ホーム   本・雑誌   キンドル   Web   音楽   DVD   その他 ウォッチ  プロフィール  メディア記録  印刷  RSSフィード
pasoboのバインダー > 日刊工業新聞社
並べ替え:
<< 2017年8月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク
Myブログ:パそぼとベルルのあれこれフリーク
2017/08/16 20:18
2017/08/15 10:29
2017/08/13 20:31
2017/08/07 17:49
2017/08/06 15:27
最近登録した本
苔玉と苔 小さな緑の栽培テクニック (別冊NHK趣味の…
苔玉と苔 育て方ノート
鳴き声から調べる野鳥図鑑—おぼえておきたい85種 (音…
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたり Ⅴ メシアの…
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅣ 契約の民の…
いちばんやさしい苔盆栽と豆盆栽
苔の本―苔で作るナチュラルインテリアと、身近な苔の…
よくわかる人工知能 最先端の人だけが知っているディ…
「苔ボトル」育てる楽しむ癒しのコケ図鑑
ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変え…
カウンター
累計14673  今日0  昨日0
since : 2009/06/09

読了数 (月別)
  • 14
  • 12
  • 10
  • 8
  • 6
  • 4
  • 2
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
<<2017年8月>>
登録数9 件
購入金額- 円
読了数2 冊
ソーシャル
物々交換
アイデア
ユーザー検索
ランキング
お知らせ RSSフィード

カテゴリ 読書 購入 所有 お気に入り 日付
トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)
辻井 潤一 , 産業技術総合研究所 人工知能研究センター /日刊工業新聞社 (2016-12-23) / 1,620円19 users
トコトンやさしい人工知能の本 (今日からモノ知りシリーズ)

内容 :
人工知能の性能は、ビッグデータやディープラーニングの登場で飛躍的に上がった。
人工知能に関して、どのような研究や技術があり、何に応用されているのか、これから何ができるようになるのかなどの全体像をやさしく解説する。

著者 : 辻井 潤一
産業技術総合研究所 人工知能研究センター

2017/02/10  予約 2/12 借りて読み始める。 読み終わる。
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)
山本 靖典 , 江口 久雄 , 宮崎 高則 /日刊工業新聞社 (2017-05-27) / 1,620円2 users
ノーベル化学賞(クロスカップリング反応の開発)の 鈴木章氏 監修の とても分かりやすい本です。
といっても全頁に 化学式がちりばめられています。
クロスカップリングのことは、全く知らなくって・・・。
基本からきちんと説明があり、化学式はともかく 文章とイラストだけでも分かった気になりました。
今も 研究が進んでいる分野で 日本が中心となっている技術なんですね。

ノーベル賞の鈴木章先生も 自宅で液晶テレビ、降圧剤のお薬と毎日お世話になっているそうで、私たちの生活には欠かせないクロスカップリング。
往々範囲も広く 研究が即 実用化されるのも、日本ならではのすばらしいことだそうです。

・・・ 有機化合物とは炭素─炭素骨格を含む化合物で、私たちの暮らしを支える製品(電子材料、医農薬など)に広く使われています。もともと有機化合物は、生物体が作り出す化学物質の総称でしたが、現在では有機合成反応という技術により、多くの有機化合物が人工的に生産できるようになってきました。
現在では、クロスカップリング反応は、農薬(殺菌剤、除草剤)、医薬品(降圧剤、抗がん剤)、電子材料(液晶、有機EL)など様々な工業製品の製造に利用されています。
本書を読めば、クロスカップリング反応は、日本の学術研究者と企業研究者が先導して発展させた世界に誇るべき反応技術であることが良く理解できると思います。・・・

有機合成

これからは、ニュースなどでクロスカップリングと聞いても 少しは内容がわかるようになったと思います。 (*^_^*)♪

2017/6/14 新刊棚で見つけて読み始める。始めはしっかり途中からはざっと読み終わる。

トコトンやさしいクロスカップリング反応の本 (今日からモノ知りシリーズ)

内容と目次・著者は →  [続きを読む]
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
日本ロボット工業会 , 日刊工業新聞社 /日刊工業新聞社 (2015-11-27) / 1,620円6 users
読了:  2016年07月28日
アイボや Pepper、先日発売されたロボホン。
ロボットと暮らす日は近い。 なんだか楽しみ~。
どんなロボットがいいかな? 
「ズートピアのうさぎのジュディ」みたいなロボットにそばにいて欲しい!

ロボホン 欲しいかも ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
トコトンやさしいロボットの本 (今日からモノ知りシリーズ)
映画「ズートピア」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ロボット関連の本、3冊目。
この本は、産業ロボットを主に 基礎から、動くメカニズムや構成要素などがきちんとしかも読みやすく書かれています。
日本の技術の優れているところと課題もわかり、今後ニュースなどを見るときにも役に立ちそうです。
たぶんこれを3冊目に読んだのが、順番的に良かったと思います。

◇ 1冊め

ロボティクス 最前線
日経産業新聞 / 日本経済新聞出版社 ( 2016-01-07 )


◇ 2冊め




2016/05/26  予約 5/31 借りる。6/3 読み始める。 7/28 読み終わる。

内容と目次は →  [続きを読む]
トコトンやさしい 3Dプリンタの本 (今日からモノ知りシリーズ)
佐野 義幸 , 柳生 浄勲 , 結石 友宏 , 河島 巌 /日刊工業新聞社 (2014-05-28) / 1,512円15 users
読了:  2015年01月29日
3Dプリンタが身近になってきました。
まずは、トコトンやさしい本で、どんなものか知ろう。

この本は、3Dプリンタについてイラスト入りでわかりやすく説明してあります。
特に、3Dプリンタのソフトについての解説は、簡明でざっと覚えておくと後で役立ちそうです。
実際に ペン立てを作るためのデザイン(製図)と 完成写真は説得力あります。

3Dプリンタは、20年の歴史があり 産業分野では使われてきました。
これからは、個人ユースの使いやすいものが出まわるのでしょうか。
手作り3Dプリンタは、今のところ手作りする楽しみの段階のようですね。

2015/01/07  予約 1/17 借りて、読み始める。1/29 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
3Dプリンタではじめるデジタルモノづくり
門田 和雄 /日刊工業新聞社 (2013-10-31) / 1,728円8 users
読了:  2015年01月23日
3Dプリンター、あっという間に身近になりましたね。
3Dプリンタを作ることもできるんですって!
この本に作り方が載っています。

この本を読むと、3Dプリンターのことが大体わかります。
実際に使ってみようかな~。
ソフトの使い方は、「MetasequoiaLE」R3.0 と 「SolidWorks」 について具体的に解説があります。
前者は、フリーソフトなので、インストールして使ってみるのもいいですね。

3D CGソフト
・ Blender (ブレンダー):フリーソフト(STL変換可)
・ 「StoneyDesigner」:フリーソフト N.Ishizaka氏
・ 「MetasequoiaLE」R3.0 フリーソフト(STL変換は別ソフト)

・ Metasequoia (メタセコイア):「Metasequoia 4 Standard」(5,250円) テトラフェイス
・ Shade 3D (シェード):有料ソフト(STL変換可)

3D CADソフト
・ Autodesk123D Design :フリーソフト 
・ 「Tinkercad」:フリーソフト  オートデスク
・ 「SketchUp Make」:フリーソフト  Trimble
・ 「DesignSpark Mechanical」:フリーソフト  RSコンポーネンツ

・ SolidWorks (ソリッドワークス):有料ソフト、無償 CAD ツール (フリーソフト)
・ Rhinoceros (ライノセラス):有料ソフト、(フリー評価版)、Macはフリーソフト
・ 「MoI 3D」(36,750円) Triple Squid Software Design
など

3Dプリンターの作り方も、詳しく解説されています。
作るためには、原理の理解や幅広い知識と技術が必要です。
工具などが使える環境なら、挑戦するのも楽しそう。

また、簡単に組み立てられるキット付きの雑誌もありますね。

FabLab Japan で 体験もできそうです。

コラムより 「3Dプリンタによる新生体分子模型」極小の世界に触れる! 
 ~ 動くバーチャル分子で学ぶ生体分子,環境問題&科学技術と社会 ~

こちらもみてね
3Dプリンタで遊ぼう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


2015/01/07  予約 1/10 借りる。1/11 読み始める。 1/23 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
トコトンやさしいバイオプラスチックの本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
日本バイオプラスチック協会 /日刊工業新聞社 (2009-09) / 1,512円5 users
読了:  2014年12月06日
バイオプラスチックって、プラスチックとどう違うの?
何に使われているの?

環境に調和した循環型社会の実現にむけて、大きな可能性を開いた新素材、
「バイオマスプラスチック」 と 「生分解性プラスチック(グリーンプラ)」

まだまだ課題の有りそうなバイオプラスチック。
早く本格的に実用化されるといいですね。
ただ、コンポストとして生ごみと一緒に捨てる というのは日本で採用されるのでしょうか?

本文中に出てきた カーボンフットプリント(CFP) って何?
 このマーク、見たことある? howto_img_01.jpg

・ カーボンフットプリント (METI/経済産業省)
 カーボンフットプリント(CFP)とは商品の一生(原料調達から廃棄・リサイクル)までに排出されるCO2量を商品に表示する仕組み

・ カーボンフットプリント - Wikipedia

・ CFPプログラム カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム
   CFPとは、原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまで排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して、「見える化」(表示)する仕組みです。


ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment:LCA)とは製品やサービスに対する、環境影響評価の手法のこと。
・ ライフサイクルアセスメント - Wikipedia

2014/10/04  予約 10/9 借りる。10/28 読み始める。12/6 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
トコトンやさしいプラスチック成形の本 (今日からモノ知りシリーズ)
横田 明 /日刊工業新聞社 (2014-06-28) / 1,512円7 users
知り合いの人が、プラスチック成形のお仕事をなさっているそうで、
会話を弾ませようと このところプラスチック関連の本を読んでいます。
そのうち、工場見学できるといいな!

プラスチックは、種類も多く、製法も多様です。
最先端の方法がいいのかと思ったら、案外昔ながらの方法が使われていることが多い。
なにも保守的ってことではなく、コスト的な点からです。
それでもどうしてそうなるのか摩訶不思議なできあがりのものなど、
知恵と工夫の積み重ね。
100円ショップのプラスチック製品コーナーに行くのが楽しみになりそう。(*^_^*)♪

内容 :
注射器とねじで加工する射出成形、トコロテンに似た押出し成形、ふくらまして作るブロー成形…。
ペットボトルやレジ袋、卵パックなど身近なものを例にして、プラスチック成形についてわかりやすく解説する。

著者 : 横田 明
慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。
技術士(化学部門、高分子製品)、特級プラスチック成形技能士。
著書に「現場で役立つ射出成形作業の勘どころ」など。

2014/10/04  予約 10/9 借りる。10/13 読み始める。 読み終わる。
おもしろサイエンス 雷の科学 (B&Tブックス)
妹尾 堅一郎 , 雷研究会 /日刊工業新聞社 (2008-07) / 1,620円8 users
読了:  2014年09月01日
2014年8月 マンションの雷害(雷による被害)と対策について知りたくて、数冊の本を読んでいるところです。

基本からわかりやすく書かれていて、挿絵も効果的で (理解できたかどうかはともかく) すんなりと読めました。
肝心の雷対策も書かれていますが、今ひとつ具体的でないのは、しょうがないんでしょうね。

同じ著者 妹尾 堅一郎 の ↓ こちらの本も読んでいます。


 
雷害リスク低減コンソーシアム
 
JLPA-日本雷保護システム工業会-公式ホームページ

数冊の本を合わせて読んで、少し雷と雷害、対策についてわかってきたところです。

停電と雷に備えるには ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2014/08/27  予約 8/30 借りる。8/31 読み始める。9/1 読み終わる。

内容と著者は →  [続きを読む]
デジタル文書管理―超ファイリング術
城下 直之 /日刊工業新聞社 (2002-12) / 1,836円15 users
文書整理 データ処理  超ファイリング術

同じ著者の新しい本(2008/09発行)も合わせて読みたい
 → 文書管理・記録管理入門―ファイリングからISOマネジメントまで (日外選書Fontana) 

2014/02/01  予約  2014/02/13  借りる。2/16 読み始める。3/15 ざっと読み終わる。
内容と目次、著者は →  [続きを読む]
AutoCAD入門―よくわかる2次元&3次元CADシステム
内山 浩 /日刊工業新聞社 (2009-02) / 3,360円2 users
読了:  2010年02月18日
2010/2/18 CAD関連で来るあとりえの生徒さんのための基礎知識として、読む。

「AutoCAD」の使い方が、丁寧に説明されて わかりやすい本だと思います。
このソフトを持っていないので、なるほど~~、と読むだけですが。(*^_^*)♪
今では、2次元 だけでなく 3次元が活用されています。

内容と著者は →  [続きを読む]
Bluetoothガイドブック―ワイヤレス通信の新技術
宮津 和弘 /日刊工業新聞社 (2000-09) / 3,360円6 users
読了:  2010年01月10日
2010/1/10 借りてすぐ ほぼ読んだのでOK
昨年末に、Bluetoothアダプタ を買ったので少し勉強。
 ⇒ PLANEX Bluetooth  ・・・ 、 明解Bluetooth―パソコン・携帯電話・家電をつなぐ新技術 ~ pasoboのバインダー(本棚)

Bluetooth の 基本的なことは ほぼわかったが、
さすがに、2000年発行の本だけあって、10年の隔たりを感じます。
活用シーンに登場する「ミリー」というバリバリの女性が、Bluetoothをたっぷり使ってくれ、
まるで 近未来の映画のストーリーのよう、すごく便利そうです。
まだ、光ファイバーも、無線LANも普及していなかった頃だから、Bluetooth 大活躍です!

本書で使われている Bluetooth搭載のカメラは、今はどうなのでしょう?
 2002年の ソニー DSC-FX77
2006年の リコー Caplio 500SE model B、Caplio 500SE model W、Kodak V610 
ヒットしなかったんでしょうね、それ以降は見つかりませんでした。

では、PDA は、どうでしょう?
もってる方は、bluetooth アダプタ をつければ、活用範囲が広がるかも!
Bluetooth 搭載 HP(旧コンパック) HP iPAQ 212 Enterprise Handheld FB042AA#ABJ
やはり 2006~7年ごろまででしょうか・・・。今は ネットブック ですね!

 ⇒ 「ネットブック」で検索 ~ pasoboのバインダー(本棚)

Bluetooth関連の本も あまりないです。
最近の携帯電話には、Bluetoothが搭載されていますが、
ハンズフリーのヘッドセット以外にも 便利な使い方が、これから増えるのか・・・。

参考 : Bluetooth - Wikipedia 、 Bluetooth ManiaX

PDAはまだまだ死なない──日本HP「iPAQ rxシリーズ」 2006年12月13日

内容と著者は →  [続きを読む]
おもしろサイエンス レアメタルの科学 (B&Tブックス)
レアメタルと地球の研究会 /日刊工業新聞社 (2008-07-01) / 1,620円3 users
読了:  2008年10月22日 星5つ
2008/10/22 読みました。

レアメタルってな~んだ?
高度先端技術になくてなならない鉱物資源(金属)
重要なのに、そのほとんどを 日本は海外から輸入しています。

レアメタルの中に含まれるものに、希土類元素があります。 コレがとってもすぐれもの!
理科(物理)のときには、あまり詳しく習わなかったなぁ。
それもそのはず、希土類元素については、これまでよくわかっていなかったのです。
この本では、レアメタルとは どういうものか、
身の回りでは どういうふうに使われているのか、
人間とのかかわりや健康に関すること(毒にも薬にもなる)、
どこで産出するのか、貴重な資源のリサイクルについて
活用や、将来性は? といったことが わかりやすく書かれています。

== ** == ** == ** == ** == ** == ** == ** ==

2010/7/13 追記 
grimz より 【 都市鉱山ってなんだ? 】
みなさん、携帯電話や家電製品、パソコンなどの精密機器が不要になった時、どうしていますか?
携帯電話って、過去のメールや写真が残っているから、手元に取って置きたいものだったりしますよね。
パソコンも個人情報がたくさん入っているので、不要になっても捨てずに保管している人も多いのではないでしょうか。
みなさんが持っている携帯電話やパソコンなどの精密機器には、金や銀、レアメタル(希少金属)などの様々な金属が含まれています。

このような精密機器を回収した場合、日本の都市部だけで天然鉱山に匹敵する資源が得られると考えられていて、これを「都市鉱山」と呼んでいます。
物資・材料研究機構の調べによると、日本の都市鉱山の埋蔵量は、天然鉱山を含めても金や銀で世界トップとの試算もあり、超資源大国に躍り出るそう。。。
日本の都市が!天然鉱山を含めても! 金や銀で世界トップ!?!?

なんでも、日本の都市鉱山にある資源の埋蔵量は、
  金は6800トンで世界の天然資源埋蔵量の16%に当たり、
  銀は6万トンで22%に当たるそう。
  液晶パネルに使用するインジウムは、61%に相当する1700トンが眠っており、全世界の消費量の約4年分を賄える計算になるんだとか!!
この日本にこんなにも資源が眠っていたなんて! かなり驚きです。。。
  でも、この眠っている資源を回収するのがとっても難しいそうです。
みんながリサイクル回収に協力したり、大量に廃棄されている電化製品などから資源を回収できる制度を整えることが、今後の課題となりそうですね。
制度が整えば、日本が資源大国になる日もそう遠くないかもしれませんね!

内容と著者は →  [続きを読む]

タグ (11)
5 IT:ALL(情報技術)
1 PCと周辺機器
1 デジカメ&ビデオ
1 災害と対策
9 科学・テクノロジー
3 科学:理数工学
1 自然
1 *あとりえ用
4 *新しいこと
1 @リンク集
11 @図書館
プロフィール

ジャンルは多様、本にまつわるメモです

©2007-2017 pasoboのバインダー