ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 科学・テクノロジー
並べ替え:
<< 2017年4月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/04/23 11:47
2017/04/23 11:05
2017/04/09 22:22
2017/04/06 16:45
2017/04/02 16:29
最近登録した本
ポートとソケットがわかればインターネットがわかる―…
古代女王ものがたり (文春文庫)
深い河 (講談社文庫)
野の草花 (福音館のかがくのほん)
ムッシュ・クラタ (新潮文庫)
永平寺の精進料理 七六〇年受け継がれた健康の智慧を…
陶芸に親しむ (NHK趣味百科)
大きなたまご (岩波少年文庫)
そこが知りたい!サンゴ飼育完全マニュアル (SAKURA・…
月刊碁ワールド 2017年 04 月号 [雑誌]
カウンター
累計14386  今日1  昨日4
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
<<2017年4月>>
登録数8 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
ポートとソケットがわかればインターネットがわかる――TCP/IP・ネットワーク技術を学びたいあなたのために (Software Design plus)
小川 晃通 / 技術評論社 (2016-11-19) / 2,462円11 users
コンピュータ・電子工学 通信プロトコル

ポートとソケットがわかればインターネットがわかる
――TCP/IP・ネットワーク技術を学びたいあなたのために  (Software Design plus)


内容 :
UNIXの「ポート」と「ソケット」を切り口に、インターネットの仕組みをわかりやすく解説。
コンピュータどうしがデータをやりとりする様子をポップなイラストで表現しつつ、今話題のクラウドコンピューティングまで紹介。

「楽しく通信技術を学んでみませんか?」インターネットのしくみはどうなっているのか?
――スマホなどで当たり前のように使っていますがその仕組みは案外説明できません。
本書は『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』のaicoさんのイラストで解説します。
インターネットで使用されている通信プロトコルの1つであるTCP/IPはUnixを土台に進化してきました。
「ポートとソケット」とはコンピュータ同士で通信をする際の重要な概念です。
これがわかるとサーバがどうやって動いているのか根本からわかるようになります。

目次 :

第0章 インターネットの仕組みをわかりたいあなたへ
第1章 Webを見ているときに起きていること
第2章 インターネットとUNIXとソケット
第3章 インターネットの仕組み
第4章 TCPとUDPとポート番号
第5章 DNSと「名前」
第6章 インターネットのガバナンス
第7章 ネットワークプログラムを書いてみよう!
第8章 ネットワークコマンドの使い方
第9章 IPv4とIPv6の違いとは何か?
第10章 NATはどのようにアドレス変換しているのか?
第11章 インターネットとサーバの関係

著者 : 小川晃通(あきみち) (@geekpage) | Twitter
1976年生まれ。慶應義塾大学政策・メディア研究科にて博士を取得。
ソニー株式会社にてホームネットワークにおける通信技術開発に従事。
退職後、ブログなどでの執筆活動に専念。

2017/02/11  予約 4/19 借りる。 読み始める。 読み終わる。
 
毒々生物の奇妙な進化
一見かわいいカモノハシ、いかにも怖そうな蜘蛛やクラゲ・サソリ
 有毒動物満載のこの本には、びっくりです。
というより、それらの生物を研究している科学者たちの アプローチの仕方に驚きます。
面白かったけれど 途中まで読んで、中止。

猛毒種のDNAには、生命の歴史が詰まっていた!

◎本書に登場する愛おしくも恐ろしい奴ら◎

カモノハシ:カワイイ姿のその蹴爪に猛毒を隠す。
  刺されると大量のモルヒネを投与しても全く効かないほどの激痛に襲われる。
サシハリアリ:アマゾンの部族では、大量のサシハリアリを入れた手袋に手を入れて我慢する、という通過儀礼が今も存在する。
  部族以外では2、3秒で卒倒する。
アンボイナガイ:美しい貝殻に見惚れて手に取ったら最後。
  モリのような歯でどの毒ヘビよりも強力な毒を打ち込まれ、数分で命を落とす。
エメラルドゴキブリバチ:人間には無毒だが、ゴキブリにとっては悪夢の存在。
  脳に直接毒液を注入し、そのゴキブリをマインド・コントロールする。
ヤママユガの幼虫:毛のように見えるトゲの1本1本に毒がある。
  刺されると傷口や鼻・目の粘膜からの出血が止まらなくなる。

2017/3/8 新刊棚で見つけ、借りて読み始める。4/4 途中で中止。

毒々生物の奇妙な進化

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
人工知能はいかにして強くなるのか? 対戦型AIで学ぶ基本のしくみ (ブルーバックス)
小野田 博一 / 講談社 (2017-01-18) / 1,080円16 users
最新の 人工知能って どうなっているの?

本書はよくある人工知能の本とは一味違って チェスや囲碁などゲームをメインにして、人工知能のしくみが語られています。
なるほどと思う点もありますが、目から鱗なことが多い。
人工知能だとそのうち何でもできちゃうんでは! ということに対して シビアに解説してあります。
内容は ちょっと難しいけれど、回帰分析と判別分析、主成分分析のあたりまでついていければ 何とかなりそう、
チェッカー・チェス・囲碁のことを知っていれば さらに面白いでしょう。
囲碁では、AlphaGoの対局の話題をWebや雑誌でも見かけますが、それらの解説とは視点が違うのも、興味深いです。



内容と目次・著者は →  [続きを読む]
AIと人類は共存できるか?
人工知能学会 / 早川書房 (2016-11-12) / 2,268円25 users
AIと人類は共存できるか?

 → 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) ・ 人工知能学会 - Wikipedia

内容 :
「倫理」「政治」「芸術」等の5つの異なるアプローチで、人工知能(AI)が普及した未来社会を描く。
SF作家の想像力と、AI研究者の最新知見が斬り結ぶ、書き下ろしアンソロジー。
人工知能学会創立30周年記念出版。

目次 :
 早瀬耕「眠れぬ夜のスクリーニング」×東京大学特任講師・江間有沙
人工知能研究をめぐる欲望の対話 江間有沙∥著 p89-104

 藤井太洋「第二内戦」×電気通信大学大学院情報理工学研究科教授・栗原聡
人を超える人工知能は如何にして生まれるのか? 栗原聡∥著 p168-183

 長谷敏司「仕事がいつまで経っても終わらない件」×国立情報学研究所・相澤彰子
AIのできないこと、人がやりたいこと 相澤彰子∥著 p242-254

 吉上亮「塋域の偽聖者」×筑波大学システム情報系助教・大澤博隆
AIは人を救済できるか 大澤博隆∥著 p332-351

 倉田タカシ「再突入」×公立はこだて未来大学教授・松原仁
芸術と人間と人工知能 松原仁∥著 p418-430

著者 :
長谷敏司 1974年大阪府生まれ。「楽園」でスニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。
藤井太洋 1971年奄美大島生まれ。電子書籍個人出版「Gene Mapper」を発表。他に「オービタル・クラウド」など。


2017/02/10  予約 2/15 借りて読み始める。 読み終わる。
 
子どもも大人もわからない「謎」「なぜ?」を科学する (宝島社文庫)
別冊宝島編集部 / 宝島社 (1999-06) / 566円10 users
タグ 科学・テクノロジー カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 評論・文学研究 更新日:2017年01月13日 16時46分26秒 2017/01/13
購入:  1999年 550円 所有
読了:  1999年
子どもも大人もわからない「謎」「なぜ?」を科学する (宝島社文庫)
 
メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
 → Myワード : ピクサー

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」

2016年3月5日(土)~ 5月29日(日)東京都現代美術館 (MOT)

面白かった。 ⇒ MOTのピクサー展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」について、もっと知りたい。

この本の新しい版 (文庫)
ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇 (ハヤカワ文庫NF)
デイヴィッド・A・プライス
早川書房 ( 2015-02-20 )
ISBN: 9784150504243




メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々

内容 :
「トイ・ストーリー」から「ウォーリー」まで驚異のCGアニメーションで映画業界の寵児となったピクサーは、
いかに苦難の日々を抜けて卓越した創造の場となったのか。
苦悩と情熱に満ちた天才達の30年間を徹底取材で明かす。

著者 : デイヴィッド A.プライス
ハーバード・ロースクールとケンブリッジ大学を卒業。ジャーナリスト。
ワシントンDC在住。

2016/05/26  予約 5/31 借りる。7/10 読み始める。 2017/1/13 いったん返却
ピクサー成功の魔法
 → Myワード : ピクサー

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展
2016年3月5日(土)~ 5月29日(日)東京都現代美術館 (MOT)
MOTのピクサー展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」について、もっと知りたい。

この本を読んだ後なので感激が薄いが、同じことでも視点が違えば訴えてくることも違う。
いったん途中でやめて もう一度読みます。

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法
エド・キャットムル 著, エイミー・ワラス 著 / ダイヤモンド社 ( 2014-10-03 )



ピクサー成功の魔法

内容 :
品質こそ最高のビジネスプラン!
遊び心に溢れたピクサーが、いかにしてスタッフの創造性と想像力、そして喜びに満ちた共同作業を促進する環境を作り出しているかを詳細に説明する。

著者 :
ビル・カポダイ,
カポダイ・ジャクソン・コンサルティングを共同で設立。
ディズニーの成功の法則を用いた独自の組織変革論を編み出す。講演でも活躍。
リン・ジャクソン
カポダイ・ジャクソン・コンサルティング共同設立者。

2016/05/26  予約 5/31 借りて読み始める。12/22 途中でいったん返却。
 
ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか(祥伝社新書)
本田幸夫 / 祥伝社 (2014-12-01) / 864円33 users
読了:  2016年10月05日
ロボット関連の本は数冊読んでいますが、この本は素晴らしい。
「現状の日本ロボット技術と それを社会に活かすこと」のために、どうしたらいいのかを最終目標にして、噛んで含めるように書かれています。

 ロボットが今世界ではどのように開発され使われているのか、将来は?
 ロボットを開発し、社会に浸透させるには、最初は青いインクの一滴を水に垂らすようなことをしなければいけない。
 青いインクは広がってやがて透明になりロボットは私達の 日常に溶け込んでいく。
 とはいってもロボットに頼りすぎてはいけない。ロボットはあくまでもアシスタント。
 アシスタントに支持するのは、私達です。

人型のロボットというと ついアトムのような可愛く利口で正義感あふれるロボットを欲しくなります。
けれど、オールマイティのロボットができるのを望んで待ち続けるより、機能に制約があっても特長を活かしたロボットを身近に使っていくほうがいいと思うようになりました。
一方心配なのは、クラウドで情報を共有し賢くなっているロボットを使えば、個人情報は筒抜けになるのではということ。そのあたりの技術が未熟なものは使えない。
後は、値段。 お手頃価格なら試してみたくなるでしょうね。(*^_^*)♪

参考 本書より新しい話題。(「本田幸夫」でGoogle検索より)
・ 本田幸夫教授に聞く、なぜ日本では介護や福祉でのロボット導入が進まない 2016/08/22
・ 日本は「ロボットのある日常」のパイオニアになれるか - ニュースイッチ 2015/08/14

2016/05/28  予約 6/9 借りる。 7/14 読み始める。10/5 読み終わる。

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか (祥伝社新書)

内容と著者は →  [続きを読む]
物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界
栗原 詩子 / 春風社 (2016-03-07) / 3,780円2 users
タグ アート 科学・テクノロジー *映画 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント 更新日:2016年09月08日 12時39分03秒 2016/09/08
アニメーション作成にまつわる面白い本を探しています。
これはどうかしら? これから読みます。

ノーマン・マクラレンのことは、全く知らなかった。
この本は、かなり詳しく興味のある人向き。
 以下のサイトを見ながら読むと理解が深まりそうです。
作品を見る → 【短編アニメ】カナダの映像作家ノーマン・マクラレンの世界【【実験映像】

 → ノーマン・マクラレン  (Norman McLaren, 1914年4月11日 - 1987年1月27日) - Wikipedia

2016/07/09  予約 7/13 借りて読み始める。9/8 途中で中止。

物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
読了:  2016年07月28日
アイボや Pepper、先日発売されたロボホン。
ロボットと暮らす日は近い。 なんだか楽しみ~。
どんなロボットがいいかな? 
「ズートピアのうさぎのジュディ」みたいなロボットにそばにいて欲しい!

ロボホン 欲しいかも ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
映画「ズートピア」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ロボット関連の本、3冊目。
この本は、産業ロボットを主に 基礎から、動くメカニズムや構成要素などがきちんとしかも読みやすく書かれています。
日本の技術の優れているところと課題もわかり、今後ニュースなどを見るときにも役に立ちそうです。
たぶんこれを3冊目に読んだのが、順番的に良かったと思います。

◇ 1冊め

ロボティクス 最前線
日経産業新聞 / 日本経済新聞出版社 ( 2016-01-07 )


◇ 2冊め




2016/05/26  予約 5/31 借りる。6/3 読み始める。 7/28 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
ロボット技術最前線 (I・O BOOKS)
I O編集部 / 工学社 (2014-11-26) / 2,052円7 users
読了:  2016年07月29日
一緒に暮らせるロボットがもうすぐやってきそうな予感。

 自分のことを何でも知ってて理解してくれる ~ データベース
 それを元に、楽しい会話ができる ~ 相手を読む AI
 お掃除とか家事とか やってくれる ~ ルンバ以上 
 いるだけで癒される ~ ペット以上
 危機管理、健康管理、・・・。
 めんどくさいこと 代わりにやってくれる! (*^_^*)♪
 時に飛んだり、時に歩いたり、転がったり、トランスフォーマーだ!

そう、トランスフォーマーの オプティマス・プライムとバンブルビーを合わせたようなやつで 普通はもっと小さいのがいいな。 o(*'o'*)o

ロボットの定義は、きっちりとは決まっていないけれど、
 ・ 人間が作った機械 (トランスフォーマーは当てはまらない トホホ)
 ・ 自分で考えて、自分で動く 
 ・ 自動で目標・目的を達成する機械

本書は、ロボットを作ってみたい人が最初に読むにも いい本だと思います。
ハードを作る、ソフトウェアを作る。これからやってみたい!と思いませんか。
 近藤科学 二足歩行ロボット「KHR‐3HV」
 教育版レゴマインドストーム EV3、
 ロボットベースボード「うおーるぼっと」

また、コミュニケーション型のロボットを入手して、自分用に育成?していくのもいいですよね。
 知育ロボット「Romo」
 感情認識ロボット「Pepper」

合わせて読んだ本

トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
日本ロボット工業会, 日刊工業新聞社 / 日刊工業新聞社 ( 2015-11-27 )


ロボティクス 最前線
日経産業新聞 / 日本経済新聞出版社 ( 2016-01-07 )


2016/05/28  予約 6/16 借りる。7/16 読み始める。7/29 読み終わる。


ロボット技術最前線 (I・O BOOKS) 基本技術から実際のマシンの仕組みまで

内容と目次は →  [続きを読む]
ロボティクス 最前線
読了:  2016年07月14日
ロボティクス 最前線

ロボットのことが、色んな角度から読みやすく書かれていて面白い本です。
日本と海外の取り組みの違い、研究と実用化についても なるほどとわかります。

「chapter6 廃炉に挑む」 には驚きました。
大震災と原発事故がロボット技術を大きく発展させています。
事故後、復旧には何十年もかかるとニュースできいて絶望的な気持ちになったっものです・・・。
本書を読んで、復旧のためにたくさんの作業用のロボットが開発され、実用化されていること、それも思いつかないほどの高性能なものもあり、地道に進んでいることに感動しました。
特に「4 溶けた燃料、素粒子で探る」では、「素粒子」は物理学者の基礎研究の対象だとばかり思っていたのが、廃炉のために使われているとのこと。
さらに今後の(起こってほしくない)災害にも、役に立っていくことを期待します。


この後読んだ本



トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
日本ロボット工業会, 日刊工業新聞社 / 日刊工業新聞社 ( 2015-11-27 )


2016/05/28  予約 6/9 借りる。6/14 読み始める。7/14 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
インターメディアテク: 東京大学学術コレクション
西野 嘉章 / 平凡社 (2013-11-27) / 1,944円17 users
読了:  2016年07月17日
友人に勧められて JPタワーの「インターメディアテク」に行きました。
7/2 「インターメディアテク」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
展示が多くて、消化不良気味。 また行くにしても 何か情報はないかと探して、この本に行き当たりましたが・・・。

「インターメディアテク」のコレクションの写真集です。
会場と同じで、解説はありません。 それがポリシーらしい。 o(*'o'*)o

本書の中ほどに、ご挨拶と 展示についての考えが書かれています。
ご挨拶では、広く一般の人にみてもらいたい旨が書かれています。

展示についての考えでは、他の博物館とは違う展示をしていることが強調されています。
また、多くの収集品が大学の研究施設に置かれたままなので、丸の内で展示をし、多くの人に見てもらうことのすることの有意義さも語られています。
展示に解説をつけることは、見る人に先入観を与える、見た目芸術的でないそうです。
そうかもしれませんが、展示を見て元知りたいと思った時に、その先への手がかりが皆無なので、そこで好奇心がぷっつり絶たれるのが、本当に身を切られる思いです。
ここに展示をされているものは、他では見られない、情報も得られない貴重なものが多いはず。
見栄えが悪いなら、本書のような本には有意義な解説をつけるとか、Webサイトには解説も載せるとか、なにか手立ては無いものでしょうか?

本書は、現地「インターメディアテク」に行けない人には 絶好の写真集です。


日本郵便+東京大学総合研究博物館 JPタワー 学術文化総合ミュージアム
インターメディアテク: INTERMEDIATHEQUE 東京大学学術コレクション

内容と著者は →  [続きを読む]
ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学
岡田美智男 , 松本光太郎 / 新曜社 (2014-08-18) / 2,052円11 users
タグ 科学・テクノロジー IT:ALL(情報技術) @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 人文・思想 更新日:2016年07月13日 18時05分36秒 2016/07/13
ロボットの悲しみ コミュニケーションをめぐる人とロボットの生態学

内容 :
介護の現場など、日常生活の中に繰り出し始めたロボット。
人とロボットとの関わりやコミュニケーション、そこでのロボットの生態学的なポジションについて、ロボット開発者や心理学者らが議論を展開する。

著者 :
岡田美智男 1960年福島県生まれ。豊橋技術科学大学情報・知能工学系教授。著書に「弱いロボット」など。
松本光太郎 1972年福岡県生まれ。茨城大学人文学部准教授。

2016/05/28  予約 6/9 借りる。 読み始める。7/13 読まずに一旦返却。
Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス
神崎 洋治 / 日経BP社 (2015-05-09) / 1,620円6 users
読了:  2016年06月02日
2016/06/02 
読み通してみると、面白い本でした。
第1章では、様々なロボットについて書かれていて、草分け的存在から、今一番熱いロボットまで、およそ時流がわかります。

 参考 → 2015国際ロボット展:トヨタの生活支援ロボット「HSR」、完成度高まる

第2章でやっと、Pepperについて語られます。その機能や活躍の状況。

 参考 → Pepper × YAMAHAボカロネット PepperTechFes 2014.9.20 - YouTube
 参考 → ディズニー映画「ベイマックス」 Pepper「ロボット声優」篇

第3章では、Pepperのシステム開発の話。難しくて縁がないかと思ったけれど、意外とできるかも。
 どんなことに使いたいかのアイデアが先か、使いつつアプリを開発するのが先か。
 SKD「コレグラフ」と アルデバラン・アトリエ秋葉原

 ★ アトリエ秋葉原 | 開発体験スペース | デベロッパー情報 | ロボット | ソフトバンク
 公式ブログ → Pepper アトリエ秋葉原 with SoftBank
 ★ SDK | 開発環境 | デベロッパー情報 | ロボット | ソフトバンク

第4章は Pepperも含めて、AIについて書かれています。
 これからのAIロボットはどうなっていくのか?
  Pepperと脳型コンピューター
  人工知能とディープラーニング
  IBMのワトソンを日本語対応させて、Pepperと連携していく。

参考 → ソフトバンク「Pepper」、IBMの人工知能「Watson」を搭載へ

本書を読むと、ロボットと暮らす未来が 楽しみになってきまが、
肝心のPepperは、プライベートより ビジネス志向のようです。
  
2016/5/27
Pepper自体も衝撃! ですが、本書も衝撃的に面白い。
内容が充実していてわかりやすく、Pepperだけでなく他のロボットのことや世の流れさえわかります。
これからは、ロボットと暮らす時代ですね!
と、本書を読んで、完全に「Pepper」モードになっているこの頃。 
(・・・もっと安ければ 買いたい!)

5/26に、ビックカメラに行ったら ロボホン の発売日。
「ロボホン」のことは全く知らなかったのけど、これはよさそう。小さな「Pepper」みたい!
ロボホン 欲しいかも ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

「Pepper」が100万円超なら、「ロボホン」は20万円超。
(ものを買うのも、以前なら本体や付属品の代金を払ってしまえばよかったのが、
 いまじゃネットに繋がるための継続的な料金が必要で、それが重要ポイントです)
Nexus7の時 1世代目を買ったら 2世代目がずっと良くなった悔しい思いがあるので、
喉から手が出るほど欲しいロボホンも、しばらく様子見ですね。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2016/3/24 ~ 
偶然、以下の本を読んだので、もう少し詳しく知りたくなりました。

Pepper スタートブック
竹田 真, 小枝 祐基
SBクリエイティブ ( 2015-03-25 )
ISBN: 9784797382242


最新情報
機械学習を活用した情報システムの数や規模が急拡大している。
 例えば、みずほ銀行は2015年10月、コールセンターで試用してきたIBM Watsonによる端末を20倍の規模に拡大。
将来的には、同年7月から5店舗に配置している人型ロボット「Pepper」と連携させる計画だ。


2016/03/24  予約 3/29 借りる。3/30 読み始める。6/2 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
フロントランナー 挑戦する科学者
TV サイエンスZERO を毎回見ています。 → NHK「サイエンスZERO」 - NHKオンライン

ノーベル賞をとってもとらなくても、多くの科学者が日々研究に取り組んでいます。

本書には、日本が誇る研究者たちのことが、2~4ページ程度に要約されて紹介。
この本を読んで、また関連情報が身近になるかも。



フロントランナー 挑戦する科学者

内容 :
宇宙論や量子力学から医学、さらにはダイオウイカやクラゲの研究まで、世界トップクラスの実績を上げている研究者37人にインタビュー。
取り組んでいる研究の意味や面白さを紹介する。『日経サイエンス』連載を書籍化。

目次 :
はじめに
1. 宇宙・世界を理解する
 大栗博司 超弦理論で世界の成り立ちを探る
 浅井祥仁 ヒッグス粒子を追い求めて
 羽澄昌史 素粒子研究を礎に宇宙の〝うぶ声〞を探る
 山田哲哉 「はやぶさ」カプセル帰還 輝く大気圏再突入技術

2. ミクロ・量子の世界を究める
 湯浅新治 スピントロニクスを誰にでもわかる形に
 河野行雄 量子の世界をテラヘルツ光で見る
 村上修一 誰も気づかなかった電子のふるまいを予言する
 香取秀俊 300億年に一秒の差を測る究極の時計 世界標準へ
 高野義彦 「お酒で超電導」から室温超伝導へ

3. 化学の力で新しいものを作る
 北川進 呼吸する有機材料を自在に設計する
 中村正治 有機化学に「鉄の時代」貴金属凌ぐ触媒を目指す
 野崎京子 右手と左手の違いを制御し新しいプラスチックを作る

4. 生き物に魅せられて
 窪寺恒己 深海の巨大イカを捕らえた
 久保田信 不老不死のクラゲを育てる
 中垣俊之 粘菌に知性の芽生えを探る
 川田伸一郎 謎に包まれたモグラ その生き様を探る
 中村健太郎 樹木の命をクローン技術でつなぐ

5. ヒトを理解する
 柳沢正史 睡眠の本質に遺伝学と神経科学で迫る
 宮尾祐介 文意が同じかどうかがわかるコンピューターを作る
 細田耕 ヒューマノイドで探る人間の運動機能の巧みさ
 海部陽介 アジアの化石に人類の進化を探る

6. 次世代医療を担う
 高橋政代 iPS細胞を使って網膜を再生する
 間野博行 がん治療を開く〝横綱〞遺伝子を探す
 林﨑良英 個人の遺伝情報を予防・診断につなげる
 山谷泰賀 がんを見ながらがんをたたく
 長谷川良平 「脳波で話す」装置 難病患者のもとへ

7. 難病・感染症を克服する
 高柳広 骨を中心に病気を見直す新しい概念の提唱へ
 柳田素子 慢性腎臓病を治る病気
 満屋裕明 エイズの治療薬を最速で出し続ける
 長谷川秀樹 インフルエンザからの解放を目指す

8. 地球を見る・探る
 田中宏幸 宇宙線で火山を透視する
 加藤泰浩 レアアースの泥で日本の未来を拓く
 本郷千春 宇宙からアジアの農地を見つめる

9. フロンティアを拓く
 大平徹 ノイズが開くおもちゃ箱を探る
 佐々真一 熱力学の地平を広げる
 小谷元子 不連続なものの形の本質を探る
 溝口紀子 微分方程式の解は爆発しても消えない



2016/02/17  予約 2016/02/24 借りる。2016/03/09 読み始め、一旦途中で保留。
2016/03/10 再予約
 

 
Pepper スタートブック
竹田 真 , 小枝 祐基 / SBクリエイティブ (2015-03-25) / 1,188円4 users
図書館の店に並ぶ本、背表紙を見て「Pepper」ってなに?
パラパラと見ているうちに、ほぼ全部読みました。

つねにクラウドにつながり最新情報でコミュニケーションをする人型ロボット。
ユーザーがプログラミングもできるも魅力。
ちょっと欲しい気がする~。(*^_^*)♪

1年前に出た本なので、その後どうなっているのでしょう。
 ・ 製品情報 | Pepper(一般販売モデル) | ロボット | ソフトバンク
 ・ Life with Pepper(ペッパーと暮らす) | 特集 | ロボット | ソフトバンク

 Pepperの本体価格は198,000円
 Pepper 基本プランは14,800円×36ヶ月
 Pepper 保険パックは9,800円×36ヶ月
こども(おとな)のおもちゃにしては、ちょっと高いかも。
それ以上の価値があれば!

店舗では、既に活躍し初めています。
2016/03/24のニュース
 ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を活用した、ロボットだけで接客を行う携帯ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」が東京・表参道に期間限定オープンしました。
・ ヒト型ロボットは雇用を奪えるか、Pepperだけで接客する携帯ショップに足を踏み入れてみた。東京・表参道に期間限定オープン

次は、この本を読みます。↓




2016/03/24 借りて読み始め、一気にほぼ読み終わる。

内容・著者は →  [続きを読む]
世界遺産 姫路城を鉄骨でつつむ。 よみがえる白鷺城のすべて
文藝春秋 / 文藝春秋 (2015-03-13) / 1,598円8 users
タグ 科学・テクノロジー 歴史 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・地理 更新日:2016年02月08日 10時50分56秒 2016/02/08
2015年11月25日 姫路城へ行きました。
大勢の観光客が、その美しさに見惚れ行列をなして場内に入ります。
この本の前に読んだ本で得た予備知識が、すごく役立ちました。
出来上がってしまえば、気づかないようなところにも、城を保存して後世に伝えるための技術と努力が活かされているんですね。

美しい白鷺城の修復には、最新のテクノロジーと伝統の職人技、
 そして何よりも 細心の心配りが重要だったということが、わかります。

もう一冊 読みました。 面白かった!

姫路城 平成の大修理
神戸新聞総合出版センター, 神戸新聞出版センター=
神戸新聞総合出版センター ( 2015-03 )
ISBN: 9784343008459


2015/11/11 予約 12/3 借りて読み始め ざっと目を通す。 2016/02/08 返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
姫路城 平成の大修理
タグ 科学・テクノロジー @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 更新日:2015年11月25日 18時50分36秒 2015/11/25
読了:  2015年11月25日
2015年11月25日 大修理が終わって白く輝く姫路城に 友人たちと行くことになりました。

『姫路城 平成の大修理』って、どこをどう修理したのかしら。
それにはどんな技術が使われ どんな苦労があったのかしら。
この本を行きの新幹線の中で読んで、バッチリ予習しましたよ。
お城の周りを歩きながら、城内の急な階段を登りながら、本で読んだことを確かめて、ん倍楽しめました。(*^_^*)♪

帰ってから、この本も読みます。


2015/11/11  予約 11/23 借りる。 11/25 読み始め一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
65億のハートをつかめ! スポーツ中継の真実 世界一の国際映像ができるまで
タグ スポーツ 科学・テクノロジー @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション 更新日:2015年10月19日 11時16分06秒 2015/10/19
読了:  2015年10月18日
2015年8月に行われた「世界陸上2015」、その時に、偶然見つけた本です。

フィールドとトラックで複数種目が同時に行われる陸上競技は、放送するのが大変だということがわかりました。
本書では、2007年の大阪世界陸上を、世界に発信(別途国内用も)する現場の活動が、2003年ごろの準備段階からいきいきと描かれています。
若い人材がリーダーとして登用され、周囲を巻き込んで熱い放送が配信される。
これから、陸上競技をTVでみる楽しみが増えました。

世界陸上、100m200mウサイン・ボルト優勝 ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」


2015/08/28  予約 9/10 借りる。9/11 読み始める。 10/18 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]

タグ (39)
1 ITのうちWeb関連
1 ITモバイル・携帯・スマホ等
18 IT:ALL(情報技術)
2 PCと周辺機器
1 SF
2 ◆まんが
1 ◆伝記
1 ◆小説:日本
1 ◆小説:海外
3 アート
1 ゲーム
1 スポーツ
1 デジカメ&ビデオ
5 地球環境とエコロジー
3 文化
5 暮らし・衣食住
5 歴史
4 災害と対策
1 生き方・考え方
4 科学:医学
2 科学:恐竜と古生物・化石
6 科学:深海から宇宙まで
4 科学:理数工学
5 科学:生物・生命
2 経済・ビジネス
2 経済・統計
6 自然
1 自然・人類
2 自然・動物
2 *図鑑・辞典
1 *実習
18 *新しいこと
4 *映画
1 *講座
4 *TV
3 @リンク集
80 @図書館
4 @要再読
2 Myめも
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー