ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
2017/10/17 10:24
2017/10/12 13:00
最近登録した本
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
不忠臣蔵
カウンター
累計14758  今日1  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数10 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
すごい家電 いちばん身近な最先端技術 (ブルーバックス)
西田 宗千佳 /講談社 (2015-12-18) / 1,188円36 users
すごい家電 いちばん身近な最先端技術 (ブルーバックス)

内容 :
洗濯機、テレビ、エアコン…。家電全17製品をジャンル分けし、製品の開発担当者を徹底取材。
それぞれが稼働する原理やしくみ、発展の歴史を解説する。
「明日の便利」を生み出す「発想の原点」がわかる本。

思わず誰かに教えたくなるトリビア満載!
全製品の開発担当者を徹底取材!
「明日の便利」を生み出す「発想の原点」。
読むほどに膝を打つ、おどろきの発想と技術――。

 ・ 0.04秒ごとに沸騰と対流を制御し、「土鍋よりも美味しい」ご飯を炊きあげる炊飯器。
 ・ 水の透明度から汚れ具合を判断し、槽の回転方向や速度を変える洗濯機。
 ・ 人の動きを記憶・学習して効率的に冷暖房を効かせるエアコンは、自ら掃除するロボットまで内蔵する。
 ・ 「より省エネで、より快適」を追求する現代の超技術=家電。
 ・ 創意工夫が生み出される現場を探訪する。

目次 :

# 01 洗濯機――ライフスタイルの変化が進化の原動力

# 02 冷蔵庫――気化と凝縮の熱交換器

# 03 掃除機――吸引力だけでは測れないその「実力」

# 04 電子レンジ――通信機器との意外な関係

# 05 炊飯器――高額商品ほど売れている“デフレ逆行”家電

# 06 テレビ――天文衛星の技術が促す進化

# 07 ビデオレコーダー/ブルーレイディスク――テレビの使い方を変えた録画カルチャー

# 08 デジタルカメラ/ビデオカメラ――動画と静止画が交互に技術革新を生む

# 09 エアコン――超高度な制御技術を装備した最先端家電

# 10 照明――光源と演出力の進化

# 11 電動シェーバー――“切れ味”を生み出す超微細加工技術

# 12 マッサージチェア――「銭湯」から普及した日本発の「リラックス家電」

# 13 トイレ――急速に進化する新しい家電

# 14 電気給湯器(エコキュート)――オフピークを活用する省エネ家電

# 15 電池――デジタル機器が進化を促す「縁の下の力持ち」

# 16 太陽電池――30年スパンで効率を考えるシステム型家電

# 17 HEMS――家庭内の電力利用の“お目付け役”

著者 : 西田 宗千佳
1971年福井県生まれ。ネットワーク、IT、先端技術分野を中心に活躍するフリージャーナリスト。著書に「スマートテレビ」「世界で勝てるデジタル家電」など。

2017/07/20  予約 7/26 借りて読み始める。 読み終わる。
 
ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える (講談社現代新書)
西田 宗千佳 /講談社 (2015-10-16) / 821円37 users
ネットフリックスのことは、まったく知らなかったので読んでよかったが、
途中まででなんとなく先が見えた感じがして 終了。

今でも TVと 録画を見るのに精いっぱい。
それ以外に 有料コンテンツを見る時間はないが、
 特にこれっ!といったものがあれば見るだろう。

 → Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!
 → ネットフリックス - Wikipedia

2017/07/20  予約 7/26 借りて読み始める。8/22 途中までで読み終わる。

内容・著者は →  [続きを読む]
ぱれーど (講談社の創作絵本)
山村 浩二 /講談社 (2015-09-25) / 1,404円4 users
2017年8月5日(土)公開の映画 「山村浩二 右目と左目でみる夢」 ユーロスペース
 アニメーション作家、山村浩二による短編オムニバス。
見に行く前に 山村浩二さんのアニメーションや絵本について知っておきたい。

山村浩二さんの絵本は始めてみます。 これは、かわいい!
いろんなものに足が生えて「ぼく」と一緒に歩きだす。
取ってつけたような足なんだけど、車輪で十分歩けそうな列車にも足が生えたのが面白い。
それと アンバランスなクジラの小さな足。さぁ歩け歩け!

2017/08/11  予約 8/18 借りて読み、一気に読み終わる。

ぱれーど (講談社の創作絵本)

内容と著者は →  [続きを読む]
深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)
岡谷 貴之 /講談社 (2015-04-08) / 3,024円96 users
今話題の 深層学習(ディープラーニング) についてしりたいと 適当に図書館から本を借りたが~。

本書は、『機械学習プロフェッショナルシリーズ』とあるように、数式が並ぶ少々専門的な本だった。 ハードルが高い、残念でした。
まだ数冊借りるので、そちらを読みます・・・。 (*^_^*)♪

2017/02/10  予約 7/1 借りて読み始めたが、難しいので中止。

深層学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)

内容と著者は →  [続きを読む]
深い河 (講談社文庫)
遠藤 周作 /講談社 (1996-06-13) / 659円266 users
所有
深い河(ディープ・リバー) (講談社文庫)

内容 :
愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。
自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。
人と人のふれ合いの声を力強い沈黙で受けとめ河は流れる。
純文書下ろし長篇待望の文庫化、毎日芸術賞受賞作。

著者 : 遠藤 周作


2017/4/19 読み始める。 読み終わる。
人工知能はいかにして強くなるのか? 対戦型AIで学ぶ基本のしくみ (ブルーバックス)
小野田 博一 /講談社 (2017-01-18) / 1,080円22 users
最新の 人工知能って どうなっているの?

本書はよくある人工知能の本とは一味違って チェスや囲碁などゲームをメインにして、人工知能のしくみが語られています。
なるほどと思う点もありますが、目から鱗なことが多い。
人工知能だとそのうち何でもできちゃうんでは! ということに対して シビアに解説してあります。
内容は ちょっと難しいけれど、回帰分析と判別分析、主成分分析のあたりまでついていければ 何とかなりそう、
チェッカー・チェス・囲碁のことを知っていれば さらに面白いでしょう。
囲碁では、AlphaGoの対局の話題をWebや雑誌でも見かけますが、それらの解説とは視点が違うのも、興味深いです。



2017/02/10  予約 3/8 借りて読み始める。4/9 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
おとなの週末 2017年 02 月号 [雑誌]
講談社 (2017-01-14) / 700円3 users
2017/2/10 歯医者さんの待合室で パラパラっと見る。
ちょうど、これから両国へ行くつもりだったので、両国 江戸NOREN でランチしようかな。

両国 江戸NOREN - 【「おとなの週末 2月号」で-両国- 江戸 ... - Facebook
【「おとなの週末 2月号」で-両国- 江戸NORENが紹介されました!】
現在発売中の「おとなの週末」で「最新グルメスポット」として-両国- 江戸NORENを取り上げていただいています。
「天ぷら食堂ひさご」や「かぶきまぐろ」の写真を見たら、今すぐ食べにいきたくなってしまうこと間違いなしです・・・!
他の店舗の情報も満載ですので、ぜひみなさんご覧ください!

 
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
百田 尚樹 /講談社 (2014-07-15) / 810円380 users
読了:  2014年11月23日
2016/10/08 追記
 海賊とよばれた男 2016年12月10日(土)公開
 百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

2014/11/23
上巻を読み終わって待つこと3ヶ月。下巻読みます!

途中から惹きこまれて、徹夜で一気に読みました。感動!

主人公 鐡造は、とにかく圧倒される人物です。
その周囲の人物も、ただ者ではない。(その努力は計り知れない)

モデルの 出光 佐三氏と 出光興産については、驚くことばかり。

イギリス、その後はアメリに翻弄されるイランのこと、西欧の植民地主義など
どうして これまで知らなかったのか・・・。(^^ゞ
日章丸事件では、鐡造の大胆な行動が成功し、石油の自由な貿易が始まるきっかけとなった。

西欧視線の世界の歴史ではない面を もう一度 知る必要があると痛感。

 → 出光 佐三 - Wikipedia
 → 出光興産 - Wikipedia
 → 日章丸事件 - Wikipedia ~ 、1953年(昭和28年)に起きた石油の輸入とそれに付随した訴訟および国際的な衝突。

こちらも読みたい!
 → マルクスが日本に生まれていたら
 →  出光佐三の著書など


2014/08/07  予約 10/27 借りる。11/7 読み始める。11/23 読み終わる。

同時に予約した文庫 2014/08/07 12/24に順番が来る 12/26 一応借りて最後を読み返す
 
内容と著者は →  [続きを読む]
海賊とよばれた男 上
百田 尚樹 /講談社 (2012-07-12) / 1,728円963 users
読了:  2014年08月18日
2016/10/08 追記
 海賊とよばれた男 2016年12月10日(土)公開
 百田尚樹のベストセラー小説を映画化。圧倒的なVFX映像も見どころ。 

2014/09/14 追記
「宗像大社国宝展」が出光美術館で行われることを知り、芋づる的に出光佐三氏につながりました。
「宗像大社国宝展」に行こう! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
本書上巻には、宗像大社との関わりはふれられていません。下巻が楽しみです。

2014/8/18 記
明治から大正、昭和の激動の時代、大きな志をもって石油の販売をした国岡鐡造の話に、グイグイ引きこまれます。
国岡鐡造の人となりに惹かれて、事業を支える人々。
彼が育て上げ、どんな苦難も厭わず誠心誠意働く店員たち。
本当にこんなすごい人がいたのかと 驚きと尊敬の念でいっぱいです。
早く後半を読みたい!

本を読んだ後で、出光興産創業者の出光佐三がモデルと知りました。 → 海賊とよばれた男 - Wikipedia


予約して1年。ようやく順番が回ってきました。
次も待ってるので、ささっと読まなくては!

2013/06/27  予約  2014/7/29 借りる。8/3 読み始める。 8/18 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
認知症と見分けにくい「老年期うつ病」がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
三村 將 /講談社 (2013-09-11) / 1,404円4 users
内容 :
もの忘れ=認知症とはかぎらない! 見逃されやすい「老年期うつ病」を、事例とともにイラストを交えてわかりやすく解説。
最新治療法や再発を防ぐ暮らし方も紹介する。

著者 : 三村將


2017/1/13 借りる。 読み始める。 読み終わる。
 
化粧せずには生きられない人間の歴史 (講談社現代新書)
石田 かおり /講談社 (2000-12) / - 19 users
読了:  2016年10月29日
イベントに合わせて読んでみたい!
 【クローズアップ展】 化粧‐貴人の嗜み、庶民の喜び‐
 古代オリエント博物館 10月1日(土)~11月28日(月)

 過去に参加した「化粧」に関するイベントや展覧会
  ⇒ Myブログ:2013/7/16 ファインバーグ・コレクション展へ
  ⇒ Myブログ:2013/6/2 「江戸人展と化粧・髪結いイベントに行く」



上記の本の後にこの本を読んだので、内容がわかりやすかった。
まずは、ヌードと 女性は自然、男性は文明 という話から始まります。
そして お風呂の話。
 日本人から見ると不思議な感覚ですが、衛生と水が結びついていなかった西欧。

いわゆるメイクの範疇を超えて広義の化粧について語られ、多くの図版と幅広い視野での内容はすごく面白い。
江戸時代の女性の化粧については、上記の本で読んだことと重複するが、
驚きは、男性の化粧について。目から鱗。
ほとんどの時代、男性も化粧をしていたが、
太平洋戦争ごろ以降は、「男に化粧をやめさせた近代の呪縛」がかかっていた。
その呪縛が解き放たれることを著者は望んでいる。

最後の章 「コミュニケーションとしての化粧」で、著者は化粧の本質と役割を述べています。
豊かな時代に生きる私たちが感じる満たされない心、苛立ち。
この閉塞感を破るための人・社会・自然との関係性の再構築に、化粧を活用してほしいのだと。

化粧せずには生きられない人間の歴史 (講談社現代新書)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
江戸美人の化粧術 (講談社選書メチエ)
陶 智子 /講談社 (2005-12-10) / - 6 users
読了:  2016年10月24日
イベントに合わせて読んでみたい!
 【クローズアップ展】 化粧‐貴人の嗜み、庶民の喜び‐
 古代オリエント博物館 10月1日(土)~11月28日(月)

 過去に参加した「化粧」に関するイベントや展覧会
  ⇒ Myブログ:2013/7/16 ファインバーグ・コレクション展へ
  ⇒ Myブログ:2013/6/2 「江戸人展と化粧・髪結いイベントに行く」

本書は、歯切れがよく親しみやすい文章で、ともすれば学術的過ぎになりそうな内容が、とても楽しく読めます。
研究のために 浮世絵を買う話では、最後のほうに 「浮世絵は際限がない。素人は手をださないほうがいい」とのこと。
それでもたくさんの浮世絵が文章と合わせ並べられているのは、感動です。
(モノクロで小さすぎて解説されたことがわからないところもあるけれど)

化粧法で興味深いのは、鉄漿(おはぐろ)です。どうやっていたのかが浮世絵からわかります。
また、歌舞伎役者が 化粧の場面に多く登場するのも、今のアイドルの化粧法を知りたいというのと同じなんだとか。

一番面白いのは、第4章。そこにたどり着くまでにすでにおなじみになった!? 「美艶仙女香」。
浮世絵のジャンルを超えて そこかしこに描かれています。
これはもう CM(うざい)の極致! 
ところが、そういうことを知らずに浮世絵を見るときには ほとんど邪魔にならないというのも面白い。
「見ても見えず」 のいい例でしょう。

面白かったので、著者の他の本も読んでみようかと思います。 → 陶 智子の著書

こちらも 合わせて読んでいます。共通項もあり面白いです。



2016/10/08 予約 10/12 借りて 読み始める。10/24 読み終わる。

江戸美人の化粧術 (講談社選書メチエ)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
野草の自然誌―植物分類へのみちしるべ (講談社学術文庫)
長田 武正 /講談社 (2003-07) / 1,037円2 users
読むほどに、面白さがわかります。
はじめから順に読むというより、気になる植物からあちこちと読んでいきました。
間を置いて、スキマ時間に読むので、二度以上読んだところもありそう。
中身が深くてそれでも文庫本の見開き二ページに収まるように書かれているので、取っ付き易い。

2015/05/10  予約 5/19 借りる。5/20 読み始める。
2016/5/31 読み終わっていないけれど一区切り。

内容と著者は →  [続きを読む]
死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)
赤川 次郎 /講談社 (1997-04-14) / 555円20 users
読了:  2016年04月21日
気楽に読める本を本棚で探したら、赤川次郎の文庫本がたくさんあります。
表紙のかわいいこの本を読みました。
ささっと読めるのがいいね。

死が小径をやってくる 三姉妹探偵団(11) (講談社文庫)

 → 三姉妹探偵団 - Wikipedia

著者 : 赤川 次郎

2016/4/18 読み始める。 4/21 読み終わる。(実家に帰って暇な時に読んだ)
いな吉江戸暦 (大江戸神仙伝)
石川 英輔 /講談社 (1996-02) / 1,677円6 users
数日前に予約したのに、読もうと思ったきっかけがもう思い出せない。
「大江戸神仙伝」というキーワードを何かで知って、図書館にある本を探したら、これしかなく、ちょっと違うかもと思った記憶がある。
「石川 英輔」では本を探していない。
大抵の場合予約した日付をメモしているのに、それもないからかなり衝動的だったのだろう。
あぁ~~~、情けない。
単なる小説じゃなく、タイムスリップをとおして、時代の比較をするのがポイント。
最近は、Twitterから話題のツイートメールが届くし、Facebookのタイムラインでもたまに面白いことに引っかかる。
検索の途中で見たのかもしれない・・・。

読み始めたが、イマイチつまらない。

2015/09/23頃 予約 2015/09/26 借りて読み始めるが少し読んで中止。

内容と著者は →  [続きを読む]
カンブリア紀の怪物たち (講談社現代新書)
モリス.サイモン・コンウェイ /講談社 (1997-03-20) / - 69 users
読了:  2008年07月17日 星3つ
%2525E6%25259C%2525AC%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525A2%2525E7%2525B4%252580%2525E3%252581%2525AE%2525E6%252580%2525AA%2525E7%252589%2525A9%2525E3%252581%25259F%2525E3%252581%2525A1%2525E8%2525A1%2525A8%2525E7%2525B4%252599_600-1000.png

本の表紙が、Amazonの画像と違うので、同じ本だと思わなかった !!(>д<)ノ

国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

2015/9/29 行きました。 面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


展示の目玉の一つが、カンブリア紀の バージェス頁岩動物群 です。

見に行く前に おさらいをしよう。

2015/07/05  2回め予約 7/14 借りた日 7/20 読み始める

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008/7/17 読み終わる
地球の歴史について見るとき、私は さらっと通り過ごしてきたカンブリア紀。
  カンブリア紀 あぁ、三葉虫の時代だね。 
もっとその後のほうが 興味があるもんね。 
イエ~イ 爬虫類型ほ乳類だ! 恐竜だ! 大型ほ乳類だ! 最初の人類だ!

ところがなぜか、今回は カンブリア紀に はまってしまいました。
このところの 中国での発見による 新しい研究成果の発表のせいでしょう!
進化の大爆発 これは 見逃せない~
このあとも、関連図書を数冊 読む予定です! ⇒ ☆あれこれフリークな本 

この本は、主に 『バージェス頁岩』 から発掘された化石の研究に関する内容です。
カンブリア紀の生きもの (=怪物たち) についての話は 知らないことだらけで 興味をそそられますよ。
生物が発生し、門に分化していくことについての話は 少し難しいかも・・・。

それにしても おもしろい! カンブリア紀の怪物たち = へんないきもの 揃いです。
それを鮮やかに蘇らせる超カラフルな 怪物たちのイラスト!も この本の魅力の一つ。

現存する へんないきもの については、先日 本を紹介しましたが、
『カンブリア紀の怪物たち』 を知っていれば どんなやつにも そんなに驚かないですよ~。

他に読んだ本






内容と著者は →  [続きを読む]
完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)
きむら ゆういち , あべ 弘士 /講談社 (2014-09-02) / 1,998円17 users
読了:  2015年09月06日
まずは、1作目の絵本(カラー)↓を読みました。

大型版 あらしのよるにシリーズ(1) あらしのよるに
きむら ゆういち, あべ 弘士
講談社 ( 2000-06-29 )
ISBN: 9784062102933


その後が、知りたくまとめて読める本書を借りて、読んでいるところ!
ストーリーも、絵もすばらしい。
読むにつれてストーリーは、深刻化・・・。
当初からありえない設定だったとはいえ、友情も周りの状況で危うくなりそう。
ガブとメイの本当の強さと優しさが胸を打ちます。これほど信頼し合える友人に巡り会えたしあわせ。
巻末の作者二人の対談では、話は「ふぶきのあした」で終わるはずだったとか。
続く「まんげつのよるに」で、読む人みんなに生きる希望が贈られたと思います。

2015/08/28  予約 9/5 借りて読み始める。 9/6 読み終わる。

内容・著者は →  [続きを読む]
大型版 あらしのよるにシリーズ(1) あらしのよるに
きむら ゆういち , あべ 弘士 /講談社 (2000-06-29) / 1,512円31 users
読了:  2015年09月05日
ハラハラ・ドキドキ、話も絵もすばらしい。
大型版と愛蔵版の2冊とも、借りてしまったので、続けて2回読みました。
・ 大型版 あらしのよるにシリーズ(1) あらしのよるに
・ あらしのよるに [愛蔵本シリーズあらしのよるに] (1)

この後、シリーズ完全版を読みます。↓

完全版 あらしのよるに (あらしのよるにシリーズ)
きむら ゆういち, あべ 弘士
講談社 ( 2014-09-02 )
ISBN: 9784062785099


2015/08/28  予約 9/5 大型版と愛蔵版の2冊一緒に借りて、読み始め一気に読み終わる。

内容・著者は →  [続きを読む]
昭和に火をつけた男 青島幸男とその時代
森 炎 , 青島 美幸 /講談社 (2013-12-25) / 1,836円3 users
しょっぱなから、戦中戦後の日本の歴史が面白い。
これまで本やTVなどで知る話とは、角度の違った切り口。
惹きこまれます。

家族のエピソードも、私の知る僅かな青島幸男像をふくらませてくれる。

2015/04/13 予約 4/17 借りる。6/13 読み始める。7/14 面白かったが、今回は途中で返却。

内容と目次は →  [続きを読む]
ルーズヴェルト・ゲーム
池井戸 潤 /講談社 (2012-02-22) / 1,728円285 users
読了:  2015年01月09日
「Yahoo!検索大賞」 “今年の顔” 
■カルチャーカテゴリー 小説部門:ルーズヴェルト・ゲーム

TBS系ドラマの原作 です。 (見ていません・・・)
業績不振にあえぐ青島製作所でリストラが始まり、野球部の存続を疑問視する声が上がる。
廃部にすればコストは浮くが…。
社長が、選手が、監督が、技術者が、人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転とは。

ちょっと興味が出てきました。 読んでみましょう!
ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫) は、図書館で100人以上待ち。
(2014/12/9予約、2015/6/30順番が回ってきました)
ハードカバーなら、すぐ借りれそうです。(*^_^*)♪

2015/01/09
集中して2日で読み終えた。面白い!
勧善懲悪っぽいのはわかっていても、頭からずっと読みながら気分がふさぐ。
最後はどんな痛快な逆転劇が起こるのか。
普通の会社やビジネスの話プラス野球!それがこの本の面白いところ。
試合をみんなで応援するシーンの熱っぽいこと。その場にいるようです。

ひたすら読み続けてたどり着いた最後の数ページは、勿体無くてゆっくり読みました。
池井戸 潤の作品は、すごい人気なのに、読んだことが無かった。
これから、読んでみようかな!

2014/12/10 予約 12/20 借りて、読み始める。2015/1/9 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
デーモン(下) (講談社文庫)
ダニエル・スアレース /講談社 (2011-08-12) / 885円12 users
読了:  2014年01月10日
上巻から引き続き ますます面白い! 怖い! 奇想天外。
ダニエル・スアレースのSF小説 自動作動するコンピュータプログラム。

これまでの社会に不満を持つ人々がデーモンの支配下で暗躍し、その影響力は非常なスピードで増大していく。
デーモンに支配され操られる人々。逆らうと命がない。
この話に終わりはないのだろうか? それは世界の終わりになるのだろうか?

最近は、AIが話題になっています。
自動車、ロボット、更には無人の戦闘機 そして ついには・・・。

「デーモン」の作者がTEDでプレゼン! 必見です。
2013年10月28日(月)放送 TED スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン
 Daniel Suarez (ダニエル・スアレース)
 The kill decision shouldn't belong to a robot 「殺しの判断をロボットにさせてはいけない」

2013年10月23日(水)放送 クローズアップ現代 No.3420「ここまできた自動運転」



世界最強のスーパーコンピュータ IBMの「ワトソン」が、更に進化しているらしい。
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる ~ My本棚「pasoboのバインダー」

2013/12/10 予約 12/11 借りる。12/21 読み始める。 1/10 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
デーモン(上) (講談社文庫)
ダニエル・スアレース /講談社 (2011-08-12) / - 22 users
読了:  2013年12月21日
ダニエル・スアレースのSF小説 自動作動するコンピュータプログラム。

最近は、AIが話題になっています。
自動車、ロボット、更には無人の戦闘機 そして ついには・・・。

2013年10月28日(月)放送 TED スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン
 Daniel Suarez (ダニエル・スアレース)
 The kill decision shouldn't belong to a robot 「殺しの判断をロボットにさせてはいけない」

2013年10月23日(水)放送 クローズアップ現代 No.3420「ここまできた自動運転」



世界最強のスーパーコンピュータ IBMの「ワトソン」が、更に進化しているらしい。
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる ~ My本棚「pasoboのバインダー」

2013/11/04  予約 11/20 借りる。 12/2 読み始める。12/21 読み終わり 下巻へ。


内容と著者は →  [続きを読む]
親鸞(下) (講談社文庫)
五木 寛之 /講談社 (2011-10-14) / 607円111 users
読了:  2013年09月07日
五木 寛之の 親鸞(上) を読んだので、早く続きを読みたい。
上に引き続き 下も読破!

これまで全く興味のなかった親鸞のこと。
もっと知りたくなりました!

本の続きは、親鸞 激動篇(上) (講談社文庫)

2013/7/11 予約  7/15 借りる。 7/18 読み始める。9/6 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
博物館の一日 (講談社の創作絵本)
いわた 慎二郎 /講談社 (2012-10-20) / 1,512円11 users
国立科学博物館を訪れる親子を主人公に、博物館の展示や研究員の仕事が紹介された絵本です。
行ったことがあるので、楽しく読めます。
恐竜レプリカの作り方、くじらなどの骨の標本の作り方は、知らなかったので へぇ~~~です。
イラストも、かわいいけれど重要なツボは押さえてあってすごくいいですね。

2013/11/11  予約 11/12 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
親鸞(上) (講談社文庫)
五木 寛之 /講談社 (2011-10-14) / 607円134 users
読了:  2013年07月14日
東京新聞に連載された 「親鸞」、「親鸞 激動篇」。
2013年7月1日から、新聞小説「親鸞 完結篇」五木 寛之、画/山口 晃 が東京新聞に連載。
その挿絵が面白い! と聞いて 興味がでてきました。
せっかくだから、最初から読んでみようかな!
読んでみると、さすが 面白くてグイグイ読み進める。 次は下巻です。
 五木寛之氏の朝刊連載小説「親鸞 完結篇」が七月一日から、本紙に登場します。
第一部にあたる「親鸞」(二〇〇八年九月一日~〇九年八月三十一日)は京都に生まれ、法然に師事し、弾圧を受けて越後に流された若き日の親鸞像に迫りました。
続く「激動篇」(一一年一月一日~同年十二月十一日)は、赦免(しゃめん)の後、関東に招かれた壮年期の親鸞が、布教しながら思索を深める様子を描きました。
今回の「完結篇」で、親鸞は京都に帰還します。「教行信証(きょうぎょうしんしょう)」の完成など多くの業績を残し、九十歳で没するまでの晩年を、八十歳を迎えた著者が円熟の筆致でつづる予定です。
挿絵は、第一部、第二部と同じく山口晃さんが担当します。ご期待ください。 


2013/7/4 予約 7/10 借りて読み始める。7/14 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ふらり。 (KCデラックス モーニング)
谷口 ジロー /講談社 (2011-04-22) / 10,000円78 users
読了:  2013年06月21日
 ふらり。 (KCデラックス モーニング)   → マンガペディア

R25に紹介されていたので読むことにしたのだけど、
1ヶ月以上経ったのでどんな話題だったか忘れてしまった・・・。
漫画なので、サッと読めると思います。これから読みます。

すごく面白くて、一気に読めてしまったけれど、何度でもその絵を味わいたい!
江戸の景色、人々の暮らしが 情感豊かに描かれています。

江戸の町をふらりと歩く主人公。
その歩幅がだんだんと定まっていく一方、空想は空をかけめぐる~。
人の視線だけでなく、虫の視線、鳥の視線と、さまざまなアングルからえがかれる江戸の町は、
つい自分がそこを見、動き回っている錯覚に陥りそう!

思いがけない人との出会い。俳句と旨い酒とすてきな奥さま。
これから遠く蝦夷への旅が始まる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

メインブログから、まち歩きなど関連記事をピックアップしました。
 ⇒ 永代橋 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 深川八幡 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 浅草 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 上野 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 隅田川 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 小名木川 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


以下 とりとめもないメモです。

Wikipedia  伊能忠敬 ・ 松尾芭蕉 ・ 小林一茶 ・ 平賀源内 ・ 三笑亭可楽 ・ 谷素外

主人公の住まいは、深川黒江町(現福住、永代、門前仲町)
ここを起点に 小名木川、大川(隅田川)、上野、浅草を歩く。

★ 主人公が歩いた江戸の町、現代の地図にピンしました。 ⇒ Myマップ:ふらり

両国橋 永代橋 柳橋 

仙台堀川に掛かる橋。
崎川橋 - 木場公園大橋 - 末広橋 - 亀久橋 - 木更木橋 - 海辺橋(正覚橋) - 清澄橋 - 清川橋 - 旧上之橋 - 隅田

浅草、浅草寺、上野、両国、両国広小路、門前仲町 深川八幡、

古地図を見よう!
・ 地図 > 古地図 > 江戸(切絵図)一覧
・ 大江戸絵図
・ 古地図 - Web上で動作する便利な無料地図サービス

物売りの声
古骨はござい、古骨はござーい」 ~ 傘の古骨買い
「いかァけ なべェ、かまァ~」 ~ 鋳掛屋(いかけや)
「鯵のすうー、小鰭のすー」 ~ 一夜ずし
「塩まんじゅう」 ~  

「銀のかんざしに小枕ついて三十八文」
 小枕とは ~ 日本髪を結うとき、まげを高くし、髻(もとどり)を締めやすいようにかもじの中に根として入れるもの。紙や木で作る。
 ⇒ 江戸300年の女性美 化粧と髪型 (大江戸カルチャーブックス) ~ pasoboのバインダー(本棚)

2013/05/06 予約  6/19 借りる。 6/19 読み始め一気に読み終わるが、更に読み返す。 6/21 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ヒトはおかしな肉食動物―体毛のない一夫一婦制の哺乳類のちょっとヘンな生殖戦略
高橋 迪雄 /講談社 (2005-10) / 1,728円8 users
読了:  2013年06月16日
最初から、目からうろこの内容に、びっくりです。
 牛と馬の違い、ハムスターが必死に走るわけ。
 必修アミノ酸のこと。

面白い記事を見つけました。
・ 人はなぜ、太るのか? 高橋迪雄先生に訊いた「太る理由と、太らない対策」。

・ 快眠のツボ:「アミノ酸」と快眠の関係は? 高橋迪雄・味の素顧問に聞く(その3)

長生きしている人の価値は?
筆者は自分のことも含め 科学者の視点だけでなく、今を生きる人としての温かい目で語ってくれます。

2013/05/10 予約  5/18  借りる。5/31 読み始める。6/16 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
輝く日の宮 (文芸第一ピース)
丸谷 才一 /講談社 (2003-06-10) / 1,944円29 users
エッセイ講座で文章がうまいと紹介された丸谷 才一の本を読んでみよう。

出だしは、登場人物が書いたという設定の短文。
これはおもしろい! これなら分厚い小説も一気に読破できそう。
と思ったら、その後は全くつまらない。 途中で止めました。
また縁があったらエッセイを読んでみよう。

2013/02/24 予約 3/3 借りる。3/20 読み始めたが、途中で止める。

内容と目次は →  [続きを読む]
福原 麟太郎 /講談社 (1992-10) / 999円3 users
2013/2/24のエッセイ講座で 「福原麟太郎」を知り、エッセイを読みたくなった。

タイトルの作品など 数点を読めばいいやと思っていたら、
最初の1作品から 惹きつけられ、読み進めています。

文章も内容も素晴らしいが、全部読む程でもないので、途中までで中止しました。

2013/02/24 予約 3/3  借りて読み始める。3/11 途中でやめる。

内容と目次は →  [続きを読む]
サアカスの馬・童謡 (21世紀版・少年少女日本文学館18)
安岡 章太郎 , 遠藤 周作 , 吉行 淳之介 /講談社 (2009-04-02) / 1,512円4 users
読了:  2013年02月05日
2013年1月26日 安岡章太郎 死去。(92歳。)
このニュースに接し、ふいに 安岡章太郎を読みたいと思った。
まずは、気軽に読めそうなこの本から始めて、気に入ったら、他の作品も読むつもり。

安岡章太郎の作品は、中学生が主人公の「宿題」、そして表題の「サアカスの馬」、
つぎは、吉行淳之介 「悪い夏」
どうも、日本のこういった小説は 好きになれない。

阿川弘之の作品は、例の有名な「スズキとオコゼ」。これは傑作だ。
一番感動したのは、遠藤周作の作品「最後の殉教者」。

「21世紀版少年少女日本文学館」 でよかったのは、個性的な挿絵。
ルビや説明は少し煩わしかったが、旧仮名や難しい漢字はひらがなにするなど読みやすくしてある。
コラムの解説は、忘れていることもあったので 参考になりよかった。

2013/01/31 予約 2/5 借りて読み始め、読みたい作品だけ読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (53)
3 ITのうちWeb関連
2 ITモバイル・携帯・スマホ等
6 IT:ALL(情報技術)
3 SF
7 ◆まんが
2 ◆エッセイ
1 ◆伝記
14 ◆児童文学と絵本
14 ◆小説:日本
4 ◆小説:時代小説
2 ◆小説:海外
1 ◇ヴェルヌ
1 お絵かき
1 アート
1 ガーデニング
1 スポーツ
1 デジカメ&ビデオ
1 外国:中国
1 外国:韓国・朝鮮
4 文化
2 旅行
3 暮らし・リフレッシュ
2 暮らし・保険・介護・年金
1 暮らし・経済・税金・年金
3 暮らし・衣食住
1 暮らし・電気製品:家電・グッズ
8 歴史
4 生き方・考え方
1 神話・伝説・民話
2 科学・テクノロジー
1 科学:医学
2 科学:恐竜と古生物・化石
1 科学:理数工学
3 科学:生物・生命
1 経済・ビジネス
3 経済・社会・政治一般
3 自然
1 自然・人類
2 自然・動物
2 自然・植物
3 自然・野鳥
3 *あとりえ用
2 *人気!?予約で待たされる
1 *図鑑・辞典
4 *新しいこと
4 *映画
1 *講座
6 *TV
1 @リンク集
62 @図書館
1 Bs:居間-茶
1 Bs:書斎本棚
2 Family
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー