ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > ◆小説:海外
並べ替え:
<< 2017年6月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/06/21 14:19
2017/06/20 14:05
2017/06/14 19:21
2017/06/13 21:44
2017/06/11 12:57
最近登録した本
一生使えるプレゼン上手の資料作成入門
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日…
標本BOOK
小さなお店&会社のホームページ Jimdo入門
3ステップで簡単!  ご馳走 山料理 小雀陣二の厳選レ…
東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか
首都東京 地下鉄の秘密を探る (交通新聞社新書)
地下をゆく (イカロス・ムック)
カラー版 - 地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇 …
宿根草と低木で スコットランド流手間いらずの庭づくり
カウンター
累計14562  今日2  昨日2
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
<<2017年6月>>
登録数14 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)
タグ ◆小説:海外 @図書館 *映画 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年05月24日 22時11分26秒 2017/05/24
読了:  2013年04月04日 星5つ
2017/5/24
2017年4月7日(金)公開の映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を、TOHOシネマズ みゆき座 に見に行きました。

 ⇒ 映画「LION 25年目のただいま」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


 実話を基にしたデヴ・パテル主演の人間ドラマ。迷子歴25年の男が、Google Earthで生まれ故郷を探す旅に出る。
 2017年(第89回)のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門でノミネート。
 → 25年目の「ただいま」 単行本

この映画を見る前に、本書と「ぼくと1ルピーの神様」を先に読んでおいてよかった。
インドの子供たち(大人も)の暮らしが、あまりにも日本と違う。
映画の最後に、今も年間8万人もの迷子の子供がいるとのクレジットが出ていましたが、
機知と勇気と幸運に恵まれた子供の話には、本当に驚きと感動です。
 → 日本ユニセフ協会 映画特設サイト

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

2013/4/4
映画「スラムドッグ$ミリオネア」をTVでみて、びっくりしました。
『スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。
インド人外交官のヴィカス・スワラップ[2]の小説『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。
第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)、
第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。
第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。

原作があると知り、読んでみます。
映画とは、内容がかなり違いますが、その分2倍楽しめました。
でも、「楽しめた」という表現は、微妙です。
世界には、こんな子供達がいる! 
漠然と知ってはいてもその現実が語られると、落ち着いて座っていられない何かがあります。
人間の長い歴史の中では、そうやってたくましく又は不幸に生きた多くの人達がいて、
現代ののんびり恵まれた私達がいます。

先日の、『TEDカンファレンス』
 ハンス・ロスリング 「The magic washing machine 魔法の洗濯機」
 では、世界の人口で、「電気が使える人」の割合、
 その中で 「洗濯機が使える人」の割合、が図示され驚きました。
そして、今でも川や井戸端で 手洗いの洗濯をしている女性がなんと多いことか。

話はそれましたが、「ぼくと1ルピーの神様」すごく面白かったです。
 一番好きだったのは、ラム13歳の時
 隣に住む天文学者の親子の話を壁越しに聞いて、天文学のことを知るところ。
 夜の空がただの暗い空から 驚きと発見に満ちた特別な世界に変わり
 友人のサリムと二人嬉しくて小躍りする!
 逆境の中でも、優しさと誇りを失わず 夢に向かって生きるラムとサリム。
読み終わった後は、暖かく爽やかな気持ちになりました。

著者 スワループ の2作目も読むつもりです。
 → 6人の容疑者 上 (RHブックス・プラス)


2013/03/23 予約  3/30 借りて読み始める。4/4 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
6人の容疑者 下 (RHブックス・プラス)
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年05月24日 22時11分06秒 2017/05/24
読了:  2013年05月19日
2017/5/24
2017年4月7日(金)公開の映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を、TOHOシネマズ みゆき座 に見に行きました。

 ⇒ 映画「LION 25年目のただいま」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


 実話を基にしたデヴ・パテル主演の人間ドラマ。迷子歴25年の男が、Google Earthで生まれ故郷を探す旅に出る。
 2017年(第89回)のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門でノミネート。
 → 25年目の「ただいま」 単行本

この映画を見る前に、本書と「ぼくと1ルピーの神様」を先に読んでおいてよかった。
インドの子供たち(大人も)の暮らしが、あまりにも日本と違う。
映画の最後に、今も年間8万人もの迷子の子供がいるとのクレジットが出ていましたが、
機知と勇気と幸運に恵まれた子供の話には、本当に驚きと感動です。
 → 日本ユニセフ協会 映画特設サイト

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

2013/5/19
上巻を読み終えて、下巻に突入!
話は、ますます面白くなる。

現代インドの殺人事件、被害者も容疑者6人もかなり波瀾万丈の人生を送っている。
中には、奇想天外とさえ言える人も!
複数の主役の話しを細切れに展開していくのではなく、
冒頭で全員が登場したあと、中盤はじっくりと個別の容疑者の人生が語られるので没頭して読むことができる。
そして、全員が絡んだ後半、殺人事件の真相が幾重にも絡んで、解き明かされていく。
とにかく面白かった。 
 ただ困るのは・・・、インドには怖くて 行く気にならないということ。(^^ゞ

主な舞台 → MyMap作成

ウッタル・プラデーシュ州 首都ラクナウ  

◆ デリー (ニューデリー) 
ニューデリー南部、マフラウリーにあるヴィッキー・ラーイの豪華なファームハウスに、人びとが集まり事件が起こる。

ニューデリーでの舞台の写真があります。 → インドの旅:ニューデリー(上)

◆ ペイジの足跡
インディラ・ガンディー国際空港 → ニューデリー → US Embassy(アメリカ大使館) → ジャンムー・カシミールの首都シュリーナガル → インド側のカシミールからパキスタン側のカシミール → ムザッファラーバード(ムザファラバード) → ニューデリー → ロサンゼルス

◆ シャブナム・サクセーナー ムンバイ在住 → 故郷ウッタル・プラデーシュ州アーザムガル(アザンガル)のクルミトラへ → ニューデリー

◆ エケティのインゲタイ探し 
 アンダマン諸島 → コルカタ → チェンナイ ラージャスターン州 → ヴァーラーナシー( ワーラーナシー) → アラーハーバード → ジャイサルメール → ニューデリー 
 
 アラハバードの祭り 「マーグ・メーラー」 ~ インドのヒジュラー暦でマーグの月に行われる祭り

 シヴァリンガ ~ ヒンドゥ教の神様 シヴァ → Wikipedia
(インディージョーンズ「魔宮の伝説」に出てくる「シャンカラストーン」が、シヴァリンガ)



一人ずつでも映画の作品になりそうな濃い内容、訳者あとがきによると映画化の計画もあるらしい。

ヴィカース スワループの第3作も、期待しています。

◆ 登場人物で、一番心に残るのは やはりエケティだろう。
謝辞にも詳しく書かれている。

オンゲ族に関すること → Google検索結果 「オンゲ族 アンダマン諸島

アンダマン諸島 → Wikipedia

・ マドゥシュリー・ムケルジー著「裸の人びとの国-石器時代に暮らす島民との出会い」
 Madhusree Mukerjee 『The Land of Nacked Peaple: Encounters with Stone Age Islanders,Penguin India』 2003 未訳

・ アンダマン諸島の部族民について Andaman Association, Lonely Islands - The Andamanese ~ ジョージ・ウェーバーのウェブサイト

参考 これでインディア 2005年1月


2013/04/16 下巻 予約 4/23 借りる。5/6 読み始める。 5/19 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
6人の容疑者 上 (RHブックス・プラス)
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年05月24日 22時10分20秒 2017/05/24
読了:  2013年05月06日
2017/5/24
2017年4月7日(金)公開の映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を、TOHOシネマズ みゆき座 に見に行きました。

 ⇒ 映画「LION 25年目のただいま」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 実話を基にしたデヴ・パテル主演の人間ドラマ。迷子歴25年の男が、Google Earthで生まれ故郷を探す旅に出る。
 2017年(第89回)のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門でノミネート。
 → 25年目の「ただいま」 単行本

この映画を見る前に、本書と「ぼくと1ルピーの神様」を先に読んでおいてよかった。
インドの子供たち(大人も)の暮らしが、あまりにも日本と違う。
映画の最後に、今も年間8万人もの迷子の子供がいるとのクレジットが出ていましたが、
機知と勇気と幸運に恵まれた子供の話には、本当に驚きと感動です。
 → 日本ユニセフ協会 映画特設サイト

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

2013/5/6
「ぼくと1ルピーの神様」 を読んで面白かったので、次はこれを読もう!

殺された被害者と6人の容疑者、それぞれのグレーな人生のストーリーが展開されていく。
腐敗した政治と社会の中で暮らす人々には、思わぬことが起こる、すごく面白い!
かといって奇想天外なこと、やたらに奇をてらったストーリーでなく、有りそうだけど巻き込まれたくない事件が起こります。
上巻を読んだので、次は下巻にGO!

2013/04/04 予約 4/9 借りて読み始める。 5/6 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
サキ短編集 (新潮文庫)
サキ / 新潮社 (1958-03-18) / 497円103 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年01月12日 20時49分51秒 2017/01/12
鶴我裕子のエッセイで 紹介されていたので、読んでみよう。

内容 :


著者 :
中村能三/訳

2017/01/05  予約 1/12 借りる。 2017/1/13 いったん返却
クッキー交換会の隣人たち (お料理名人の事件簿 3) (ランダムハウス講談社文庫)
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年12月24日 12時20分17秒 2016/12/24
読了:  2011年11月26日
お料理名人の事件簿 シリーズ1,2を読んで次はこれ!

表紙には、クリスマス用のかわいいクッキーがたくさん!
登場人物ともおなじみになったことだし、
 クッキーと紅茶をいただきながら読みましょう。

主人公フィリスは定年退職をした元教師、友人や家族に恵まれている。
近所で事件が起こり、巻き添えになったフィリスが、
 真実を知りたい性分や 近所とのつながりを大切にする(おせっかい?)精神で、調べていくうちに・・・・。
隣近所の家庭にも、外から見えない秘密やトラブルがあることがわかってきます。

巻末には、クッキーやクリスマスの料理のレシピが紹介されていますよ。

2011/11/10 予約  11/12 借りる。 11/14 読み始める。11/26 読み終わる

リヴィア J ウォッシュバーンの著作
既読 ・ 桃のデザートには隠し味   (お料理名人の事件簿1 RHブックス・プラス) A Peach of a Murder (2006)
既読 ・ かぼちゃケーキを切る前に  (お料理名人の事件簿 2 ランダムハウス講談社文庫 ウ 3-2 ) Murder by the Slice (2007)
既読 ・ クッキー交換会の隣人たち  (お料理名人の事件簿 3 ランダムハウス講談社文庫) The Christmas Cookie Killer (2008)

まだ! ・ 休日には向かないクラブ・ケーキ  (お料理名人の事件簿4) (RHブックス・プラス) Killer Crab Cakes (2009)

内容と著者は →  [続きを読む]
プラハの墓地 (海外文学セレクション)
ウンベルト・エーコ / 東京創元社 (2016-02-22) / 3,780円82 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年12月03日 21時15分02秒 2016/12/03
ウンベルト・エーコの本を読んでみたい。
と思ったけれど、分厚い本のうえ 概要が「憎しみと差別のメカニズム」・・・で ちょっとビビる。
そしたら この本のTwitterにリツイートが たくさんきてびっくり。
面白いことはわかっている!? ので、これはもう 読むしかないね!

下調べをしたほうがよさそう

・ シオン賢者の議定書 - Wikipedia
・ 「シオン賢者の議定書」とオカルティスト
・ 神秘学 - Wikipedia
・ オカルティストとオカルティズム① | 世界の終わり

結局、暗い印象のこの本を読む気にはならなかった。映画になれば見たいけど。

2016/11/01  予約 11/9 借りる。11/23 読み始める。12/3 読まずに返却。

プラハの墓地 (海外文学セレクション)

内容と著者は →  [続きを読む]
フーコーの振り子〈上〉 (文春文庫)
ウンベルト エーコ / 文藝春秋 (1999-06) / 3,332円143 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年11月24日 15時40分28秒 2016/11/24
ウンベルト エーコの本を読んでみたい!
と思って借りた本だけど・・・
図書館の本なので、古くて黄ばんで文字は小さくって、あまりあまり読む気になれず返却。

2016/11/01  予約 11/9 借りて読み始める。11/23 ほとんど読まずに返却。

フーコーの振り子〈上〉

内容と著者は →  [続きを読む]
薔薇の名前〈下〉
ウンベルト エーコ / 東京創元社 (1990-02-01) / 2,484円265 users
タグ *映画 @図書館 ◆小説:海外 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月01日 19時31分34秒 2016/11/01
読了:  2006年04月
2016/11/01 追記
著者のウンベルト・エーコ氏が 無くなったとのこと。
 → 2016.02.21 SUN 12:10 ウンベルト・エーコが遺したもの /wired.jp
2月19日、『薔薇の名前』を始めとする数多くの記憶に残る作品の著者が、ミラノで息を引き取った。84歳。
彼の最後の反骨の行動は、出版社「テーセウスの船」の設立だった。

2009/7/6 記
映画もおもしろかった!
 ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前

内容と著者は →  [続きを読む]
薔薇の名前〈上〉
タグ *映画 @図書館 ◆小説:海外 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月01日 19時29分34秒 2016/11/01
読了:  2006年04月
2016/11/01 追記
著者のウンベルト・エーコ氏が 無くなったとのこと。
 → 2016.02.21 SUN 12:10 ウンベルト・エーコが遺したもの /wired.jp
2月19日、『薔薇の名前』を始めとする数多くの記憶に残る作品の著者が、ミラノで息を引き取った。84歳。
彼の最後の反骨の行動は、出版社「テーセウスの船」の設立だった。

2009/7/6 記
映画もおもしろかった!
 ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前

内容と著者は →  [続きを読む]
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
ダン・ブラウン / 角川書店 (2005-09-01) / 40,783円27 users
読了:  2006年11月
2016/10/08 追記
ダ・ヴィンチ・コードに夢中になったのは、10年前なんですね。懐かしい~。
第三弾 超大作『インフェルノ』
 インフェルノ 2016年10月28日(金)公開 TOHOシネマズ 日劇
 ダン・ブラウンのミステリー小説を映画化した“ロバート・ラングドン“シリーズ第3弾。
 ダンテの『神曲』“地獄篇“を巡る世界規模の脅威を描く。


2010/7/10 追記
その後の 映画 2009年5月15日公開 「天使と悪魔」 大ブレークした映画 「ダ・ヴィンチ・コード」の第二弾。
本を読んだり、TV映画で見ました。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2006/11/9 記
映画 2006年5月公開 「ダ・ヴィンチ・コード」は大ブレークでした。
原作も読んだし、関連本もたくさん読みました。
ブームに便乗しただけのつまらない本に、時間をとられないように!

「ダ・ヴィンチ・コード」のときは、ずいぶんたくさん本を読んだんですよ。
 ⇒ My「あれこれフリーク」ブログ:「ダ・ヴィンチ・コード」関連記事 (2006/5)
 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」関連 ~ pasoboのバインダー(本棚)

 → 映画 『ダ・ヴィンチ・コード』 オフィシャルサイト

 [続きを読む]
天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版
ダン ブラウン / 角川書店 (2006-12) / 11,960円8 users
未読: 
2016/10/08 追記
ダ・ヴィンチ・コードに夢中になったのは、10年前。

第三弾 超大作『インフェルノ』映画化。
 インフェルノ 2016年10月28日(金)公開
 ダン・ブラウンのミステリー小説を映画化した“ロバート・ラングドン“シリーズ第3弾。
 ダンテの『神曲』“地獄篇“を巡る世界規模の脅威を描く。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2009/6/24 ダン・ブラウン 「天使と悪魔―ヴィジュアル愛蔵版」
予約、1年待たされて そろそろ番が回ってきた。 (熱はさめちゃったけど・・・)
2010/6/30 読み始める。途中でやめて返却。

◇ この本も、分厚いばかりで、イマイチ。
ヴィジュアル愛蔵版って言うけれど、これくらいの画像がついていて普通じゃないのかなぁ。
1年待ったから最初は読んだけど、途中でやめちゃうかも。
映画は 気楽だし、面白いかもしれないので、TV放映待ちかな。

◇ 映画 2009年5月15日公開 「天使と悪魔」
大ブレークした映画 「ダ・ヴィンチ・コード」の第二弾。
今回は、フィーバーしてるのかしら? 私は、TVで見ます。

◇ 内容に興味があるのなら むしろ、面白いのはこちらかも!
 → 物理学者とともに読む「天使と悪魔」の虚と実 50のポイント
 東京大学教授 早野龍五 (CERN研究所における反物質研究グループのリーダー)

◇ 「ダ・ヴィンチ・コード」のときは、ずいぶんたくさん本を読んだんですよ。
 ⇒ Myブログ:「ダ・ヴィンチ・コード」関連記事 (2006/5)

読んだ本 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」関連の本 ~ pasoboのバインダー(本棚)

内容と著者は →  [続きを読む]
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
タグ SF ◆小説:海外 *映画 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年06月28日 19時58分21秒 2016/06/28
読了:  2016年06月28日
2016年05月17日 に 上巻を読み終えたので 下巻が待ち遠しかった。

2016年2月公開の映画「オデッセイ」リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演、すごく面白かった。
映画「オデッセイ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

映画もすごく面白かったが、原作はその数倍も面白い。
次から次へと起こるトラブル、それに冷静に対処する主人公マーク。
地球と交信が取れているときは天才たちの支援を受け、
交信ができなくなった時は、自分の脳力をフル回転。
 知力・気力・体力& ユーモア!
とにかく最高に楽しめる本です。
映画を先に見ていたのでイメージがつかみやすかったのもよかった。

2016/05/10  予約 6/8 借りる。 6/9 読み始める。6/28 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー / 早川書房 (2015-12-08) / 691円81 users
タグ SF ◆小説:海外 @図書館 *映画 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年05月17日 20時01分35秒 2016/05/17
読了:  2016年05月17日
2016年2月公開の映画「オデッセイ」リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演、すごく面白かった。
映画「オデッセイ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

原作も読みたい! というわけで、人気のこの本の上巻を 2ヶ月待って、読んでいます。
この後 下巻も待たされそう・・・。

映画も面白かったけれど、本は更に面白いです。
火星に取り残された主人公が、アイデアを実現するため、必要な物資を獲得するためなどに 様々な計算をします。
映画では追いつかなかったことも、本なら読み返して納得できます。
それと、会話に挟まれるトレビア的なこと、知ってる時は嬉しい(世界共通)し、
ナンノコッチャラ ポカーンとするのは、文化の違い? 私の無知?(^o^ゞ;

奇抜だけど実際にありそうな内容は、近未来には絶対に役に立つと思う。
それにしても、著者アンディ・ウィアーって一体どんな人?
 → アンディ・ウィアー - Wikipedia

今日(2016/05/17)は、「π字型」の人材という言葉を知りました。
 縦棒2つは深い専門分野を2つ、それをつなげた横棒は、幅広い分野についてある程度のことが分かっていることを指す。
主人公 マーク・ワトニーはまさにそうですね。ワトニーにはさらに いいところがたくさんあります。
柔軟性が有り、楽観的で行動的、あと体力です!
映画は マット・デイモン主演だから つい 『ボーン・アイデンティティー』シリーズなんかと結びつけちゃうしね。
体力ないと生き延びれない。!!(>д<)ノ (*^_^*)♪
何かひとつの専門領域を掘り下げるのが「I字型」で、幅広い知識とひとつの専門領域を持つのが「T字型」。そのT字型に、もうひとつ異なる専門分野を別に持っているのが「π字型」の人材


2016/02/13  予約 4/26 借りる。4/29 読み始める。5/17 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
戦火の馬
マイケル モーパーゴ / 評論社 (2011-12) / 1,404円24 users
タグ ◆小説:海外 *映画 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年05月06日 14時07分09秒 2016/05/06
読了:  2012年04月27日 星5つ
2016/05/06
久しぶりに、TV放送があります。
5/7~5/8 深夜0時から DLife 映画 「戦火の馬」、楽しみ!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

馬といえば 感動したこの本 War Horse と映画がまっさきに思い浮かびます。
 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/4/27 記

この本を原作とした映画 「戦火の馬」が、2012年3月2日公開され、見てきました。

2012/3/21 「映画「戦火の馬」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

すごく面白かった。 馬がこんなに賢いとは思ってもいなかったので、感動です!

戦争映画というと、鎧兜の歴史絵巻だったり、ハイテク機器や宇宙ものだったりを見ることが多いですが、
これは、等身大で行われる戦いとして 怖さのリアリティが伝わってきます。

本では 馬(ジョーイ)は主人公で 語り手です。
映画を見た後で読んだので、あまりなじみのない馬の状況(騎馬、農耕馬、使役)など
イメージが沸きやすくよかった。
敵も見方も同じ人間(馬も!)なのに・・・・、戦争の悲惨さ、無意味さが 伝わってきます。

2012/3/19 予約。4/20 借りる。4/21 読み始める。4/27 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
魂をなくした男(上) (新潮文庫)
「魂をなくした男」を読もうと思って、シリーズを見直したら、
「城壁に手をかけた男」までは、読んでいるけれど
どうやら、「片腕をなくした男」の(上)で ストップしたまま。
前作「顔をなくした男」も 読んでいないみたい・・・。

なんといっても、すらすら読めるような本ではないのですが、
これが完結編ならなおのこと、1つ飛ばして読むわけにもいかないだろう。

魂をなくした男(上)   (新潮文庫) 『2014/11 シリーズ第15弾』
大好評シリーズ、遂に完結。

シリーズ一覧
 フリーマントルのチャーリー・マフィンシリーズ - Amazon

内容 :
チャーリー・マフィンはモスクワの空港で妻ナターリヤと娘を英国へ逃がすも、自身は銃撃で負傷、病院に運ばれ当局が尋問を始める。
MI6はロシア連邦保安局副長官の亡命に成功するが、彼は息子が合流しないかぎり英政府には何も情報を提供しないと黙秘し…。
MI5の保護下に置かれたナターリヤもまた、チャーリーを連れ戻すまでは、と協力を拒否している。
大好評シリーズ、遂に完結。

著者 : ブライアン フリーマントル

2016/04/12 借りる。 5/3 読まずにいったん返却。
 
魂をなくした男(下) (新潮文庫)
シリーズ一覧
 フリーマントルのチャーリー・マフィンシリーズ - Amazon

魂をなくした男(下)  (新潮文庫) 『2014/11 シリーズ第15弾』
大好評シリーズ、遂に完結。

内容 :
チャーリー暗殺を計画したが失敗したMI6では、早くも責任のなすりあいが始まっていた。
一方でMI5はチャーリーを狙撃した犯人を突き止めるため調査を開始。
そんな中、MI6がチャーリーに銃口を向けるのが目撃され…。

MI6部長は焦っていた。チャーリー暗殺を計画したが失敗。再び抹殺を企てるも、同組織内では早くも責任のなすりあいが始まっていた。
一方でMI5はチャーリーを狙撃した犯人を突き止めるため調査を開始。
そんな中、MI6がチャーリーに銃口を向けるのが目撃され、両情報機関の非難合戦はピークに。
諜報員同士の騙しあいに次ぐ騙しあい、暗闘、嫉妬……。
エスピオナージュの白眉。

著者 : ブライアン フリーマントル


2016/04/12 借りる。  5/3 読まずにいったん返却。
 
スター・ウォーズエピソード1ファントム・メナス (ソニー・マガジンズ文庫)
タグ *映画 ◆小説:海外 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2015年12月27日 20時42分47秒 2015/12/27
購入:  1997年07月 620円 所有
読了:  1997年
2015年12月18日(金)公開
待ちに待った「スター・ウォーズ」の新作
 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒

12/21 に 見ました。最高!
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 3D」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

これに合わせて、「スター・ウォーズ」エピソード1~6が日本テレビで放送

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

1999年7月公開の映画、監督 ジョージ・ルーカス
「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」

原作も読みたい! さっそく購入です!

さらに、2012/3/16(金)公開!『スター・ウォーズ エピソード1』 3D 
ライトセーバーの戦いが 3Dで実現 → You Tube 予告編

 → スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス - Wikipedia

内容は →  [続きを読む]
第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579)
読了:  2015年12月25日
2015年10月16日
TVで 映画「第九軍団のワシ」を見ました。すごく面白かった。
この本を途中までしか読んでいないことを思い出し、もう一度読むことにしました。
読み終わったら、また映画を見ます。

本と映画は、違う面白さです。
映画は、スピード感やアクションが重要で戦闘シーンは、古代の野性的なものです。

一方、本では内容は緻密で心理描写もしっかりしています。
追われて逃げるシーンはハラハラですが、映画とは全く違っていて原作のほうが人間味があります。
帰ってからも、じっくり話が進みます。
奪還した「ワシ」をどうするのか、二人は英雄になるのか、第9軍団の名誉は回復されるのか・・・。
マーカスとエスカは真の友情で結ばれ、美しく成長したコティアとともにブリテンで暮らすことを選びます。

本書は、続く三作と合わせて『ローマン・ブリテン四部作』となります。
マーカスの子孫が「ワシ」を見つける話は、『銀の枝 (岩波少年文庫)』に書かれているので、『辺境のオオカミ (岩波少年文庫)』と順に読もうと思います。

『ともしびをかかげて』は既に読みました。面白かった!





池田正孝さんの 本書の表紙写真と、巻末の「サトクリフの作品舞台を訪ねて」を読むと 行ってみたくなります。
池田正孝さん → 児童文学の作品とその舞台を訪ねて
 日本各地の児童文学ファンの皆さんへ、
 スライドとレクチャーでヨーロッパ児童文学作品とその舞台背景の写真をスライドで紹介しています。
参考 読みたいイギリスの児童文学 
 → お話とスライドで楽しむ児童文学の記録

2015/10/16 再予約 10/20 借りて読み始める 12/25 読み終わる。

2012/6/28 記
獣の奏者7の巻末、著者とブックコメンテーター・松田哲夫の対談で、
読んで面白い本、「ローズマリ サトクリフ 」の1つとして紹介されていた。

この本を原作とした映画 「第九軍団のワシ」 が、2012年3月17日公開です。(渋谷ユーロスペース)
いまなお解明されていないイギリス歴史上の謎を題材に、美しくもミステリアスなスコットランドの地を舞台に繰り広げられる歴史ミステリーの傑作が誕生した。
消えた父と5000名の兵士の真相が明らかになるとき、父と息子の揺るぎない絆、命を懸けたそれぞれの決断に強く心打たれるだろう。
原作は、1954年に発表されたイギリスの女流児童文学者ローズマリ・サトクリフの小説「第九軍団のワシ」。
主演は、ハリウッドの次世代を担う若手俳優チャニング・テイタムと、『リトル・ダンサー』の衝撃的デビュー後、演技派俳優へと成長したジェイミー・ベル。
監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』のケヴィン・マクドナルド。(作品資料より)


2012/3/8 予約 3/16 借りる。4/28 読み始めるが期限切れで一旦保留。

内容と著者は →  [続きを読む]
グリークス―10本のギリシャ劇によるひとつの物語
ギリシャ神話(ギリシア神話)を戯曲という少し違った表現で読んでみよう。
読み始めると、なんとなく知っている話がでてきて親しみやすい。

せっかく戯曲を読むのだから、声を出して朗読してみよう ♪
 なぁんて、無謀な試みをやってみると、思ったように音読できない。
子供の頃、学校で教科書を音読するのは、わりと簡単だったのに・・・。
音読なんてそれ以来していないし、脳と声を出す機能(喉や舌や口や声帯)の衰えかなぁ。!!(>д<)ノ
だとしたら、挑戦するのも悪くない。 毎日少しづつね。o(*'o'*)o

ググってみると 「脳が活性化し、前向きになる音読健康法。」や「音読効果は頭が良くなる最強勉強法!」や「ひたすら音読していくと開運する」なんてのがあるよ。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

この本を、読むきっかけは、このイベントです。

秋の特別展 ギリシア考古学の父シュリーマン
 初公開! ティリンス遺跡原画の全貌
古代オリエント博物館 9月19日(土)~ 11月8日(日)
「ギリシア考古学の父シュリーマン」展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2015/10/13  予約 10/20 借りる。11/7 読み始める(音読)。 12/5 読みきれずに中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
かぼちゃケーキを切る前に (ランダムハウス講談社文庫 ウ 3-2 お料理名人の事件簿 2)
タグ ◆小説:海外 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2015年10月31日 19時21分31秒 2015/10/31
読了:  2011年10月27日
ハロウィンにぴったりの表紙をみて、ぜひ読まなくっちゃ!

リヴィア J ウォッシュバーン著の おいしいミステリー、お菓子づくしのシリーズ第2弾。

気楽に読めるミステリー、主人公は定年になった元教師。
 同じように定年の教師で友人数人を下宿させて、暮らしている。
普通の町に 事件が!

ケーキ作りのレシピ本ではありませんが、
 ちゃんとレシピも書いてあるので、表紙の「かぼちゃケーキ」も作れるよ! 

2011/10/4 予約 10/10 借りて読み始める 10/26 読み終わる

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (25)
12 SF
4 ◆まんが
1 ◆伝記
16 ◆児童文学と絵本
2 ◇クライトン
33 ◇クランシー
16 ◇フリーマントル
3 ◇ブラッドベリ
1 アート
3 外国:中国
1 旅行
3 歴史
1 神話・伝説・民話
1 科学・テクノロジー
1 科学:恐竜と古生物・化石
3 音楽:オペラ
2 *人気!?予約で待たされる
41 *映画
3 *TV
3 @リンク集
3 @友人・知人他から
91 @図書館
1 @要再読
5 Bs:書斎本棚
1 Myブログ
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー