ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/21 12:12
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
2017/10/17 10:24
最近登録した本
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
不忠臣蔵
カウンター
累計14759  今日0  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数10 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
購入:  2010年01月14日 0円 所有
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)

2017/10/5 母から借りてきた 陶芸の本。
陶芸教室の役に立つかしら?

内容 :


著者 :


2017/10/2 読み始める。
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
新企画出版局 (2009-02-20) / - 1 users
タグ 工芸 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 雑誌 更新日:2017年10月16日 20時33分32秒 2017/10/16
購入:  2009年03月02日 0円 所有
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]

2017/10/5 母から借りてきた 陶芸の本。
陶芸教室の役に立つかしら?

内容 :


著者 :


2017/10/2 読み始める。
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
購入:  1993年01月14日 0円 所有
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月

2017/10/5 母から借りてきた 陶芸の本。
陶芸教室の役に立つかしら?

内容 :

2017/10/2 読み始める。
陶遊 2002年 02月号
タグ 工芸 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 雑誌 更新日:2017年10月16日 20時33分05秒 2017/10/16
購入:  2002年02月20日 0円 所有
陶遊 2002年 02月号

2017/10/5 母から借りてきた 陶芸の本。
陶芸教室の役に立つかしら?

内容 :


著者 :


2017/10/2 読み始める。
陶芸 手びねりでつくる食の器
佐藤 和彦 / 誠文堂新光社 (2012-06-01) / 1,728円4 users
読了:  2017年07月21日
2017年春に始めた陶芸教室も前期3回が終了。
4つの作品を年度から作って 絵付けしたところです。
まったくの初めてなので、何が何だかわからず 数冊の本を読みました。

著者 佐藤 和彦さんの陶芸の本は たくさんあるので 順に読もうと思っています。
 → 佐藤 和彦 陶芸の本

本書に登場する食器は、日常で使えるけれど ちょっと個性的。
お手本として 眺めています。

2017/06/19  予約 7/20 借りて読み始める。7/21 読み終わる。8/27 講座の前に目をとおす。9/8 返却

陶芸 手びねりでつくる食の器

内容と著者は →  [続きを読む]
やきものをつくる絵付けの愉しみ (陶磁郎BOOKS)
陶芸教室に入って3回目は 絵付けです。
いったいどうやるのかしら?

本書は、素晴らしい作品の作成過程が 豊富な写真で堪能できる。
何度見ても見飽きない。

・ 吉川水城 ― 吉川水城 益子の黒釉を受け継ぐ - 陶芸ネット

・ 山田義明 ― 九谷焼作家 山田義明 - 九谷焼彩匠会

・ 豊福誠 ― 豊福誠の作品一覧-公益社団法人日本工芸会 ・ 日本陶磁芸術学会東京藝大支部 - 豊福 誠 Makoto TOYOFUKU

・ 杉浦康益 ― 杉浦 康益 | 柿傳ギャラリー - 京懐石 柿傳 ・ より写実的に

・ 近藤濶 ― 近藤濶 作家紹介 -清水寺参道- 京都清水 五条坂・茶わん坂


2017/06/27  予約 7/1 借りて読み始め、一気に読み終わる。

やきものをつくる絵付けの愉しみ (陶磁郎BOOKS)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
絵付けと装飾がわかる本 基本編 (陶工房・施釉装飾講座)
陶芸教室に入って3回目は、絵付けをします。
超初心者の講座なので、解説はなし。楽しくやるだけです。
どんな絵を描けばいいの? 

使うのは、「SN-陶芸本焼き絵の具 10色セット

参考になりそうな本を探しました。
この本には、たくさんの技法が書かれていて クラクラします。
その中の1つが 素焼きをした作品に チューブの絵具で絵を描くもの。

第3章 下絵付けによる装飾  <== これをやります
 下絵具、(チューブの下絵具・・・)
  絵の描き方の詳しい説明はありません。
  絵具による発色の違いなどが 掲載されています。

・ 陶芸Q&A集(新日本造形株式会社)

巻末 陶芸機材・原材料・用具の取扱店から抜粋
釉薬・絵具類 - ヒュース・テン 
・ 丸二陶料株式会社ホームページ

2017/06/27  予約してすぐ借りる。6/28 読み始める。7/17 必要な個所のみ読み終わる。

絵付けと装飾がわかる本 基本編 (陶工房・施釉装飾講座)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
プロの手技に学ぶ陶芸 手びねりでつくる茶と花の器
佐藤 和彦 / 誠文堂新光社 (2012-08) / 1,728円2 users
読了:  2017年06月27日
陶芸教室に通い始めたのだけど、まったくの初めてで 何が何だかわからない。!!(>д<)ノ
てびねりでひも状の粘土を巻き付けていく方法は、この本が一番参考になりそうです。
とはいっても、この本の作品は とっても独創的!
たぶん技術レベルも高いものばかりだろうが、どこがすごいのかもわからない。
数冊読んだ本に書かれている作り方はそれぞれ違っていて、それがまた陶芸の奥の深さを感じさせられます。

「佐藤 和彦」の陶芸の本は たくさんあるので 順に読んでいきたい。

2017/06/19 予約 6/24 借りる。6/25 読み始める。6/27 ざっと読み終わる。

プロの手技に学ぶ陶芸 手びねりでつくる茶と花の器

内容と目次は →  [続きを読む]
はじめてシリーズ 陶芸入門2 ろくろと手びねり
読了:  2017年06月27日
陶芸教室に通い始めた。 手びねりで自由に作っていいのだが、何をどうしていいのやら。
講師の説明を聞いたときは わかった気がするのだが、いざ始めると全く説明通りには手が動かない。
少しは参考になるかと、数冊目をとおしています。


2017/06/19 予約 6/24 借りる。6/25 読み始める。6/26 読み終わる。

はじめてシリーズ 陶芸入門2 ろくろと手びねり
飯碗・ゴブレット・銘々皿 湯呑・徳利を作ろう。

内容と目次は →  [続きを読む]
やきものをつくる 滝口和男の手びねりの器 (陶磁郎BOOKS)
滝口 和男 / 双葉社 (2000-04) / - 1 users
2017年5月から陶芸教室に参加。
まったく初めてのまっさらの状態で、1回目に臨む。
講師は気さくで優しくそして プロ! の素晴らしい方です。

講座での技法は てびねり。

というので、「手びねり」の本を探しました。

この本では、著者「滝口和夫」が 細かいことにこだわらない おおらかで夢のある作品の制作過程を 丁寧に 写真と文章で解説。
やればやるほど 内容の深さがわかりそうです。
一通り目をとおしたので、いったん返却。 また借ります!

・ 滝口和男先生 -陶芸家ご紹介-|トピックス|日本陶芸倶楽部

理想は高く! 
「特別展「茶の湯」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
陶磁器の名品 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2017/05/27  予約 6/4 借りて読み始める。 6/17 ざっと読み終わる。

やきものをつくる 滝口和男の手びねりの器 (陶磁郎BOOKS)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
はじめての作陶 手びねりの茶碗 (茶の湯 手づくりBOOK)
日本陶芸倶楽部 / 淡交社 (2003-03-01) / 540円2 users
読了:  2017年06月19日
2017年5月から陶芸教室に参加。
まったく初めてのまっさらの状態で、1回目に臨む。
講師は気さくで優しくそして プロ! の素晴らしい方です。

講座での技法は てびねり。

というので、「手びねり」の本を探しました。

友人に陶芸教室のことを話したら、やっぱ、楽茶碗。それと一輪挿し。
2017/6/18 講座2回目 茶碗(らしきもの) と 花瓶(らしきもの)にチャレンジしました。
 なんったて 茶の湯展 見に行ったばかりですから!

「特別展「茶の湯」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
陶磁器の名品 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本書は、楽茶碗のほか、蓋置や香合の作り方が 書かれています。
講座でのやり方とは違う工程もあるけれど、読んでおいてよかった。

2017/05/27  予約 6/4 借りて読み始める。 6/17 ざっと読み終わる。

はじめての作陶 手びねりの茶碗 (茶の湯 手づくりBOOK)

内容と目次は →  [続きを読む]
陶芸に親しむ (NHK趣味百科)
陶芸に親しむ (NHK趣味百科)


内容 :



2017/4/13  読み始める。 読み終わる。
京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション
村田 理如 / 淡交社 (2008-09-01) / 30,240円2 users
読了:  2017年02月28日 星5つ
・ 東京都庭園美術館 1月14日(土)~ 4月9日(日)
 並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性
 繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家 並河靖之、没後90年を記念する回顧展。

最初は、七宝がこんなに素晴らしいとは知らなかったが、
友人一押しの 並河靖之 の作品。
展覧会に行く前に 下調べを兼ねて 本書を読みました。
あまりの美しさに、全頁を 舐めるがごとくじっくりと数回鑑賞。
作品の説明書きが、他作品もすぐ見比べられるように配慮されていて、素晴らしいです。
大きな本で、写真もすごく美しいし、前書きもあとがきも 素晴らしい文章です。

もし、一点 もらえるとしたら・・・、(*^_^*)♪
 バーダーとしては、雉のツボか、鷹がTOPにつけられたツボ でしょうか。 
 ガーデナーとしては、後期の藤の花と葉がリアルなツボ。
 ガーリーな視点では、名刺入れですね。

上記の 「並河靖之七宝展」にも、本書に載った作品が 多数展示されていて、
実物は さすが、美しかった!

京都の 「清水三年坂美術館」に行ってみたくなりました! → 清水三年坂美術館 - Wikipedia

京七宝 並河靖之作品集 ― 清水三年坂美術館コレクション

本書に掲載された作品の写真は、以下のページで見ることができます
清水三年坂美術館
 ●「明治の七宝」(2016.5/20~2016.8/14)
 ●「明治の七宝」(2011.11/25~2012.2/19)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2004.12.1-2005.2.27)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2003.3.1-2003.6.1)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2002.3.2-2002.5.30)


2017/02/21  予約 2/28 借りて読み始め、じっくり読み終わる。

京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション

内容と著者は →  [続きを読む]
本村 宗睦 / 木耳社 (1988-12) / - 1 users
・ 東京都庭園美術館 1月14日(土)~ 4月9日(日)
 並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性
 繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家 並河靖之、没後90年を記念する回顧展。

展覧会に行く前に、七宝について知っておきたい!
1988年出版の本なので、内容が古い というか 本が古い・・・。
写真だけパラパラと見て 返却。

木耳社 mokujisya の もくじ を漢字変換してもでてこない。
 見たことある単語・・・木耳 そう きくらげ でした。 

2017/2/28 図書館で借りて 写真の部分のみ ざっと見る。

七宝事典―制作と鑑賞

内容と著者は →  [続きを読む]
国別 すぐわかる世界の染め・織りの見かた
道明 三保子 / 東京美術 (2004-08) / - 4 users
 丸山コレクション 西アジア遊牧民の染織 ~塩袋と旅するじゅうたん~
 たばこと塩の博物館 1月21日(土)~4月9日(日)
   西アジアの遊牧民の生活に欠かせない「塩袋」をはじめ、
  オールド、アンティーク毛織物の絨毯など約70点を紹介します。
 こちらを見てから行きたい! → Web展覧会 第5回 西アジア遊牧民の塩袋

2017/2/19 行きました!
塩袋と旅するじゅうたん展と塩の講座へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

さて、「遊牧民の染織」に関する本はないかと探したけれど、見つからない。

この本には、「中央・西アジア」の 染織 について載っているので、目をとおした。
衣服のことが主。 袋などはのっていなかった。
世界中の 染色がコンパクトにまとめられているので、面白そう。
今回は、「中央・西アジア」のページだけを見たが、次はゆっくり全部読みたいな。 

2017/2/10 借りて、読み始める。中央アジアのみ読み終わる。

国別 すぐわかる世界の染め・織りの見かた

内容と目次・著者は →  [続きを読む]

タグ (6)
2 アート
6 文化
4 *実習
10 @図書館
2 @要再読
5 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー