 地中・水中図絵 (児童書)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
人工知能はいかにして強くなるのか? 対戦型AIで学ぶ基本のしくみ (ブルーバックス)
小野田 博一 / 講談社 (2017-01-18) / 1,080円20 users
最新の 人工知能って どうなっているの?

本書はよくある人工知能の本とは一味違って チェスや囲碁などゲームをメインにして、人工知能のしくみが語られています。
なるほどと思う点もありますが、目から鱗なことが多い。
人工知能だとそのうち何でもできちゃうんでは! ということに対して シビアに解説してあります。
内容は ちょっと難しいけれど、回帰分析と判別分析、主成分分析のあたりまでついていければ 何とかなりそう、
チェッカー・チェス・囲碁のことを知っていれば さらに面白いでしょう。
囲碁では、AlphaGoの対局の話題をWebや雑誌でも見かけますが、それらの解説とは視点が違うのも、興味深いです。



2017/02/10  予約 3/8 借りて読み始める。4/9 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
毒々生物の奇妙な進化
一見かわいいカモノハシ、いかにも怖そうな蜘蛛やクラゲ・サソリ
 有毒動物満載のこの本には、びっくりです。
というより、それらの生物を研究している科学者たちの アプローチの仕方に驚きます。
面白かったけれど 途中まで読んで、中止。

猛毒種のDNAには、生命の歴史が詰まっていた!

◎本書に登場する愛おしくも恐ろしい奴ら◎

カモノハシ:カワイイ姿のその蹴爪に猛毒を隠す。
  刺されると大量のモルヒネを投与しても全く効かないほどの激痛に襲われる。
サシハリアリ:アマゾンの部族では、大量のサシハリアリを入れた手袋に手を入れて我慢する、という通過儀礼が今も存在する。
  部族以外では2、3秒で卒倒する。
アンボイナガイ:美しい貝殻に見惚れて手に取ったら最後。
  モリのような歯でどの毒ヘビよりも強力な毒を打ち込まれ、数分で命を落とす。
エメラルドゴキブリバチ:人間には無毒だが、ゴキブリにとっては悪夢の存在。
  脳に直接毒液を注入し、そのゴキブリをマインド・コントロールする。
ヤママユガの幼虫:毛のように見えるトゲの1本1本に毒がある。
  刺されると傷口や鼻・目の粘膜からの出血が止まらなくなる。

2017/3/8 新刊棚で見つけ、借りて読み始める。4/4 途中で中止。

毒々生物の奇妙な進化

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
子どもも大人もわからない「謎」「なぜ?」を科学する (宝島社文庫)
別冊宝島編集部 / 宝島社 (1999-06) / 566円10 users
タグ 科学・テクノロジー カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 評論・文学研究 更新日:2017年01月13日 16時46分26秒 2017/01/13
購入:  1999年 550円 所有
読了:  1999年
子どもも大人もわからない「謎」「なぜ?」を科学する (宝島社文庫)
 
メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
 → Myワード : ピクサー

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」

2016年3月5日(土)~ 5月29日(日)東京都現代美術館 (MOT)

面白かった。 ⇒ MOTのピクサー展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」について、もっと知りたい。

この本の新しい版 (文庫)
ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇 (ハヤカワ文庫NF)
デイヴィッド・A・プライス
早川書房 ( 2015-02-20 )
ISBN: 9784150504243




メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々

内容 :
「トイ・ストーリー」から「ウォーリー」まで驚異のCGアニメーションで映画業界の寵児となったピクサーは、
いかに苦難の日々を抜けて卓越した創造の場となったのか。
苦悩と情熱に満ちた天才達の30年間を徹底取材で明かす。

著者 : デイヴィッド A.プライス
ハーバード・ロースクールとケンブリッジ大学を卒業。ジャーナリスト。
ワシントンDC在住。

2016/05/26  予約 5/31 借りる。7/10 読み始める。 2017/1/13 いったん返却
ピクサー成功の魔法
 → Myワード : ピクサー

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展
2016年3月5日(土)~ 5月29日(日)東京都現代美術館 (MOT)
MOTのピクサー展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」について、もっと知りたい。

この本を読んだ後なので感激が薄いが、同じことでも視点が違えば訴えてくることも違う。
いったん途中でやめて もう一度読みます。

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法
エド・キャットムル 著, エイミー・ワラス 著 / ダイヤモンド社 ( 2014-10-03 )



ピクサー成功の魔法

内容 :
品質こそ最高のビジネスプラン!
遊び心に溢れたピクサーが、いかにしてスタッフの創造性と想像力、そして喜びに満ちた共同作業を促進する環境を作り出しているかを詳細に説明する。

著者 :
ビル・カポダイ,
カポダイ・ジャクソン・コンサルティングを共同で設立。
ディズニーの成功の法則を用いた独自の組織変革論を編み出す。講演でも活躍。
リン・ジャクソン
カポダイ・ジャクソン・コンサルティング共同設立者。

2016/05/26  予約 5/31 借りて読み始める。12/22 途中でいったん返却。
 
ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか(祥伝社新書)
本田幸夫 / 祥伝社 (2014-12-01) / 864円33 users
読了:  2016年10月05日
ロボット関連の本は数冊読んでいますが、この本は素晴らしい。
「現状の日本ロボット技術と それを社会に活かすこと」のために、どうしたらいいのかを最終目標にして、噛んで含めるように書かれています。

 ロボットが今世界ではどのように開発され使われているのか、将来は?
 ロボットを開発し、社会に浸透させるには、最初は青いインクの一滴を水に垂らすようなことをしなければいけない。
 青いインクは広がってやがて透明になりロボットは私達の 日常に溶け込んでいく。
 とはいってもロボットに頼りすぎてはいけない。ロボットはあくまでもアシスタント。
 アシスタントに支持するのは、私達です。

人型のロボットというと ついアトムのような可愛く利口で正義感あふれるロボットを欲しくなります。
けれど、オールマイティのロボットができるのを望んで待ち続けるより、機能に制約があっても特長を活かしたロボットを身近に使っていくほうがいいと思うようになりました。
一方心配なのは、クラウドで情報を共有し賢くなっているロボットを使えば、個人情報は筒抜けになるのではということ。そのあたりの技術が未熟なものは使えない。
後は、値段。 お手頃価格なら試してみたくなるでしょうね。(*^_^*)♪

参考 本書より新しい話題。(「本田幸夫」でGoogle検索より)
・ 本田幸夫教授に聞く、なぜ日本では介護や福祉でのロボット導入が進まない 2016/08/22
・ 日本は「ロボットのある日常」のパイオニアになれるか - ニュースイッチ 2015/08/14

2016/05/28  予約 6/9 借りる。 7/14 読み始める。10/5 読み終わる。

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか (祥伝社新書)

内容と著者は →  [続きを読む]
物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界
栗原 詩子 / 春風社 (2016-03-07) / 3,780円2 users
タグ アート 科学・テクノロジー *映画 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント 更新日:2016年09月08日 12時39分03秒 2016/09/08
アニメーション作成にまつわる面白い本を探しています。
これはどうかしら? これから読みます。

ノーマン・マクラレンのことは、全く知らなかった。
この本は、かなり詳しく興味のある人向き。
 以下のサイトを見ながら読むと理解が深まりそうです。
作品を見る → 【短編アニメ】カナダの映像作家ノーマン・マクラレンの世界【【実験映像】

 → ノーマン・マクラレン  (Norman McLaren, 1914年4月11日 - 1987年1月27日) - Wikipedia

2016/07/09  予約 7/13 借りて読み始める。9/8 途中で中止。

物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
読了:  2016年07月28日
アイボや Pepper、先日発売されたロボホン。
ロボットと暮らす日は近い。 なんだか楽しみ~。
どんなロボットがいいかな? 
「ズートピアのうさぎのジュディ」みたいなロボットにそばにいて欲しい!

ロボホン 欲しいかも ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
映画「ズートピア」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ロボット関連の本、3冊目。
この本は、産業ロボットを主に 基礎から、動くメカニズムや構成要素などがきちんとしかも読みやすく書かれています。
日本の技術の優れているところと課題もわかり、今後ニュースなどを見るときにも役に立ちそうです。
たぶんこれを3冊目に読んだのが、順番的に良かったと思います。

◇ 1冊め

ロボティクス 最前線
日経産業新聞 / 日本経済新聞出版社 ( 2016-01-07 )


◇ 2冊め




2016/05/26  予約 5/31 借りる。6/3 読み始める。 7/28 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
ロボット技術最前線 (I・O BOOKS)
I O編集部 / 工学社 (2014-11-26) / 2,052円7 users
読了:  2016年07月29日
一緒に暮らせるロボットがもうすぐやってきそうな予感。

 自分のことを何でも知ってて理解してくれる ~ データベース
 それを元に、楽しい会話ができる ~ 相手を読む AI
 お掃除とか家事とか やってくれる ~ ルンバ以上 
 いるだけで癒される ~ ペット以上
 危機管理、健康管理、・・・。
 めんどくさいこと 代わりにやってくれる! (*^_^*)♪
 時に飛んだり、時に歩いたり、転がったり、トランスフォーマーだ!

そう、トランスフォーマーの オプティマス・プライムとバンブルビーを合わせたようなやつで 普通はもっと小さいのがいいな。 o(*'o'*)o

ロボットの定義は、きっちりとは決まっていないけれど、
 ・ 人間が作った機械 (トランスフォーマーは当てはまらない トホホ)
 ・ 自分で考えて、自分で動く 
 ・ 自動で目標・目的を達成する機械

本書は、ロボットを作ってみたい人が最初に読むにも いい本だと思います。
ハードを作る、ソフトウェアを作る。これからやってみたい!と思いませんか。
 近藤科学 二足歩行ロボット「KHR‐3HV」
 教育版レゴマインドストーム EV3、
 ロボットベースボード「うおーるぼっと」

また、コミュニケーション型のロボットを入手して、自分用に育成?していくのもいいですよね。
 知育ロボット「Romo」
 感情認識ロボット「Pepper」

合わせて読んだ本

トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
日本ロボット工業会, 日刊工業新聞社 / 日刊工業新聞社 ( 2015-11-27 )


ロボティクス 最前線
日経産業新聞 / 日本経済新聞出版社 ( 2016-01-07 )


2016/05/28  予約 6/16 借りる。7/16 読み始める。7/29 読み終わる。


ロボット技術最前線 (I・O BOOKS) 基本技術から実際のマシンの仕組みまで

内容と目次は →  [続きを読む]
ロボティクス 最前線
読了:  2016年07月14日
ロボティクス 最前線

ロボットのことが、色んな角度から読みやすく書かれていて面白い本です。
日本と海外の取り組みの違い、研究と実用化についても なるほどとわかります。

「chapter6 廃炉に挑む」 には驚きました。
大震災と原発事故がロボット技術を大きく発展させています。
事故後、復旧には何十年もかかるとニュースできいて絶望的な気持ちになったっものです・・・。
本書を読んで、復旧のためにたくさんの作業用のロボットが開発され、実用化されていること、それも思いつかないほどの高性能なものもあり、地道に進んでいることに感動しました。
特に「4 溶けた燃料、素粒子で探る」では、「素粒子」は物理学者の基礎研究の対象だとばかり思っていたのが、廃炉のために使われているとのこと。
さらに今後の(起こってほしくない)災害にも、役に立っていくことを期待します。


この後読んだ本



トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
日本ロボット工業会, 日刊工業新聞社 / 日刊工業新聞社 ( 2015-11-27 )


2016/05/28  予約 6/9 借りる。6/14 読み始める。7/14 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
インターメディアテク: 東京大学学術コレクション
西野 嘉章 / 平凡社 (2013-11-27) / 1,944円17 users
読了:  2016年07月17日
友人に勧められて JPタワーの「インターメディアテク」に行きました。
7/2 「インターメディアテク」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
展示が多くて、消化不良気味。 また行くにしても 何か情報はないかと探して、この本に行き当たりましたが・・・。

「インターメディアテク」のコレクションの写真集です。
会場と同じで、解説はありません。 それがポリシーらしい。 o(*'o'*)o

本書の中ほどに、ご挨拶と 展示についての考えが書かれています。
ご挨拶では、広く一般の人にみてもらいたい旨が書かれています。

展示についての考えでは、他の博物館とは違う展示をしていることが強調されています。
また、多くの収集品が大学の研究施設に置かれたままなので、丸の内で展示をし、多くの人に見てもらうことのすることの有意義さも語られています。
展示に解説をつけることは、見る人に先入観を与える、見た目芸術的でないそうです。
そうかもしれませんが、展示を見て元知りたいと思った時に、その先への手がかりが皆無なので、そこで好奇心がぷっつり絶たれるのが、本当に身を切られる思いです。
ここに展示をされているものは、他では見られない、情報も得られない貴重なものが多いはず。
見栄えが悪いなら、本書のような本には有意義な解説をつけるとか、Webサイトには解説も載せるとか、なにか手立ては無いものでしょうか?

本書は、現地「インターメディアテク」に行けない人には 絶好の写真集です。


日本郵便+東京大学総合研究博物館 JPタワー 学術文化総合ミュージアム
インターメディアテク: INTERMEDIATHEQUE 東京大学学術コレクション

内容と著者は →  [続きを読む]
ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学
岡田美智男 , 松本光太郎 / 新曜社 (2014-08-18) / 2,052円11 users
タグ 科学・テクノロジー IT:ALL(情報技術) @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 人文・思想 更新日:2016年07月13日 18時05分36秒 2016/07/13
ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学

内容 :
介護の現場など、日常生活の中に繰り出し始めたロボット。
人とロボットとの関わりやコミュニケーション、そこでのロボットの生態学的なポジションについて、ロボット開発者や心理学者らが議論を展開する。

著者 :
岡田美智男 1960年福島県生まれ。豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。著書に「弱いロボット」など。
松本光太郎 1972年福岡県生まれ。茨城大学人文学部准教授。

2016/05/28  予約 6/9 借りる。 読み始める。7/13 読まずに一旦返却。

タグ (39)
1 ITのうちWeb関連
1 ITモバイル・携帯・スマホ等
21 IT:ALL(情報技術)
2 PCと周辺機器
1 SF
2 ◆まんが
1 ◆伝記
1 ◆小説:日本
1 ◆小説:海外
3 アート
1 ゲーム
1 スポーツ
1 デジカメ&ビデオ
1 哲学・思想・心理
6 地球環境とエコロジー
3 文化
5 暮らし・衣食住
5 歴史
4 災害と対策
1 生き方・考え方
4 科学:医学
3 科学:恐竜と古生物・化石
6 科学:深海から宇宙まで
5 科学:理数工学
6 科学:生物・生命
3 経済・ビジネス
2 経済・統計
7 自然
1 自然・人類
2 自然・動物
2 *図鑑・辞典
1 *実習
19 *新しいこと
4 *映画
1 *講座
4 *TV
3 @リンク集
86 @図書館
5 @要再読
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー