ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
並べ替え:
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/11/24 08:36
2017/11/20 13:45
2017/11/19 08:57
2017/11/19 00:08
2017/11/18 20:13
最近登録した本
うどんのうーやん
ほしじいたけ ほしばあたけ (講談社の創作絵本)
カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのも…
にじのみずうみ (いわさきちひろの絵本)
おもちゃ箱―武井武雄画噺〈2〉 (武井武雄画噺 (2))
羊男のクリスマス (講談社文庫)
たのしい写真3 ワークショップ篇
食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門 (デ…
仙厓(せんがい):ユーモアあふれる禅のこころ (別冊太…
ぼくの道具
カウンター
累計14828  今日1  昨日1
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
<<2017年11月>>
登録数12 件
購入金額- 円
読了数12 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
日本園芸界のパイオニアたち: 花と緑と、20の情熱
椎野 昌宏 /淡交社 (2017-07-05) / 1,944円4 users
日本園芸界のパイオニアたち: 花と緑と、20の情熱

内容 :
明治から昭和にかけて植物園芸業界で活躍した20人を取り上げ、
その生い立ち、考え方、活動内容とのこした業績、周囲の人々による評価などをまとめる。
『園芸世界』連載から抜粋、また書き下ろしを加えて単行本化。

著者 :
1931年生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。園芸研究家。
日本ベゴニア協会理事長、日本花菖蒲協会、横浜さくらそう会、横浜朝顔会理事を務める。

2017/10/11  予約 10/21 借りる。10/24 読み始める。 読み終わる。
はじめての作陶 手びねりの茶碗 (茶の湯 手づくりBOOK)
日本陶芸倶楽部 /淡交社 (2003-03-01) / 540円2 users
読了:  2017年06月19日
2017年5月から陶芸教室に参加。
まったく初めてのまっさらの状態で、1回目に臨む。
講師は気さくで優しくそして プロ! の素晴らしい方です。

講座での技法は てびねり。

というので、「手びねり」の本を探しました。

友人に陶芸教室のことを話したら、やっぱ、楽茶碗。それと一輪挿し。
2017/6/18 講座2回目 茶碗(らしきもの) と 花瓶(らしきもの)にチャレンジしました。
 なんったて 茶の湯展 見に行ったばかりですから!

「特別展「茶の湯」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
陶磁器の名品 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本書は、楽茶碗のほか、蓋置や香合の作り方が 書かれています。
講座でのやり方とは違う工程もあるけれど、読んでおいてよかった。

2017/05/27  予約 6/4 借りて読み始める。 6/17 ざっと読み終わる。

はじめての作陶 手びねりの茶碗 (茶の湯 手づくりBOOK)

内容と目次は →  [続きを読む]
京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション
村田 理如 /淡交社 (2008-09-01) / 30,240円2 users
読了:  2017年02月28日 星5つ
・ 東京都庭園美術館 1月14日(土)~ 4月9日(日)
 並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性
 繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家 並河靖之、没後90年を記念する回顧展。

最初は、七宝がこんなに素晴らしいとは知らなかったが、
友人一押しの 並河靖之 の作品。
展覧会に行く前に 下調べを兼ねて 本書を読みました。
あまりの美しさに、全頁を 舐めるがごとくじっくりと数回鑑賞。
作品の説明書きが、他作品もすぐ見比べられるように配慮されていて、素晴らしいです。
大きな本で、写真もすごく美しいし、前書きもあとがきも 素晴らしい文章です。

もし、一点 もらえるとしたら・・・、(*^_^*)♪
 バーダーとしては、雉のツボか、鷹がTOPにつけられたツボ でしょうか。 
 ガーデナーとしては、後期の藤の花と葉がリアルなツボ。
 ガーリーな視点では、名刺入れですね。

上記の 「並河靖之七宝展」にも、本書に載った作品が 多数展示されていて、
実物は さすが、美しかった!

京都の 「清水三年坂美術館」に行ってみたくなりました! → 清水三年坂美術館 - Wikipedia

京七宝 並河靖之作品集 ― 清水三年坂美術館コレクション

本書に掲載された作品の写真は、以下のページで見ることができます
清水三年坂美術館
 ●「明治の七宝」(2016.5/20~2016.8/14)
 ●「明治の七宝」(2011.11/25~2012.2/19)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2004.12.1-2005.2.27)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2003.3.1-2003.6.1)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2002.3.2-2002.5.30)


2017/02/21  予約 2/28 借りて読み始め、じっくり読み終わる。

京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション

内容と著者は →  [続きを読む]
春日大社 (日本の古社)
三好 和義 , 岡野 弘彦 /淡交社 (2003-11) / 3,024円3 users
キーワード : 春日大社 の本

写真のきれいな本です。
 写真はざっと目をとおしたので、後は興味がある文章を読むつもり。
 建築については、他の本には書かれていなかったことなので、ぜひ読みたい!

特別展「春日大社 千年の至宝」 → 展覧会公式サイト

東京国立博物館 平成館 1月17日(火) ~ 3月12日(日)
 ⇒ 特別展「春日大社 千年の至宝」講演会へ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ 特別展「春日大社 千年の至宝」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」 2017/2/15

春日大社について 下調べ。
2017/02/04  予約 2/5 借りて読み始め写真のみざっと目をとおす。

春日大社 (日本の古社)

内容と著者は →  [続きを読む]
箱書で学ぶ くずし字の基礎: 茶会・稽古で迷わないコツ
茶道資料館学芸員 橘 倫子 /淡交社 (2013-08-06) / 1,512円1 users
くずし字を読めるといいな! という潜在意識があるようで、
図書館の新刊棚で本書を見つけた時、迷わず借りました。

この本は著者が体験をもとに、くずし字を読めるように工夫して書かれた本なので、説得力があります。
「何度も読んでボロボロになったら、2冊めを手にとって下さい」とのこと!

本書の趣旨「お茶会に行って お道具などの箱書を読む」のに役立つように!
という場面に遭遇することはまず無いと思うけれど、(^^ゞ
この本で崩し文字の読み方を覚えれば、書道を見る時や美術展で役に立つかもしれない。
でも・・・この本に出てくるような字を読めるようにはなるのは、到底不可能って気がします。

考えてみると 最近文字はもっぱらPC・ケータイで打つことが多い。
それらの文字は、普通は明朝やゴシックで きっぱり読みやすい。
だから、手書きするときも 下手文字、丸文字、殴り書き !!(>д<)ノ ばかりで、
華麗な草書やくずし文字なんて~~縁遠い。

江戸時代から書かれてきた崩し文字は、そのうち読める人がいなくなるのでは・・・。
PC・スマホでは手書き入力はできる。それらを活用して崩し文字の文化を継承しよう!
伝統に則った美しいくずし文字が、認識できるようになるとすごいんだけどネ。

易しい草書体ぐらいは 日頃馴染んでおきたいので、MyPC内のフォントを草書に変えてみました!
 Evernote、メモ帳、自分用のワードなど (*^_^*)♪
 ブラウザの表示に適用するかどうかは迷うところですね。

イベント情報 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

こちらは、以前に読んだ本です。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

☆ すごいサイトを見つけました!
 → 木簡字典・電子くずし字字典 [共通検索システム] ~ 奈良文化財研究所・東京大学史料編纂所

その他 役立ちそうなサイトです。
 平仮名と変体仮名 ~  古文書便覧
・ (古文書入門⑥)むかしのひとは何故くずし字を書くのか?: 江戸時代研究の休み時間

・ 読めるかな?くずし字読解にチャレンジ! ~ 歴史公文書探究サイト『ぶん蔵』

 → くずし字関連の書籍

2013/09/20 新刊棚で見つけて借り読み始める。 読み終わる。

内容 :
茶道具の箱書を読むために必要な知識を、実際に24の箱書の写真を例にあげながら具体的にわかりやすく解説。
似ているくずし字・別の形にくずされた字など300以上のくずし字を収録し、くずし字の基礎知識もポイントで紹介。

著者 :
兵庫県生まれ。神戸大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程修了(学術博士)。
専門は日本近世史(日本文化史、陶磁史)、古文書学。茶道資料館学芸員。

タグ (10)
1 ◆伝記
1 アート
1 ガーデニング
2 工芸
3 文化
1 文字・会話・語学
1 生き方・考え方
1 神話・伝説・民話
1 *実習
5 @図書館
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー