ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年4月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/04/25 18:43
2017/04/24 09:27
2017/04/23 11:05
2017/04/22 20:47
2017/04/21 14:08
最近登録した本
百日紅 上・下 全2巻セット (ちくま文庫)
ポートとソケットがわかればインターネットがわかる―…
古代女王ものがたり (文春文庫)
深い河 (講談社文庫)
野の草花 (福音館のかがくのほん)
ムッシュ・クラタ (新潮文庫)
永平寺の精進料理 七六〇年受け継がれた健康の智慧を…
陶芸に親しむ (NHK趣味百科)
大きなたまご (岩波少年文庫)
そこが知りたい!サンゴ飼育完全マニュアル (SAKURA・…
カウンター
累計14399  今日0  昨日3
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
<<2017年4月>>
登録数9 件
購入金額- 円
読了数1 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
シーボルトお稲―マンガ 大江戸パワフル人物伝 (マンガ大江戸パワフル人物伝)
まさき まき / 草土文化 (1995-01) / 1,468円2 users
読了:  2016年11月23日
シーボルトお稲 日本で初めての女性西洋医  [マンガ大江戸パワフル人物伝]

「日本の自然を世界に開いたシーボルト」展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2016/11/17  予約 11/23 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ピーター・パンがかけた魔法―J.M.バリ (名作を生んだ作家の伝記)
タグ @図書館 ◆伝記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年11月18日 11時44分45秒 2016/11/18
読了:  2008年09月17日 星1つ
2016/11/17 Vの映画 「ネバーランド」ジョニー・デップ主演を再度見て、涙と笑い。

2008/9/1 ~ 9/17 に読んだ本
7/17に見たTVの映画 「ネバーランド」は、「ピーター・パン」の作者 サー・ジェームス・マシュー・バリー の伝記物語でした。
劇作家 ジェームズ・バリ が、名作「ピーター・パン」を書き上げるまでを描く感動作。
こどもたちが、窓からふわりと飛び出すシーンの すてきなこと!
そして、大好きな ジョニー・デップが 劇作家 ジェームズ・バリ を いい感じに演じています!

そういえば、アンデルセンとか グリム童話のグリム兄弟とか、宮沢賢治 とかは知っているけど・・・ ジェームズ・バリ 知らないね。 (^^ゞ 
だれが かの有名な「ピーター・パン」の作者なのか? どんな人なのか?

そんなわけで、最近読んでるシリーズ 「名作を生んだ作家の伝記」 を読みましょう!

サー・ジェームス・マシュー・バリー Sir James Matthew Barrie 
1860年5月9日 - 1937年6月19日 イギリス、スコットランドのキリミュア生まれ
イギリスの劇作家、童話作家、ファンタジー作家。 『ピーター・パン』の作者として有名。

映画「ネバーランド」では脚色がしてあって すこし危なっかしい人に感じたけれど、本を読んで バリが すてきな人だとわかりました。
小説や戯曲(劇)をたくさん書き、イギリスでは有名な人ですが、日本ではあまり紹介されていなかったようです。
初めは、ひどい貧乏からスタート 新聞記事を書き、だんだんと認められていくが、つねに 夢に向かって努力をし続ける。

「勤勉 という女神に恋をした」 と本人が言うのだから スゴイ!

作家として成功し とても裕福になっても奢らず、大勢の人を思いやり 財産をなげうって援助をしています。
私生活では、子供に恵まれなかったのに 大の子供好きで、自分も子供の心を忘れないひとでした。
73歳のとき イギリスのマーガレット王女の3歳の誕生パーティに招かれ、お友達になったそうですよ。
「ピーター・パン」 は今も世界中で、上演され 子供の心に夢を与えていますね!

 [続きを読む]
「チョコレート工場」からの招待状―ロアルド・ダール (名作を生んだ作家の伝記)
タグ @図書館 ◆伝記 カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 更新日:2016年10月18日 15時09分50秒 2016/10/18
読了:  2008年09月20日
2016/10/12 追記
映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアン」 2016年9月17日(土)公開 
 ロアルド・ダール原作、スピルバーグがメガホンを執ったファンタジー。

映画はイマイチだったけど、ロアルド・ダールってどんな人かは、この本のメモで思い出しました。
多分、「BFG」は、絵本で読んだほうが面白いんじゃないかしら。

映画「BFG」ロアルド・ダールを見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008/9/18 ~ 9/20 に読んだ本
ロアルド・ダールのことは、2005年の映画 ティム・バートンとジョニー・デップの 「チャーリーとチョコレート工場」を、TVで見るまで 知らなかった~。

映画がちょっと風変わりでおもしろかったので興味が出たことと、このところ児童書の作家の伝記  (名作を生んだ作家の伝記シリーズ) を読んでいたことから、この本を読んでみた。

 ロアルド・ダール Roald Dahl 1916年9月13日-1990年11月23日 
 イギリス、南ウェールズ出身の作家・脚本家
 風刺やブラックユーモアに満ちた短編小説や、児童文学で有名。

ロアルド・ダールは 愛情あふれる家庭で のびのびと育てられていた。
学校にはいると、そこは恐怖とすさまじい規律にしばられるところ!
その影響は 後の作品に影響を及ぼしている。 こわ~い先生が登場するね!

そんなわけで学校は嫌いだったので、大学には行かず 就職。
20代半にば、イギリス空軍の戦闘機乗りとして戦争に参加、大怪我をし 転機が訪れる。
戦闘機乗りの経験をもとに書いた記事で 文才を認められ、作家の道を歩み出したのだ。
さらに 子供時代の経験や 豊かな想像力をもとにした作品で 世界でも指折りの人気作家になっていく。

会話が上手で、機転が利き 皮肉たっぷりの社交界の人気者 ロアルド。
初期の作品は、大人向けで、風変わりで創意に富み・・・背筋が凍る (ホラー物語)。

人生では、家族の事故や病気に見舞われるが それに前向きに(科学的で真剣に)対処し、献身的に看護にあたっている。
ホラーを書く皮肉屋ではなく 家族思いでエネルギッシュで 温かい人柄を感じさせる!

 自分の子供に毎晩 自作のお話を聞かせるお父さん
それが子供向けの本になっていき、やがて子供の本のベストセラー作家となったのだ。

また、友人も多く おなじみの 映画の脚本 も手がけている! 
 007は二度死ぬ (1967)、 チキ・チキ・バン・バン (1968)
え~~ そうなんだ! なんだか、ロアルド・ダールの本を もっと読みたくなってきたね。

作品に関しては、批評家からは賛否両論あるそうだが、本人は 大人の反感は ちっとも気にしていない。 子供のために物語を書き、気持ちや体験をわかちあったのだ。
「私には 子供の好きなものがわかるのだ」 とダールは 語っている。

たくさんある作品のどれを読もう? まずは、全集がいいね。
 ⇒ Myバインダー: まるごと一冊 ロアルド・ダール (児童図書館・文学の部屋)

 → ロアルド・ダールの作品 Amazon

本の内容と著者は →  [続きを読む]
ゴースト・ボーイ
読了:  2016年03月23日
本を読んだ後、2016.04.28 NHK「スーパープレゼンテーション」(TED)で放送されました。
 → 2016.04.28 マーティン・ピストリウス
   How my mind came back to life — and no one knew
   僕は目覚めたのに 誰も気付かなかった

 → マーティン・ピストリウス: 誰も知らなかったこと―私の心はどの様にしてこの世に復活したのか?

2016/3/23
植物人間と思われていた マーティン・ピストリウスが、人生を取り戻す!

この本を読み終えて、マーティンが仕事と家庭を持ち、幸せになったことに感動しました。
何も感じないと思われ「もの」のように扱われていたマーティンに、話しかけその反応に気づく介護士のヴァーナは、救世主のような存在です。
両親はもちろん愛情深く毎日世話をしているけれど、そのことに気付かなかった。
また、ヴァーナの気付きがすぐに画期的な進展になるわけではなく、検査を受けてコミュニケーションをとる方法が工夫されるまでに長い時間がかかり 歯痒い思いをしました。

本書は、文章が上手くとても読みやすいせいか いつの間にかマーティンの身近なところにいるような気にさせてくれます。
だから、介護施設で想像を絶する虐待にあっていたことを知った時は、恐ろしかった。
世の中にはそういうことが横行していて虐待される側がそれを誰にも伝えられない・・・。 時折心痛むニュースになります。

読み進めば、本書の後半は、マーティンの恋人との熱々の話です。(*^_^*)♪
最初の頃の、やっと意思を伝えられるようになった時から思えば、ずいぶんと元気になり パソコンで自分を伝えるだけではなく、料理にも挑戦するマーティンの健闘ぶりに驚かされます。

病気自体の原因や効果的な治療法については書かれていないですが、同じような症状の人は勇気づけられることでしょう。

2016/01/20  予約 2016/03/10 借りる。3/20 読み始める。 3/23 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ
読了:  2016年02月25日
ビンバ ランドマンの本(イラスト)が面白く 他の本も読んでみたいとこの本を見つけました。




「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」展を見に行くのに、前もって読むのにちょうどいい。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」へ行こう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ジャコモ少年から見た Leonardo da Vinci のことが、ユニークなイラストで綴られています。
表紙・ウラ表紙の見返しに、ダ・ヴィンチの業績(やったこと)がわかりやすいイラストで並んでいるのもすごくいい。
子供(小学1~2年生 小学3~4年生)向けの絵本ですから、内容もそれなり。
ちゃっちゃっと、ダ・ヴィンチがわかっちゃいます。

でもほんとにどうして、ダ・ヴィンチは、盗癖のある悪ガキ少年ジャコモ(サライ=小悪魔)をずっとそばにおいていたんでしょうね。

 → ジャン・ジャコモ・カプロッティ - Wikipedia

2016/02/24  予約 2016/02/25 借りて、一気に読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
サン=テグジュペリと星の王子さま: 空に幸せをもとめて
ビンバ ランドマン / 西村書店 (2014-12-26) / 1,944円4 users
読了:  2016年02月24日
サン=テグジュペリの生涯が、ステキな絵本で紹介されます。

2016/02/24 新刊棚で見つけて、一気に読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
バラの回想―夫サン=テグジュペリとの14年
2015/12/23 映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見ました。
映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

星の王子さまの作者 「サン=テグジュペリ」ってどんな人?
妻コンスエロ からみた回想録を読んでみましょう!
星の王子さまののバラの花は、コンスエロだとか ★

バラの回想 ― 夫サン=テグジュペリとの14年

参考 → Apprivoiser サン=テグジュベリと妻コンスエロの愛の軌跡 (硯水亭歳時記 Ⅱ 2008年8月28日)

2015/12/23 予約 2016/01/10 借りて読み始める。最初を読んだだけで中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
水木しげるのラバウル戦記 (ちくま文庫)
水木 しげる / 筑摩書房 (1997-07) / 1,026円49 users
読了:  2010年06月24日
2015年11月30日「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんが死去 93歳
ご冥福をお祈りします。

   *:..。o ○ ☆ *゚¨゚゚・*:..。o ○ ☆ *゚¨゚゚・*:..。o ○ ☆ *゚¨

2010/5/13 予約、6/9  借りる。6/24 ざっくり読み終わる。

ほとんどのページの上半分がスケッチで、それがなんとも実感できる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ネアンデルタール人は私たちと交配した
スヴァンテ ペーボ / 文藝春秋 (2015-06-27) / 1,890円81 users
読了:  2015年09月05日
国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

「生命大躍進」展へ行こう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2015/9/29 行きました。 面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

7/21(火)関連のイベントに行きました。
 『生命大躍進』DNAから考える私たちの成り立ち (講師:篠田謙一)
篠田先生のお話で、「ホモ・サピエンスとネアンデルタール人」の新しい研究成果も紹介されました。
最後にネアンデルタール人との交配についてちらっと一言あったので、情報を探してこの本にたどり着きました。
どんな話か、読むのがすごく楽しみ!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

本書には、古代の人類のDNAを調べる研究の過程が、読みやすく書かれています。
と言っても、内容は最先端の研究なので、理解するのは困難ですが、
少しわかったような気にさせてくれます。

最先端の理論と技術を切り開きながら挑戦していく著者とそのグループの研究の日々には、驚かされます。
誰も思いつかない様な発想、地道な努力、人脈作りと研究資金、論文のことまで、すごく面白い本です。

エジプトのミイラ(失敗)から、マンモスやホラアナグマ、古代人「アイスマン」・・と次々にDNAを解析し、
ついにネアンデルタール人のDNAを解析し論文を発表しセンセーショナルな話題を引き起こす。
さらに、「デニソワ人」のDNA解析へと 古代の人類から現代への道筋を解明していくわけですが、
まだまだわからないことは多いそうです。

今後、多くのDNA資料が入手・解析されて、真のストーリーがわかっていくのが楽しみです。
また、最近気軽になんでも DNAを調べればいい! という風潮ですが、
安易な検査とその結果を信じるのは、禁物のようだとわかりました。

訳者あとがきより
 ”・・・NHKスペシャル「生命大躍進」第3集「ついに“知性”が生まれた」(2015年7月5日放送)では、
 ペーポ博士とマックス・プランク研究所の言語チームの研究が詳しく紹介される予定とのことです。
 ペーポ博士らによれば本書のあとがきで触れられている「FOXP2遺伝子」研究のさらなる進展や、
 人類とネアンデルタール人の運命を分けた違いなどが掘り下げられるそうで、こちらもとても楽しみです。”
この放送は、録画しているので、再チェックします!


内容と目次・著者は →  [続きを読む]
はだしのゲン わたしの遺書
中沢 啓治 / 朝日学生新聞社 (2012-12-19) / 1,404円27 users
読了:  2013年08月11日 星5つ
2015/08/06 追記
今日は、広島に原爆が投下された1945年8月6日から70年目

NHKスペシャル きのこ雲の下で何が起きていたのか
を見て、この本のことを思い出しました。

こちらもどうぞ! ⇒ 戦後70年、原爆投下と終戦の日について ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

NHKスペシャル 70年目の先頭と平和

2015年8月6日(木) 午後7時30分~8時35分 きのこ雲の下で 何が起きていたのか

2015年8月7日(金) 午後10時00分~10時49分 憎しみはこうして激化した ~戦争とプロパガンダ~

2015年8月8日(土) 午後10時00分~10時50分 特攻 ~なぜ拡大したのか~

2015年8月9日(日) 午後9時00分~9時49分 “あの子”を訪ねて ~長崎・山里小 被爆児童の70年~

2015年8月11日(火) 午後7時30分~8時43分  アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で ~少年兵の告白~

2015年8月13日(木) 午後10時00分~10時49分 女たちの太平洋戦争 ~従軍看護婦 激戦地の記録~

2015年8月15日(土) 午後8時00分~9時00分 カラーでみる太平洋戦争 ~3年8か月・日本人の記録~

2015年8月15日(土) 午後9時00分~9時58分 戦後70年 ニッポンの肖像 戦後70年を越えて 日本人は何ができるのか (仮)

2015年8月16日(日) 午後9時00分~9時58分 "終戦" 知られざる7日間 ~"戦後"はこうして始まった~ (仮)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2013/8/24 記
NHK クローズアップ現代 2013年7月30日(火)放送 
「世界をかける“はだしのゲン”」 出演者: 木島 恭 さん (演出家)
を見て、漫画“はだしのゲン”に 衝撃をうけ 読むことにしました。
併せて、この本を読んでみようと思った。

著者「中沢 啓治」が まるで目の前で語りかけているような文章。
要所に漫画のページが挟まって、視覚的にもひしひしと原爆の恐ろしさが伝わってきます。
原爆投下後の広島の様子は、これまで想像していたものとは隔絶したすさまじさです。
著者のピカドンに対する怒り、それにまっこうから向きあうようになったいきさつ。
家族への思い、漫画をとおして平和を訴えてきた著者の半生。

広島・長崎の怒りと祈りが これからも忘れられないように!

「戦争は人間の最も愚かな業」という持論で、
色紙にはいつも「人類にとって最高の宝は平和です」と書くとのこと。

2013/07/30 予約 8/6 借りる。8/10 読み始め、一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
等伯 〈下〉
安部 龍太郎 / 日本経済新聞出版社 (2012-09-15) / 1,728円78 users
長谷川等伯の生涯

2015/05/10  予約 5/19 借りる。 今回は(上)の途中で中断。

内容と著者は →  [続きを読む]
等伯 〈上〉
長谷川等伯の生涯

面白そうだったが、今回は (上)の途中で 中断です。

2015/05/10  予約 5/19 借りる。5/22 読み始める。 7/14 途中で返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代
森 炎 , 青島 美幸 / 講談社 (2013-12-25) / 1,836円3 users
しょっぱなから、戦中戦後の日本の歴史が面白い。
これまで本やTVなどで知る話とは、角度の違った切り口。
惹きこまれます。

家族のエピソードも、私の知る僅かな青島幸男像をふくらませてくれる。

2015/04/13 予約 4/17 借りる。6/13 読み始める。7/14 面白かったが、今回は途中で返却。

内容と目次は →  [続きを読む]
3分でわかるホーキング
読了:  2015年07月09日
映画「博士と彼女のセオリー」 2015年3月13日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテ
 スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた感動作。
4/1 見ました。尊敬するホーキング博士のプライベートなこと。感動です。演技も迫真!

本当は、どんな人かと この本を読んでみました。
ホーキング博士は、難病にもかかわらず 子供が3人もいます。
研究では第一線にいて、共同研究をする人も多く
さらに 一般の人への 普及のための易しい?本の出版はベストセラー。
好奇心旺盛で、TVに出演したり、世界中を飛び回っています。
さらに 難病の人のため・世界平和のための多くの活動もしているスーパーヒーローです。
そういうわけで、わりとTVでも見かけるんですね。

本は、しっかり読みました。もちろん!わからないところは多いなりに、面白かった。

 → スティーヴン・ホーキング の著書
 → スティーヴン・ホーキング - Wikipedia

2015/04/02  予約 4/9 借りる。4/10 読み始める。7/9 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
ホーキング、自らを語る
映画「博士と彼女のセオリー」 2015年3月13日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテ
 スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた感動作。
4/1 見ました。尊敬するホーキング博士のプライベートなこと。感動です。演技も迫真!

2015/04/02  予約 4/9 借りる。4/11 読み始める。5/29 読みきれずに中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
ホーキング (オールカラー まんがで読む 知っておくべき世界の偉人 10)
イ スジョン / 岩崎書店 (2014-03-11) / 1,728円4 users
読了:  2015年04月09日
オールカラーまんがで読む知っておくべき世界の偉人

映画「博士と彼女のセオリー」 2015年3月13日(金)公開 TOHOシネマズ シャンテ
 スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた感動作。
4/1 見ました。尊敬するホーキング博士のプライベートなこと。感動です。演技も迫真!

2015/04/02  予約 4/9 借りて、すぐ読み始めいっきに読み終わる。

内容 :
好奇心(こうきしん)が旺盛(おうせい)で、宇宙(うちゅう)や星に関心をいだく少年だったホーキングは、
大人になり難病(なんびょう)をかかえながらも、宇宙について研究を続けています。
「車いすの天才物理学者」として活躍(かつやく)しているホーキングの半生をまんがで紹介(しょうかい)します。
Hawking,Stephen William

著者 :
イスジョン/文
スタジオチョンビ/絵
まんがのシナリオを書く。難しい内容を子どもたちの目線に合わせて読みやすくし、偉人を感動的に描くよう努力している。

簗田順子/訳
わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
読了:  2014年11月29日 星5つ
「1人の子ども、1人の先生、1冊の本、1本のペンが世界を変えることができます。」
2014年のノーベル平和賞の受賞者
 パキスタンのマララ・ユスフザイさん(17)の言葉です。
 → マララ・ユサフザイ - Wikipedia

2012年タリバンによって銃撃を受け、奇跡的に命を取り留めたことで 一躍注目されるようになったマララさん。
その生き方や考え方、どうしてそんなに勇気があるのか、それを知りたくてこの本を読みました。

これまで、遠いところとしてあまり実感がわかなかった パキスタンやアフガニスタン。
マララさんは、故郷のスワートの自然や 平和だった頃の暮らしをとても大切にしているのが、この本でひしひしと伝わってきます。
でも、そこに生まれたということだけで、日本人の私達には想像もできない厳しい暮らしを強いられています。
女性(女の子)を軽く見る社会の状況にも 驚くばかりです。
その中で、女子の学校を経営し、娘を一人の人間として小さい時から育ててきたのがマララのお父さんです。
 → TED日本語 - ジアウディン・ユスフザイ: 私の娘、マララ

この本を読んで始めて パキスタンの近代・現代史が少しわかりました。
マララさんは、自分たちの民族の欠点、今の状況を冷静に把握し、信念を持って活動しているんですね。
まだ若い16歳ですが、考え行動してきた質と量は膨大。
今後の活躍に 注目です。

 → マララ基金 Malala Fund

★ → 16歳 不屈の少女 ~マララ・ユスフザイさん~ 2014年1月8日(水)放送 (放送した内容すべてテキストで読めます)

 → 「私は一人の女の子」マララさんの思い | Rotary

 → 学校に通いたい ~マララ銃撃事件後のパキスタン~ BS世界のドキュメンタリー 2014年1月13日
 → BS1スペシャル『不屈の少女マララ~世界を動かす16歳の勇気~』2014年1月29日


パキスタン北西部のスワート峡谷を中心とする地方 → パキスタン ミンゴラ 地図
 → スワート渓谷|パキスタンみどころ(観光)MAP|西遊旅行
 → KP- スワートと周辺 : パキスタン旅行写真アルバム

2014/10/11  予約 11/8 借りる。 11/24 読み始める。 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
メアリー・アニングの冒険 恐竜学をひらいた女化石屋 (朝日選書)
メアリー・アニングについて知りたい! 3冊目
5/21はメアリー・アニングの誕生日 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

この本は、単なるメアリー・アニングの伝記ではない。
当時の科学・文化・政治などまで 広く触れた内容はすごく興味深い。

結局 最後までは読まなかった。

2014/05/23  予約 5/27 借りて読み始める。11/25 途中で返却。

内容と目次は →  [続きを読む]
名探偵ホームズとドイル―ヴィクトリア時代の一つの人生、二つの履歴書
河村 幹夫 / 海竜社 (2014-08) / 1,944円4 users
ホームズとドイルが、同時代を行きた人のように並べて書かれているのが面白い。

・ シャーロック・ホウムズの冒険 ⇒ 2010/3/24 「映画『シャーロック・ホームズ』を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

読んだ本 ⇒ ホームズ ~ My本棚「pasoboのバインダー」



この本は、イマイチ読みづらい。
本の解説かなっと期待したら肩透かし、の連続。

2014/09/02 借りて読み始める。10/12 半分ほど読み 返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
コンチキ号漂流記 (少年少女世界の大探検 1)
読了:  2013年04月23日
2014年10月6日 Googleのロゴが「トール ヘイエルダール生誕100周年」です。
 → トール・ヘイエルダールの著書

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2013/04/17~2013/7/8 記

2013/6/29公開の映画「コン・ティキ」 おもしろそう!
見ました! ⇒ 2013/07/03 映画「コン・ティキ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

映画より先に 原作を読みたい! これは少年少女版。さっと読めるかな。

写真や迫力の挿絵がたくさんあってすごく面白かった。

ちょうど、太平洋戦争が終わってすぐの頃、
学術研究を理論だけでは受け入れてもらえなかったハイエルダールは、
古代の人がたどったのと同じルートを、同じ構造の筏で航海。
運良くいい仲間を5人得られ、冒険の末に着いた島でも現地の人に親切に助けられる。
バルサの筏コンチキ号で、ペルーからポリネシアまで辿り着いた。
その後も、更に自説を裏付ける研究を続けたとのこと。

ハイエルダールの説に反論する学者もいて、その面白い本もあるとのこと。
そっちも、読んでみたい!

2013/04/17 予約 4/23 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]

タグ (27)
4 ◆まんが
1 ◆エッセイ
6 ◆児童文学と絵本
5 ◆小説:日本
1 ◆小説:海外
4 アート
1 外国
1 文化
2 旅行
1 暮らし・衣食住
9 歴史
11 生き方・考え方
1 科学・テクノロジー
5 科学:恐竜と古生物・化石
1 科学:深海から宇宙まで
1 科学:生物・生命
3 経済・ビジネス
2 経済・社会・政治一般
2 自然
1 自然・人類
5 音楽と楽譜
3 *映画
1 *TV
2 @リンク集
51 @図書館
1 @要再読
3 Bs:書斎本棚
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー