ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > ◆小説:日本
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
2017/10/17 10:24
2017/10/12 13:00
最近登録した本
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
不忠臣蔵
カウンター
累計14758  今日1  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数10 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
わたしを離さないで
タグ ◆小説:日本 @友人・知人他から カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2017年10月20日 00時52分24秒 2017/10/20
2017年10月13日
ドラマ『わたしを離さないで』再放送が決定 | TBSホット情報 - TBSテレビ
 → TBSテレビ 2016年1月期金曜ドラマ『わたしを離さないで』公式サイト 1~10話

気づくのが遅く1回目は見そびれたが、2回目からは、録画予約しました。

2017/10/7
カズオ・イシグロ氏が2017年にノーベル文学賞を受賞!
ずいぶん前に この本を読んだことを思い出した。
あいにく 内容も感想も覚えていない~。 
もう一度読みたいし、他の作品も 読んでみたいが、図書館は、長い待ち行列だろうね。

<再放送決定!> 10月8日(日) NHK[Eテレ]後11:00
「カズオ・イシグロ 文学白熱教室」
ノーベル文学賞の受賞が決定した、ベストセラー作家カズオ・イシグロ。
自作をひもときながら、学生たちに文学の真髄を語った「白熱教室」を特別アンコール放送します。 
くわしくはこちらへ!
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=11917&f=fb
・ 白熱教室 カズオ・イシグロ 文学完全版 - YouTube

You Tubeで カズオ・イシグロのことを知ろう!
・ 「飛行機に乗っても行くことはできない日本」ノーベル文学賞受賞カズオ・イシグロ 文学白熱教室ダイジェスト NHKニュース
・ カズオ・イシグロ氏の素顔 ノーベル文学賞 スッキリ ニュース
・ 世界的作家、カズオ・イシグロが英国大使館で記者会見 - YouTube
・ 映画『わたしを離さないで』予告編 → わたしを離さないで (吹替版)
・ You Tube ≪AI朗読≫[カズオ・イシグロ]わたしを離さないで《ノーベル文学賞受賞者》 1:10:55

 → カズオ・イシグロ - Wikipedia  → Kindle版 まとめ買い

 書店になくても すぐ読める!→ 著書・作品 Amazon


2006/8/19 友人が 本を貸してくれました。 
カズオ・イシグロの 『私を離さないで』 ・・・ ゆっくり読みますね。

おまけに お菓子も一緒に送ってくれたので  とってもHAPPY!

内容 :
全寮制施設に生まれ育ったキャシーは、今は亡き友人との青春の日々を思い返していた。
奇妙な授業内容、教師たちの不思議な態度、キャシーたちがたどった数奇で皮肉な運命。
彼女の回想は施設の驚くべき真実を明かしていく…。

著者 :
1954年長崎生まれ。60年父親の仕事の関係でイギリスに渡る。
ソーシャル・ワーカーとして働きながら執筆活動を開始。
著書にブッカー賞受賞作「日の名残り」など。

カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人小説家である。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を、
2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住。
 
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
上橋 菜穂子 / KADOKAWA/角川書店 (2014-09-24) / 1,728円306 users
読了:  2017年09月24日
本屋大賞のこの本、全然知らなかったけれど、
TVアニメ「獣の奏者」の上橋菜穂子の作品とわかり
読みたいなと思ったら、大人気!

図書館では、多分1年半以上は待たされそうです・・・。
ブログにそんなことを書いたら、友人が届けてくださいました。
ありがとうございます。
上橋菜穂子の「鹿の王」読みたい! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

鹿の王(上)から読みます!

ついに最後まで読みました、面白かった。
最後まで先が見えない展開に、ハラハラドキドキ。 
上から下まで 時間の許す限り 一気に読みました。

2015/04/21 友人に借りる。6/5 読み始める。途中までで中断。
2017/9/19 2回目 上に引き続き下を読み始める。 9/24 読み終わる。
 
内容と著者は →  [続きを読む]
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
上橋 菜穂子 / KADOKAWA/角川書店 (2014-09-24) / 1,728円349 users
読了:  2015年06月05日
本屋大賞のこの本、読みたいなと思ったら、大人気!
図書館では、多分1年半以上は待たされそうです・・・。

ブログにそんなことを書いたら、友人が届けてくださいました。
ありがとうございます。 → のんびりと~「下町親父の日記帳}

やらなきゃいけないことを大急ぎで片付けて、さぁ読みますよ!

上橋菜穂子の「鹿の王」読みたい! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

最初から惹きつけられるストーリー。
聞きなれない地名や人名ですが、違和感なく読めます。
後半は深夜から朝まで ぶっ通しで読みました。
内容が濃く、自然やちょっとした場面の描写など 文章がうまくてまるで見ているよう。 
下巻も楽しみ!



2015/04/21 友人に借りる。4/22 読み始める。6/4 読み終わる。
2017/8/23 再度初めから読み直す。 以前より内容が頭に入ってくる。
2017/9/19 2回目読了

内容と著者は →  [続きを読む]
AIと人類は共存できるか?
人工知能学会 / 早川書房 (2016-11-12) / 2,268円31 users
AIが普及したからといって 夢のような世界が来るとはだれも考えないだろう。
人工知能(AI)はあらゆるところに使われる技術で、ボっとしていればAI搭載ロボットにこき使われる人間も出てくる。(今もITに使われている人は多そうだし。
どういう形の共存になるのかわからないけれど、AIだけが勝ち残るなんてことは無いんじゃないかしら。
で この本は面白いかと手にとったけれど、分厚い本だし わざわざ読むこともないかと思って結局返却。
また気が向いたら 読んでみよう!

 → 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) ・ 人工知能学会 - Wikipedia

2017/02/10  予約 2/15 借りて読み始める。ほとんど読まずに返却。

AIと人類は共存できるか?

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ムッシュ・クラタ (新潮文庫)
山崎 豊子 / 新潮社 (1993-08-25) / 432円25 users
タグ ◆小説:日本 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年04月21日 00時24分50秒 2017/04/21
所有
ムッシュ・クラタ (新潮文庫) (や-5-22)

内容 :
過酷な状況にあっても誇りを失わなかった男「ムッシュ・クラタ」、

著者 : 山崎 豊子


2017/4/18 読み始める。 読み終わる。
深い河 (講談社文庫)
遠藤 周作 / 講談社 (1996-06-13) / 659円266 users
タグ ◆小説:日本 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年04月21日 00時23分52秒 2017/04/21
所有
深い河(ディープ・リバー) (講談社文庫)

内容 :
愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。
自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。
人と人のふれ合いの声を力強い沈黙で受けとめ河は流れる。
純文書下ろし長篇待望の文庫化、毎日芸術賞受賞作。

著者 : 遠藤 周作


2017/4/19 読み始める。 読み終わる。
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
百田 尚樹 / 講談社 (2014-07-15) / 810円380 users
読了:  2014年11月23日
2016/10/08 追記
 海賊とよばれた男 2016年12月10日(土)公開
 百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

2014/11/23
上巻を読み終わって待つこと3ヶ月。下巻読みます!

途中から惹きこまれて、徹夜で一気に読みました。感動!

主人公 鐡造は、とにかく圧倒される人物です。
その周囲の人物も、ただ者ではない。(その努力は計り知れない)

モデルの 出光 佐三氏と 出光興産については、驚くことばかり。

イギリス、その後はアメリに翻弄されるイランのこと、西欧の植民地主義など
どうして これまで知らなかったのか・・・。(^^ゞ
日章丸事件では、鐡造の大胆な行動が成功し、石油の自由な貿易が始まるきっかけとなった。

西欧視線の世界の歴史ではない面を もう一度 知る必要があると痛感。

 → 出光 佐三 - Wikipedia
 → 出光興産 - Wikipedia
 → 日章丸事件 - Wikipedia ~ 、1953年(昭和28年)に起きた石油の輸入とそれに付随した訴訟および国際的な衝突。

こちらも読みたい!
 → マルクスが日本に生まれていたら
 →  出光佐三の著書など


2014/08/07  予約 10/27 借りる。11/7 読み始める。11/23 読み終わる。

同時に予約した文庫 2014/08/07 12/24に順番が来る 12/26 一応借りて最後を読み返す
 
内容と著者は →  [続きを読む]
海賊とよばれた男 上
百田 尚樹 / 講談社 (2012-07-12) / 1,728円963 users
読了:  2014年08月18日
2016/10/08 追記
 海賊とよばれた男 2016年12月10日(土)公開
 百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

2014/09/14 追記
「宗像大社国宝展」が出光美術館で行われることを知り、芋づる的に出光佐三氏につながりました。
「宗像大社国宝展」に行こう! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
本書上巻には、宗像大社との関わりはふれられていません。下巻が楽しみです。

2014/8/18 記
明治から大正、昭和の激動の時代、大きな志をもって石油の販売をした国岡鐡造の話に、グイグイ引きこまれます。
国岡鐡造の人となりに惹かれて、事業を支える人々。
彼が育て上げ、どんな苦難も厭わず誠心誠意働く店員たち。
本当にこんなすごい人がいたのかと 驚きと尊敬の念でいっぱいです。
早く後半を読みたい!

本を読んだ後で、出光興産創業者の出光佐三がモデルと知りました。 → 海賊とよばれた男 - Wikipedia


予約して1年。ようやく順番が回ってきました。
次も待ってるので、ささっと読まなくては!

2013/06/27  予約  2014/7/29 借りる。8/3 読み始める。 8/18 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
夕映え天使 (新潮文庫)
浅田次郎 / 新潮社 (2011-06-26) / 594円113 users
タグ ◆小説:日本 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2017年01月28日 10時52分32秒 2017/01/28
購入:   594円 所有
2017/1/15 旅行のお供にと 本箱から出してきた。

浅田次郎の作品は好きだから これも きっと面白いと思います。

夕映え天使 (新潮文庫)

内容 :
東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋「昭和軒」。
そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれ……「夕映え天使」。
定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た警官。
漁師町で寒さしのぎと喫茶店へ入るが、目の前で珈琲を淹れている男は、交番の手配書で見慣れたあの……「琥珀」。
人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。

著者 : 浅田次郎


 読み始める。 読み終わる。
 
Story Seller (新潮文庫)
ずい分前に 勧められた本がシリーズで本棚にある。(たぶん貰ったんだと思う)
人気作家 勢揃い らしい。
 
人気作家及び人気作家候補による短編集。

伊坂幸太郎「首折り男の周辺」
近藤史恵「プロトンの中の孤独」
有川浩「ストーリー・セラー」
米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」
佐藤友哉「333のテッペン」
道尾秀介「光の箱」
本多孝好「ここじゃない場所」


内容 :
これぞ「物語」のドリームチーム。
日本のエンターテインメント界を代表する7人が、読み切り小説で競演!短編並の長さで読み応えは長編並、という作品がズラリと並びました。
まさに永久保存版アンソロジー。
どこから読んでも、極上の読書体験が待つことをお約束します。
お気に入りの作家から読むも良し、新しい出会いを探すも良し。
著作リストも完備して、新規開拓の入門書としても最適。

著者 :


 読み始める。 読み終わる。
羊と鋼の森
宮下 奈都 / 文藝春秋 (2015-09-11) / 1,620円318 users
読了:  2016年12月04日
たまには、話題の本を読むのもいいかと思って4月に予約。予約待ち:901件 ですって。
7か月で順番が回ってきました。面白いのかしら、これから読みます。

後が詰まっているので、集中して読みました。
といっても 読みやすい内容なので さっと読めました。
「羊と鋼」がピアノのこととは、思いつかなかったし、ピアノ調律師のこともよく知らなかったので、面白かった。
ピアノの音はピアニストが作る、でも元の物体(ピアノ)がちゃんとしていなければ 弾けませんね。

以前 世界的なピアニストと調律師のドキュメントTVを見たのを思い出しました。
すごく面白かったという印象があります。
調べてみたら、「ピアノマニア」という映画のダイジェスト版だったようです。
 → ピアノマニア オフィシャルサイト
NHKBS1の「BS世界のドキュメンタリー」「ピアノマニア~調律師の“真剣勝負”~」 2014年12月16日放送。

こちらは見逃したけれど、面白そうですね。
 → BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たち

これからは、コンサートに行ったら、そんなことも思いながらピアノを楽しみたいです。

 ⇒ N響定期 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 → ピアノ調律師 - Wikipedia

2016/04/12 予約 11/19 借りる。(現在予約待ち:901件)11/29 読み始める。12/4 読み終わる。

羊と鋼の森

内容と著者は →  [続きを読む]
軽装版  炎路を行くもの 守り人作品集 (軽装版 偕成社ポッシュ)
上橋 菜穂子 / 偕成社 (2014-11-18) / 972円20 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書 更新日:2016年05月08日 14時44分59秒 2016/05/08
読了:  2016年05月07日
上橋 菜穂子の作品は、たしかに面白いのだが、途中で読むのが馬鹿らしくなっってしまった。
それでも、ヒュウゴはなぜ・・・? バルサはどうして・・・?につられて読了。
あとがきを読んで分かったが、守り人シリーズをよんでから、この番外編を読むのが正しい!順序だったらしい。
著者もそのことを配慮して本書の出版を控えていたとのこと。
ヒュウゴがどんな役回りかを知らずに本書を読んだのは、失敗だった。( T o T; ) 

TV番組「精霊の守り人」実写編は、2016/3/19にスタートに一段落。 
 → 精霊の守り人|NHK放送90年 大河ファンタジー
引き続き、2016/4/29 アニメ「精霊の守り人」 再放送 スタート
放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」は、第1シーズンが4月9日に最終回を迎えました。
総合テレビではドラマの好評を受けて、2007年に制作、NHKBS2で放送したアニメ「精霊の守り人」全26話を4月29日から放送することが決まりました!


2016/03/15  予約 4/26 借りる。4/28 読み始める。5/7 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)
赤川 次郎 / 講談社 (1997-04-14) / 555円20 users
タグ ◆小説:日本 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年04月26日 20時01分13秒 2016/04/26
読了:  2016年04月21日
気楽に読める本を本棚で探したら、赤川次郎の文庫本がたくさんあります。
表紙のかわいいこの本を読みました。
ささっと読めるのがいいね。

死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)

 → 三姉妹探偵団 - Wikipedia

著者 : 赤川 次郎

2016/4/18 読み始める。 4/21 読み終わる。(実家に帰って暇な時に読んだ)
標的は花嫁衣裳 (角川文庫)
読了:  2016年04月25日
2016年4月 旅行の途中で読もうと本棚を探すと、赤川次郎の文庫本がたくさんあります。

表紙がかわいいこの本をバッグに入れたけれど、
読む前に帰り着いちゃった。

標的は花嫁衣裳

著者 : 赤川 次郎

2016/4/21 読み始める。4/25 読み終わる。(たぶん)
赤川 次郎 / 徳間書店 (1986-04) / 514円18 users
タグ ◆小説:日本 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2016年04月26日 19時53分08秒 2016/04/26
所有 読了:  2016年04月25日
旅行のお供に気軽に読める本を本棚から探したら、赤川次郎の文庫本がたくさんあります。
表紙と概要からこの本を選びました。
帰りの待ち時間に読んだけれど、乗り物移動中は睡眠で、全部読み切れなうちに帰宅。
あと少し何だけど、短編だから それも気にならないね。

華麗なる探偵たち (徳間文庫)

著者 : 赤川 次郎

2016/04/24 読み始める。4/25 読み終わる。(たぶん)
海に降る
朱野 帰子 / 幻冬舎 (2012-01-13) / 1,512円48 users
読了:  2014年01月15日
2015年11月のJAMSTECの見学会に参加することになったので、深海モードに潜行中です。 (*^_^*)♪

・ 地球深部探査船「ちきゅう」一般公開@横浜港

地球深部探査船「ちきゅう」は、2005年7月の就航から丸10年を迎えました。
この度、横浜港にて「ちきゅう」船内を一般公開し、地球深部に挑んだ10年間の軌跡をご紹介いたします。
実際に船内に乗り込み、海底下の世界を研究する掘削装置や研究室など、海洋科学掘削の臨場感ある見所が盛りだくさんです!

・ 就航10周年記念 JAMSTEC地球深部探査船「ちきゅう」大潜入 ニコニコ生放送

深海 とは、どのくらいの深さをいうのでしょう。 
  ?百メートル 超高層ビル、東京タワーが沈むくらい? 
  ?千メートル 富士山が沈むくらい?
  ?万メートル?? <== えっ それは深すぎない~

答えは ・・・ 水深200mより深い海を 深海 と呼びます。

太陽の光が届かなくなり 真っ暗で凍りつくような冷たい水、
すべてのものを押しつぶしてしまうような水圧など、
とても生きものがすめる環境とは思えませんが、
そんなところにも工夫を凝らして たくましく生きる生物が たくさんいます。

2006/7/22 「驚異の深海生物展へ行こう」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」より)


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014/1/15 記
地球最後の秘境、深海。まだまだ解けない謎が多い。

これまで数回 「深海生物や深海の探査」の講座に参加したり TV番組を興味深く見ています。

 2008年6月19日「JAMSTEC見学」 のときの写真です。 o(*'o'*)o

 middle_1213976860.jpg

Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」でも、いろいろ取り上げていますので、どうぞ!
2005年のJAMSTECの施設見学 ⇒ 海の歴史と科学と不思議
 ピックアップ ⇒ 「しんかい」 関連記事
 まとめ ⇒ カテゴリー「空~宇宙・深海フリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

本書は、海洋研究開発機構が全面協力して書かれているので、専門的なことがしっかりして、
ところどころ、イベントに参加して解説を聞いているような錯覚に陥ります。
小説なのに、つい本当のことかと思うのがすごい!

以下の本を横において 美しい写真を見ながら、小説のストーリーを楽しみました。

深海世界
編集協力:新江ノ島水族館
パイインターナショナル ( 2012-11-21 )
ISBN: 9784756242747


2013/11/27  予約 12/21 借りる。1/13 読み始める。2014/1/15 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
いな吉江戸暦 (大江戸神仙伝)
石川 英輔 / 講談社 (1996-02) / 1,677円6 users
数日前に予約したのに、読もうと思ったきっかけがもう思い出せない。
「大江戸神仙伝」というキーワードを何かで知って、図書館にある本を探したら、これしかなく、ちょっと違うかもと思った記憶がある。
「石川 英輔」では本を探していない。
大抵の場合予約した日付をメモしているのに、それもないからかなり衝動的だったのだろう。
あぁ~~~、情けない。
単なる小説じゃなく、タイムスリップをとおして、時代の比較をするのがポイント。
最近は、Twitterから話題のツイートメールが届くし、Facebookのタイムラインでもたまに面白いことに引っかかる。
検索の途中で見たのかもしれない・・・。

読み始めたが、イマイチつまらない。

2015/09/23頃 予約 2015/09/26 借りて読み始めるが少し読んで中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ / 新潮社 (2014-06-27) / 724円192 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2015年07月30日 17時13分51秒 2015/07/30
読了:  2015年07月30日
本や美術が好きな友人が、面白いよと勧めてくれた本。
2ヶ月ちょっと待って順番が回ってきました。

「アンリ・ルソー」は、初めて見た時から妙に惹きつけられた好きな画家・作品です。

こんなの見つけました → 原田マハ著『楽園のカンヴァス』に登場する絵画のまとめ
 『楽園のカンヴァス』はそのままでもかなりの傑作ですが、登場する絵画を知っていればもっと楽しめるはず! 更新日: 2013年10月19日

上記サイトに掲載された絵画写真を見ながら、本書を読み進めました。
「ダヴィンチコード」と同じような絵画ミステリーながら、本作品にはアクション場面はありません。
劇中劇のような『本の世界』は魅惑的で、それを読む主人公の内面の変化、行動が面白い。
最後まで先が見えないストーリーに惹きつけられながら、ぜひ 「アンリ・ルソー」を見に行かなくてはと、焦ります;;

・ アンリ・ルソー - Wikipedia
・ Art Project - Google Cultural Institute アンリ・ルソー
・ アンリ・ルソー - 主要作品の解説と画像・壁紙 -

・ MOMA (ニューヨーク近代美術館)~ Japanese Plan/Information ・ ニューヨーク近代美術館 - Wikipedia
・ バーゼル美術館 Kunstmuseum Basel | Home バーゼル市立美術館 - Wikipedia - ウィキペディア
・ パリ国立ピカソ美術館 Musée national Picasso-Paris ・ ピカソ美術館 (パリ) - Wikipedia

・ 大原美術館

冒頭に出てくる シャヴァンヌの「幻想」
・ ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ - Wikipedia


2015/05/04 予約 7/14 借りる。 7/15 読み始める。7/30 一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
等伯 〈下〉
安部 龍太郎 / 日本経済新聞出版社 (2012-09-15) / 1,728円79 users
タグ 歴史 ◆伝記 ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2015年07月14日 20時58分28秒 2015/07/14
長谷川等伯の生涯

2015/05/10  予約 5/19 借りる。 今回は(上)の途中で中断。

内容と著者は →  [続きを読む]
等伯 〈上〉
タグ 歴史 ◆伝記 @図書館 ◆小説:日本 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2015年07月14日 20時57分44秒 2015/07/14
長谷川等伯の生涯

面白そうだったが、今回は (上)の途中で 中断です。

2015/05/10  予約 5/19 借りる。5/22 読み始める。 7/14 途中で返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
っていうか、それってなにげに日本人系?―やっぱり日本人。輝ける22のオヤジの瞳
青島 美幸 / 弘済出版社 (1999-09) / 1,543円1 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2015年06月13日 19時22分08秒 2015/06/13
読了:  2015年06月13日
青島 美幸さんの作品を読んでみたくって、とりあえず比較的新しい作品。

次々と登場する いそうでいないよね! でもいるかも?なオヤジたち。

その他、絵本「ダールン」シリーズも読みました。

2015/04/13 予約 4/17 借りる。5/17 読み始める。 6/13 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ルーズヴェルト・ゲーム
池井戸 潤 / 講談社 (2012-02-22) / 1,728円285 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2015年01月09日 18時31分13秒 2015/01/09
読了:  2015年01月09日
「Yahoo!検索大賞」 “今年の顔” 
■カルチャーカテゴリー 小説部門:ルーズヴェルト・ゲーム

TBS系ドラマの原作 です。 (見ていません・・・)
業績不振にあえぐ青島製作所でリストラが始まり、野球部の存続を疑問視する声が上がる。
廃部にすればコストは浮くが…。
社長が、選手が、監督が、技術者が、人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転とは。

ちょっと興味が出てきました。 読んでみましょう!
ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫) は、図書館で100人以上待ち。
(2014/12/9予約、2015/6/30順番が回ってきました)
ハードカバーなら、すぐ借りれそうです。(*^_^*)♪

2015/01/09
集中して2日で読み終えた。面白い!
勧善懲悪っぽいのはわかっていても、頭からずっと読みながら気分がふさぐ。
最後はどんな痛快な逆転劇が起こるのか。
普通の会社やビジネスの話プラス野球!それがこの本の面白いところ。
試合をみんなで応援するシーンの熱っぽいこと。その場にいるようです。

ひたすら読み続けてたどり着いた最後の数ページは、勿体無くてゆっくり読みました。
池井戸 潤の作品は、すごい人気なのに、読んだことが無かった。
これから、読んでみようかな!

2014/12/10 予約 12/20 借りて、読み始める。2015/1/9 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
文藝春秋 2014年 09月号 [雑誌]
文藝春秋 (2014-08-09) / - 17 users
タグ ◆小説:日本 Family カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 雑誌 更新日:2014年10月18日 13時13分51秒 2014/10/18
2014/10/18  母が読んでいたので、チラ見する。
まだ読んではいない・・・。

内容と著者は →  [続きを読む]
三十光年の星たち (上)
宮本 輝 / 毎日新聞社 (2011-03-12) / 1,620円34 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2013年10月08日 17時33分10秒 2013/10/08
読了:  2013年10月08日 星4つ
半月前、どういうきっかけだか忘れたけれど、「宮本 輝」の本を何か読んでみようと思って適当に選んだ本です。
最初数ページ読んだだけで、もう引きこまれます。

「宮本 輝」の本は初めて! 面白いです。 (まだ途中です。)
登場人物は個性的だけど どこか節度があり読むほどに魅力的。
自然や食べ物などのうんちくもイヤミがなく 気取らない趣味の良さが伺われます。

2013/8/31 予約 9/13 借りて読み始める。 10/8 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
辻邦生 / 毎日新聞社 (1977-11) / 1,575円1 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 更新日:2013年09月26日 20時36分25秒 2013/09/26
夏の特別展 発掘・ユーフラテス ー文明を育んだ河と人々ー
古代オリエント博物館 2013/7/27 ~ 9/23

この発掘調査との関わりから作品を生み出した画家・平山郁夫、作家・辻邦生が紹介されていて、辻邦生の作品を読んでみようと思い立った。
夏の特別展 発掘・ユーフラテス ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

でも、内容はあまり発掘とは関係なさそうだし、明るい本でもないので今回は読まずに返却しました。

2013/9/17 予約 9/26 借りる。 10/10 読まずに終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
囲碁殺人事件 (創元推理文庫)
竹本 健治 / 東京創元社 (2004-02) / 626円22 users
2013/07/11
先週の囲碁フォーカスで、紹介されたので、ちょっと興味があり読みました。
推理小説に、囲碁の解説が入るので、ちょっとかったるいけど 中盤からはTVや映画を見ているような迫力。
第七期棋幽戦第二局、槇野猛章九段の妙手の 棋譜があればいいのに!
落ちは、まぁまぁ。
主役の囲碁少年と姉、大脳生理学者に好感が持てるので、読後も爽やか。

2013/07/11 予約 8/20 借りる。8/21 読み始める。8/22 一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
舟を編む
三浦 しをん / 光文社 (2011-09-17) / 1,620円1364 users
読了:  2012年06月23日
2012/12/12、2013/04/12 追記  この本が映画化されることになりましたね。
映画『舟を編む』公式サイト 2013年4月13日(土)より丸の内ピカデリー

2012/6/8 記 知人から 「読んで面白かった」と、この本を教えてもらいました。
全然知らない本。 帯に「2012年本屋大賞 大賞受賞」と書いてあるので人気なのね!
 図書館では 1年半待ち・・・。
そう言ったら、貸してあげましょう! ということ。

さて・・・届いた本を読み始めたら、文字で書いたコミック(マンガ)です。
読みやすくて、一気に読んでしまいました。やっぱこういうのが人気なんですね。
マンガかTVドラマを見ているみたいな 軽いノリとわかりやすいキャラ。
本の帯にも、さらに本のカバーをはずしたら、表紙にもシーンごとの漫画が描かれています。
OL向けののファッション雑誌 CLASSY.に連載されていたというので、また納得。
で、肝心の 辞書編さん でびっくりしたのは、長期プロジェクトだということ。
それと、のこと。 辞書のために紙を独自に開発するとは!!
 この本では、「ぬめり感」と読んでいます
私には、この感触は「ぬめり」感ではなく もっと違う言葉があるような気がするけど・・・。
 実際の辞書に携わる人達の用語なんでしょうか?


最近は、本の辞書は使わないで、必要なときデジタルの辞書や、Web検索で済ませてしまいます。
デジタルの辞書でも、使いやすい辞書とそうでないのとでは、雲泥の差。
 良い辞書は、肝心なことがサッとわかるし、リンクでさらに世界が広がる。

一方、紙の辞書も本棚に鎮座しています。

辞書の紙の感触はいいですよね。
 薄くてしなやか! 触るとひんやりして さらさらページがめくれる。
辞書を手にすれば、必要なページ以外にもどんどんと見ていくものです。
 なるほど、紙の辞書の捲りの感覚には、作り手のこだわりがあったのですね。

PCのクリックは、本のページを捲る感触には及びませんが、
 iPadを始めとするタッチスクリーンでは、感触や使い勝手が工夫されています。
内容の改定などは、電子化されたもののほうが早いでしょうから、両者うまく使い分けたい!

ところで・・・今の子供は、初めから電子辞書なのかしら?
 一度は、紙の辞書を使う体験も大切!
分厚い辞書を捲り 広大な文字の世界へ旅する~、楽しいです。

2012/6/22 mizukoさんが貸して下さった。6/23 読み始め一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
日蝕・一月物語 (新潮文庫)
平野 啓一郎 / 新潮社 (2010-12-29) / 637円43 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文芸作品 更新日:2013年04月27日 19時39分08秒 2013/04/27
読了:  2013年04月27日
平野 啓一郎氏が TV 日曜美術館 エル・グレコ に出演していたので、本を読みたくなった。

平野 啓一郎の本は、ジャンルを超えているらしい。
作品ごとに扱う対象がころっと変わり、それがどれも素晴らしいとのこと。
といっても、私のジャンルでは「小説」だ。

この本の前半に収録されている「日蝕」を読んだ。 昔風の漢字の羅列、古るっぽい文体。
嬉しいことにルビが振ってあるし、古い本より活字が大きい。
内容は、なんだろう~、がんばって最期まで読んだ。
著者は、主人公の宗教や世界観に共感しているのだろうか。それとも作品のために書いただけ・・・?


連載 : 空白を満たしなさい / 平野啓一郎 というのを Webで読めるらしい。 ん、読んでみる!?
 第一章 生き返った男 1《Save Me》(前編)  
 第一章 生き返った男 1《Save Me》(後編)
 
2013/04/06 予約 4/9 借りる。4/20 読み始める。4/27 日蝕を読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
輝く日の宮 (文芸第一ピース)
丸谷 才一 / 講談社 (2003-06-10) / 1,944円29 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2013年03月20日 19時56分54秒 2013/03/20
エッセイ講座で文章がうまいと紹介された丸谷 才一の本を読んでみよう。

出だしは、登場人物が書いたという設定の短文。
これはおもしろい! これなら分厚い小説も一気に読破できそう。
と思ったら、その後は全くつまらない。 途中で止めました。
また縁があったらエッセイを読んでみよう。

2013/02/24 予約 3/3 借りる。3/20 読み始めたが、途中で止める。

内容と目次は →  [続きを読む]
プールサイド小景・静物 (新潮文庫)
庄野 潤三 / 新潮社 (1965-03-01) / 562円72 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学賞受賞作家 更新日:2013年03月11日 16時24分54秒 2013/03/11
2013/02/24のエッセイ講座で 庄野 潤三の文章が素晴らしいとの紹介があったので、読んで見ることにした。
確かに文章には魅力がありつい読んでしまうが、暗い内容はいただけない。
それに、終わりが中途半端なのも、余韻が有り想像を膨らませられるのかもしれないが、
肩透かしな具合で、好きになれなかった。
冒頭の2作を読んで、終わり。

2013/02/24 予約 3/3 借りる。3/4 読み始める。3/10 途中でやめる。

内容と目次は →  [続きを読む]

タグ (21)
1 IT:ALL(情報技術)
4 SF
1 ◆まんが
5 ◆伝記
1 ◆小説:時代小説
1 地球環境とエコロジー
1 外国:中国
1 暮らし・衣食住
5 歴史
5 生き方・考え方
1 科学・テクノロジー
1 科学:恐竜と古生物・化石
1 科学:深海から宇宙まで
9 *人気!?予約で待たされる
2 *新しいこと
5 *映画
4 @友人・知人他から
42 @図書館
1 Bs:廊下
3 Bs:書斎本棚
7 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー