ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 早川書房
並べ替え:
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/10/23 01:16
2017/10/21 12:12
2017/10/18 09:57
2017/10/18 08:21
2017/10/18 00:18
最近登録した本
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのよ…
日本園芸界のパイオニアたち: 花と緑と、20の情熱
忘れられた巨人
チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
陶遊 2002年 02月号
陶遊 2009年 03月号 [雑誌]
やきものの里で陶芸に親しむ (NHK趣味悠々)
NHK趣味百科 やきものをたのしむ  平成5年1月~3月
この一冊でまるごとわかる ブロックチェー ン&ビ…
紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)
カウンター
累計14762  今日0  昨日3
since : 2009/06/09


読了数 (月別)
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
<<2017年10月>>
登録数11 件
購入金額- 円
読了数0 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
忘れられた巨人
カズオ イシグロ /早川書房 (2015-05-01) / 2,052円125 users
友人に カズオ・イシグロの本を貸してとお願いしたら、最新の本が届きました。
面白そう。と思って読んだが、なんだかイマイチ。
ノーベル賞作家だからという前提で、とりあえず時代に遅れないようにと思って読んでいるが。

2017/10/13 友人に借りる。10/16 読み始める。10/19 最初はしっかり読んで、途中からは飛ばし読み、最後はきちんと読む。 その後読み返すかどうか?

忘れられた巨人

・ 「問い」から生まれるファンタジー:問題作『忘れられた巨人』をカズオ・イシグロが語る - Wired
・ 今の日本なら「忘れられた巨人」と向き合える:日経ビジネスオンライン
 10年ぶりの新作に込めたカズオ・イシグロの思い

友人から レターパックライトで届きました。 → レターパックライト


内容 :
『忘れられた巨人』(英語: The Buried Giant)は、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロが、『わたしを離さないで』(2005年)から10年ぶりに書いた長編小説。
2015年3月にイギリス・アメリカで同時出版された。
侵入するサクソン人(アングロ・サクソン人)に対抗したという伝説のアーサー王が亡くなってしばらく経った、現在イングランドと呼ぶ地域を時代背景に、ブリトン人の老夫婦が息子を訪ねて旅をする話。

著者 : 
カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人小説家である。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を、
2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住。
 
わたしを離さないで
カズオ イシグロ /早川書房 (2006-04-22) / - 294 users
2017年10月13日
ドラマ『わたしを離さないで』再放送が決定 | TBSホット情報 - TBSテレビ
 → TBSテレビ 2016年1月期金曜ドラマ『わたしを離さないで』公式サイト 1~10話

気づくのが遅く1回目は見そびれたが、2回目からは、録画予約しました。
2,3回を見たけれど、イマイチ。 
移植のために生まれた子供たちが、疑惑に苦悩しながら成長する。
3人の主人公は、主体性のない女子と、優柔不断な男子とわがままな女子で、青春の葛藤がえがかれる。
見ても共感するところがないのは、こちらの心が狭いのかも知れないが、わざわざ時間を割いてみるほどでもないような気がする。

2017/10/7
カズオ・イシグロ氏が2017年にノーベル文学賞を受賞!
ずいぶん前に この本を読んだことを思い出した。
あいにく 内容も感想も覚えていない~。 
もう一度読みたいし、他の作品も 読んでみたいが、図書館は、長い待ち行列だろうね。

<再放送決定!> 10月8日(日) NHK[Eテレ]後11:00
「カズオ・イシグロ 文学白熱教室」
ノーベル文学賞の受賞が決定した、ベストセラー作家カズオ・イシグロ。
自作をひもときながら、学生たちに文学の真髄を語った「白熱教室」を特別アンコール放送します。 
くわしくはこちらへ!
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=11917&f=fb
・ 白熱教室 カズオ・イシグロ 文学完全版 - YouTube

You Tubeで カズオ・イシグロのことを知ろう!
・ 「飛行機に乗っても行くことはできない日本」ノーベル文学賞受賞カズオ・イシグロ 文学白熱教室ダイジェスト NHKニュース
・ カズオ・イシグロ氏の素顔 ノーベル文学賞 スッキリ ニュース
・ 世界的作家、カズオ・イシグロが英国大使館で記者会見 - YouTube
・ 映画『わたしを離さないで』予告編 → わたしを離さないで (吹替版)
・ You Tube ≪AI朗読≫[カズオ・イシグロ]わたしを離さないで《ノーベル文学賞受賞者》 1:10:55

 → カズオ・イシグロ - Wikipedia  → Kindle版 まとめ買い

 書店になくても すぐ読める!→ 著書・作品 Amazon


2006/8/19 友人が 本を貸してくれました。 
カズオ・イシグロの 『私を離さないで』 ・・・ ゆっくり読みますね。

おまけに お菓子も一緒に送ってくれたので  とってもHAPPY!

内容 :
全寮制施設に生まれ育ったキャシーは、今は亡き友人との青春の日々を思い返していた。
奇妙な授業内容、教師たちの不思議な態度、キャシーたちがたどった数奇で皮肉な運命。
彼女の回想は施設の驚くべき真実を明かしていく…。

著者 :
1954年長崎生まれ。60年父親の仕事の関係でイギリスに渡る。
ソーシャル・ワーカーとして働きながら執筆活動を開始。
著書にブッカー賞受賞作「日の名残り」など。

カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、長崎県出身の日系イギリス人小説家である。
1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞ブッカー賞を、
2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住。
 
AIと人類は共存できるか?
人工知能学会 /早川書房 (2016-11-12) / 2,268円31 users
AIが普及したからといって 夢のような世界が来るとはだれも考えないだろう。
人工知能(AI)はあらゆるところに使われる技術で、ボっとしていればAI搭載ロボットにこき使われる人間も出てくる。(今もITに使われている人は多そうだし。
どういう形の共存になるのかわからないけれど、AIだけが勝ち残るなんてことは無いんじゃないかしら。
で この本は面白いかと手にとったけれど、分厚い本だし わざわざ読むこともないかと思って結局返却。
また気が向いたら 読んでみよう!

 → 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) ・ 人工知能学会 - Wikipedia

2017/02/10  予約 2/15 借りて読み始める。ほとんど読まずに返却。

AIと人類は共存できるか?

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
デイヴィッド A.プライス /早川書房 (2009-03-20) / 2,376円144 users
 → Myワード : ピクサー

「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」

2016年3月5日(土)~ 5月29日(日)東京都現代美術館 (MOT)

面白かった。 ⇒ MOTのピクサー展へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 「ピクサー・アニメーション・スタジオ」について、もっと知りたい。

この本の新しい版 (文庫)
ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇 (ハヤカワ文庫NF)
デイヴィッド・A・プライス
早川書房 ( 2015-02-20 )
ISBN: 9784150504243




メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々

内容 :
「トイ・ストーリー」から「ウォーリー」まで驚異のCGアニメーションで映画業界の寵児となったピクサーは、
いかに苦難の日々を抜けて卓越した創造の場となったのか。
苦悩と情熱に満ちた天才達の30年間を徹底取材で明かす。

著者 : デイヴィッド A.プライス
ハーバード・ロースクールとケンブリッジ大学を卒業。ジャーナリスト。
ワシントンDC在住。

2016/05/26  予約 5/31 借りる。7/10 読み始める。 2017/1/13 いったん返却
ピクサー 早すぎた天才たちの大逆転劇 (ハヤカワ文庫NF)
デイヴィッド・A・プライス /早川書房 (2015-02-20) / 1,080円27 users
 → Myワード : ピクサー

ピクサー・アニメーション・スタジオ

版の来歴 「メイキング・オブ・ピクサー」(2009年刊)の改題
メイキング・オブ・ピクサー―創造力をつくった人々
デイヴィッド A.プライス
早川書房 ( 2009-03-20 )
ISBN: 9784152090164


2016/06/23 予約 6/28 借りる。 「メイキング・オブ・ピクサー」を読むのでこちらは読まずに返却。

内容と著者は →  [続きを読む]
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー , 小野田和子 /早川書房 (2015-12-08) / 691円80 users
読了:  2016年06月28日
2016年05月17日 に 上巻を読み終えたので 下巻が待ち遠しかった。

2016年2月公開の映画「オデッセイ」リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演、すごく面白かった。
映画「オデッセイ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

映画もすごく面白かったが、原作はその数倍も面白い。
次から次へと起こるトラブル、それに冷静に対処する主人公マーク。
地球と交信が取れているときは天才たちの支援を受け、
交信ができなくなった時は、自分の脳力をフル回転。
 知力・気力・体力& ユーモア!
とにかく最高に楽しめる本です。
映画を先に見ていたのでイメージがつかみやすかったのもよかった。

2016/05/10  予約 6/8 借りる。 6/9 読み始める。6/28 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー /早川書房 (2015-12-08) / 691円88 users
読了:  2016年05月17日
2016年2月公開の映画「オデッセイ」リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演、すごく面白かった。
映画「オデッセイ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

原作も読みたい! というわけで、人気のこの本の上巻を 2ヶ月待って、読んでいます。
この後 下巻も待たされそう・・・。

映画も面白かったけれど、本は更に面白いです。
火星に取り残された主人公が、アイデアを実現するため、必要な物資を獲得するためなどに 様々な計算をします。
映画では追いつかなかったことも、本なら読み返して納得できます。
それと、会話に挟まれるトレビア的なこと、知ってる時は嬉しい(世界共通)し、
ナンノコッチャラ ポカーンとするのは、文化の違い? 私の無知?(^o^ゞ;

奇抜だけど実際にありそうな内容は、近未来には絶対に役に立つと思う。
それにしても、著者アンディ・ウィアーって一体どんな人?
 → アンディ・ウィアー - Wikipedia

今日(2016/05/17)は、「π字型」の人材という言葉を知りました。
 縦棒2つは深い専門分野を2つ、それをつなげた横棒は、幅広い分野についてある程度のことが分かっていることを指す。
主人公 マーク・ワトニーはまさにそうですね。ワトニーにはさらに いいところがたくさんあります。
柔軟性が有り、楽観的で行動的、あと体力です!
映画は マット・デイモン主演だから つい 『ボーン・アイデンティティー』シリーズなんかと結びつけちゃうしね。
体力ないと生き延びれない。!!(>д<)ノ (*^_^*)♪
何かひとつの専門領域を掘り下げるのが「I字型」で、幅広い知識とひとつの専門領域を持つのが「T字型」。そのT字型に、もうひとつ異なる専門分野を別に持っているのが「π字型」の人材


2016/02/13  予約 4/26 借りる。4/29 読み始める。5/17 読み終わる。

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見
コリン タッジ /早川書房 (2009-09) / 1,944円52 users
読了:  2015年11月03日


ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見

国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

2015/9/29 行きました。 「イーダ」見ました、面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

「イーダ」って知ってますか?
「ルーシー」(直立歩行した類人猿)は、聞いたことがあるけれど、「イーダ」は初耳。
どんな発見なのか、興味深いですね。

7/21(火)関連のイベントに行きました。
 『生命大躍進』DNAから考える私たちの成り立ち (講師:篠田謙一)
篠田先生のお話で、イーダがどれだけ貴重で素晴らしい化石なのかを知り、
本書を読むのも、展覧会に行くのもすごく楽しみになりました!

「生命大躍進」展へ行こう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

この本(絵本)も読んでいます。
イーダ: 美しい化石になった小さなサルのものがたり
ヨルン フールム, エステル ヴァン・フルセン, トルシュタイン ヘレヴェ / 創元社 ( 2015-07-07 )


ホモ・サピエンスへと進化の過程では、いたるところにミッシングリンクがあるらしい。
この本には、化石「イーダ」とその時代背景についての詳しい解説が書かれています。
さらに、「イーダ」がどれほど貴重な化石なのか、それを手に入れるまでの経緯や全世界に公表するための入念な準備など、興味深い話が盛り沢山。
でも、内容がしっかりしている分、気軽に読める本ではないですが、
じっくり読んで 最新の「古生物学研究」について知る事ができます。
著者の強調するもう一つのポイントは、
 ヒトに繋がるような化石の殆どのは、歯やあごの一部などで、謎を解くにはあまりにも手がかりが少ない。
 何か新しい発見があれば、学説はコロッと変わることもあるというような内容でした。
だからこそ、研究は楽しいんでしょうね。(*^_^*)♪

2015/07/05 予約 7/14 借りる。 7/22 読み始める。11/3 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
NEXT―ネクスト〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン /早川書房 (2009-11-10) / 929円34 users
読了:  2015年10月24日
上巻に引き続き下巻を読みます。
多くの登場人物がトラブルに巻き込まれ、とぎれとぎれに読んでいたのでは誰がどの人だったか、わからなくなって 冒頭の登場人物一覧を何度も見返しながら読まなくてはならない。
匿名での精子提供の無責任さを追求される場面、女の子が小遣い稼ぎに卵子を売っているらしいこと、とにかく驚くような内容ばかり。

オウムのジェラール、オランの子供デイブは、人間の遺伝子を組み込まれたといっても頭良すぎ!
そう、人間の遺伝子を組み込んだ動物を作るとあっという間に、人間は追い越されちゃうかも。
小説とはいえ、2009年にはこれだけ遺伝子研究と実験がなされているとすれば、2015年も終りに近い現在では、一般人の知らない技術と応用の範囲は想像を遥かに超えているだろう。
それが、研究者や企業のための研究にならなず 多くの人が正当に平等に恩恵をうけられるようになることを望むばかりです。

マイクル・クライトンは、本文中でも 著者あとがきでもはっきりと今の危機とどうすべきかを述べていて、読後の混乱した頭に判断の指標を与えてくれます。

上巻
NEXT―ネクスト〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン
早川書房 ( 2009-11-10 )
ISBN: 9784150412074


2015/10/06 予約 10/7 借りて読み始める。10/24 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
NEXT―ネクスト〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン /早川書房 (2009-11-10) / 929円39 users
読了:  2015年10月04日
やっと上巻読みました。
まだ話の行方が全然わからない・・・。
早く、下巻を読みたい。

NEXT―ネクスト〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン
早川書房 ( 2009-11-10 )
ISBN: 9784150412081


2015/08/22 予約 8/29 借りる。8/29 読み始める。10/4 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン・ジェイ グールド /早川書房 (2000-03-01) / 1,145円208 users
国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

2015/9/29 行きました。 面白かったですよ!
「生命大躍進」展 その1~4 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


展示の目玉の一つが、カンブリア紀の バージェス頁岩動物群 です。

見に行く前に この本を読もう!

本書は、1993年4月刊行の本の文庫本。
もはや古典です。ということは、科学的には古すぎ・・・。
作者自慢の写真・図版も白黒なので、イマイチ。

サブタイトル「バージェス頁岩と生物進化の物語」のとおり、作者の心意気?がこもった内容です。

専門家やサイエンス・ライターには読んでおくべき本かもしれないが、
序言、1章まで読み進んで 今回は中断です。

こちらを読んで、本書が必要だったら また読むことにします。



2015/07/05 予約 7/11 借りて読み始める。7/16 中断。

内容と著者は →  [続きを読む]
ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク〈2 上〉 (ハヤカワ文庫NV)
マイクル クライトン /早川書房 (1997-05-16) / 734円41 users
購入:  1997年07月 714円 所有
読了:  1997年
1997年のアメリカ映画で、映画『ジュラシック・パーク』の続編。
監督 スティーブン・スピルバーグ
熱帯雨林の死―シコ・メンデスとアマゾンの闘い
アンドリュー レヴキン /早川書房 (1992-02) / - 2 users
熱帯雨林の死―シコ・メンデスとアマゾンの闘い

2015年06月14日 「大アマゾン展」に行き、この自然の現在の状況、今後について別の観点からも知りたくなった。
「大アマゾン展」へ行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

シコ・メンデス - Wikipedia

2015/06/18 予約 6/27 借りる。
7/9 読み始めたが、あまりにも内容が濃く、重い内容のようで、今回は中止。

内容と目次は →  [続きを読む]
リスボンへの夜行列車
パスカル メルシエ /早川書房 (2012-03) / - 37 users
パスカル メルシエの小説『リスボンへの夜行列車』は、2014年9月13日公開の映画 リスボンに誘われての原作です。
2004年の刊行以来、全世界で400万部を突破した『リスボンへの夜行列車』を映画化。
ポルトガルの首都リスボンを舞台に、一冊の本に導かれるように同地を訪れ、本当の人生を知っていく中年教師の心の旅路を描く。
衝動的に旅へ出る主人公を、イギリスを代表する名優ジェレミー・アイアンズが好演。
西ヨーロッパ最古の街の美しい風景も見もの。

映画の前に 読んでみようと 予約しました。
読み始めたけれど、読むより映画を見るほうがよさそうなので、読書は中止。

2014/08/21 予約 8/26 借りる。8/27 読み始める。 8/30 中止

内容と著者は →  [続きを読む]
IBM 奇跡の“ワトソン”プロジェクト: 人工知能はクイズ王の夢をみる
スティーヴン・ベイカー /早川書房 (2011-08-25) / 1,944円81 users
読了:  2014年08月11日 星5つ
日本人には馴染みのないアメリカのクイズ番組「ジョパディ」
それに挑戦した IBMのコンピューター 「ワトソン」

 → IBM and the Jeopardy Challenge(日本語字幕) - YouTube
 → What is Watson (日本語字幕版)

NHKスペシャル 「コンピューター革命 最強×最速の頭脳誕生」でも取り上げられたスーパーコンピュータ「ワトソン」。
・・・人間の言葉を聞いて理解し、人気クイズ番組で全米チャンピオンを破った“世界最強”の人工知能・IBMの「ワトソン」。
激烈な競争の末に生まれたこの2つの頭脳は、人間社会を劇的に変貌させる可能性がある。
過去の出来事をすべて知識として蓄え、経済危機脱出のシナリオを描いたり、症例から、医師に代わって診断を下すなど、人間を記憶から解放する「ワトソン」。
両者が目指すところはひとつ、人間を実験や計算、知識の暗記といった単純作業から解放し、より高度な知的活動に専念させることだが、“知性”と呼ばれてきたものをコンピューターが肩代わりするようになった結果、私たちの社会はどう変わるのだろうか。
バラ色の未来か、仕事を奪われる悪夢か。
世界各地で進むコンピューター革命の最前線ルポに加え、コンピューターが高度に発達した近未来の東京を舞台にしたアニメも挿入し、変貌の行方を描き出す。

NHK サイエンスゼロ 2011年4月16日放送 ・ 2011年4月23日放送 人工知能がクイズ王に挑戦!

参考 :
・ ジェパディ! (Jeopardy!)- Wikipedia 「ジョパディ」 → Jeopardy!公式サイト
・ ワトソン (コンピュータ) - Wikipedia → IBMワトソンの公式サイト
・ IBM 質問応答システム“ワトソン”がクイズ番組に挑戦! IBM
・ 「次世代スーパーコンピュータ」 : 富士通

 ワトソンのその後に関することが書かれています。
クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場 (朝日新書) ~ My本棚「pasoboのバインダー」

・ 人間の「ジョパディ」出場者の勉強法
  Anki ~ 暗記のためのフリーソフトウェア → はじめてのAnki

2012/6/6 予約 6/6 借りて、読み始める。 2014/08/11 ついに読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ニンテンドー・イン・アメリカ: 世界を制した驚異の創造力
ジェフ・ライアン /早川書房 (2011-12-22) / 1,728円95 users
読了:  2012年12月18日 星4つ
2013/09/20 追記
任天堂前社長で、同社を世界的なゲーム機メーカーに育てた山内溥(やまうち・ひろし)氏が19日、肺炎のため京都市内の病院で死去した。享年85。

2013/4/1 追記
この本を読んでいたので、ゲームの世界を描いた映画を、違う観点からも楽しめました。
映画 「シュガー・ラッシュ 3D」 2013年3月23日公開 TOHOシネマズ有楽座
 30年来の悪役が少女レーサーのヒーローに! ディズニー・アニメーション
 日本のポップカルチャーの影響を受けた美術や、AKB48の楽曲が全世界共通で使用されている。


2012/12/18 記
マリオの姿は知っているけれど ゲームはしたことがない。
そもそも、ゲーム機とは縁がなかった・・・。
今では、スマートフォンでも iPad、タブレットでも 売りはゲームが主流。
無料で遊べるゲームが大人気。
それでも ゲーム機を買う人もいるのかと思ったが 人気のようです。

ゲーム機を知らないでも、本書はすごく面白い。
ニンテンドーという会社の夢とビジネス。
当初は小さな会社が、ゲームの世界でシェアを拡大し、売上を伸ばしていく。

本書を読み進めると次々と出てくるゲーム、どれもやってみたくなる!
やはり、スーパーマリオ。 と言ってもすごい数のシリーズがある。
ゲーム機の変遷も興味があり、これまで知らなかったことがなるほどど思えてきた。
今日も 地下鉄で隣りに座った男の子は、ゲーム機で遊んでいた。

本書の最後には、これからのゲーム界、ゲームビジネスの展望が書かれている。
皆に 夢を与えるもの! どんな形でもこれからも 続いていくだろう。

任天堂・岩田社長が語る“本当の”ソーシャルゲーム
「3DS」「Wii U」の逆襲(前編) (1/5ページ) 2013/1/6 7:00 NEW

ドンキーコング ドンキーコングJR.
マリオブラザーズ スーパーマリオブラザーズ ゼルダの伝説

 → 無料スーパーマリオゲーム サイトへ

2011/10/28 予約 11/3  借りる。11/15 読み始める。12/18 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
愛のゆくえ (ハヤカワepi文庫)
リチャード ブローティガン /早川書房 (2002-08-01) / 821円76 users
読了:  2013年09月09日
さようなら、「電子書籍」 という記事の最後にこの本の内容が 紹介されていた。
「電子の本」という夢は、「電子書籍」とは別かもしれない。
http://wired.jp/2013/08/02/farewell-ebooks/5/
わたしが「電子の本」について考えるとき、いつも思い浮かべるのは、リチャード・ブローティガンの『愛の行方』(原題は “Abortion: An Historical Romance 1966”)の冒頭に登場する奇妙な図書館だ。この図書館に自分が書いた「本」を収めようと、多くの人がやってくる。どんな本なのか、そのタイトルを見ていくだけでも楽しい。ほとんどがアマチュアである、彼ら彼女らが書いたあまりにも個人的な本は(例えば『ホテルの部屋でろうそくで植物を育てる方法』のような)、誰にも読まれないまま、いずれは洞窟の奥に捨てられてしまう。

でもいまならば、そうした本も静かに読者との出会いをネット上で待つことができる。「電子書籍」の栄光は、ベストセラーや古典のなかに、『ホテルの部屋でろうそくで植物を育てる方法』のような本が、平然と存在しているところにあるとわたしは思う。「緊デジ」以後の日本の「電子書籍」が、そうした本も含めて発展してくれることをわたしは強く期待する。だがもし、その期待がかなわないなら、わたしたちはより自由になるために、むしろ「電子書籍」というぎこちない言葉のほうを、そろそろ脱ぎ捨てたほうがいいのかもしれない。

読むきっかけは上記の記事だったが、読み始めると全くそれとは違う世界に引きこまれていきます。
読者のいない一風変わった図書館の仕事に固執する主人公。
シュールな主人公の周りに起こったできごとが、ちょっと違った優しい視点で丹念に綴られていく。
 すっかりその感覚に浸っていると・・・。
旅から戻った時の災難とも言える出来事は、幸か不幸か主人公とその恋人を現実的でフツーな暮らしに連れ戻してくれる。
ホッとすると同時に魔法が消えたような読後感は、
 「不思議の国のアリス」が現実世界に戻った時のようで、物足らなさを感じてしまう・・。

その後、「訳者あとがき」と「解説(高橋源一郎)」を読み、作者のことを知る。
ビート・ジェネレーション から フラワー・ジェネレーション(ラブ・ジェネレーションピッピー族)の頃 絶大な人気だったのだそう。
やがて忘れ去られていたが、また再評価され始めたようです。
 といっても、もう一冊何かを読む気にはならないけど・・・。

参考 
・ ビート・ジェネレーション - Wikipedia (第一次世界大戦から1920年代までに生まれた世代)
・ ヒッピー - Wikipedia 1960年代後半~

2013/8/9  予約 8/13  借りる。 8/15 読み始める。 9/9 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
太陽からの風 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク /早川書房 (2006-04) / 864円32 users
NHKのコズミックフロントで宇宙ヨット『イカロス』の特集番組をみました。
そこで知ったのが、この本に収められた短編「太陽からの風」。
番組の中でも 一部アニメーションで紹介されていました。
さっそく読んでみます。

 → 2013年4月18日の放送 「広がれイカロス 夢の翼 世界初 宇宙ヨット開発秘話
「イカロス」は金星探査機「あかつき」と一緒に打ち上げられ、「あかつき」とほぼ一緒に金星へ向かいます。打ち上げ後1ヵ月以内にセイルを展開し、薄膜太陽電池による発電を確認します。その後、半年ほどかけてソーラーセイルによる加速と軌道制御を実証します。「あかつき」はブレーキをかけて金星の周回軌道に入りますが、「イカロス」は金星を通過し、太陽のまわりを回り続けます。ソーラーセイルは太陽の光を使って太陽から遠ざかることも、太陽に近づくこともできます。「イカロス」がどこに行くかはソーラーセイルによる軌道制御次第です。
JAXA|太陽の光を受けて航行する宇宙ヨット - 宇宙航空研究開発機構

IKAROS - Wikipedia
IKAROS(イカロス)とは独立行政法人宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)及び月・惑星探査プログラムグループ(JSPEC/JAXA)が開発した小型ソーラー電力セイル実証機である。

太陽帆 - Wikipedia

お目当ての表題作、「メデューサとの出会い」を読む。
2013/6/15 予約 6/22 借りる。 6/28 読み始める。 短篇集なので数作読んで終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義
イーライ・パリサー /早川書房 (2012-02-23) / 2,000円216 users
「フェイスブック 若き天才の野望」で検索したら、ヒットした本。
読んでみよう!

内容はすごく面白いのに、なかなか読み進まないうちに時間切れ ( T o T; ) 
再度読むつもり!

内容 :
あなた好みの情報を自動的に取捨選択して見せてくれる、近年のネット社会のフィルタリング技術。
その裏に潜む、民主主義さえゆるがしかねない意外な落とし穴とは-。
「フィルターバブル」問題に警鐘を鳴らす。

著者 :
1980年生まれ。アメリカ最大のリベラル系市民政治団体の1つ、「ムーブオン」エグゼクティブ・ディレクターを経て、理事会長。

2012/9/16 予約 9/29 借りる。10/15 読み始める。ぜんぜん読み終わらない・・・。 3/17 途中で返却。
2013/03/22 再予約 4/16 借りる 5/15 読み始める
インサイド・アップル
アダム・ラシンスキー /早川書房 (2012-03-23) / 1,728円176 users
読了:  2012年10月28日
「フェイスブック 若き天才の野望」で検索したら、ヒットした本。
読んでみよう!

対外的には華やかな印象があり、熱狂的なファンを持つ アップル製品と
 極端な秘密主義を貫いて会社を経営してきたスティーブ・ジョブズ。
その全貌が、紹介された本です。
暴露本ではなく、公平で客観的なビジネスの視点で、書かれています。
あまりにも、他の会社と経営思想が違うので、何かの参考にするというより 
読み物として面白いし、これからのアップルを見ていく上のヒントになりそうです。

2012/9/16 予約 9/29 借りる。10/13 読み始める。10/28 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ローラ・フェイとの最後の会話 (ハヤカワ・ミステリ 1852)
トマス・H・クック /早川書房 (2011-10-07) / 1,836円49 users
読了:  2012年07月22日
昨日銀座に行ったときゲットした「銀座百点」の中の
 「グラス越しの世界」 東理夫 に紹介されていた本。
そこでは、本書にでてくるアップルティーニ(アップル・マティーニ)についても語られている。
「ウォッカ」と「グリーン・アップル・パーカー」で作るカクテル。
サスペンス小説にでてくるマティーニやリンゴ酒は、魅力的 (*^_^*)♪
と、つられて読み始めました。

私の好きな フリーマントルの「チャーリー」シリーズでも こだわりのお酒が登場します。
 ⇒ My本棚:フリーマントルの本

さて本書は、サスペンスなわけで、冒頭から暗く憂鬱な雰囲気~。
 読み進めたものか・・・、「アップルティーニ」がでてくるまで がんばろう!

読みすすめると だんだんと面白くなってくる。 
そう・・・まるで、ピノ・ノワールとアップルティーニをちびちびやりながら、語り合う二人の話を 横に座って聞いているよう。
それでていて、まるで映画を見ているように、過去の映像がフラッシュバックする。
 これがまた時系列順というわけでもないので、アップルティーニのおかわりとなる。
会話も本質をついたり 取りとめもなかったり。
やがて、ローラ・フェイの言葉とルークの言葉が重なりあい、真実が見えてくるが・・・。
読み終わる頃には どっぷり世界に浸っていました。 (*^_^*)♪


参考 → ライターズネットワーク » 東理夫さん「湘南と私」~湘南の作家が語る
 (→ 東理夫の書籍

2012/5/6 予約 5/12 借りる。5/15 読み始める。7/22 読み終わる

内容と著者は →  [続きを読む]
火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)
レイ・ブラッドベリ /早川書房 (1976-03-14) / - 164 users
所有 読了:  1996年
いつごろ読んだか?

出版社からの内容紹介
「SFの詩人」と称される、言葉とイメージの魔術師がつむぎ出した、詩情豊かな26のオムニバス短編。

内容(「BOOK」データベースより)
火星への最初の探検隊は一人も帰還しなかった。火星人が探検隊を、彼らなりのやりかたでもてなしたからだ。
つづく二度の探検隊も同じ運命をたどる。それでも人類は怒涛のように火星へと押し寄せた。
やがて火星には地球人の町がつぎつぎに建設され、いっぽう火星人は…
幻想の魔術師が、火星を舞台にオムニバス短篇で抒情豊かに謳いあげたSF史上に燦然と輝く永遠の記念碑。
著者の序文と2短篇を新たに加えた新版登場。→ 火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)著者 : レイ・ブラッドベリ
1920年アメリカ生まれ。アメリカで最も名高い小説家。映画や演劇の脚本も執筆。
米国ナショナル・ブック・アウォードなど数々の賞を受賞。
著書に「華氏451度」「たんぽぽのお酒」など。
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル /早川書房 (2009-07-18) / 929円836 users
1月のN響定期公演で、ヤナーチェク / シンフォニエッタが演奏されます。
この曲は、大ブレイクした村上春樹の小説『1Q84』に取り上げられています。
 → パそぼとベルルのあれこれフリーク 「1月N響定期はチェコの色合い」

そうなると、『1Q84』 の元となった、本書 『ジョージ・オーウェル の一九八四年』も 読んでみたくなりますね。

そう思って読みはじめたけれど、文体というか内容というかしっくりこなくて、
美女が出てくる前に読むのをやめました。


ところで、皆さんの1984年はどんな年でしたか?
 → 1984年 - Wikipedia

ちょっと「自分史」を書きたいと思ったら、こんなサービスがありました。
 → 自分史.JP 「想い出が人を繋げる」自分史交流サイト
自分史は書いてみたいけど、他の利用者の人に見られるのはなんだかなぁ・・・
 という方には「非公開設定」もできるそうです。

2012/1/13 予約 3/3 借りる。4/21 読み始める。4/22 途中でやめる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ライオンのクリスチャン―都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで
アンソニー バーク , ジョン レンダル /早川書房 (2009-12) / 1,512円8 users
読了:  2012年03月18日
この本で紹介されて この感動的な話を知った。
 ⇒ つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える ~ pasoboのバインダー(本棚)
 
写真を見るだけでも、びっくり。 こんなライオンが都会で暮らしているなんて!
そして、厳しい自然へ戻されるが、そこでもたくましく生きていく。
はぐれオスになるのでは、と心配したけれど 大丈夫。
1年後、彼らを覚えているのは まぁ普通だとしても、すなおに喜ぶ姿は、超感動!
きっと 順調な自然回帰を遂げて、性格が捻じ曲がらなかったからだと思います。(=^▽^=)

このYou Tubeが 超人気動画なのも もっともですね。→ Christian The Lion 日本語版 クリスチャン ザ ライオン

 ♪ 動画を盛り上げる歌声は、あの ホイットニー・ヒューストン
このYou Tubeを見た少し後に 亡くなりました、とっても残念・・・。
1992年に公開された初主演映画「ボディガード」、
 ケビン・コスナーとの共演がステキでしたね。→ You Tube
・・・なんだか 話がそれちゃった (^o^ゞ;

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

読み終わると、クリスチャンとエースとジョン、その絆の強さに改めて感動します。
それも、エースとジョンの 賢明で忍耐強い努力があったからです。
クリスチャンとともに成長していく!! エースとジョン。

女優でクリスチャンをかわいがる ユニティー・ベビス・ジョーンズの存在も大きい。

「野生のエルザ」に出演した役者夫婦 ビル・トラバースとバージニア・マッケンナ により、イギリスからアフリカへ。
クリスチャンを野性に返した「ジョージ・アダムソン」
そこまでの経緯は 大変な苦労を伴いますが、みんなのクリスチャンへの愛情がそれを後押ししてくれます。
とにかく、ペットを買うにしても ここまで徹底して あとのことまで面倒を見るのは、当然のことながら すばらしいことです。
イヤになれば、手っ取り早く 動物園かサーカスに売り払えたかもしれないのです。
 
You Tubeでお手軽に感動ではなく、この本を読んでこその本物の感動を味わいました。

2012/2/11 予約 2/18 借りて読み始める。3/18 読み終わる

内容と著者は →  [続きを読む]
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
スティーグ・ラーソン /早川書房 (2008-12-11) / 1,749円262 users
読了:  2012年02月15日
いよいよ、2012年2月10日公開 「ドラゴン・タトゥーの女」

前半を読んで映画を見てきました。 これから後半を読みます。
この順序はかなりよかった。
人物や背景がしっかり頭に入って、後半の行方や結末を知らずに映画を見ると
 面白さがン倍です。

過去のミステリーが現在も尾を引いているし、別の大規模な悪事も展開していて
 世の中って ほんと怖い。

 ⇒ 映画「ドラゴン・タトゥーの女」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上 ~ pasoboのバインダー(本棚)

2012/2/7 予約 2/14 借りて読み始める。2/15 一気に読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
スティーグ・ラーソン /早川書房 (2008-12-11) / 1,749円314 users
読了:  2012年02月08日
いよいよ、2012年2月10日公開 「ドラゴン・タトゥーの女
鬼才「デヴィッド・フィンチャー」が、スティーグ・ラーソンの大ベストセラー・ミステリー小説を映画化 。
だいぶ前から、予告編を見ているが、ちょっと怖そうで映画を見るのをためらっている・・・。
 予告編って 意味もわからず 衝撃的なシーンが次々と繰り出されるから。
内容はわかってしまうけれど、映画より先に、本を読んでみよう!
 
読み始めると、話に筋がとおっていて、丁寧に書かれており 文章もわかりやすい。
 それが、かえって驚き!!
舞台はスウェーデン、北欧のステキな国みたいだけど、じつはどんな国なのかほとんど知らない・・・。
 それにしても、スウェーデンの冬って厳しい。マイナス30度以下になる !!(>д<)ノ

上を読んだので、次は下へ

2012/1/5 予約 1/25 借りる。1/26 読み始める 2/8 読み終わる

内容と著者は →  [続きを読む]
緑は危険 (ハヤカワ・ミステリ文庫 57-1)
クリスチアナ・ブランド /早川書房 (1978-07) / - 31 users
映画 「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」をみて、原作者「クリスチアナ・ブランド」を知った。
 ⇒ 映画「ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

「マチルダばあや・・」シリーズは、はユーモアたっぷりの児童小説だが、
全く違った本格推理の作家らしい。その本を読んみよう

2012/1/11 予約 1/18 借りる。 1/25 読み始める。 1/28 中止。
 借りた本は、S58年(1983年)二刷 ¥380
 図書館カードの最後に借りたスタンプは、63.3.1
 かなり黄ばんで 字も小さい、昔の本です。

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (26)
5 IT:ALL(情報技術)
13 SF
2 ◆小説:日本
20 ◆小説:海外
13 ◇クライトン
2 ◇ブラッドベリ
2 アート
1 ゲーム
1 地球環境とエコロジー
1 歴史
5 科学・テクノロジー
8 科学:恐竜と古生物・化石
1 科学:理数工学
2 科学:生物・生命
3 経済・ビジネス
5 自然
1 自然・人類
3 自然・動物
2 *新しいこと
19 *映画
1 *TV
1 @リンク集
2 @友人・知人他から
35 @図書館
3 @要再読
1 Bs:書斎本棚
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー